テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

人生が楽しくなる幸せの法則 第3話を観た感想とあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週木曜夜11時59分から放送中の「人生が楽しくなる幸せの法則」。1月24日に第3話が放送されました。

www.ytv.co.jp

佳恵がずば抜けてずる賢い

今回まず“ちょうどいいブス”の神様(山﨑ケイさん)に異空間に呼び出され、これまでの自己採点をするよう言われた3人。彩香は72。里琴は81。佳恵は83としました。

次に神様は周りの人の採点を発表。彩香は可も不可もない50。里琴は優れたところもあるが、それ以上に問題ありで53。佳恵にいたっては測定不能と出ました。

神様は「あなたたちは自分の事が見えていない。それではただのブス。自分がブスであると認めた以上、人並み以上の努力をしなきゃダメ。」と言うのでした。

 

会社のデスクに戻った3人。他人からの評価を上げて、30点の差を埋めるためにはどうすればいいかを考えます。里琴は笑顔で部長(徳井優さん)に挨拶をしてみましたが、怖がられただけ。

まず先に手を打っていたのが佳恵。出勤途中に高齢者向け施設設立の為の募金をしてきていました。それを神原社長(田山涼成さん)が見ていて、皆の前で褒めていました。

「金で解決できるものは金で解決!」と言い切ります。「金で前人の皮かぶるのひくわ。」と里琴が言っていました。

 

他人からの評価を上げるため、彩香は契約書を会議中の取引相手の社長に届ける役目を引き受けたり、雑用を引き受けたりして必死に頑張りますが、キャパオーバーします。

一方、里琴は新人の福田君の教育係を買って出ましたが、その出来なさ具合にすぐにイライラして「幸せになれなくていい。」と放棄してしまいました。

 

 

 

この3人の中で佳恵がずば抜けて性格悪いですね~。神様の言葉も一番聞いてないし、彼氏がいて上手く行ってることだけで何もかも解決してると思ってるのが痛々しいです。人に自慢していても、どこかで自分自身も何か彼氏に対して違和感を抱いてる…。現実に一番多いのはこういうタイプの人じゃないですか??

 

里琴がめちゃくちゃ言われる

仕事を任せて先に退社し、先輩の小松と森(忍成修吾さん)と一緒に飲みに出かけていた福田。飲み過ぎて外で吐いていました。小松は里琴から厳しく指導されたストレスのせいだろうと言います。その現場を、ジョギングに出ていた里琴が偶然通りかかり、3人の会話を聞いてしまいました。

森は「口はあれだけど、間違った事は言ってないからな。」と言います。しかし福田は「自分はダメダメなんで。今まで基本何とかなるよなって感じで生きてきてて、責任感とか結構なくて。」と自分の悪いところを認めて反省しています。

しかし小松は酔ってる勢いもあり「木原さんの言ってることはなまじ言ってることが正しいから、何もこっちが言い返せなくなるじゃないですか。で結果、話すのがめんどくさくなる。」と里琴の陰口を言いまくっていました。

 

f:id:lovetv:20190125134311j:plain

 

 

3人の中で里琴だけやたら言われているような気がします。気が強くて実際人と色々ぶつかってると目立ちますから、仕方ないんですが。

でも、私は3人の中で一番里琴が好きです。感情を表に出して人にぶつけているからこそ、周りの人がその都度反応してくれて、悪口も言ってくれる。

実は、性格も一番いいんじゃないかな?不快感は与えますけどね~。

私はちょっと煙たいな~、ぐらいの人の方が好きです。

 

ちょうどいいブスは1日してならず

再び神様のところへ飛ばされた3人。

「あなたたちはなんにも分かってない。自己評価と他人の評価の差。これはあなたたちが自分で見ようとしない欠点のせいなの。他人の評価。つまり見返りを求めて無理にいいことをしようとする前に、自分の欠点を見つめ直すこと。これが必要なの!」と神様は言います。

彩香には「必死過ぎてダメ。一旦落ちついて。」里琴には「頑固なブスは周りを気分悪くさせるだけ。柔軟性を持って。」佳恵には「性格ブスは何の得にもならない。温かく他人を見る優しさを持ちなさい。」とそれぞれアドバイスしてくれました。

そして「ちょうどいいブスは1日にしてならず」と書かれた掛け軸を見せるのでした。

 

現実の世界に戻ると、小松たちが里琴の存在に気付いて今度は直接里琴に「見た目はキレイなんですから、愛想よくしてくれたら…。世の中正解と不正解だけじゃないんですよ。」と言ってきました。

また感情的になって「見た目はキレイなんだから、って。何それ?それと福田の件と何の関係があるの?出来ない人間を厳しく指導して何が悪いの?」と里琴が反発しました。

森が引っ張って小松と福田を連れて帰ろうとすると、小松は「マジうるせえな、正論ババア!」という捨て台詞を吐いて去っていきました。

入れ替わるように残業終わりの彩香がその場面を目撃。「木原さんは間違ってないと思います。でも、ちゃんとし過ぎちゃってるから、周りの人にはもしかしたらプレッシャー…。」と言いますが、里琴は今まで頑張っても「あいつはキレイだからえこひいきされてる。」と陰口を言われ、一切陰口言われないようにしとうとして、全部ちゃんとしたのに、また陰口言われてると告白。理解してもらえない。慣れている。と寂しそうに言うのでした。

 

パロディが飛び出した

翌日、部長が「ジャイアントフーズ」と「坂本物産」に阪神戦と巨人戦のチケットをそれぞれ用意したので、それぞれの会社に送るよう封筒にふせんを貼って準備していました。

里琴が封筒を受け取り、福田に仕事を振ります。福田は前日吐くほど飲んでいたので足元がフラフラ。こけてしまい、封筒に付けられていた会社名の書かれたふせんが取れてしまいました。

どっちにどっちの封筒を送ればいいか分からなくなった福田でしたが、「自分で考えろ。」と前日里琴に言われていたので怖くて質問する事が出来ず、阪神ファンジャイアントフーズに間違えて巨人戦のチケットを送ってしまいました。

 

それを聞いて福田に怒った里琴でしたが、自分が質問させなかったことが分かり、黙り込みます。そしてすぐに運送会社を追いかけて配送を止めようと会社を飛び出しました。

「私は木原さんのこと嫌いじゃないんで。木原さんは他人の評価なんか気にしない、悪口を言われるなんて慣れたって言ってましたけど、私は気にします。木原さんが悪く言われるのは嫌なんで!」と里琴の後を彩香が追いました。

 

やっとの思いでトラックを見つけ、前に飛び出す二人。間違えたことを伝えると、知ってると答える運転手。先に佳恵が運送会社に電話して配送を止めてくれていたのでした。

 

 

 

って、いう場面なんですが、このトラックの前に飛び出して、「何だアンタたち死ぬ気か?」と言う運転手に「ブスは死にましぇ~ん!ちょうどいいブスになるまでは!」と彩香が言ったんですけど、これって101回目のプロポーズ」の武田鉄矢さんのパロディーですよね??

とても短く、サラッと流していましたけど、分かる人だけ分かるシーンでした。

 

里琴が新人の代わりに頭を下げる

会社に戻った二人は佳恵から事情を聞き、走ったのが無駄だったのが分かりながらも、里琴は「かたじけない!」と頭を下げてお礼を言っていました。

そしてさらに、ミスした福田を連れて営業部に向かい、一緒にミスを謝りました。森は「木原が福田の為に頭下げた…。」と驚愕していました。

そんな里琴の姿を見て、前日酔った勢いで散々言いたい事を言った小松は「昨日は酔ってたのもあって言い過ぎました。すみませんでした。」と謝ってきました。

里琴は「言い過ぎたってことは普段からそう思ってるってことでしょ?伝えてくれて、勉強になった。」と懐の深いところを見せつけました。そんな里琴をみて微笑む彩香でした。

 

神様は3人を呼んで手を叩き「ようやく気付いたようね。」と喜びました。

彩香は「はい、やっとわかりました。自分の欠点をちゃんと受け入れる。そしてそれを少しでも直す努力をする。そうすれば周りの評価は自然についてくるんですね。」と言います。

里琴も「暗いブスより明るいブス。愛想が悪いブスより愛想のいいブス。性格が悪いブスより優しいブス。」と納得したように言いました。

 

「周りの目を気にするより、自分自身を見つめ直すの。またちょうどいいブスに一歩、前進できたわね。」という神様。

「まだ一歩。」「道は長い。」「ちょうどいいブスは1日にしてならず。」3人はそれぞれつぶやき、意気込んだのでした。

 

 

 

 

里琴!一回動き出すと一気に柔軟な態度に出ますよね~!!

こういう頑なな態度の人ほど、崩れると大きく感じます。しかし、柔らかい態度を取っても、、次の回になったらまた我に返ったようにキツイことを言ってるから、また次回になったらキツイこと言うんでしょうね!

なかなかこの人が柔らかくなるには時間がかかりそうです。

私としては、一番里琴が変わるのが楽しみです。

 

なんか、これまでの逆転変身するストーリーって、実は着飾ればキレイとか、大きな仕事やり遂げて一発逆転!!みたいな分かりやすく変身させるのが多かったですけど、これはじわじわ成長していくので、観ていて面白いです。

 

外見を変えて自信持って…とかありきたりです。そんなんではつまらないです。

でも、里琴や彩香はもともとからキレイだし、そんなことで変身した、というストーリーではどう変化したのか分からないですもんね~!!

やっぱ、このドラマ好きです!私。

 

彩香の恋が動く?

そしてそして、今回の最後、彩香がエレベーター前で偶然佐久間(和田琢磨さん)と一緒になり、先日残業するために誘いを断ったことを詫び、その時に佐久間が言った「また今度」という言葉を出して今度は自分から食事に誘った彩香。

「今度の日曜どう?」と言う佐久間。仕事終わりじゃなく、わざわざ日曜という佐久間に期待する彩香。しかし、二人の後ろで萌(佐野ひなこさん)が話をしっかり聞いていたのでした。