ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2018秋の感想*神奈川県4日目小田原市*火野正平さんの自転車旅!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の「にっぽん縦断こころ旅2018秋」。12月14日放送分は、神奈川県箱根町にある旧東海道の畑宿、石畳の上でオープニングでした。

799日目、神奈川県4日目は小田原市の旅

www4.nhk.or.jp

お手紙の内容

今回のお手紙は、茨城県日立市の90歳女性から。どうしても見たいところは、小田原市の小峰グラウンドへ通じる東海道線に架かる跨線橋です。

お父さんの再婚で、筆舌に尽くしがたい生活を送っていたお手紙の方。

小学5.6年生のある日、死んでしまおうと思い、手にしていた包丁もまな板も投げ出して、家を飛び出し、夢中で駆けて跨線橋へ走ったといいます。

電車が次々来ても飛び込めなかった。

そこで見えたのが真白いテーブルクロスと真っ赤な花。電車の後ろに丸い看板がついていて「つばめ」と書いてあったそうです。

「そうか、あれは“つばめ”なんだ、あれは食堂車なんだ…私も一度“つばめ”に乗って食堂車というのに乗ってから死のう。」と思い、夢中で駆けてきた道をトボトボと戻り、家に帰ると案の定散々叱られたそうです。

早く大人になって食堂車に乗ってから死のうと頑張ったお手紙の方です。

その後、太平洋戦争、第二次世界大戦となり、お手紙の方も環境も世の中もすっかり変わり、いつとはなく忘れていたそうです。

89歳になり、お手紙の方を辛い思いをさせた人たちはみな旅立ちました。

長生きしているのがいいか悪いか分かりませんが、今は優しい息子や娘、かわいい孫たちに囲まれて幸せだというお手紙の方。

「昨日できた事は今日も出来る。」と信じて、けして自分を甘やかさず、生涯現役で過ごしたいとおっしゃいます。

跨線橋は今どうなってるのか、見に行ってください。というお手紙でした。

 

湯本温泉街と新幹線

畑宿から小田原市跨線橋を目指し、出発しました。ロケの日は雨で、頭にすっぽりフードをかぶっての出発です。

下り坂の途中で、Bカメさんが正平さんたちを映していて、また「こんちわーす。」と脳みそ夫さんのギャグを言ってました。