ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2018秋の感想*静岡県4日目沼津市(最終日)、火野正平さんの自転車旅!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで、12月21日最終日を迎えた「にっぽん縦断こころ旅2018秋」。オープニングの場所は、静岡県伊豆の国市韮山多田。前日20日のゴールだった韮山高校へ向かう通学路近くでした。

「珍しく繋いでます。ポンポンポンポン飛んできたのに…。」と言う正平さん。

最終日だということで、富士山が祝福してくれるだろうと富士山の見える昨日のゴールの場所に来ましたが、今日も雲に隠れて見えませんでした。

「祝福はあの程度です。い~や、見えねえんだこの番組で。今日は天気予報晴れなんで見えるだろうと思ってきたんだけど…。」と悔しそうに笑いながら言う正平さんでした。

晴れ予報なのに何故??

 

803日目、秋の旅最終日は静岡県沼津市の旅

www4.nhk.or.jp

お手紙の内容

最終日のお手紙は、東京都足立区の10歳の女性から。こころの風景は、沼津市の千本浜です。

近くにお手紙の方のお母さんの実家と、お父さんが昔、暮らしていた家があります。

今年の10月、お父さんと二人で沼津に行き、「千本浜に行ってみる?」と聞かれ、お手紙の方は「行ってみたい。」と返事。千本浜へ行かれたそうです。

 

正平さんに、思い出の千本浜を訪れて頂けたら嬉しいです。というお手紙でした。

 

正平さんがお手紙を書いたのが10歳の女の子だと知って、「心のモヤモヤってなんや?」と驚いていました。

「10歳の子が母の実家とかって言うか?これ。」と大人の言葉で書かれていたことに一番驚いていました。

私も画面に映るお手紙を一緒に読みましたが、字は確かに幼い字でしたが、言葉遣いはとても大人で、よく本を読んで言葉を知ってる子なんだろうな~と勝手に想像しました。それか大人社会の中で育ってる子なのかな~??

ちゃんとしたお手紙でした。

 

「おじちゃんたちはね、何年か前千本浜へ行って、そこから浜沿いに堤防を10キロほど走って吉田ってところに行ったことあるんだよ。その時もあいつは全然顔出さないんだよ!!」と、後ろにある富士山を、後ろ手を差して文句を言ってました。

 

川沿いを走る

約16kmのルートで千本浜を目指します。狩野川沿いを走っていると、数人に声をかけられてました。最終日にも番組のファンの方たちに会えました。

徐々に雲が上に上がって来てはいますが、曇ったままです。晴れるのでしょうか??

 

道は大きく右へカーブし、来光川沿いに入りました。そして赤い橋を渡り、来光川からまた狩野川沿いを走りました。

 

ランチはうなぎ!

沼津に入りました。

監督さんが「最終日なので、うなぎでも。」という提案で、うなぎ専門店「冨久家」というお店に入りました。

お店の方は驚きながらも撮影を許可して下さり、お食事させて頂けることになりました。

うな重じゃなくてうな丼食いたい。生まれてこのかた、うな重ばっかり食ってるから一遍でいいから。」と冗談を言う正平さんですが、丼はメニューになく、うな重を食べました。

お店の方と最後に写真撮影をしていました。「突然だったから、オタオタしました。」というお店の方。お店の方はいつもテレビ撮影の時は前もって連絡が来るのに、とおっしゃっていて、とても驚かれていました。

「俺たちは傍若無人なんです。」と正平さんが言うと、皆で笑いました。

 

今回の旅の茨城で、明日NHKの取材が来ると言っていたお店がありましたよね?同じNHKでも、こころ旅はぶっつけ本番なんですね!鶴瓶の家族に乾杯みたいです。

 

www.lovetv.site

 

 

…とここまでが「朝版」でした。

 

茶畑と頭を出さない富士山

「とうちゃこ版」では、川沿いを走っている時に、茶畑の横を通るところが放送されていました。正平さんは茶畑の形を見て「かまぼこ、かまぼこ。」と言ってました。

土地の形に合わせてキレイに並んでいました。

 

走っている間に、徐々に富士山に被っていた雲が、上に上がって来ていました。

「富士山早くパジャマ脱げよ。あの奥ゆかしさがいいんだね。」と言う正平さん。スタッフさんたちが笑ってました。

例え方が何と言うか…。正平さんらしいです。

 

千本浜公園

天気は雨になり、松林と浜っぽいのが見えてきました。千本浜道に入りました。千本浜公園にチャリオのまま入っていきました。

 

堤防の手前に車がたくさん停まっており「ここへ車停めたのかな?」と言う正平さんです。

さらに奥へ進み、松の木の近くでチャリオを置きました。

 

こころの風景

堤防に上がり、駿河湾を眺めました。伊豆半島、大瀬崎も見えました。富士市も見えると正平さんが指をさしていました。

 

浜に下り、水平線を見つめる正平さん。雨が降っていたので太陽は見えません。海の向こうに雨が見えて、こっちへ来ると言って堤防に戻って待つことになりました。

 

1時間30分後。

堤防では数人の人が水平線に向かってカメラを向けていました。正平さんは鞄からお手紙を取り出し、再び堤防から浜へ戻りました。

「ありゃありゃりゃ…。ありゃあ…キレイや。あの雲の間からおひさまのラインがここに出てる。へえ。穏やかな海のきれいな色。お山はまだ、下だけ。来たよ~。」

正平さんが言います。

とてもキレイなオレンジ色の夕日でした。夕日がキレイに見えるのを少し待ちました。さらに夕日がキレイな色になるのを待って、船が夕日のなかに行くのを待ちました。

待った甲斐があって、夕日の色が海に映り始めました。

 

この夕日を背に正平さんはお手紙を読みました。

 

夕日の光が波に揺れて、とてもキレイでした。正平さんがお手紙を読んでいる間も、夕日がキレイすぎて、そちらに見とれてしまいました。

 

「今年一年、今日で終わる。100回、1回北海道の地震で中止にして99日走った。また手紙で知らないところ連れて行ってもらって、楽しかった。あっという間だった。」

 

正平さんはそう言うと「今夜の夜汽車で 旅立つ俺だよ あてなどないけど どうにかなるさ…」と歌を歌いました。

utaten.com

 

海に映る夕日の光が切なくて、正平さんが歌う歌が渋くて沁みました。

秋の旅最終日。最終日にふさわしい美しい夕日を見せて頂きました!!

ありがとうございました。

 

来年も走ってくださるんでしょうか??

正平さん、チャリオくん、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site