ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2020春を観た感想*愛知県1日目南知多町*篠島の西山の磯に行く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2020年もBSプレミアムで放送が始まりました『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

4月6日~4月10日は愛知県です。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

先週・三重県4日目桑名市の旅の感想はこちら↓

 

www.lovetv.site

 

908日目、愛知県1日目は南知多町の旅

4月7日放送分愛知県1日目は、南知多町の桜公園でオープニングでした。

ロケ日は3月16日で天気予報では晴だったのが、オープニングではあられまじりの強風が吹いていて、とても寒そうでした。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は南知多町の43歳女性から。

こころの風景は、おじいさんに連れて行ってもらった篠島の磯の風景です。

 

篠島は"ザ・島"!という離島です。

前浜(ないば)というビーチもとても綺麗ですが、お手紙の方は子供の頃土日になるとおじいさんに連れて行ってもらった"磯"がとても好きなのだそうです。

西山という山は、島なのに森。自然豊かな山。その山の獣道を歩き磯に行くとのこと。

お手紙の方は今でも春の大潮の時に娘さんや近所の子供たちとお弁当を持って磯に行くのだそうです。

今の子供たちに、せっかく自然あふれた離島に住んでいるのだから、磯遊びの面白さや西山のすばらしさを残していってもらいたい。

 

というお手紙でした。

 

寒空のなか出発

寒さをこらえながら、まずは篠島へのフェリーが出る師崎港を目指して出発しました。

田畑の間を通り民家の間の道へ。カメラに雨粒が当たっていて、本当に寒そうでした。

正平さんは走りながら「開いてる喫茶店でもないかな?熱いコーヒーでも飲みたいな」とつぶやいていました。

海沿いの道へ出ると少し日が差してきて、海越しに篠島も見えました。

篠島以外にも島が見えました。

 

2013年の旅で出会った方と会う

海沿いを走っている時に喫茶店を見つけた正平さん。「まだ時間ある?コーヒー飲もう!」と提案。喫茶店に入りました。

喫茶店に入ると正平さんのメガネが曇って真っ白!!

「何も見えへん。寒かったんや。」と言いながら奥の席へ。カメラ全体も曇っていました。ホットコーヒーを注文していました。

相当寒かったんでしょう…。

 

座って待っていると、正平さんの席にマスクをした男性が来て、猫の写真を見せてくれました。

 

男性は2013年の日間賀島への旅で出会った方で、正平さんは道で出会った猫ちゃんと「ミャーミャー。」と言い合いをして楽しんでいたシーンが放送されました。

そして男性が、その猫ちゃんを自転車のカゴに乗せて帰るシーンも映っていました。

猫ちゃんはカメラにも手を出してきて、かわいい様子が映っていました。

懐かしいな。死んだん?かわいそうに。でも随分長い事生きたんやろ?」と、男性に話しかける正平さん。

今回は篠島へ行くと言うと男性は「いつもずっと見とるよ。」とおっしゃってくれていました。

 

『こころ旅』らしく、地元の人との会話を楽しむシーンが放送されていましたが、猫の男性がマスクをしてたりロケ日を明示してたり、コロナの影響を感じます。

 

誰がビジュアル系やねん

お店の女性の方がコーヒーをトーストを運んできてくれて「やっぱしテレビよりいいねえ。」とひとこと。

「誰がビジュアル系やねん!」と喜んでいた正平さん。

オープニングでも言ってたんですけど、ビジュアル系でいくらしいです。

今後どこでその言葉を使うのか楽しみですね~。

 

コーヒーを飲んで温まった正平さんは、お店にいた方々と握手をして「また行くで、またな。また何年後かや。」と予告してフェリー乗り場に出発しました。

 

実際今回も会えたのだから、また何年か後に同じ方々と会えるかもしれませんね!!

 

篠島で鯛のオブジェをみつける

師崎港に着き、カーフェリーで篠島へ。フェリーに乗ってる間に晴れて来ました。

篠島は「おんべ鯛とふぐの島」という看板があり、港に到着する前からフェリーで大きな赤い鯛のオブジェを見つけていました。

「釣られてる!!」と言ってオブジェに近づく正平さん。

オブジェの口のところに釣り竿がついていて、竿を持つと釣ったような写真が撮れる。というものでした。

「こんなんとれた!!」と言い竿を持って遊ぶ正平さんでした。

 

ーーーこういうの見つけるの早いですよね、正平さん。

港に着いて早々、楽しそうでした。

 

 

…とここまでが「朝版」です。

 

ナポリタンで久々のあれ

 「とうちゃこ版」では、島の女性の方に西山と獣道の位置について聞いていました。

地元の方が西山と呼ぶ山があるそうで、チャリオに乗って西山に向けて出発しました。

篠島を走るころには雨もやみ、道路も乾いていました。

 

途中で喫茶店に寄り、ランチする事になった正平さんたち。正平さんはナポリタンを注文していました。

ナポリタンは鉄板に乗せられてきました。「昭和のナポリタンだ!おいしそうじゃのう。」と嬉しそうな様子。

ナポリタンの周りには黄色で埋め尽くされていて「卵とチーズかな?これぐちゃぐちゃにして食えってことか。」と予想する正平さん。

熱々のナポリタンをひと口食べて満足げな様子。

「なるほど。固まっていくんだ。こうやって。」と、周りの卵を固まっていくのが分かって納得していました。

 

ーーこれ、私も名古屋で食べました。熱々過ぎて私には食べにくかったです。

スパゲティーってだんだん冷めていって、食べやすくなっていくはずなんですが、これはいつまでも熱くて舌をやけどしました。

慣れてないと食べにくいです。

鉄板ナポリタンと言って、名古屋ではよくあるメニューらしいです。

もちろん普通のナポリタンもありますよ!

 

話戻って。

正平さんは「久々だな。」とタバスコをかけていました。

恒例のタバスコタイム!そういえば昨年の秋の旅でもそんな見なかったですね!

本当に久しぶりに見ました。

そして、ひと口食べて咳き込んでました。

ーーーここまでがセットです!!やってくれました。久々に見れて嬉しかったです。

 

なんでやろ。うまい!かけてると。」と、タバスコをかけて、よりナポリタンがおいしくなったようでした。

 

正平さん、本当にタバスコとか七味とか、赤い辛い調味料好きですよね~!!

 

前浜に着く

食後、急な坂道を上る正平さん。

覚悟を決めて上り始めましたが、「なんだ!大したことないな。これで終わりだ。」とすぐに終わった上り坂に拍子抜けしていました。

 

そしてそのまますぐに坂の向こうが見えて、海に出ました。前浜(ないば)です。

正平さんは、前浜に来ていたお子さんを連れた男性に、西山がどこにあるのかと聞きましたが、男性は引っ越してきてすぐらしく詳しくありませんでした。

どなたかに電話して、西山の事について聞いてくれるとのことで待ってると、男性がいたすぐ側にあった山が西山だと分かりました。

山の中へ続く道の入り口付近に"西山周遊コース"と書かれた看板も見つかりました。

 

親切な方でよかった!!

地図には"西山"と書いてないと正平さんが言ってましたが、看板があったってことは有名な呼び方なんでしょう…!

 

こころの風景

そこからはチャリオを置いて、西山の獣道を歩きました。人一人が通れるぐらいの細い獣道を進む正平さん。

海岸に近づくと、雨あがりの強風が木々を揺らしていました。

「こんにちは!」と、道端にいらっしゃったお地蔵さんに挨拶しながら、楽しそうに前に進む正平さん。

海岸線に下りていくところに差し掛かると「足踏み外したらあかんわ。」と、舗装されていない土の道を、慎重に下を見ながら海へ下りていきました。

 

お手紙の写真の景色とも一致。

松の木の近くから下りて、岩をつたって海に下りた正平さん。

ずっと岩場だ。ここで遊ぶ。やぁ風があんなにあったのに、ちょうどここで遮られて、よかったよかった。」と言いながらどんどん下りていきました。

そして「とうちゃこ。」。

 

「カメの手がすごいな。」と言う正平さん。

確かに岩にびっしりとカメの手が張り付いていて、私は見ていて鳥肌が立ちました。

このカメの手、よく『黄金伝説』でよゐこの濱口さんが食べてたやつですよね??

注意書きで岸での採取は禁止されています。と書かれていました。

 

次にイソギンチャクの集団を見つけた正平さん。

岩に指をツッコんで「ありゃ~!気持ちいい!」と喜んでました。

お手紙通り、しっかり磯遊びをする正平さんでした。

 

そして岩の上でお手紙を読みました。

この磯に来た。カメの手が凄かった。カメの手の宝庫だ。都会に行くと高いのに。愛知県1日目。こんなとこに連れてきてもらったよ。明日は暖かくなればいいな。」と言って番組を締めていました。

 

ーーー朝のお手紙を読むところだけ見てると、今回は過酷な旅になりそうだな~と思っていましたが、篠島に着く頃には晴れて、海に着いた時には風もやんで海の水も澄んでいて、とてもキレイな風景を見せていただきました。

 

名古屋グルメも見れたし、2013年の旅の思い出も見れて、盛りだくさんな一日でした。

 

愛知県で巡る町

春の旅2週目。

愛知県の旅で巡る町はテレビの番組表によると…

 

  • 4月7日…南知多町
  • 4月8日…常滑市
  • 4月9日…新城市
  • 4月10日…新城市門谷

 

の予定です。

 

明日は常滑市です。

 

 

 

www.lovetv.site