ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2019春の感想*三重県4日目いなべ市*ファンこころ旅を独占

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4月1日からBSプレミアムで「にっぽん縦断こころ旅」が始まりました!

「にっぽん縦断こころ旅」は、俳優の火野正平さんが、視聴者のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。4月8日~12日は三重県です。

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送です。

 

www4.nhk.or.jp

 

811日目、三重県4日目はいなべ市の旅

4月12日放送分、三重県4日目は、三重県いなべ市にある三岐鉄道西藤原駅でオープニングでした。正面にある藤原岳に登る人が降りる駅なんだそうです。

 

 

 お手紙の内容

今回のお手紙は、神奈川県鎌倉市の51歳女性から。こころの風景は、おじいちゃんの柄杓と養父川です。

お手紙の方のおじいちゃんは、現いなべ市大安町南金井で小さな金物屋を営んでいました。(梅戸井郵便局の前あたり今はない)

 

 

おじいちゃんの柄杓を流してしまった思い出の養父川。

 

 

暗黒の上流に見える青い空と鈴鹿の山々。下流の風に揺れる田の稲。そして黒い羽のハグロトンボ。遠くを走る三岐鉄道。養父川からの思い出の風景です。

 

「こころ旅」ファンに会う

出発前にこちらに手を振る女性がいました。駅に車両が展示されていたので正平さんが「何撮ってんの?鉄道ファンですか?」と聞きました。女性は「少し。鉄子。」と答えました。

「丁寧に撮ってるなと思って。」という正平さん。女性は「こころ旅」のロケだとすぐに気づいた様子で「おはようございます。」と正平さんとスタッフさん全員にも挨拶。「握手してもらっていいですか?」と手を差し出してきました。

「あったかい手。」と嬉しそうに言う女性。「あったかいでしょ?心が冷たいんですよ。」と答える正平さん。女性は正平さんの眼鏡が変わった事にも気付きました。

いつもの眼鏡はチャリオに提げていました。

女性は「ハグもいいですか?」となかなか積極的です。正平さんは「妊娠するぞ。」と言いながらハグ。「本当に?嬉しい。」と返す女性に「バカヤロウ。」と笑う正平さんでした。

 

いや~。スゴイですね!正平さんと会ってそこまで積極的に言えるかな?羨ましいな。

 

チャリオを押して駅近くを歩く正平さん。

何の木か 濃霧の中に 枝を張る」という歌が書かれた看板を見つけ「あの山にピッタリだと思った。」と言っていました。

かわいい句だと言っていました。

 

三岐鉄道でコント?

チャリオを畳まず、黄色車両の三岐鉄道近鉄富田行きに乗り丹生川駅まで移動しました。

「チャリオ、1年に一回ぐらいあるな、お前が乗れる電車が。」と言って、チャリオをそのまま乗せていました。

電車には先ほどハグした女性が一緒に乗っていました。その女性を窓際に連れて行って、外で正平さんたちを待ち構えるBカメさんの位置を指さして「俺がキューて言ったら手を振るんやで。」と、目線を送る方向も教えました。

「いくよ!キュー!見えたやろ?」と二人で一緒にBカメさんに手を振りました。今日の旅の共演者です!ここまで参加出来るなんて!話しかけてみるもんですね~。

スゴイ!

 

手を振り終わると正平さんは「出番終わりました。どうも有難うございました!」と笑いながら女性に言うと、スタッフさんも皆でお礼を言いました。女性も笑って座席に座りました。

即興のコントですね!巻き込まれた女性も嬉しそうでした。そりゃあ「こころ旅」に出れるなんて嬉しかったはず!!

 

駅に着き、女性に見送られてまずは約8km先の梅戸井郵便局を目指しスタートです。

雨は止んできましたが、地面は濡れていて、霧ががっていました。田畑の中の道から正平さんたちが走って来るのを正面から撮っていました。

自転車で田畑の間を走り抜ける正平さんたち。曇った空と、霧で全部見えない山。絵になってました。フッと一瞬を切り取った風景。見とれてしまう一場面でした。

 

上天丼がスゴかった!

和食処錦というお店でランチ。お店の方が「いつも観てます。」と御挨拶に来られてました。

正平さんは上天丼を注文。運ばれてきた天丼のエビの大きさに仰天!特大サイズのが2つものってました。

「どう行きましょ?これ。」と言ってエビを頬張る正平さん。「食べきれないんじゃないんですか?」というスタッフさん。「包んでもらうわ。」と返す正平さんでした。

 

これはスゴかったです!まさに上天丼!

えびだけじゃなく野菜ものってて、美味しそうでした!!

 

 

食後快調に走り出した正平さんたち。

右側にJAみえきた梅戸井支店を見つけた正平さん。梅戸井には入ったようです。次は郵便局を探します。

 

…と、ここまでが「朝版」です。

 

「こころ旅」を独り占め

「とうちゃこ版」では「こころ旅」ファンの方とのお話の続きを放送していました。

正平さんだけじゃなくスタッフさん全員に一人一人に「おはようございます。」と挨拶されていたファンの女性。

ハグのあと、「ジュンさんはどなた?」とジュンさんとも握手してました。けど正平さんに握手した後ジュンさんと握手したので、また正平さんと握手してました。

 

駅に着いてお見送りの時、ファンの方は「ジュンちゃんも気を付けて。」と正平さんと握手し直したのが申し訳なかったのか、ジュンさんにも声をかけてらっしゃいました。

 

いいなあ。めちゃくちゃ交流してるじゃないですか!?

電車に乗る前の余裕のある時間帯だったから交流できたんですよね?「こころ旅」ロケ隊を独り占めしてましたね~!!

いいなぁ~いいなぁ~!!

 

金物屋跡と水の流れを堰き止めた場所

おじいちゃんの金物屋が正面にあったという梅戸井郵便局を見つけました。次は養父川探しです。周りを見渡してすぐに養父川を見つけ、橋も見つけました。

次に水の流れを堰き止めたという場所を探しました。

しかしなかなか見つかりません。

 

それらしき場所を見つけましたが、確証がありません。人に聞こうにも人がいませんでした。

食品会社を訪ね、「養父川をせき止めてた場所」を聞いた正平さん。橋の下だと教えてもらいました。

今は田んぼの時期じゃないので、今は堰き止めているための板が下がった状態でした。近くに板を上げる時に使う装置があるのも確認しました。

板が上がるとお手紙の通り、確かに水が深くなって危なそうでした。今回は滝とまではいってませんでした。

 

暗黒の川…うまいこと表現されてるなぁと思いました。

 

こころの風景

堰き止める板の付近の小さい階段に座り、正平さんはお手紙を読みました。

お手紙を読んでいる間、カメラはお手紙の方が柄杓を拾ったであろう川のカーブや、堰き止めた場所、川の流れを映していました。

 

お手紙を読んだあと、スタッフさんが用意してた柄杓で正平さんは川の水をすくって、お手紙の通り柄杓を川に流しました。

「救出してや~。」という正平さん。そのまま番組は終わってしまいました。

 

こころの風景をたどる旅ですけど、今回は忠実にたどってましたね~。

 

あの柄杓ちゃんと拾ったのかなぁ?お手紙の方が書いていたカーブのところ過ぎて行ってましたけど、大丈夫だったのかな??

 

三重県4日目最終日!

こころの風景の水の流れを堰き止めていた場所が特定できてよかったです。

また、こころ旅ファンとの交流もあって、電車も乗って、色々あった面白い回でした。

ただただあのファンの方が羨ましかったです。

 

来週は愛知県の旅です。

 

 

www.lovetv.site

 

三重県の旅です。↓

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site