ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*愛知県1日目西尾市*お父さんが自転車で走った道

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅スタートの愛知県の旅を4月20日~24日まで丸々再放送されています。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

305日目、愛知県1日目は西尾市への旅(2014/4/1放送)

2014年4月1日放送分の愛知県1日目。

2020年4月21日・プレイバック放送は、豊川市にある財賀寺でオープニングでした。

正平さんは「また旅が始まります。またいろんな手紙でいろんなところへ連れてってもらう。楽しみにしてる。どこまで行けるか?だからみんなも付いてきてください。」とオープニングの挨拶をしていました。

 

ーーー2014年の正平さんは、旅の始まりにこんな前向きなコメントされていたんだと驚きました。

2014年と言えば、旅が始まって4年目。まだ正平さんも60代半ばでお若い!あ、いや今も若いですけど、まだまだ元気なコメントが聞けていたんですね!

昨年70歳を迎える年になってから愚痴の方が多いように思えてたので、こんな前向きなコメントが聞けて嬉しかったです!

プレイバックもいいな~!と思いました。

 

お手紙の内容

お手紙は、西尾市の49歳女性から。

こころの風景は、前年12月に75歳で亡くなったお父さんが1年前に見た風景です。

 

退職して10年。趣味を楽しみながら悠々自適な生活を送っていらっしゃったお父さん。

サイクリングもその1つ。

『年間1000km』を目標に 自転車に乗ってあちこちでかけていたといい、『こころ旅』を知ってからは、正平さん気取りで旅先でオムライスを注文する事もよくあったそうです。

そのお父さんが1年前にサイクリングしたコースを正平さんにたどって欲しい。というのがお手紙の内容です。

 

お手紙には、お父さんがパソコンに残していた写真入りのこの日の日記が同封されていました。

平成24年12月31日。おおみそか。お手紙の方や妹さんが集まっているのに朝から出かけていたお父さん。

4時を過ぎても連絡なし。携帯にも全く出ずに何かあったのでは?と心配になってきたご家族の皆さんは、同時に「よりによって大みそかに出かけるか?」とイライラも募っていたそうです。

5時過ぎ。妹さんの電話がやっとつながり、少ししてお父さんが帰宅。

「財賀寺まで行ってきて、だんだん暗くなってきてちょっと怖かった。」と言って、財賀寺で買ったお守りを孫たちにくれたといいます。

そのときは74歳のお父さんの自転車旅に呆れてしまって、ちゃんと話も聞かなかったそうです。

お父さんが亡くなり、パソコンに残っていた日記を見て、お父さんが何を思いながら走ったのだろう?ペダルを漕いでいたお父さんを思うと泣けてくるというお手紙の方。

正平さんにお父さんと同じように走っていただき、お父さんが見たであろう景色を見てほしい。

 

というお手紙でした。

 

同封されていた日記を見ると、ご自宅から財賀寺へ行ったお父さん。10時間86キロ。

正平さんがいる場所は財賀寺。

お父さんが走った帰りの道・半分の43キロをたどろうという旅です。

 

お父さんはコースを正確に記録されていて、お昼ご飯に何を食べたかまで残されていました。

御津の『玉川』で鴨うどん。

ラグーナ~三谷海岸~竹島海岸蕗から23号線。蒲郡競艇場付近。津平小学校まで下り3キロ~東条城下をまわり岡田から西尾に入る。今川交差点。と書かれていました。

 

正平さんたちは、お父さんと電話がつながった40km先の今川町交差点を目的地とし、出発しました。

 

ランチは鴨うどん

最初は下り坂を快調に走り抜け、大きな道路に出ました。危ないので歩道に上がって走っていました。

途中、お父さんが残されていたお店でランチ。

正平さんはお手紙とちょっと違う鴨そばを注文していました。

薄味でとてもおいしかったらしく、正平さんはだしも全部飲み干していました。

 

お昼前に見たのでよだれが出てしまいました。とてもおいしそうでした。

『こころ旅』のランチシーンは空きっ腹には辛い!

 

この日は走る距離が長いので、ランチシーンは短かったです。

 

蒲郡競艇場前で休憩

食後、蒲郡のボートレース場前を通過。

スタッフさんの指示で近くで休憩する事になりました。

歩道も広くて大きな場所でした。

この時の休憩の時点で22キロ走ってたみたいですけど、正平さんがあまり息が息が切れてる様子がなく、余裕でした。

近くに喫茶店を見つけて入るかどうか?スタッフさんに聞いていましたが、もうちょっと行った先で入ろうということになりました。

 

最近よく年齢の事を言う正平さんですけど、2014年の時点ではスタッフさんにどれだけ走れるか?と気遣っていました。

自転車に乗り慣れてる感じで、カッコよかったです。

 

つくしと菜の花

途中で正平さんが休憩をしたいと申し出て、休憩。

道端に生えていた大きなつくしに気づいてカメラさんに合図を送って映していました。これは今も変わらないですね!

あと、菜の花畑に入って「スゴイいい匂い!」と少女のように楽しんでるシーンもありました。

遠くから正平さんを映していましたが、菜の花と正平さん。似合ってました…。

 

 そして大きくてなだらかなV字坂に差し掛かり「下りたって、すぐ上ってるよ。」としんどそうに言いながらも頑張って上り坂を上っていました。

坂を上った先には、西尾市の案内板が見えました。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

美人発見!

 『とうちゃこ版』では、信号待ちの時に一緒に止まっていた車の運転手さんが美人なのを見つけ、わざわざチャリオから降りてその美人さんのもとへ行っているところが放送されていました。

助手席にお子さんが座っているのを見つけて、躊躇した正平さん。

美人さんだけ見つけて、隣に座っていたお子さんには一切気づいてなかったんですね~。

綺麗な若い大人の女性しか目に入ってないなんて!!

美人さんにデレデレしてる正平さんを見るのもこの番組の楽しみの一つです。

昨年2019年奈良の旅でも美人さんのいるお好み焼き屋さんで喜んでいました。

 

喫茶店がお休み

 お昼ご飯後は、ラグーナの観覧車が見える横を通過しているところや、お手紙の同封されていたお父さんが撮ったという蒲郡付近の景色を通りました。

向かい風の中を海に沿った道を走り、再び大きな道路に出て、『朝版』にも登場していた蒲郡のボートレース場横を通り、交差点で休憩していました。

『朝版』で喫茶店に入るのをやめて、V字坂を上る様子が映っていました。

このころは、朝版はとうちゃこ版のダイジェストって感じだったんですね~。

重なる部分が多かったです。

 

次にお手紙のコースにも出ていた津平小学校につき、一息ついて休憩。

その後交差点で喫茶店を見つけ、「飲もう!ちょいと寄り道。」とやっと喫茶店で休憩する事になりました。

喜んで喫茶店の駐車場に着いた正平さんが「えー!」と大きな声を上げます。

なんと!定休日でした。

 

もっと手前のところで休憩取っていればよかったですね~!残念!

そのまま進むことになりました。

 

2014年春の旅初日からなかなか大変な旅になっていますね~。

距離も長いし、休憩したいところですよね!

 

こころの風景

今川町池端という交差点に着き、近いと頃まで来て、次に大きな交差点に着いたところがズバリ"今川町"交差点でした。

今川町交差点にとうちゃこ

 

交差点は歩道が大きくて、歩道に木も植わっていました。

 

とても大きな交差点で、車屋さんが何軒もあったり、交通量の多い交差点でした。

でも大きなクスノキがあって、素敵なところでした。

正平さんは葉っぱを取って匂いを嗅ぎ、いい匂いがする。と言っていました。

 

その木の下にチャリオを置き、木の下でお手紙を読みました。

 

2014年春の旅愛知県1日目。

交通量の多い都会っぽい交差点でしたが、正平さんが大好きなクスノキも植わっていて、なんか都会的なのと郊外っぽいのが混ざったような景色でした。

 

正平さんは、お手紙の方のお父さんが74歳でパソコンに写真を取り込んで、残していることに驚いていました。

「それ普通なの?そんなこともないよね。俺なんもできんからさ。こういうものあとで出てくるんだもんね。大したもんだ。」とお父さんの思い出の写真と日記をしみじみ見ていました。

 

お父さんがきれいに保存してくれていたからこそ、辿れたんですよね。

とても素敵な旅でした。

 

プレイバックで見れてよかったです。

明日は春日井市への旅をプレイバックです。

 

 

www.lovetv.site