テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

人生が楽しくなる幸せの法則 第5話を観た感想とネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週木曜夜11時59分から放送中の「人生が楽しくなる幸せの法則」。2月7日に第5話が放送されました。

www.ytv.co.jp

あらすじ

前回、失恋をした彩香(夏菜さん)と佳恵(小林きな子さん)は、大泣きしても吹っ切れず未練タラタラ。対応に困る里琴(高橋メアリージュンさん)。

神様(山﨑ケイさん)は、キューピッドの格好で3人を呼びよせ、ボロボロになっている彩香と佳恵に「失恋の痛手から立ち直るには多少のショック療法が必要ね。全く新しいことにチャレンジするの。」と合コンをするよう提案。

嫌がる彩香に神様は「苦手なものほどショック療法になる。ちょうどいい距離を制する者が全てを制す。」とアドバイスを送りました。

 

元の世界、会社に戻った3人。

里琴は早速二人の為に、合コンの相手探しを森(忍成修吾さん)に依頼。その日のうちに3対3の合コンが開かれました。

男性側の「どういう人がタイプ?」という質問に、彩香は「私はそんな好きなタイプとかこう、偉そうな立場ではないので。私なんか。」と答え、佳恵は「夢追ってる人かな。例えばミュージシャン目指してる人で優しくて…。」と元カレのことを言ってしまいます。

そして極めつけは里琴。「私は特にない。男が欲しいわけじゃないし。」と元も子もないことを言って、場を盛り下げました。

 

その場はお開きとなって、反省会。

森は「私なんて…とか言われちゃうと流れも止まっちゃうし、すっごい距離置かれてる感じがする。あと、元カレ話もないし。もう論破したらダメ。」と3人全員にダメ出しし、「ついた方がいい嘘もあるだろって。あんだろ?ちょうどいい感じの答えって。」と神様と同じ言葉を言い、3人は困惑しました。

 

入れ替わるように水島(板倉チヒロさん)が、小松、福田らと店に入って来て、彩香が合コンに参加してることに驚き「中川さんって俺のこと…。」と言いかけると彩香は全力で否定。

水島は「日曜は何だったの?佐久間と鴨志田が俺と中川さんのことを応援してくれるって言うから、俺はてっきり。」と言ったので場は混乱。森は水島らを連れて別の場所に行ってしまいました。

水島の話を聞いて、デートだと思い込んでいた自分にますますショックを受ける彩香でした。

 

合コンの帰り。

スマホに登録してる元カレの電話番号を消せずにいた佳恵。里琴は強引にスマホを奪い、勝手にデータを消してしまいました。「ちょっと何してくれとんじゃ!何の情緒もないわけ?これは、私が消す事に意味があったんだよ!」と激怒しました。

 

その日から二人は口を利かなくなり1週間。

机の境目に段ボールでバリケードを築き、お互い顔を見合わせないようにして、仕事のやり取りも周りの人に伝達してもらってやり取りしていました。

 

 一方、営業部では萌(佐野ひなこさん)がパッケージデザインを選んだ、グッチョス製菓のカウカウチョコの売り上げが、バレンタイン前に伸び悩んでいました。

萌は味で勝負したいと、あえてシンプルなデザインを選んだのですが、それが仇になってSNS映えしないと低評価となり、売れていなかったのです。

萌は、佐久間(和田琢磨さん)と神原社長(田山涼成さん)と一緒に、グッチョス製菓に謝りに行きました。

社長は、バレンタインデーまで時間があるので「もう少し粘らせてください。」と頭を下げ、巻き返しをはかることになりました。

しかし手を尽くしても、思ったように売り上げが伸びませんでした。

 

夜、萌は知らない男性に強引に誘われているところを彩香が助けました。

しかし萌は「あの人、外資のエリートだったんですけど!何、チャンスふいにしてくれてるんですか?」と突っかかって来ました。彩香は佐久間と付き合ってるのに他の人と?と混乱。

「付き合ってないですから、佐久間さんとは。あれ嘘です。佐久間さんのこと好きですよね?邪魔すんなって思って言っただけです。」と言う萌。

さらに、他の人と二人で飲もうとしたことも「保険ぐらいかけるでしょ?普通。好きになった人が、必ず振り向いてくれるって信じてるんですか?せっかく佐久間さんとデート出来たのに、なんであっさりと退いたんですか?自分は中途半端な感じで、私にとやかく言うのやめてもらえませんか?少なくとも私は、ちゃんと自分に正直に生きてるんで。」と萌のあまりに堂々とした物言いに、彩香は茫然と立ち尽くしました。

 

神様に呼ばれた3人。佳恵と里琴は険悪なままです。

神さまは「あなたたちだいぶひどい。でもこういう経験も一歩って言えるかもね。痛みを恐れず、本心に向き合った者だけが、前に進むことができる!」とアドバイスしました。

 

元の世界に戻って、まだバリケードが張られたままの佳恵に向けて、里琴が「ごめん」と書かれた手紙を彩香に渡してもらいました。

「一切関わらないようにするか、相手のこと考えずにずかずか乗り込んでいくことしか知らなかった。知ろうとしなかった。それも逃げなのかも。」と里琴は謝りました。

佳恵はバリケードを破り「大丈夫。たっつんの電話番号は指が覚えてる。私もちゃんと逃げずに勝負する!」と返しました。それをきっかけに仲直りした二人。

佳恵は意を決して元カレに電話し、今までのことに礼を言い、ちゃんとお別れを言いました。そして「私は私で頑張るから、音楽頑張って。」と最後にエールまで送ったのでした。

f:id:lovetv:20190208115812j:plain



カウカウチョコの売り上げはまだ上がらず、萌をはじめとした営業部の皆で、街頭でサンプルを配ることにしました。

全部配り終えて、佐久間と萌は、チョコを持った人だかりに気付いて近づくと、うさぎの着ぐるみを着た人がサンプルを配っていました。

慌てて逃げた着ぐるみの人が転び、頭の部分が取れて、彩香だと分かりました。彩香は営業部の人たちが頑張ってるのを見て、居てもたってもいられなかったのです。

彩香は「決して下心とかではなくて、佐久間さんが好きだからとかじゃなくて、純粋に…。」そう言って逃げましたが、神様の「痛い思いもして本当の気持ちに向き合わなきゃ。」と言う言葉を思い出し、立ち止まりました。

そして「やっぱり、違わないです。正直に言います。私はあなたのことが好きです。高校生の時からずっと好きでした。」と告白しました。

佐久間は「ありがとう。想ってくれてたのも、うさぎのことも。ありがとう。でも、ごめん。気持ちは嬉しいけど、好きって気持ちに応えることは出来ないんだ。今は誰とも付き合う気はなくて。」と断ってきました。

 

会社に戻った彩香は、着ぐるみをかぶったまま会議室に一人でいました。里琴と佳恵がおそるおそる近づいていくと、彩香は告白して振られたことを報告しました。

佳恵が頭の部分を外すと、彩香はいい笑顔でした。

「自分の心に素直になるって勇気がいるけど、気持ちいい。神様、私はもう透明人間やめます!」彩香は心の中でつぶやきました。

 

一方、チョコは目標ラインをクリア。バレンタインを過ぎても売れ続けていました。

 

萌は佐久間に「今は誰とも付き合う気はないって言ってましたよね?でも今はってことは、一か月先は分からないってことですよね?私もやれることはやるつもりです。」と堂々宣言したのでした。

 

しかし、最後に佐久間に女性(秋元才加さん)の影が…。「涼太!」と呼び捨てにしていてとても親しげに腕組んでいて、訳アリっぽい雰囲気でした。

 

萌の本音

第4話で、裏で手を回して汚いやっちゃ、と思っていた萌。第5話であっさりと嘘ついたことを認めていて、そんなに悪い人じゃない事が分かりました。

嘘つき通すような人だと思ってたので、意外でした。

でも、水島が可哀想でしたね。萌に乗せられて。でもまあ、水島の場合は彩香も勘違いさせてましたから、萌だけが悪くないですが。

 

「保険かけるでしょ?」って、そうしたい気持ちは少なからず誰にでもあるんじゃないかなぁ?と思いました。

思ってても、実際モテる人じゃないと出来ませんけどね!

 

佐久間が余裕なワケ

今まで、萌の上目遣いとか、彩香の態度など明らかに態度を出している女性たちに対して、全然なびかない、気付かない佐久間が不思議でした。

水島はうぬぼれ屋さんですけど、あれぐらいに感じる方が普通だと思うので、何でだろうなとは思ってました。

あと、彩香の告白を断る時に「今は誰とも付き合う気はなくて。」と言ってたのを聞いて、【ああ、これって自分を悪者にしないで、相手に好かれたままでいようとする時に使うずるい言葉やな~。】と思ってました。体よく断る時の常套句ってやつ?

そしたら、最後に親し気に呼び捨てする女性の登場で、納得

彼女かどうかまでは分かりませんが、あんな女性が側にいたら、そりゃ他に目がいかないですよね~。

納得しました。

 

二段階で失恋した彩香

彩香は、前回萌のせいで失恋したと思って、今回またちゃんと告白して振られて、2回も失恋してしまいました。

前回の号泣シーンで私も泣いたので、今回前向きになるのかと思ってたら、最初高校時代までさかのぼって引きずってたので、あの涙返してくれと思いました。

 

今回はちゃんと振られる回だったんですね~。ちゃんと振られた方が踏ん切りついていいですよ!!

と思ってたのに、次回の予告を見ていたら、まだ佐久間のことが気になる様子。

どうなっていくんでしょう?

 

森と里琴は?

前回あたりから、森と里琴が一方通行じゃなくちゃんと会話が出来るようになって来てて、友情が生まれてきてる感じでした。

でも今回、合コンの事で言い争いになってそのままになり、仲直りにチョコを持って謝りに行ったら?と言われていました。

あれ?里琴と森を恋愛に持って行こうとしてる?

真逆の二人がくっつくってパターン?

 

なんか二人は恋愛とは違うような気がしますけど…急な感じがしました。

 

さぁ、ここからどんな話になっていくのか?

気になってきました。

 

 

ちょうどいいブスのススメ /主婦の友社/山〓ケイ
by カエレバ

 

 

www.lovetv.site