ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

恋はつづくよどこまでも 第5話「彼女就任!魔王と秘密の職場恋愛!?」を観た感想とあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週火曜夜10時からTBS系列で放送中のドラマ『恋はつづくよどこまでも』。2月11日に第5話が放送されました。

www.tbs.co.jp

 

前回の第4話は、ストーカーになった元入院患者の田沢さんに襲われかけた佐倉を天堂が救い、天堂の上に工事中の足場が落ちてきたのを、今度は佐倉が身を挺して守った。

怪我は大したことなく無事帰宅する事が出来た佐倉。

救急車の中で「キスでもデートでも何でもしてやる。」と、天堂が言ってたことを思い出し、約束を守るようせがんだところ、本当に天堂にキスされた。

…ところで終わりました。

 

第4話の感想はこちら。↓

www.lovetv.site

 

 

おもな登場人物

  • 佐倉七瀬:上白石萌音さん…3年前。倒れた急病人を見つけ、偶然駆け付け処置した医師の天堂に一目惚れ。天堂に会うため看護師になり、日浦総合病院に入るが初日にフラれる。「魔王」天堂と戦って見事敗北したので、あだ名は「勇者」。天堂には「岩石」と呼ばれる。天堂の過去を知り、自分が笑わせると言う。第4話の終わりに、天堂からキスされる。

<<循環器内科>>

  • 天堂浬:佐藤健さん…循環器内科の医師。佐倉が5年片思いした相手。患者さんに対しては優しいが、同僚には厳しい。あだ名は「魔王」。佐倉に厳しい態度を見せつつも、佐倉の患者さんに対する姿勢や、同僚に対する対応をちゃんと見ている。病院の売店のクリームパンが好き。マンション管理人の姉・流子と二人暮らし。過去に恋人を拡張型心筋症で亡くしていた。佐倉の言葉に少し笑った。
  • 酒井結華:吉川愛さん…佐倉と同期の新人看護師。冷静沈着。他の科からのスカウトを断り、佐倉と同じ循環器内科に入った。母がかつて看護師で医療事故を起こし退職したことで、自分がいい看護師になることで胸晴らしてあげたいと思ってる。来生が気になっている。
  • 根岸茉莉子:平岩紙さん…循環器内科の主任看護師。皆が恐れる天堂を「指示は簡潔で見立ては確か」と言い、やりやすいと思っている。同僚たちを優しく気遣ってくれる。息子・真司が不整脈を起こし、入院してくる。
  • 来生晃一:毎熊克哉さん…天堂と同期の循環器内科の医師。あだ名は「魔法使い」。天堂とは対照的に人当たりがいい。佐倉が天堂に片思いしていると知り、協力を申し出る。他のマンションに引っ越しているが、佐倉のマンションの上の階の部屋を借りたままにしている。恋人を亡くした天堂が、感情を出さなくなったことを心配している。母親と二人暮らしだったこともあり料理上手。佐倉にクリームコロッケの作り方を教える。
  • 小石川六郎:山本耕史さん…日浦総合病院の副院長で、循環器内科の医科部長。つかみどころのない人。ブラックな職場環境で働いている部下たちの様子を、そっと見守っている。流子の研修医時代の元彼。
  • 石原こずえ:瀧内公美さん…循環器内科の先輩看護師。頼りになる存在。
  • 沼津幸人:昴生(ミキ)さん…循環器内科の先輩看護師。佐倉が入職した初日にいきなり告白してふられた姿を見て「勇者」というあだ名をつけた。来生とペアを組むことが多いので、アイドルグループのファンになぞらえ自分自身を「来生担(意味:来生先生担当)」と言っている。口が軽い。結婚を前提に同棲している彼女がいる。
  • 高津若菜:見上愛さん…看護師。
  • 中野藍:瑛蓮さん…循環器内科の看護師。

 

<<小児科>>

  • 結城沙世子:片瀬那奈さん…小児科の医師で小児科部長。腕のいい医師で、はっきりとした物言いをする。天堂の過去を知る。佐倉ら新人看護師の飲み会に参加して、恋愛の先輩としてアドバイスをする姉キャラ。天堂の姉・流子と何やら因縁がある様子。仁志の片思いの相手が流子と知り、流子を追い払う。
  • 菅野海砂:堀田真由さん…佐倉の同期。小児科の看護師。佐倉の悩みを察し、飲みに連れ出し、話を聞いてくれる人。一生手堅く稼ぎたいと思っている。
  • 仁志琉星:渡邊圭祐さん…佐倉の同期。小児科の看護師。突然の流血を見て倒れてしまうところがあり、ホラー映画を観て克服しようとしている。映画館で出会った謎の美女・流子に一目ぼれする。後日、偶然何度か会い、付き合ってほしいと告白。後に流子が天堂の姉で小石川の元彼女と知って尻込みする。
  • 原静香:安藤聖さん…小児科の看護師。

 

<<その他>>

  • 熊本信子:青木和代さん…病院内のパン屋さんの店員さん。天堂と親しい様子。
  • 天堂流子:香里奈さん…仁志と映画館で偶然出会った。天堂浬の姉。親族の持ち物のマンション管理人で、浬と一緒に住んでいる。沙世子と因縁の仲。お酒好きで押しの強い感じだが、仁志のまっすぐな告白を嬉しく思っており、仁志の前ではいい女風。かつて医師として研修まで受けたが、医者は自分には合っていないとドロップアウト。小石川と研修医時代に付き合っていた。
  • 若林みのり:蓮佛美沙子さん…天堂の研修医時代の彼女。研修中に拡張型心筋症と分かり、心臓移植を待っている間に亡くなった。天堂が感情を表に出さなくなったきっかけとなる。

 

  • 小林文江:堀本雪詠さん…整形外科の看護師。

 

<<患者さんたち>>

  • 白浜杏里:住田萌乃さん…心筋症で6歳の時から入退院を繰り返している小児科の患者。今回は3か月の長期入院になっている。明るく、小児科病棟の子供たちのリーダー的存在。佐倉が失敗で泣いているところを見つけ、新人が泣く秘密の場所として備品庫を教える。退院目前の心肺運動負荷試験で、最大酸素消費量の低下があるのが分かり、入院続行。子供の心臓外科に強い先生をさがそうと検討されている。
  • 根岸真司:醍醐虎汰朗さん…主任の根岸の長男。eスポーツで優勝したことがあり、プロゲーマーを目指している。早くチームに戻りたいと思っている。競技中に違和感を感じ検査したら不整脈が見つかり、入院。天堂が担当医となり、アブレーション治療を受けることに。
  • 沢渡真也:寿大聡さん…循環器内科の入院患者。
  • 榎木敬太:コトブキツカサさん…循環器内科の入院患者。

 

第5話のあらすじ

キスされた佐倉は「普通彼氏とするものだと思うから。このままじゃ明日から仕事なんてとても無理です。」と言った。

「だったら、付き合ってやる。彼氏になってやる。」と天堂から言われ、付き合うことになった。

しかし仕事がやりにくくなるので、職場には秘密にすることに。

誰かに話したくて仕方ない佐倉は、顔が緩みながらも悟られないよう振舞う。

そんな時、主任の根岸の息子・真司が不整脈で入院してきた。担当医の天堂についた佐倉は、真司を看護する事になった。

 

真司にeスポーツのチームメイトらがお見舞いに駆け付け、りんごを手渡す。

それは真司がやっているゲームで、りんごを送るとエナジーポイントが復活するということに引っかけたものだった。

アブレーション治療に不安な言葉を漏らす真司に、佐倉は「天堂先生が治してくれるから。」と言って励まし、「よろしくお願いします。」と頭を下げる真司だった。

 

アブレーション治療の介助がしたいと天堂に申し出る佐倉。新人の佐倉にとっては難しい治療。

天堂は「お前の努力次第。」「ちゃんと勉強してこい。」と返事するのだった。

天堂の言葉に不安を覚える根岸。母として経験豊富な人に治療の介助を頼みたい根岸は、天堂に佐倉をつかせるのはやめて欲しいと懇願する。

天堂は「佐倉はああ見えて、よく気づくところがあります。」と言ったが、根岸は、佐倉は天堂といると浮ついて冷静さを欠くところがあると言い、やはりつかせたくないというのだった。

 

そうとは知らずアブレーション治療について勉強を重ねる佐倉。時には先輩に質問をぶつけたり、他の看護師がアブレーションの介助をするのを見学したりしもした。

しかし、天堂が指名したのは経験豊富な石原と中野だった。

勉強して治療に備えてきた佐倉は、天堂に「先生と恋人になれて私が浮かれてるから?介助なんて務まらないってそう思われたんですか?」と言い、一人の看護師として見てくれなかったと怒りをぶつける。

そして「公私混同してるのは先生の方じゃないですか?」と言ってしまうのだった。

 

そんな時、真司の容態が急変。緊急アブレーションをすることになるーーー!!

駆け付けた佐倉が言ったこととは?

 

f:id:lovetv:20200212114441j:plain

 

 

 

…というお話でした。

 

酒井さんがまたもかわいかった

第5話で天堂と付き合えることになった佐倉が、流子から天堂がクリームコロッケ好きと聞き出し、来生からクリームコロッケの作り方を聞いて作っていました。

せっかく作ったコロッケでしたが、急な検査で天堂に食べてもらえず、同期を呼んで食べてもらってました。

来生から教えてもらったと知った酒井さんが「お料理上手とは噂では聞いてたけど。」と言って、嬉しそうにコロッケの写真を撮っていました。

かわいい!!

そして「いただきます!」と言ってる時に、来生がいるであろう上の階に視線をやっていました。でもま、これは同期のみんなもやってましたけど、酒井さんだけ長め…。

なんてかわいい子なの??

これまでの佐倉に対する嫌な態度は、全部来生先生への恋心からだったのかな?

なんてかわいい!!

 

ちょっとした仕草ですけど、本当かわいい!!

回を追うごとに酒井さんのことが好きになってます!

 

仁志がビビる

とうとう流子が天堂の姉と知った仁志くん。思い切って「付き合ってください。」と言っていたことも今回判明したんですが、天堂の姉と知って逃げ出してしまってました。

まっすぐに向かってくれるのが嬉しいって流子も言ってたのにな。

このまま逃げてしまうんでしょうか??

さらに、流子がかつて研修医として日浦総合病院に勤めていて、小石川と付き合っていたことも判明。

沙世子が止めていた理由に納得する仁志くん。

 

え~!!頑張って欲しいと思ってるのに、退散してしまうんでしょうか???

流子も応えようとしてるのにな~。もったいないな~。と思います。

 

主人公以外の恋愛も面白くて、めちゃくちゃ楽しんでます。

 

佐藤健さんキツイ言葉遣い似合ってない

 主人公・佐倉が追っかけてる天堂役をしている佐藤健さんなんですが、時々垣間見える優しい部分はとてもいい感じなんですけど、「彼氏になってやる。」っていうのが似合ってなかったですね~。

キツイ言葉遣いしてることも、無理に低い声出してる気がして、ピンときません。

 

私には優しい人にしか見えないです。

 

謎の人物登場

第5話の終わりに、天堂の元カノ・みのりが登場!?してビックリ。

あれ?亡くなったはずでは??

と思って公式HPを見たら、みのりではなく、若林みおりという名の人物だそうです。

ううん?同じ名字だし身内の人??

 

上手くいきかけたところに前の恋人のそっくりさん登場なんて、『101回目のプロポーズ』の真壁さんと藤井さんを思い出しましたよ!!

まぁ、あれは本当の偶然の他人の空似でしたが。

 

もし二人の恋に邪魔が入るにしても、来生先生だと思ってました。

あれあれ?新たな人物登場とは思わなかったです。

 

さぁ、どうなっていくんでしょう??

 

 

以上、『恋はつづくよどこまでも』第5話を観た感想でした。

 

www.lovetv.site

 

 

全話の感想