ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想の雑記ブログ

グッドワイフ 第10話(最終回)「最後の審判」を観た感想とネタバレあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週日曜夜9時から放送していた「グッドワイフ」。3月17日に第10話(最終回)「最後の審判」が放送されました。

あらすじ

多田(小泉孝太郎さん)が逮捕され検察に送られました。担当検事は脇坂(吉田鋼太郎さん)。壮一郎(唐沢寿明さん)も同席していました。

贈賄容疑を認めない多田に、壮一郎は「こちらも手ぶらでは逮捕しない。ゆっくり教えてやるよ。うまく周囲をごまかしてきたようだが、お前はもう終わりだ。」と宣戦布告してきました。

多田の面会に来た、神山(賀来千香子さん)と杏子(常盤貴子さん)は、多田が担当した過去の殺人容疑の案件で、一審で無罪となった事件について疑われていると聞かされます。この時の担当裁判官が小宮(野間口徹さん)でした。

代理人は神山が担当し、杏子はサブにつく事になりました。事務所存続の危機に、全員一丸となって立ち向かうことになりました。

 

一方、新しい事務所への採用が決まった朝飛(北村匠海さん)は、同期の検事から、壮一郎が本気になって多田を有罪にしようとしているという情報を円香(水原希子さん)に伝えてくれました。

多田への複雑な思いを抱えた朝飛は、円香の頼みと言えども協力してくれませんでした。

 

多田は保釈が認められて事務所に戻ってきました。

疑われるきっかけとなった裁判はいまだ係争中。亡くなった被害者は仙台高検のお偉いさんの息子。最高裁でも無罪となるのは検察にとっても具合が悪いのでは?と推測する多田。

一審は有力な目撃証言もあって、正当防衛で無罪となっていました。多田は、二審で有罪になったことの方に注目。二審の裁判官と検察の癒着を疑っていました。

 

杏子は昼休憩中の小宮に接触。お金を受け取ってないかの確認をしました。否定する小宮に証言を頼みましたが、動くなと上から指示されていたため、引き受けてもらえませんでした。

 

第一回公判。

杏子たちは、多田と小宮がフットサルや食事で会った日時と、飲食代も割り勘にしているという証拠を出して、贈賄の容疑に反論。

一審の目撃者を証人として迎え、証言をする為に金銭を受け取ったかを脇坂が質問。証人は宿泊費と交通費の名目でお金を受け取っていました。

 

脇坂は、この件とは別の裁判で、多田が証人にお金を渡して証言させたという証拠を次々に出してきました。知らなかった事実に困惑する神山と杏子。

さらになんと!検察側の証人として朝飛が出廷。フットサル仲間から、多田が小宮に封筒に入ったお金を渡していたと聞いたと証言しました。

朝飛の証言に加えて、脇坂は多田の銀行口座から毎月10万円が引き出されている証拠を提出。その日付が杏子たちが持って来た、多田と小宮が会っていた日付と見事に一致。この事から脇坂は、この10万を小宮に渡していたのでは?と言ってきたのです。

騒然とする傍聴席。朝飛は「信じていたので、裏切られた気持ち。」だと言うのでした。

 

第一回公判が終わり、事務所で多田に確認すると、小宮への金銭は否定したものの、過去の裁判で証人にお金を渡していた事は認めました。

神山は「グレーだね。法的罪じゃなくても、弁護士の職業倫理としてはアウト。」と憤ります。当初神山は、十分な証拠もないのに検察が起訴まで踏み切ってることに疑問を持ち、壮一郎の私情が絡んでるのでは?と疑っていましたが、そうではなかったのだと失望するのでした。

杏子も、多田が小宮にお金を渡してないという言葉に疑問を持ち、改めて小宮に接触。否定する小宮の態度に違和感を感じた杏子は、小宮を調べると神山に報告しました。

そして杏子は、小宮に関する資料の中に、昼食を食べた店の店主、真鍋(鈴木拓さん)がいることを発見。真鍋に話を聞き、多田が小宮にお金を渡していた理由が分かりました。

多田は小宮に迷惑を掛けられないと言って、裁判ではお金を渡していないということで通して欲しいと杏子に依頼しました。

 

一方円香は、戸梶(中林大樹さん)から検察の情報を得られずにいましたが、脇坂の方から円香に接触してきました。

脇坂は、まだ円香が壮一郎に気持ちがあると思い込み、夫婦の危機につけ込んで壮一郎を支えたら?と吹き込み、検察に有利な情報を流すよう言ってきました。

その時はあしらった円香でしたが、情報屋(今井隆文さん)から写真を入手。それを杏子に渡そうとするも拒否され、考え抜いた挙句に脇坂に渡してしまうのでした。

 

第二回公判。

脇坂は、フットサル仲間の打ち上げでの1シーンを撮った写真を証拠として提出。店の奥で、小宮にお金を渡す多田が映っていました。円香が情報屋から手に入れた写真でした。

神山は予定にない証拠を出され、裁判官に休憩を申し出ます。多田に話を聞くことになりました。杏子もお金の理由を知っていた為、黙り込みました。

神山が「反証の準備に時間が要る。」と言って裁判所に掛け合っている間に杏子は、「多田君は過去にグレーな手を使ったこと、後悔してるんだよね?もしまた嘘をついたら、弁護士としてまたそれを後悔するんじゃないかな?」と説得しました。

 

休憩から戻る時、廊下で円香と会った杏子。

多田が法廷で本当のことを話すと報告しました。そして多田に本当のことを話させる為、わざと検察に写真を渡したのでは?と聞きます。

円香が「多田先生は賄賂を渡すような人じゃないと信じてたので。」と言い切ると、杏子は「私やっぱり、円香さんのこと嫌いになれません。」と言いました。

杏子の言葉に涙する円香でした。

その円香に、朝飛から「公判を終わらせた方がいい。」と電話がかかってきました。壮一郎率いる検察の集団が決定的な証拠を押さえる為、動き出したと言うのです。

しかし裁判は再開し、止められない状況でした。

多田は、小宮へ渡していた10万円は「冤罪被害者の会への寄付」と話しました。小宮が支援している団体でした。多田は賛同して、毎月小宮経由で寄付していたのです。

では、何故話さなかったのか?小宮の立場を考えてのことでした。

「公正中立である裁判官が、ある特定の団体を支援するのは、望ましくありません。それに今この団体は、冤罪判決を出した東京地裁を相手に、訴訟を起こしているんです。支援が知られたら、小宮さんの立場が非常にまずくなります。」と理由を述べる多田でした。

脇坂が、不利な立場になって嘘をついているのでは?と言い出し、杏子は、脇坂が出した写真にこそ、嘘ではない根拠があると反論しました。

写真には、多田と小宮のほかに、店主の真鍋も映っていました。この真鍋こそ、冤罪被害者の会のメンバーであり、過去に小宮に冤罪判決を出してしまった冤罪被害者だったのです。

「検察側がこの写真を出してくださったおかげで、説明がスムーズで助かりました。つまりあなたが提出したのは、2人が賄賂の受け渡しをした証拠ではなく、その疑いを晴らす証拠だったということです。決めつけるクセ、もうおやめになった方がいいですよ。

杏子が言ってる途中で脇坂は円香を見ます。円香は笑いました。

 

公判が終わり、小宮に謝る多田。「クビになることはない。せいぜい左遷だ。」と返す小宮。

多田は、「冤罪判決を悔やんで密かに支援していた裁判官なんてマスコミの大好物だろう。」と言って、記者を呼んでいました。

世間を味方にして、裁判所に小宮を処分しづらくさせようとする狙いでした。

手筈通りマスコミが小宮に殺到するかと思いきや、記者たちの携帯が鳴り、全員玄関の方に向かいました。

玄関からは壮一郎たち検察が入って来て、多田の方へ向かってきました。

新たな証拠?と思いきや、壮一郎は多田の横を通過し、階段から下りて来た次長検事の御手洗(中村育二さん)に同行を願い、「裁判官との癒着の決定的な証拠を見つけました。」と言います。

壮一郎は、二審で有罪を出した裁判官に「判決に便宜を図れ」と頼んでいる御手洗のメール内容を開示したものを突きつけました。

二審の裁判官と癒着して、有罪判決を出せと指示をしたのはあなたですね?」と大きな声を張り上げて話す壮一郎の言葉に、マスコミも一斉に御手洗へ質問を投げかけました。

驚いて事の成り行きを見つめる杏子に、円香は「蓮見さんが捜査してたのは、こっちだったんですね。」と言います。

壮一郎は、小声で御手洗に「南原事件の時に佐々木が動いていたのを知っていましたよね?南原を守るために見て見ぬふりをした。佐々木の忠誠心をあなたは利用したんだ。私は作りますよ。とてつもなく強い検察をね。」と言いました。

朝飛が多田に「これって多田先生を利用したんですよね。隠れ蓑として。」と囁きます。「俺を疑っていたのは本当だろう。もし今後もグレーな事をやり続ければ、いつか必ず一線を超える。そういう警告だよ。」と返す多田に「勉強になりま~す。」とかつてのような口ぶりで話す朝飛でした。

 

御手洗を連れて行く壮一郎の姿を見つめる杏子。誇らしげに笑うのでした。

 

脇坂は「私情を絡ませて、上に怪しまれないようにしていたとはね…。あなたのご主人はすごい策略家だ。」と握手を求めて来ました。「すごい策略家で、すごく不器用な人なんでしょうね。」と返す杏子でした。

f:id:lovetv:20190318130328j:plain

後日。

二人で会う杏子と壮一郎。

結婚してからの17年より、この1年の方があなたの事を知った気がする。自分の事も。」と言い、今までの自分なら、円香とのことを水に流してやり直しただろうけど、「許せるかどうかわからないものを抱えて生きていくことは出来ない。」と杏子は、自分の気持ちを正直に話しました。

そして「私、もういい妻をやめる。」と離婚を決断しました。

結婚生活、楽しい事もあったと振り返り、笑顔で別れた二人でした。

 

多田への起訴は取り消されました。

多田は弁護士会に今までのグレーなやり方の処分を仰ぐことになり、事務所の看板から名前を外して欲しいと神山に申し出ました。

神山は「待ってるよ。」と言うのでした。

 

杏子は多田に「思うに多田君は、これを手放したから色んな目に遭ってる。もう大丈夫だから。ありがとう、本当に。」と言って、シーサーを返しました。

多田は寂しそうに笑い、受け取りました。失恋の瞬間でした…。

 

2か月後。

家族4人で食事をしていた杏子たち。綾香(安藤美優さん)と隼人(小林喜日さん)は、独り身になった壮一郎を気遣い、笑顔で会話をしていました。裁判の為、一人席を立った杏子。

 

裁判では、神山と杏子が、相手側の代理人の朝飛と神山の父の大輔(橋爪功さん)と争っていました。

両者の激しいやり取りを、多田と円香が傍聴席で見守っていました…。

 

終わりです。

 

今回も沁みた神山の言葉

第二回公判前に、神山と杏子が多田がお金を渡していたかどうか?を話しているシーンがありました。

「分からないや。信じてたけど、過去の事だって隠されてたし。」と落ち込む神山に、「神山先生を尊敬してるから言えなかったのかも。」と返す杏子。

「それは、あなたのご主人も一緒かもよ。あなたきっと出来たいい奥さんだったでしょ?女が立派過ぎると、男は弱みを見せられないから。」と返していました。

しみじみと神山の言葉を聞く杏子。同時に雨の中を一人で佐々木(滝藤賢一さん)の墓参りをする壮一郎の姿が映っていました。

杏子が完璧な主婦の時だったら、佐々木の死を悲しんでいることを壮一郎は話さなかったでしょうね。前回の「堕ちた正義」の時、佐々木が亡くなった時にすぐに話してました。話せるようになったんですね…。

グッドワイフ 第9話「堕ちた正義」を観た感想とネタバレあらすじ - ぴえーるのテレビブログ

夫婦の危機に直面してやっと、夫婦として出来上がってくるなんて、皮肉なもんです。

 

神山といえば、最後の最後でやっと弁護してるシーンが見られました!!

賀来千香子ファンとしては待ちくたびれましたよ~!!このまま終わってたら怒ってました。

ついでと言ったらなんですが、脇坂役の吉田鋼太郎さんの裁判も見れてよかったです。

 

脇坂はいじられキャラ

話はズレるんですけど、ドラマの公式ツイッターを初めて見たんですが、主要人物の顔はしっかり全員出てるのに、脇坂役の吉田鋼太郎さんの顔だけ、番組のロゴで隠されて、おでこだけ出てました。

私これ見て爆笑しました!どんだけイジられてんねん!!

なかなか笑いが止まらなかったですよ。

なんで脇坂だけ隠されてんの??

笑かそうとしてません??

 

円香にしてやられた時の表情もよかったですね~!!面白かった!

 

壮一郎カッコ良すぎ!!

それから、壮一郎ですよ!!なにあの逆転劇!!

多田に逮捕状を出した時は、なに恩を仇で返してんねん?!と腹が立ちましたけど、隠れ蓑だったとはね。

脇坂と御手洗が繋がってるのは分かってるから、わざと脇坂に御手洗が油断するよう私情を絡ませてると報告させてたなんて。

奥さんにぎゃんぎゃん言われても、大義のために自分のやり方を貫いていましたね!!前回佐々木に言ってた「正義のためにどんな手を使ってでも粘り抜く。真に強い検察魂を持つのが検事だ。」です。

いい意味でも悪い意味でも、壮一郎は最初からブレなかった。

 

最後の御手洗を連れて行く壮一郎のシーン。

カッコよすぎるやん!!テレビにツッコみましたよ!

なんやねんな、この人ほんま。

 

杏子の表情見て、惚れ直して戻るか?思いましたけど、そこはまぁ、やっぱ円香とのことは許せんわな。

いい決断だったんじゃないですか?

グッドワイフはやめる…。いい話の落としどころ!納得の終わり方でした。

 

子供たちには円香とのことを黙っておくと決めた杏子。最後に笑顔で話してる父子のシーンを見て安心しました。

子供たちを一番大事にする杏子の正しい選択でした。

 

円香との仲直り

私は前回の感想記事で、円香と杏子との仲が時間をかけて和解できたらいいのに…と書いていました。

しかし!

時間をかけずとも円香の人柄は杏子の心を打っていて、「嫌いになれません。」と言ってましたね…。

このシーン見て泣きました。

いいシーンでした。

離婚してしまったぐらいなんで、本当の和解は出来ていないんでしょうけど、でも希望が見える終わり方でした。

 

遠山のゆくえは?

色々いい終わり方なのはよかったんですが、遠山(相武紗季さん)がどうなったか最後まで分かりませんでした。

大丈夫だったのかなぁ??

それだけが気になりました。

 

4月からは福山雅治さん主演の「集団左遷」がはじまります。

小宮が「せいぜい左遷」と言ったのが、次へのバトンタッチのように感じました。

「グッドワイフ」。面白かったです。毎回見ててワクワクしました。

 

番組最後にお知らせが出てましたけど、DVD出るらしいですよ。

グッドワイフ DVD-BOX/DVD/TCED-4524
by カエレバ

 

常盤貴子さん、唐沢寿明さん、小泉孝太郎さん、水原希子さん、皆笑顔で宣伝してて嬉しかったです。

番組を盛り上げてくれたサウンドトラックです。↓

TBS系 日曜劇場「グッドワイフ」オリジナル・サウンドトラック/CD/UZCL-2157
by カエレバ

 

 

 

来週から放送がないなんて、さみしいなぁ…。

以上、「グッドワイフ」最終回を観た感想でした!!

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site

www.lovetv.site