ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2019春を観た感想*埼玉県1日目小川町*正平さん大聖寺の坂でチャリオ降りる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の「にっぽん縦断こころ旅」2019春。5月20日~24日は埼玉県です。

「にっぽん縦断こころ旅」は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送です。

このブログでは、「こころ旅」を観た感想を書いています。

www4.nhk.or.jp

828日目、埼玉県1日目は小川町の旅

5月21日放送分、埼玉県1日目は、皆野町にある二本木峠付近でオープニングでした。

 

今回のお手紙は、鶴ヶ島市の42歳の方から。心に残る風景は、埼玉県比企郡小川町にある大聖寺(下里観音)から見える山々と田畑の見える風景です。

 

小川町下里は、お手紙の方のお母さんが生まれた場所です。

お祭りに行くのが好きだったお母さん。お手紙の方が小さい時、近くにある色々なお祭りに連れて行ってくれたそうです。

小川町と言えば、七夕祭が有名ですが、家族で行ったお祭りの中でも、お母さんと妹さんと行った下里の観音様のお祭りの時に見た高台からの夕焼けの山々。下に見える田畑の景色が忘れられないといいます。

 

お母さんは13年前、59歳という若さで亡くなりました。

もうその時の思い出話を聞くことが出来ませんが、観音様を是非訪れて、あの景色を見て頂けたら嬉しい。というお手紙でした。

 

次々に生き物に遭遇

約23km先の大聖寺を目指して今回も下り坂からスタートでした。坂を下ってる途中で牛さんが草を食べてるところに遭遇しました。

関東平野が見渡せる場所で、緑に囲まれて何頭も草を食べていました。

 

正平さんが「ゥモウ~。」と牛さんの鳴き声を真似ていると、別の牛さんたちがゾロゾロと近づいてきました。

茶色い毛の牛さんが正平さんに近づいてきて、顔を触らせてくれました。「かわいいね、お前。もっとはよこい。夕焼けに間に合わなくなるじゃないか。」とゆっくり歩み寄ってきた牛さんを褒めながらも少し文句も言ってました。

草をむしって手で牛さんにあげようとしたりして、牛さんと交流してました。

 

こういう時の正平さん、躊躇なく動物に近づいていきますけど、怖くないんですかね~?いつもスゴイなと思います。

それで、近づいて来られた方も興味津々で匂いを嗅いだりするから不思議なんですよ~。動物には危険人物じゃないってのが分かるんでしょう!

 

坂を下って来て、民家が立ち並ぶところまでやって来ました。走っている時に曇ってきた天気がだんだん晴れてきました。お手紙の方が書かれていた夕景に出会えるかもしれません。

 

川沿いを走っている時に川原で、「あれキジの男の子だよね?」と雄のキジを発見した正平さん。木の近くで草むらに紛れて雄のキジがいました。そしてその歩いた先には雌のキジが。雄が追っかけるみたいでした。

春だもんな。」とつぶやく正平さん。スタッフさんから笑いがこぼれました。

春ですね~。

 

止まってキジを観察してると子ども連れの家族の方が正平さんに声をかけてきました。

大喜びで握手会。

女性2人と男性1人。男の子3人。のご家族でした。

 

正平さんに会えてめちゃくちゃ嬉しそうでした!!羨ましいです。

昨日の月曜朝版でも出てらっしゃったご家族だと思います。

 

www.lovetv.site

 

 

手紙を読んでから坂を下ってる頃はまだ曇りで、お手紙の方が書かれていた夕景に出会えないかもしれない不安がありましたが、途中から晴れてきました。

 

正平さんファンの方のお店で休憩

途中、スタッフさんの提案でお茶する事になりました。

お店の方は大歓迎で、撮影をOKしてくれました。

店主の方は番組大ファンらしく、テラス席に座っていた正平さんに「毎日観てて、いつか来てくれないかなって思ってた。」と言い、スタッフさんの方に向かって「アライさんですか?」と質問されていました。

「アライさんは今日は遠くから映す方です。」と笑いながら説明する正平さん。

 

チーズケーキを食べてらっしゃいました。美味しそうでしたよ!!

tabelog.com

「こういうのは美味いとか、まずいとかよく分かんないんだ俺。甘い!」と毒づく正平さんでした。

 

食べてる途中、店主の方に電話で呼び出された番組ファンのご両親が駆けつけました。大ファンで毎朝観てるそうです。カメラに「恥ずかしい。」と照れてました。

お父さんは同じ年で4月24日誕生日の70歳。正平さんは「もう少しで70歳になる。」と言ってました。正平さんは5月30日生まれですもんね!!

 

お父さんは地元のこうせんぼうというお菓子を正平さんにあげてました。

「堅そうだな、これ。」と言う正平さんに「歯治ったから。」と返すお父さん。

さすが!!毎朝観てるだけあって、正平さんが歯を治した事もよくご存じでした!!

 

歯医者でのエピソードを話していた日。↓

www.lovetv.site

 

こういうファンの方との交流は見ていて楽しいですよね~。三重でもコアなファンの方がジュンさんを探してました。↓

 

www.lovetv.site

 

 

お寺までの坂道を歩いて上る

休憩後。

夕日が当たってより赤く見えるポピーの花の横を通り抜けました。

田畑に囲まれた道を通っている途中で「夕焼け小焼け」の放送が流れました。

山の上の方に大聖寺が見えて、手前に急な上り坂が…。

「あれ大聖寺だ。自転車置いていっていい?絶望的やで、これ。これ行けるのミズさんだけでしょ?」と言う正平さん。

坂の近くまでなんとかチャリオで行き、坂の手前の草むらにチャリオを置きました。

「チャリオ君ここまでだよ、もう無理。お手紙に高台って書いてあった。」とハァハァ言いながら後ろを振り返り夕日を確認する正平さん。

まだ山の少し上に太陽がありました。

 

こころの風景

そこから坂を歩いて上る正平さんたち。みんな息遣いが荒かったです。歩いてる途中「なんだかホントに夕日が照ってるぞ。おい。」と正平さんが言うと「普段の行いですかね~?」と返され「てあんでい!」と言う正平さん。みんなで笑ってました。

 

道の途中で手をつないでいる石仏と歌碑があり、その歌碑を見て「西の空 夕日輝く大聖寺なんだ。」とつぶやく正平さん。歌にそう詠まれていたのです。

ゆっくり進み、境内に入りました。入ってすぐのところではなく、もっと奥にある観音堂を目指しました。

観音堂までの階段がきつく、息が上がっていました。そこから眼下を見る正平さん。

ほほ!これやな、景色。景色これやね!監督ちゃん!田畑の風景と山に沈む…。」とつぶやく正平さんでしたが

山の上に雲があったので、少し待っても雲に隠れてしまうと判断。夕日が沈む風景を見る事を諦め「しょうがないね。雨が降らなかっただけでも儲けもんだ。」と言ってお手紙を読み始めました。

 

夕日は待ってるうちにすっかり隠れてしまいましたが、このわずかに残る太陽の光で見える風景もまたキレイでした。

 

お手紙を読み終わった正平さんは「雨は降らなかったけど、雲が邪魔しよんにゃ。ちょっとでも赤っぽくなってるな。これで勘弁してちょ。ちっこ~い景色だけど、なんかいいな。」と言っていました。

遠くまで景色が見えるのでその遠くが小さくみえる。という意味を言ってたんだと思います。

いや、こういう儚い感じの方が余計に夕日の風景はいいですよ!!

私は好きです。

 

埼玉県1日目。

生き物に、こころ旅ファンの方、キレイな夕日。と、こころ旅ファンにはたまらん内容が詰まったいい旅でした!!

 

明日はときがわ町です。

 

 

www.lovetv.site