ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

恋はつづくよどこまでも 第2話「ドSドクターと涙のハグ…!」を観た感想とあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週火曜夜10時からTBS系列で放送中のドラマ『恋はつづくよどこまでも』。1月21日に第2話が放送されました。

www.tbs.co.jp

 

前回の第1話の感想はこちら

おもな登場人物

  • 佐倉七瀬:上白石萌音さん…3年前。倒れた急病人を見つけ、偶然駆け付け処置した医師の天堂に一目惚れ。天堂に会うため看護師になり、日浦総合病院に入るが初日にフラれる。「魔王」天堂と戦って見事敗北したので、あだ名は「勇者」。天堂には「岩石」と呼ばれる。天堂に認められたい一心で頑張るが、失敗続き。だが患者さんに対する素晴らしい観察眼を持っている。

<<循環器内科>>

  • 天堂浬:佐藤健さん…循環器内科の医師。佐倉が5年片思いした相手。患者さんに対しては優しいが、同僚には厳しい。あだ名は「魔王」。佐倉に厳しい態度を見せつつも、佐倉の患者さんに対する姿勢や、同僚に対する対応をちゃんと見ている。病院の売店のクリームパンが好き。マンション管理人の姉・流子と二人暮らし。
  • 酒井結華:吉川愛さん…佐倉と同期の新人看護師。冷静沈着。他の科からのスカウトを断り、佐倉と同じ循環器内科に入った。母がかつて看護師で医療事故を起こし退職したことで、自分がいい看護師になることで胸晴らしてあげたいと思ってる。タイプの違う佐倉に、ことあるごとに突っかかってくる物言いをする。
  • 根岸茉莉子:平岩紙さん…循環器内科の主任看護師。皆が恐れる天堂を「指示は簡潔で見立ては確か」と言い、やりやすいと思っている。同僚たちを優しく気遣ってくれる。
  • 来生晃一:毎熊克哉さん…天堂と同期の循環器内科の医師。あだ名は「魔法使い」。天堂とは対照的に人当たりがいい。佐倉が天堂に片思いしていると知り、協力を申し出る。佐倉のマンションの上の階の部屋を借りたままにしている。
  • 小石川六郎:山本耕史さん…日浦総合病院の副院長で、循環器内科の医科部長。つかみどころのない人。ブラックな職場環境で働いている部下たちの様子を、そっと見守っている。
  • 石原こずえ:瀧内公美さん…循環器内科の先輩看護師。頼りになる存在。
  • 沼津幸人:昴生(ミキ)さん…循環器内科の先輩看護師。佐倉が入職した初日にいきなり告白してふられた姿を見て「勇者」というあだ名をつけた。来生とペアを組むことが多いので、アイドルグループのファンになぞらえ自分自身を「来生担(意味:来生先生担当)」と言っている。
  • 高津若菜:見上愛さん…看護師。佐倉を初日の挨拶の時にからかった。

 

<<小児科>>

  • 結城沙世子:片瀬那奈さん…小児科の医師で小児科部長。腕のいい医師で、はっきりとした物言いをする。天堂の過去を知る。佐倉ら新人看護師の飲み会に参加して、恋愛の先輩としてアドバイスをする姉キャラ。
  • 菅野海砂:堀田真由さん…佐倉の同期。小児科の看護師。佐倉の悩みを察し、飲みに連れ出し、話を聞いてくれる人。一生手堅く稼ぎたいと思っている。小児科。
  • 仁志琉星:渡邊圭祐さん…佐倉の同期。小児科の看護師。突然の流血を見て倒れてしまうところがあり、ホラー映画を観て克服しようとしている。映画館で出会った謎の美女・流子に一目ぼれする。後日、流子ともう一度出会って告白するが「一人前になったらね。」とフラれる。
  • 原静香:安藤聖さん…小児科の看護師。

 

<<その他>>

  • 熊本信子:青木和代さん…病院内のパン屋さんの店員さん。天堂と親しい様子。
  • 天堂流子:香里奈さん…仁志と映画館で偶然出会った。天堂浬の姉。親族の持ち物のマンション管理人で、浬と一緒に住んでいる。
  • 若林みのり:蓮佛美沙子さん…天堂の机にあった写真の中で、天堂の隣に写っていた女性。来生と結城の話の内容から、天堂と何かあった様子。

 

  • 小林文江:堀本雪詠さん…整形外科の看護師。

 

<<患者さんたち>>

  • 神田光喜:金子大地さん…不整脈で循環器内科入院した患者。心アミロイドーシスが原因で急変する。家電店に勤務していて、家電に詳しい。職場に好きな人がいて、早く退院して職場復帰したいと願っている。
  • 白浜杏里:住田萌乃さん…心筋症で6歳の時から入退院を繰り返している小児科の患者。今回は3か月の長期入院になっている。明るく、小児科病棟の子供たちのリーダー的存在。佐倉が失敗で泣いているところを見つけ、新人が泣く秘密の場所として備品庫を教える。退院目前の心肺運動負荷試験で、最大酸素消費量の低下があるのが分かり、退院できなくなる。屋上に一人でいたところ佐倉に見つかり、落ちかけて佐倉と天堂2人に助けられる。
  • 巣鴨学:岡部たかしさん…循環器内科の患者。

 

第2話のあらすじ

自宅マンションの隣の部屋に天堂が住んでいることが分かった佐倉。喜びもつかの間、天堂を向か入れたのは謎の美女。

混乱した佐倉だったが、美女は管理人で、実家からの荷物を預かってくれており、さらに天堂の姉の、天堂流子だということが分かった。

 

後日。循環器内科に希望を出した佐倉と、同期の酒井。佐倉は、小石川から、天堂の担当として働くよう言い渡された。

早速天堂の回診についていく佐倉。入院患者さんの前で連続してミスをし、天堂に罵倒され、酒井に担当を替えられた。

 

不整脈で入院していた神田さんが、心電図検査の結果で手術が決まった。しかし食欲不振で、体力が落ちてきていた。

酒井が投薬や食事内容を見直す案を出すなか、佐倉は病院内で開かれるハワイアンデーというイベントに神田さんを連れ出す。

ハワイにちなみ、許可をもらってロコモコなどが入った食事を用意。ゆっくりと話をしながら食事をしてもらった。

佐倉が炊飯器が欲しいという話題を出すと、家電店勤務の神田はおすすめを選ぶと言い出す。さらに好きな女性と一緒に行きたいと思ってるとんかつ店の話も出てきた。

佐倉との会話で食欲も復活した神田さん。食欲不振はいつの間にかなおっていた。

 

f:id:lovetv:20200122155359j:plain

 

が、容体が急変し、不整脈が頻発し出した神田さん。

酒井がいち早く気づき、緊急アブレーションすることになった。佐倉が「自分にできることがあれば…。」と申し出たが、天堂は「1人の患者に肩入れするな。」と断る。代わりに酒井をつけた。

アブレーションは成功。

処置室から出てきた酒井に、神田さんの容体を聞いて安心する佐倉。

そして異変にいち早く気づいた酒井に「スゴイ。」と言うが、酒井は「私は勉強したい。あなたは好かれたい。その違いじゃない?」と言われ、ショックを受けるのだった。

 

酒井の言葉に発奮し、神田さんの手術に勉強のため立ち会わせて欲しいと天堂に申し出る佐倉。器械出しは酒井が担当し、邪魔にならないようバックアップする事で許可が下りた。

手術前。神田さんが手術着を着る介助をする佐倉。「心強いな。」と言ってくれる神田さんだったのだが…。

 

 

神田さんの病状はどうなるのか?

 

…というお話でした。

 

流子の謎すぐに解決

前回の終わりに、天堂を部屋で迎え入れていた香里奈さん演じる謎の美女・流子。

誰なんだ??と思っていたら、冒頭であっさり天堂の姉だと分かりました。

神奈川の代々医者の家で、今住んでるマンションをおじいさんが買って、医者や看護師に優先的に貸している。という話でした。

 

先週の初回を観た時、看護師が一人で住むには広い部屋だな~と思っていました。

しかもお隣さんは二人暮らし。何かおかしくないか?と思っていました。

が、今回天堂の部屋が映っていて、佐倉の部屋とは間取りが違ってたし、医療関係者に優先的に貸してる。という設定で何とか納得しました。

隣の部屋でも、間取りが違うマンションってありますしね!

すぐに謎が解決して、スッキリしたのと拍子抜けと、両方でした。

 

前回の写真の女性と家にいる女性!意外にモテキャラなのか?と勘ぐってましたが、全然違いましたね!

香里奈さんと佐藤健さん、なんとなく顔の系統が似てるし、姉弟設定で納得です。

 

仁志くんの告白

流子さんに映画館で一目惚れした、佐倉の同期の仁志くん。第2話でいきなり告白してました!ビックリ。

病院の名刺を見せながらの告白に、流子は「一人前になったらね。」と、うまくかわしてました。

酔っぱらって、天堂や佐倉に絡んでいた流子とはまるで別人な感じの美女キャラでした。

あんな笑顔で「一人前になったらね。」なんて、チャンカワイさんじゃないけど、「惚れてまうやろ~!!」ですよ!

 

なんだか、キャラが違うのは何ででしょ?

さすがに映画館のような公共の場では、ちゃんとしてる設定なのかな?

 

この流子ってキャラ、好きです。登場が少ないので、もうちょっと出てきて欲しいなと思ってます。

天堂のお姉さんだし、ちょこちょこは出てきてくれるとは思います!

 

ライバルの酒井さんがいい!

今回、佐倉と同じ循環器内科に入った、吉川愛さん演じる同期の酒井さん。

患者の神田さんの急変を、ナースステーションの心電図モニターでいち早く気づき、病室に駆け付けていました。

ホント、スゴイですよね!

 

素直に認めて褒めてる佐倉に「私は勉強したい。あなたは好かれたい。その違いじゃない?」なんて、めっちゃキッツい!

でも、こういう同世代でも気を張り詰めながら生きてる人って、同世代で違う感じの子を見たら、イライラするんだろうなぁ…、ひとこと言いたくなるんだろうな…。と思います。

言われた方はめちゃくちゃ腹立って、もっとキレてもいい方なのに、佐倉は全部言葉を受け止めてました。

 

こういうキツイこと言う人って、言う相手のこと嫌いなのかな?って思いがちですが、実はめっちゃ気になるから言ってくるということも??

気持ちの裏返しの可能性もありますよね?

気になるから色々言いたくなる。

もしどうでもいいなら、何にも言わないですよね?

酒井さんの心の奥底が見たい!

 

こういうバチバチ、本人同士は嫌でしょうが、第三者から見ると面白い!

もっと色々佐倉を刺激して欲しいです!

 

やはり医療ドラマ

不整脈で入院していた神田さん。急な展開で見ててショックでした。

心臓の病気は怖い。容赦なく襲ってきますね…。

 

前回の初回を見て、あんま医療ドラマと肩に力入れないで観れるなと思ってたドラマでしたが、病院の話なんだから当たり前なんですけど、厳しい一面がありました。

 

でも神田さんが本当に若い人だったから、めちゃくちゃビックリして、佐倉と一緒に私も泣いてしまいました。

 

メインは佐倉の恋愛話ですけど、忘れちゃいけない。これはやっぱり医療ドラマです。

同じ時期に他のチャンネルでも医療ドラマが多くて、私は観たら重たくなるからあまり医療ドラマは見たくなくて、唯一見れそうだなと思ったドラマでしたが、やっぱしんどいです。

 

佐倉が言っていた患者さんへの言葉。実感がこもり過ぎでした。

 

 

とはいえ、このドラマはコメディー要素もあるし、好きなミキの昴生さんも出てるし、最後まで観る予定です!!

 

以上、『恋はつづくよどこまでも』第2話を観た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

全話の感想

各話放送終了後に更新予定です。