ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2020秋を観た感想*宮城県4日目東松島市*8年ぶりの店、ブルーインパルス、大豆畑…宮城県の旅最終日

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』2020秋の旅!

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

11月2日~11月6日は宮城県です。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前日・宮城県3日目への旅の感想はこちら。↓

 

 

www.lovetv.site

 

 

951日目、宮城県4日目は東松島市への旅

11月6日放送分・宮城県4日目は、石巻市の日和山公園にある鹿島御児神社(日和山神社)の鳥居の下で赤柴犬ちゃんと一緒にオープニングでした。

 

この場所は3回目。一番最初に来たのは2012年。

その時あった高校生たちがキャッキャと笑ってて、悲しいことがあったら笑ってると答えてきたのが印象的だと正平さんは語っていました。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、愛知県岡崎市の69歳女性から。

こころの風景は、友達の実家である宮城県東松島市牛網(小野駅の近く)の大豆畑と海岸です。

お友達は中学卒業後愛知県に就職し結婚。田舎の長男の嫁として根っからの三河人であるお手紙の方以上に三河人となり、地域の人にも頼られる存在。

実家は震災で流され、今は大豆畑になっていました。

東北応援の名目で、友達の帰省についていくことになり、老人5人がご主人の運転で岡崎の山奥から9月はじめに出発。

本当に一面の大豆畑となり、ここに集落があったとは想像できなかったといいます。

貧しかったけれど、松林できのこを採り、美味しい魚を食べ、白砂青松の地で心豊かに成長した人だと実感。

今は海岸も整備され、震災の面影は全くないように見えたそう。

彼女の弟、姉妹夫婦とも会い、昔話に花が咲いたという思い出です。

もう2年半が経ち、優しい姉妹にもう一度会いたいと貯金を続けているというお手紙の方。

大豆畑は今年も変わっていないでしょうか?

お手紙の方たちにとって忘れられない景色。

お友達は、自分たちが遊んだ海岸で読んで欲しいと言っているとのことです。

 

というお手紙でした。

 

新潟からの修学旅行生に会う

お手紙を読んだ直後、制服姿の数人の学生さんたちがいらっしゃいました。

新潟からの修学旅行生とのこと。

午後から石巻の小学校に行き震災の状況を肌で感じる予定で、午前中の自由行動でこちらにやってきたのだそう。

正平さんたちがいて驚いたとおっしゃってました。

そのなかの1人の学生さんが正平さんに「被災地をまわられて何か気づいたことってありますか?」と質問。

正平さんは「何回もまわってるけど、一番初めに2年目に行ったんだ。東北に入ったんだけど。そん時に自転車乗って走ってたら、こちらの人たちに"がんばってね!"って言われたんだ。あれ?俺が頑張ってねっていう立場なのにと。それで人間って強いなって思ったことがある。」と返していました。

学生さんの質問に真摯に答えた正平さんでしたが「違う番組になっちゃうよ。もっと明るく陽気にいきましょう。」とすぐに照れ隠しなのか、おどけていました。

 

この言葉はよく『こころ旅』の中で正平さんが言っていることですね。

本当にたくさんの人が通りすがりに「がんばってね!」と声をかけていました。

 

陸前小野駅を経由して牛網を目指して出発しました。

住宅街の下り坂を下りていき、平らな道にでると、後ろから追い抜いていく車から「正平さん頑張って!」と声をかけられていました。

「頑張るよ!」と返す正平さんでした。

次に定川を渡り、東松島市に入りました。

広い歩道なので橋も怖くなかったようです。

 

2012年にも来たお店でランチ

矢本駅近くになり、右側にあったぱらだいすというご飯屋さんへ。

撮影許可をお願いしに先に入った正平さんが「ちょっとジュン来てみ!」とカメラマンのジュンさんを呼びました。

入ってみると正平さんとお店の方が一緒に写った写真が入ってすぐのところに飾られていました。

2012年5月29日のPM2時ごろの来店したと書かれてありました。

「誕生日の一日前にここに。それじゃ断られないかな?」と言いつつお店の中へ。

写真に写っていた男性は外出されてて、他の方が「久しぶりです。」と言ってくれました。

「俺は何を食ったんだろう…その時。」とメニューを見る正平さん。

当時からオムライスとナポリタンどっちもあったようです。

「ナポリタンください。」と注文すると「前回もナポリタンでしたね。」とお店の方に言われ「やっぱり?」と嬉しそうにしてました。

待っている間にご主人がいらっしゃいました。

「こんちは。どうもご無沙汰してます。お世話になります。8年も飾ってくれてありがとう。」と写真を飾っておいてくれたことを感謝する正平さん。

「みなさんね、え?正平さん来たの?ってみんなびっくりするんですよ。いやいやありがとうございます。」とご主人も嬉しそうでした。

『こころ旅』も長いですから、こうやって何回か同じ店に行くことが出てきましたね。

みんな嬉しそうで、見ているこちらも嬉しくなります。

 

そして前回と同じナポリタンを目の前に「その当時はナポリタンかオムライスばっかり食ってました。」と言う正平さん。

確かに、オムライスとナポリタン好きですよね!正平さん。

そしていつもタバスコに手を伸ばし、ササッとふりかけます。

むせるか??と思いましたが「むせません。卒業しました。」と期待を裏切る展開!!

「面白くない?むせた方がいい?むせなかったね。」と言って、今回はむせませんでした。

ええ!?タバスコでむせるお決まりのやつ、卒業しちゃったんですね!

そういえばこの秋の旅では一回も出て来てなかったです。

ま、お店でお昼ご飯食べるのが難しいですし仕方ないです。

 

食後、走っていると案内標識に陸前小野駅の名前が出てきました。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

ブルーインパルスを見学

 『とうちゃこ版』では、松島基地の近くを通りかかり、ブルーインパルスを見に行くところが放送されていました。

正平さんたちが基地に近づくと、ちょうどブルーインパルスが着陸してきたところに遭遇することが出来ました。

ブルーインパルスは綺麗に4機、尾翼が並んでいました。

「俺たちだって、4つ5つ並んでるが…。」といって自分たちに自転車を眺めて笑う正平さんたち。

自転車を見守ってくれてるスタッフさんがその日、40歳の誕生日だったそう。

でも高台にいなかったので、ブルーインパルスが見えなかったみたいです。

 

あとで見せてもらったかな??

 

こころの風景

陸前小野駅へ到着。

駅にあった観光案内板をチェック。

かつて集落があった牛網の大豆畑へ進みました。

松島市牛網という交差点に着き、海に向かいました。

 

 大豆畑を見つけました。かつて集落だった場所です。

「豆の畑になっちゃいました。」と言いながら進みます。

広い土地に、豆の畑が広がっていました。

 

大豆畑の横を通って、海へ向かいまいた。

チャリオで堤防の上に上りました。

堤防の上から、先に正平さんが砂浜に下りて、歩きました。

そしてまた堤防を上って、下りて、また堤防に上って、海が見える近くまで着きました。

すると、空にブルーインパルスが飛行するのが見えました。

4機のブルーインパルスが一回下りてから上昇。また下りてきたのを見て興奮する正平さん。

ブルーインパルスを見送ったあと、砂浜に座ってお手紙を読みました。

 

お手紙を読み終わり「来たよ!ここで読んだよ。」とお手紙の方に呼び掛けた正平さん。

しかしこの防潮堤の高さにはビックリするわ。この辺の海岸がみんなこういう景色になっちゃんだな。えー宮城県今日で終わりだけど、最後のフィナーレにブルーインパルスのあんなの、ずいぶん見せてくれたね。ありがとう!」とブルーインパルスにもお礼を言っていました。

 

大豆畑は広大で、大きな集落だったんだろうなと思いました。

宮城県最後は、8年ぶりに同じお店に行ったり、ブルーインパルスが飛行するのを見たり、みどころが盛りだくさんの旅でした。

 

来週は福島県の旅です。

 

 

www.lovetv.site

 

『にっぽん縦断こころ旅』の見逃し配信をお探しの方はこちらをどうぞ。↓