ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想の雑記ブログ

人生が楽しくなる幸せの法則 第8話を観た感想とネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週木曜夜11時59分から放送中の「人生が楽しくなる幸せの法則」。2月28日に第8話が放送されました。

あらすじ

前回、みんなの前で譲吉(阿南健治さん)から、夜一人で部長(徳井優さん)のパソコンを見ている防犯カメラの映像を突き付けられた里琴(高橋メアリージュンさん)。

情報漏洩をしたと疑われているところを、彩香(夏菜さん)、佳恵(小林きな子さん)と共に“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイさん)に呼び出されました。

神様にも疑われた里琴を「木原さんは絶対やってません!」とかばう2人。神様は「なんだかんだで2人とも分かってくれてるじゃない。それゆえの信頼関係。素晴らしい。」と褒めました。

 

改めて何をしてたか聞く佳恵。

里琴は、森(忍成修吾さん)に頼まれてスパイの調査をしていたことを明かしました。里琴の映像が撮られたのは通報があったから。里琴はその通報者が真犯人ではないか?と予想します。

通報者が分かれば、里琴の無実も証明される。里琴はだんまりを決め込むことにし、その間に2人が真犯人をさがすことになりました。

神様は「ちょうどいいブスの団結力見せつけてやるのよ!」と言い、ある事を教えました。

ちょうどいいブスか条

  • その壱 真実を見抜く目を持っている
  • その弐 気高き精神は揺るがない
  • その参 仲間を裏切らない

合言葉は団結力!3人は会社に戻りました。

 

計画通り、申し開きをしなかった里琴は、譲吉から自宅謹慎を命じられました。

里琴は帰宅する前に森に会い、「これで逆に動きやすくなりました。私は会社の外から犯人を追います。防犯カメラ映像、徹底的にチェックしておきます。」と、森から渡されていた映像のデータが入ったハードディスクを見せて言いました。

私を信じ、任せてくれた仕事ですから。必ず結果を出してみせます。」里琴はそう言って帰っていきました。

 

佳恵は「やると決めたからには徹底的にやる。」と、元彼のたっつんに仕掛けようと隠し持っていた盗聴器を持ち出し、給湯室や休憩室に仕掛けました。

 

彩香も含めたオムライスの企画をした営業チームは、横取りされた企画についての報告書を書かされていて、みんな怒りを抑えきれずにいました。

希美(柳ゆり菜さん)、唯(中村有沙さん)、萌(佐野ひなこさん)らが怒りをあらわにするなか、佐久間(和田琢磨さん)と水島(板倉チヒロさん)は「企画が盗まれた経緯を調べるんじゃないの?」「関係者の証言が欲しいのかも。」と予想します。

希美が「本当に木原さんがやったの?」と聞いてきたので彩香は「絶対にやってません。だってこんなことしても木原さんに何のメリットもないじゃないですか。」と返しました。

しかし里琴じゃないということは、他の社員を疑うこと。希美は「このなかに犯人がいてもおかしくない。」と言い、仲間同士で警戒し合わなければいけなくなった現状に、みんなで落ち込みました。

 

佐久間は報告書作成のあと、彩香を心配し、声をかけてくれました。

彩香は「人を信じるってことは、誰かに疑いの目を向けるってことなんですよね。さっき痛感しました。疑うってことは信頼関係を崩す事なんだって。」と素直に気持ちを打ち明けました。

「悪いのは全部犯人だよ。」と、佐久間は情報漏洩について調べていること彩香に打ち明け「必ず木原さんの無実も証明してみせるから。」と言ってくれました。

 

落ち込みながら帰宅していた彩香は、1人で神様に呼び寄せられました。

神様は、社内の人間を疑わなくてはならなくなった彩香の悩みを見抜き、「この試練を乗り越えられれば、逆に周りとの信頼関係、逆に深まっちゃったりするかもよ。でもそれはどっちに転ぶかは分からない。だからそういう時は、自分の信念に従うのよ。どんな状況下でも、信念を貫く覚悟と勇気。」と助言しました。

 

翌日。

彩香は佐久間に「私にも手伝わせてください。」と自ら協力を申し出ました。

そんな彩香を連れて佐久間はタケノコ酒造へ出向き、竹原社長(林和義さん)に「元の関係に戻りたい。」と話しに行きました。

竹原社長は、契約を断った後ろめたさから、佐久間をまともに見れないでいましたが、佐久間の熱心な語りかけに心を開いてくれました。

そして、ワンオアエイトカンパニーが、契約後に色々条件を付け足してきて、守ってきた品質を失うことになったを話してくれました。そして最後は「あんな会社に負けないでくれよ。」と佐久間を励ましてくれたのでした。

 

自宅で調査を進めていた里琴は、防犯カメラからは不審者を見つけられず、ワンオアエイトの社員とプライベートで接触できないか、SNSをチェック。

城めぐりが趣味の、営業部の萩原光秀(はんにゃ金田さん)が開く、戦国オフ会に参加すると森に報告していました。

しかし森は、里琴が萩原と接触することより、里琴に何度もかかってくる母からのお見合いの話の方が気になっていたようでした。

 

居酒屋で開かれた戦国オフ会は、関ケ原の戦いのクイズをやっており、里琴が圧勝しました。萩原は里琴にひれ伏し、勝利の証しの陣羽織とワンオアエイトの名刺を差し出しました。

いい会社では?という里琴に、萩原は「見せかけだけのひっどい会社でござる。」と言います。里琴は、萩原から会社の内情を探るのでした。

 

 

後日。

ワンオアエイトカンパニーの社長、八乙女(大浦龍宇一さん)が突然ジャストライトに来ました。

神原社長(田山涼成さん)と譲吉が警戒しながら応対。契約の横取りの件を話しても、シラを切る八乙女は、業務提携を申し出てきました。しかし、神原は丁重にお断りするのでした。

 

ワンオアエイトの、タケノコ酒造の契約担当者は、社長秘書の榊(山添寛さん)という人物。

佐久間は、竹原から契顔写真入りの名刺のコピーをもらってきており、森に見せながら話していました。

森も、里琴から「ワンオアエイトカンパニーは、ターゲットを決めるとまず、業務提携をして一気に買収に持ち込む。その交渉を一手に担ってるのも榊。」という情報を入手していました。

 

タケノコ酒造と、里琴の情報が一致しました。

 

夜。

佐久間は、彩香を連れてカップルを装い、榊を追うことしました。彩香は仕事の為とはいえ、疑似デート体験が出来てドキドキです。

誰かと待ち合わせをしている風の榊を遠くで見ていた2人。そこへ現れた女性を見て息を飲みます。課長(伊藤修子さん)だったのです。

 

彩香は、里琴と佳恵に報告。

佳恵は尊敬する課長がスパイの可能性が深まったことにショックを受けながらも、課長1人にマークすることを決意。

これまでの盗聴器に加えて、GPS発信機まで持っていた佳恵は、彩香と協力して課長の鞄に仕掛けることに成功。

佳恵が盗聴器と合わせて調査したところ、課長が誰かに電話で「今夜例の物を盗み出すから、取りに来て。総務部オフィスで待ってる。」と話しているのが聴こえました。

 

晩。

総務部で待っていた佐久間と彩香。

彩香は、課長が真犯人かもしれないが「真実を受け止める覚悟はできてます。逆に課長を止めることが出来るかもしれない。」と話し、佐久間を感心させていました。途中、守衛さんが見回りに来るも、何とかやり過ごします。

会議室では森と里琴が待機していました。「早く職場に戻りたい。」と漏らす里琴に、森は「暇ならこないだの公園来てよ。」と甥っ子さんと遊んでいた公園に誘っていました。嬉しそうに話す森に「いい父親になれそうな気がします。」と言う里琴。母親から見合い話をされて、夫婦とか家庭とかを考えていたのです。

 

彩香と里琴、それぞれ話し込んでいたところに、佳恵から指令が来ました。課長のGPSが侵入してきたというのです。

総務部ではなく、別の所へ向かうのを不審に感じ、追いかける佳恵。GPSが示した場所に到着すると、ミニカーに乗せられたGPS発信機がありました。

状況が飲み込めない佳恵は、何者かに後ろから口をふさがれました。

 

f:id:lovetv:20190313175629j:plain

総務部にいた彩香と佐久間のもとに、里琴と森も到着していました。連絡が途絶えた佳恵を心配していると、突然電気が点きました。

そこへ現れたのは、佳恵と「スパイごっこは楽しかった?」と言って佳恵の襟をつかんでいた課長でした。その手にはGPS発信機と盗聴器が握られていました。

「だめよ、こんなことしちゃ。」と叱る課長。彩香と里琴は「例の物盗むって…。」と聞くと「あんなの嘘よ。」と否定する課長。

課長は、鞄の中に発信機が入れられ、あちこちに盗聴器が仕掛けられていたので、誰の仕業か確かめるためにわざと嘘の情報を流したのだと説明しました。

森が「彼女たちは僕たちの調査に協力してくれただけなんです。」と言い、次に佐久間が「ワンオアエイトカンパニーの榊という男とはどういう関係なんですか?」と課長に聞きました。

 

課長は2か月ぐらい前に、バーで一人で飲んでいたところ、見知らぬ男、榊に声をかけられた。しかし、すぐに何か企んでいると見抜いたと言います。

神様の言ってた「真実を見抜く目」です。

案の定、会社の情報を教えて欲しいと言ってきた。ハニートラップです。

情報を提供すれば、それ相応の地位と多額の報酬を用意するとまで言ってきたと言います。

しかし課長は話に乗りませんでした。「気高い魂」です。

しばらく適当にあしらっていたある日。

榊が「ジャストライト物産の内部の人間と協力関係が結べた。」と誰かに電話しているのを聞いたとのこと。

社長の八乙女とは別に、裏で糸を引いている存在がいることが分かった課長。黒幕をあぶりだすためと、ジャストライト物産と皆を守るため、榊との接触を続けたのだそう。

逆ハニートラップ。「仲間を裏切らない」です。

彩香と里琴と佳恵は「課長!さすがです!」と敬礼をしました。

 

里琴が見た、防犯カメラに映った人影も課長で、黒幕がジャストライトに恨みのある人間に違いないと考え、過去の退職者や、解雇された人間を洗いざらい調べたのだと言います。人事の情報は、部長以上のパソコンでしか見る事が出来なかったから。

課長は、里琴が疑われたことを謝りました。

 

課長によると、ワンオアエイトカンパニーは佐久間のパソコンから情報を盗み出したとのこと。不正にアクセスした日時まで特定できていました。

里琴がちょうど防犯カメラのデータを持っていたので、その日時を調べましたが、何も映っていませんでした。しかし、課長があることに気付きます。

数分映像が飛んでいる時間があったのです。

 

翌日。

「さがさないでください。」と置き手紙をして、社長がいなくなっていました。

 

一方、佐久間と彩香は守衛室にいました。

防犯カメラの映像を消された日に勤務していた守衛さん(清水伸さん)を問い詰めていたのです。しかし森が2人を呼びに来て、引き下がります。

 

譲吉が社員を呼び出し、社長がいない間、緊急措置として社長代行することを発表。会社もワンオアエイトの傘下に入る事も告げたのでした。

 

神原社長は失踪する前、榊が入手した情報で八乙女から脅されているようでした…。

 

黒幕は誰?

私は、課長が情報漏洩の犯人だと思っていました。

けど、佳恵の尊敬する人だし、ちょうどいいブスの神様にも絶賛された人だったし、犯人だったら嫌だな~とも思っていました。

違っててよかったです!

 

男に利用されてるのか?とまで疑ってました。

大変失礼しました。

 

となると、守衛さん?

守衛さんこそ何のメリットもないような…。

 

譲吉かなぁ~?

突然現れた社長の弟。会社は父から引き継いだって話だし、相続問題が絡んでるのでは?

海外で活躍してるってのも怪しくないですか?

社長の弱みを知ってるのも、弟ならあり得るかもしれないです。

 

話はズレますが、譲吉役の阿南健治さんと、佐久間役の和田琢磨さんって、2人とも2018年の10~12月の高橋一生さん主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」でも共演されてましたね!

「僕らは…」では、本編での絡みはなかったですけど、児嶋一哉さん演じる沼袋が主役のチェインストーリーの方では絡みがありました。

全く違う役柄なんで同じ俳優さんとは気づかない人が多いと思います。

自分が見ているドラマに、続けて同じ俳優さんが見れるのは嬉しいです。前に出演されてたドラマとの比較とかして、勝手に喜んでます。

高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」第1話観た感想*ネタバレあります - テレビ好きぴえーるの日記

 

気になる2組

里琴に母からお見合い話が来てましたね!

前の里琴なら、話をすぐに突っぱねてたでしょうけど、人の話を聞けるようになった今、受け入れる可能性も出てきました。

でも、森が気にしてましたね!里琴は全く意識していない様子でしたけど…。

森の片思いか??

 

それから、佐久間と彩香の距離も縮まってきてませんでした?

前の告白の時は「今は誰とも付き合う気はなくて。」と断られていました。あの時は気のない人に言う、体のいい断りの言葉だと思ってましたけど、この感じなら可能性ありなのかも?

でも、たまにもう既に断ってるんだから付き合わないのは分かってるでしょ?という感じで、距離詰めて普通に仲よく出来る人がいますからね~。

佐久間がそういう人だったら振り回されそう…。

 

次回は?

次回の予告を見てると、ワンオアエイトカンパニーからジャストライトを取り戻す為に社員全員で頑張るみたいです。

 

どんな話に展開していくんでしょうか?

このドラマ、どんどん面白くなっていきますね!!

 

以上、「人生が楽しくなる幸せの法則」第8話を観た感想でした。

 

 

 

www.lovetv.site

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site