ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2021春を観た感想*石川県2日目羽咋市*千里浜なぎさドライブウェイにもうひとつのチームこころ旅?!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2021年もBSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

5月17日~5月21日は石川県です。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前日、石川県1日目の旅の感想はこちら。↓

 

 

www.lovetv.site

 

993日目、石川県2日目は羽咋市への旅

5月19日放送分石川県2日目は、宝達(ほうだつ)駅でオープニングでした。

たからたちと書いてほうだつ。

 

駅構内には入らず、ホームが見える線路沿いの道端でお手紙を読んでいました。

お手紙の内容

今回のお手紙は、富山県高岡市の58歳の方から。

こころの風景は、千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイです。

 小学生の頃、お父さんと妹さんとよく海水浴に行っていたお手紙の方。

自営業をされていてほぼ休みなく、ご家族で遊びに行くことはほとんどなかったそうですが、唯一と言っていいほどの思い出が海水浴。

お母さんは海に行きたくないと家で留守番。お姉さんもついてこなかったので、お父さんと妹さんの三人で行っていたそう。

朝から行くわけでもなく、お昼頃。お父さんの仕事がひと段落着いてから出発するので、高岡からだと途中の海水浴場を通り過ぎ、山を越えて目的地の千里浜まで着く頃には日がだいぶ傾き、他の家族が帰り支度をし始めた頃、やっと海に入り始めるのです。

千里浜なぎさドライブウェイは定番のデートコース。独身の頃は何度も波打ち際をドライブしたというお手紙の方。

広い広い砂の道路だったのが、最近は温暖化のせいで走れないほど狭くなっているとのこと。

 

小さい頃から海水浴は千里浜と、県内の海水浴場には一切行かず、海の思い出、青春の夏の思い出は全て千里浜と言っていいほどの思い出いっぱいの千里浜。

世界でも珍しい車で走れる海岸がなくなろうとしている。こんな悲しいことはありません。

去年久しぶりに海岸を走ろうとしたそうですが、車での通行は禁止になっていたといいます。

今あのキレイな海岸と遠浅の海がどうなっているか、正平さんに是非見にいってくれませんか?

 

…というお手紙でした。

 

10年前も千里浜ドライブウェイへ

お手紙を読み終わって、千里浜ドライブウェイを10年前の2011年に走ったことを覚えていた正平さん。

その時は見ていなかったな~。

 

チャリオで走る前に、『ようこそ宝達志水町へ』と書かれた絵地図の看板を見て現在地をチェック。

海沿いに今浜IC。その近くの浜茶屋で食べたことを思い出した正平さん。スタッフさんによると、貝を食べたんだそうです。

その今浜の入口を目指して浜がどうなってるかチェックしよう。と予定を立てていました。

そしてなぎさドライブウェイを走ろう!という段取りです。

 

絵地図の奥には山が描かれていて、「至高岡」とありました。この山を越えてお手紙の方とお父さんと妹さん三人はやって来ていたのだろう。と指さす正平さんでした。

 

まずは10年前に訪れた今浜に向かって出発しました。

 

千里浜なぎさドライブウェイに入る

線路沿いを走って踏切のところを左折。

今浜と案内標識に出てきました。

すると左側に『オムライス町』の文字が書かれた看板がありました。

道の先には海があり、正平さんを追い越していく車がみな砂浜に入っていきます。

正平さんも車やバイクと一緒に砂浜に入っていこうとしましたが、チャリオのタイヤが食い込み、思うように進めません。

足で砂を蹴って進んで浜に入っていくと、砂浜に車が何台か駐車してありました。

 

字幕で『千里浜なぎさドライブウェイは全長約8kmの車で走れる砂浜』と説明書きが出ていました。

浜の入口の砂は柔らかくて走りにくかったようですが、浜に入っていくと砂が固くなって走りやすくなり、正平さんもチャリオを漕いで走ってました。

 

2011年ごろまで浸食などにより毎年1mほど後退した場所がありました』と続けて字幕が出ていました。

今はまた走れるようになったってことかな??

 

前はこんないなかったぞ。休みだからか。」と正平さんが言ってた通り、砂浜にはたくさんの人が車を止め、海を見たり写真を撮ったりしていました。

2011年4月20日放送分の映像が流れていましたが、チームこころ旅だけが走ってるような状態でした。

4月20日放送ということは、ロケ日は2週間は前倒しのはずなので、4月上旬に走っていたと思われます。

今回のロケは正平さんの話を聞いていると休み中。そりゃあ休み中は人増えますよね!!

 

走る車にちょっと待ってもらって浜を横断。

この日は一部通行止めのため、いったんドライブウェイから離れていました。

 

ランチはオムライス

道路に戻って、予約していたお店へ。

後ろから監督さんが説明すると「それをまず仕込んだ?」とツッコむ正平さん。

今回の旅の監督さんは、仕込みのサイトウ監督です。

仕込みのサイトウさんの時は、仕込んだかのような奇跡の展開が多いです。

昨年の秋の旅でもサイトウさんが仕込みを疑われてました!!

その時の旅の感想です。↓

 

www.lovetv.site

 

 

話戻って。

予約していたオムライスの郷の旗を掲げていた志お食堂へ。

「食べたことない。」ととぼける正平さん。「黄色いやつですよ。」とボケに乗っかるサイトウさん。

オムライス初めて。と嘘をつく正平さんです。

 

お店の奥の座敷の席に座る正平さん。

壁にオムライスの絵が数枚貼ってあって、色んな種類があることが分かりました。

正平さんはベーシックなオムライスを注文。

運ばれてきたオムライスは、漬物と味噌汁がついていました。

「見たことある。」とまだボケ続ける正平さん。

中身ぎっしりのオムライス。

一口頬張ってもなお「初めての味だ。」と言いつつ、手慣れた様子でソースをかけたので、スタッフさんが「この姿は見たことある気が。」とツッコむと、「まぼろしー!」と指立てておどけていました。

何の嘘や?!

 

ふわふわオムライス!!

美味しそうでした!!!!

羨ましい!!

 

ブロとものずずさんが、このお店に行かれたそうです。

しかも、正平さんが座った席と同じ席だったと『こころ旅』の月曜朝版で知ったとか。

vvzuzuvv.hatenablog.com

羨ましい!!!

 

そのずずさんのブログの記事です。↓

vvzuzuvv.hatenablog.com

 

…ここまでが『朝版』です。

 

能登半島を見る

『とうちゃこ版』では、今浜から千里浜なぎさドライブウェイを走っている時に、カメラマンさんの新井さんに海の方を正平さんが指さして「新井さん能登半島!」と言って立ち止まってるところが放送されていました。

新井さんがズームしてくれ、うっすらと能登半島が見えました。

正平さん、視力いいですよね!!

昨日の白山もよく見えていました。

 

ビニールの中で育てられていたもの

道路に戻り、お手紙の方が泳いだという千里浜の北側へ向かいました。

昨日の放送とは打って変わってキレイな青空の下、走って行く正平さんたち。

気持ちよさそうに畑の間の道を走って行きます。

畑の間を走ってる途中、右側の畑にあった小さなビニールハウスで覆われて育てられているものが気になった正平さん。

パイプがあって、ビニールの中のものに水を送っているようでした。

違う畑まで行くと男性がいらっしゃったので、正平さんが「ずーっとあるでしょ?」とビニールの方を指さすと、男性はすぐに「スイカ!7月の10日ぐらいからもう出荷ですよ。」と教えてくれました。

そして次に男性が育てているものは何?と質問する正平さん。

ワイン用のブドウでした。

「2つ分かった。」と喜ぶ正平さんに、「スイカ終わったら次はダイコン。二毛作。」とまたさらに新しい情報を教えてくれました。

 

男性は奥で作業していた女性に、「火野正平さん。」と教えると女性は「BSで見てます。」と喜んでらっしゃいました。

 

すぐに分かってもらえるなんて、正平さん有名人ですよね。

『こころ旅』を見てらっしゃるみたいで、この番組も浸透してるんだなーとファンとして勝手に嬉しくなりました。

 

監督はビニールで育ててるのがスイカだと分かっていたみたいです。

スゴイ!!

 

こころの風景

砂にバランス崩れても大丈夫な正平さん

大きな道路に出て、のと千里浜の道の駅の前を通過。

道の先の海へ行く浜に次々と車が入っていきました。

 

今浜で入った時のように一方通行じゃなくて、対向してくる車がありました。

正平さんは車と一緒に浜に入りましたが、入口のところで「ありゃ!」と言ってストップ。チャリオのタイヤが砂にハマって動かなくなったみたいです。

 

正平さんはすぐに態勢を立て直して、チャリオを漕ぎだしました。

 

いや~。私なら砂にハマったところでバランス崩してコケてたと思います。

正平さん、バランスいいですよね。

前にも側溝に気付かず突っ込んでタイヤがはまってしまい、コケそうになったけど素早くチャリオから降りて事なきを得た。という場面がありましたよね。

スタッフさんが念のため見てもらおうを声をかけていましたが、正平さんは拒否してました。

あれはヒヤッとしました。

その時の旅の感想です。↓

 

www.lovetv.site

 

でもあそこでバランスを立て直せるのがスゴイ!

私なら顔から落ちてそう…。

こういう一瞬の判断で、正平さんの身体能力の高さを知るんですよね~~。

正平さんじゃないとこの番組、成り立ってないんじゃないの?と思います。

 

それからも何度も砂にタイヤを取られかけて「うわ!」と声が出る正平さん。

 でもコケずにバランス取って進んでいました。

こういう滑りかける場面もちゃんと放送しないとダメですよね!!

この番組見て自転車で行こう!っていう人が出てくるかもしれない。それで危険なこともあるんだと分かっていかないとダメですから。

いいところだけ流すんじゃなくて、こういうヒヤッとすることも起こるのが自転車旅です。

 

字幕で『砂浜を守るため砂の投入などが行われています』と説明していました。

うん!こういう表示大事!!

両側通行の千里浜なぎさドライブウェイを走っていましたが「おっかねえよ。」と本音が漏れていました。

今浜の砂より柔らかいみたいで、走りにくかったみたいです。

 

もうひとつのチームこころ旅?

正平さんはチャリオから降りて、ドライブウェイから外れたところにチャリオを止めました。

そして歩いて浜を歩き、波打ち際まで行きました。

 

青い空の下に海の景色。

遊びに来ていた人たち。

絵になりました!!

 

お手紙を読むためにドライブウェイから外れた場所にいると、正平さんが「こころ旅来た!」と浜に向かって言いました。

反対側から自転車の隊列が走って来ていたのです。

しかも『こころ旅』と同じく5台!!

もうひとつのチームこころ旅のみなさんは、正平さんに気付いて手を振ってくれました。

 

正平さんは砂の上に座り、お手紙を読みました。

『とうちゃこ版』では、お父さんがビーチボールを追ってお父さんが沖に向かって泳いでいって不安になった話も読まれ、お手紙の方の楽しいだけじゃない不安だった気持ちも伝わってきて、海の怖さも感じました。

 

お手紙を読み終わり「部分部分だけど車走ってる。波もいい感じだしな。日本海。穏やかやで。石川県2日目は、2度目の千里浜ドライブウェイでした。能登半島の付け根よりちょっとだから、多分明日明後日は能登へ行くな。楽しみ!失礼します!」と言って番組を締めていました。

 

青い空と遠浅で白く見える波と遠くに青く見える海。

太陽の光が当たってキレイでした。

 

明日は、穴水町への旅です。

 

 

www.lovetv.site