ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2019春の感想*長野県1日目箕輪町*お手紙をくれたのは少女漫画家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の「にっぽん縦断こころ旅」2019春!

俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

5月6日~10日は長野県です。

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送です。

 

www4.nhk.or.jp

206週目、長野県で巡る町

206週目、2019春の旅5週目長野県めぐる町。番組表でみたら

 

 です。

 

820日目、長野県1日目は箕輪町の旅

5月7日放送分、820日目は長野県伊那市のみはらしファームでオープニングでした。南アルプスが見えました。

今回のお手紙は、東京都多摩市の69歳の方から。こころの風景は、長野県上伊那郡箕輪町の養泰寺にある湧水の泉です。

箕輪町はお手紙の方が生まれ育った町。他の家の方と同じように、お手紙の方も親の農作業を手伝っていたそうです。

その農作業を通じて、忍耐力を持って一歩ずつ進めば、必ず結果がついて来ることを知ったといいます。

作業を終えて西山に沈みかかる夕日を眺めたあと、田んぼから細い坂道を下って養泰寺の冷たい湧き水で火照った手足を入れた時の充実感、爽快感を今でも忘れられない。とおっしゃいます。

そしてこの充実感と努力の結果の達成感はその後の人生の糧になったそうです。

正平さんに、ぜひ養泰寺の泉に行き、走りで疲れた手足を浸していっときの涼を取っていただきたい。というお手紙でした。

 

信州の山に喜ぶ正平さん

みはらしファームから約10kmのルートで養泰寺を目指してスタート。

 

 

ずっと遠くに見える山を見て「信州に来たなぁ。」という正平さん。

カメラはずっと正平さんと道の先に見える山々を映していました。

空は青!太陽がよく当たっていて気持ちよさそうでした。

 

ランチは辛味噌ラーメン

ランチはラーメン屋さんで、辛味噌ラーメンにバターをトッピングして食べていました。

辛さがちょうどいいと絶賛していた正平さん。食前にラムネも飲んでました。

ラムネはビンの中の水晶を落すのに一回失敗してました。かわいかったです。思い切って一回押して空振りしてました。

しっかし、正平さんって炭酸好きですよね~!?月曜のコーラが美味しいって前にも言ってたし。

 

リンゴの花発見

山々と鳥のさえずりに囲まれての長野の旅。「山を見に来たな。」とつぶやく正平さん。

休憩した場所の近くにキレイに剪定された柿の木を見つけていました。枝にはミノムシがぶら下がっていて、取って大事にポケットに入れていました。

こういう少年っぽい所があるのがかわいいですね!!

柿の木のそばに別の木がありました。物知りの正平さんでも何の木か分からず、歩いていた方に聞くと、リンゴの木と教えてもらいました。

信州だからリンゴ!!

ちっちゃい新芽が出てきていたのはリンゴでした。種類はフジ。

最初はソバ?とか言ってましたけど、リンゴでした。

リンゴの木があるくらい北に移動してきたんですね~。しみじみしました。

 

こころの風景

養泰寺にとうちゃこ

お寺ではお葬式の最中で、遠慮しながら入る正平さんたちを、喪服を着た方々が歓迎してくれました。

亡くなられた方は天寿をまっとうされた方だそうで、参列者の方は穏やかでした。

 

正平さんたちは寺の中を散策して、手足を浸したという池を発見しました。池の水がしみ出すように湧いていました。

池の近くには水芭蕉の白い花が咲いていました。

池の水がポコポコ湧いていて「ラムネか。飲んだよ、さっき。」とツッコむ正平さんでした。

お手紙の方は少女漫画家で、お寺から田んぼにかけての道が描かれた地図が添えられいました。その地図に従ってお墓の横を通り、寺の奥へ。

林のなかの細い道を通って、田んぼに出ました。

田んぼの前には大きな桜の木が立っていました。見事な桜。大きな桜だったので、60年前もあっただろうとのこと。

お手紙の方のこころの風景です。山も見えました。

 

田んぼのあったところから引き返して池に戻り、正平さんは水に手を浸しました。

「それほど冷たくなくていいぞ。夏気持ちいいだろうな。キラキラ光ってる。」と言いました。太陽の光が池の水に反射してとてもキレイでした。

 

正平さんは池の周りの石に座り、お手紙を読みました。

 

天気も穏やかで、走ったコースも走りやすい所でした。

 

お手紙には追伸があり、少女漫画家ということで、ご本人とお母さんのイラストが添えられていました。

誰なんだろう?正平さんも見たことあるような…。と言ってましたが、誰なんだろう。69歳。きっと読んだことあると思うんだけどなぁ。

 

 

長野県1日目。遠くの雪の積もった山々。手前にある田んぼのそばの桜。池の周りのミズバショウ。とてもキレイな風景を見せて頂きました。

 

明日は松本市です。

 

 

www.lovetv.site