ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想の雑記ブログ

グッドワイフ 第2話「その男、黒か白か」 を観た感想とネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週日曜夜9時から放送中の「グッドワイフ」。1月20日に第2話が放送されました。

 

簡単なあらすじ

今回の依頼人、神山大輔役のゲストは橋爪功さん。賀来千香子さん演じる神山佳恵の父で、事務所の名誉顧問でした。

訴えられた罪は、公務執行妨害と飲酒運転。自損事故のあと、気持ちを落ち着かせるために酒を飲んだと言い張り、連行しようとする警察官に暴行を加えたとして公務執行妨害の罪にも問われていたのです。

この大輔がなかなか憎たらしくて、対応する杏子(常盤貴子さん)と多田(小泉孝太郎さん)は対応に困り果てるなど、てんてこ舞いする様子が描かれました。

 

しかし、ただただ傍若無人な振る舞いをする老人ではなく、ちゃんと裏を調べていくと色々分かってきました。そこで知りえた事実を裁判で訴えられれば、裁判に勝つのは分かっているものの、守秘義務を守るよう大輔から言われた杏子。

その事実を隠しても無罪を勝ち取れるよう奔走するのでした…。

 

f:id:lovetv:20190313172816j:plain

検察官との攻防

今回の話も面白かったです。

裁判の相手の検察官が、夫壮一郎(唐沢寿明さん)に恨みを持っているという元部下で、裁判の前に、脇坂(吉田鋼太郎さん)と一緒に現れて杏子の心を乱しました。

こういう細かいやりとりが面白いです。ただ裁判に勝つというだけの話に終わらせず、心の奥底にある感情を押さえつつ戦う杏子に、観ているこっちは共感できるところもあって、応援したい気持ちになりました。

単純に裁判だけの話だと難しいし、この裁判が進行する間も、「この相手の検察官の人、どんなことで壮一郎に恨みを持って、どうして脇坂についてるんだろう?」と思いながら観れたりして、どんどんのめり込みました。

 

実際、弁護士と検察官って個人的に話をしたりするんでしょうか?他のドラマでもよくこういう挑発するシーンとか出てきますけど、個人的にやりとりしたら裁判がやりにくくなったりしないのかな?と思います。

けど、逆に知り合い同士でやるからこそ戦いが燃えるってこともあるのかもしれませんね。と勝手に妄想して楽しんでます。

 

壮一郎の事件には政治が?

壮一郎のところに、担当弁護士の林(博多華丸さん)が、結構頻繁に面会に来ていて、外の様子を伝えたり、壮一郎のお願いを聞いたりする場面が合間合間にちょこちょこ挟まれます。

今回、林が壮一郎に「政治が絡んでるのでは?」と言っていました。脇坂がなんとか壮一郎を落としたいのは前回からみてとれましたけど、思ってたより大きな事件が裏に潜んでるみたいです。

 

杏子が担当する事件は、一つ一つ1話で解決していってますが、同時にこの壮一郎の事件のことも同時に進行しています。壮一郎の事件の方は、毎回少しずつだけ話が進むので目が離せません!

今観てる分では、滝藤賢一さん演じる元部下佐々木が、壮一郎の唯一の味方でいてくれてるので、孤独な戦いでもなさそうです。でも、2話で新たに壮一郎に恨みを持つ元部下が別に出てきたので、敵が多く、これからも味方が現れてくれなさそうな雰囲気です。

 

今回、その佐々木が内密に杏子に接触してきて、「何かあったら知らせて欲しい。」と携帯番号を渡す場面があったんですけど、それまで壮一郎の敵しか杏子に接触してこなかったので、意外な感じでした。

敵ばっかりじゃないってところに、杏子も戸惑っていました。

壮一郎は善なのか?悪なのか?先が気になります!!

 

多田の片思いも気になる

主人公の杏子は、夫の逮捕で収賄よりも何よりも浮気を認めた事の方が辛かった、というのは前回でも出てきましたが、今回も面会に行った時に壮一郎に言っていました。

脇坂が接触してきて、収賄の品としてアクセサリーを受け取っていないか?と吹き込まれて来たり、杏子の心はもう夫から離れていく一方です。

 

そんな杏子に対して、多田は心配しているのか、気持ちが抑えきれずにちょっと溢れ出てくるシーンがたまりません!

小泉孝太郎さんて、最近悪役もよくやるようになりましたけど、こういう誠実で奥手なタイプの人を演じるの、似合いますよね~。

 

壮一郎は捕まっていて二人を阻止しようにも出来ないし、この三角関係も面白いです。

 

二人の子供と杏子

壮一郎のことが信用出来なくなってきてる杏子ですけど、時々家族4人幸せに暮らしていた記憶が出てきます。この場面が出て来る事で、まだどこか杏子は壮一郎を信じようとしている気持ちもあることが分かります。

でも今回、脇坂が言ってきた「1年以内のアクセサリーの贈り物」。実際杏子はネックレスを壮一郎から受け取っていて、アクセサリー店に行って、誰が買った物なのか確認に行ってました。そして家に帰ってそのネックレスを投げるシーンがあったので、どうも壮一郎は、収賄でもらったものを杏子にあげたようです。

 

これはもう信用出来ませんよね~。そんなもんよこすな!!!とキレたくなりますよ!

でも夫は捕まっていて、面会に行かない限り直接言う事も出来ない。この葛藤が伝わって来ました。アクセサリー店で購入者を聞いている時も、壮一郎の名前かどうか聞いていて、まだ信じようとしているのが見ていて切なかったです。

自分への贈り物まで悪いことをしたものだったなんて知ったら、何もかも今までの事も全部帳消しになるくらい嫌いになると思います。

それから、息子の隼人(小林喜日さん)も、部活を辞めてバイトをして家事もして生活を支えるから、父親と離婚するようすすめるシーンも切なかったです。

息子として、男として悩める母親を助けたい!ってのが泣けます。娘の綾香(安藤美優さん)が父親を信じて頑張ろうとしてる姿もまた泣けます。

年齢が上で、男である息子と、年齢がまだ若くて信じたい娘。どちらの気持ちも受けとめる杏子が全く取り乱してなくて、カッコいいと思いました。

 

母である杏子と、妻である杏子。両方の気持ちが丁寧に描かれてきて、観ていて面白いです。共感したり、自分だったら…と考えたり、色んな見方が出来て楽しめるドラマだと思います。

 

担当する事件もスッキリ解決して、モヤモヤを持ちこすのは壮一郎の事だけ。

次も観たくなりました!!

 

以上、「グッドワイフ」第2話を観た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site