ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*京都府4日目京丹後市*網野の八丁浜で天草をさがす正平さん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅を朝版、とうちゃこ版と丸々再放送されています。

5月11日~5月15日までは2014年春の旅の京都府です。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

320日目、京都府4日目は京丹後市への旅(2014/4/25放送分)

2014年4月25日放送分の京都府4日目。

2020年5月15日・プレイバック放送は、舞鶴公園の枝垂れ桜の前でオープニングでした。

 

お手紙の内容

お手紙は、埼玉県久喜市の49歳の方から。

こころの風景は、京都府網野郡竹野町の八丁浜です。

二十歳の夏。昭和59年京都府竹野郡網野町。

お手紙の方のお父さんは網野町出身だが今は東京で暮らしています。

お手紙の方は二十歳の時、網野のおばちゃんの家に遊びに行きました。

近くの八丁浜で買い好き良くをしているとおばあちゃんが来て、近くに住んでいながら数十年ぶりに海に来たといい、海辺にある天草を拾っていたそう。

その天草でところてんを作ってくれ、ところてんがあまり好きでなかったお手紙の方ですが、せっかく作ってくれたんだからと仕方なく食べたら、おいしかったそうです。

ところてんをおいしいと思ったのは初めてだったというお手紙の方。

23歳の時に亡くなったおばあちゃん。あのところてんをまた食べたい。

 

というお手紙でした。

 

あかまつをデザインした水戸岡さん現る!

北近畿タンゴ鉄道で西舞鶴駅から峰山駅まで輪行。

正平さんたちが乗るのは、あかまつという豪華列車!!

あまりの豪華さにびっくりする正平さん。1人用の椅子に座り「なかなかのもんですね。」と言っていて、スタッフさんも「ホテルのラウンジかと思いましたよ。」と言ってやはり言葉数が少ない。

正平さんも落ち着きがない様子で「ケツがムズムズするなぁ…。」と言っていると、デザイナーの水戸岡鋭治さんご本人が乗って来られました。

JR九州の特急や寝台列車「ななつ星」などを手掛けた方で、「丹後あかまつ号」も水戸岡さんがデザインされたものだとのこと。

デザイナーご本人登場で正平さんもびっくりして立ち上がっていました。

水戸岡さんは正平さんに、「どういう電車だったら自転車載せたくなるか?」というお話をしてくださってました。

最後は電車から降りて、手を振ってお見送りをしてくださってました。

 

いや~。これにはびっくり!!

『笑神様は突然に…』の鉄道BIG4の企画でよくお名前は聞いたことありましたが、水戸岡さんご本人が出られているのは初めて見ました。

話だけはいろんな鉄道特集で聞いてはいましたが、ご本人を見るのは初めてで、私も口に手をやって思わずテレビの前で見入ってしまいました!!

すご過ぎる!!

びっくりしました。

こんな自転車メインの番組にサラッと出ちゃっていいんですか??

なんかこの週はよく電車に乗ってるなぁって思ってたんですよ!!最後にこんな有名人が登場するなんて思いもよりませんでした。

 

これ、スタッフさんの仕込みじゃなかったそうです。

ええ??!!わざわざ正平さんが来るのを知って出てくれたってことですか??

スゴイ番組。『こころ旅』。

 

野村監督のゆかりの地から出発

峰山駅に着き、チャリオに乗り換えて出発。

チャリオもセットした後で正平さんが「ちなみに峰山は、野村監督の峰山高校。」と説明していました。

そうですよね~。今回が京丹後市と聞いて、そういえばノムさんの出身地と同じだなあと思ってました。

私は4/23に放送された『アメトーーク!』の、"ありがとうノムさん芸人”で知りました。

 

通行止めで迂回

向かい風に向かってスタート。丹後あじわいの郷近くの交差点を直進する予定が、完全通行止め。

警備員の人に、網野に行くのに自転車でもダメかどうかと聞く正平さん。

通り抜けはできないとのこと。

右折してつきあたりを左に行くと網野に行くと教えてもらいました。

教えてもらった道は上り坂。しかし見えてるキツい上り坂を越せば、あとは下りだということで喜んで進みました。

 

坂を上ると教えてもらった通り、下り坂。つきあたりの案内標識に網野の文字が出てきて左折しました。

 

走り続けて海岸線に出ました。が、柵で海が見えません。

八丁浜のバス停前を通過し、八丁浜シーサイドパークの駐車場に入りました。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

由良川の上をゆっくり渡る

『とうちゃこ版』では、特急あかまつで昨年の目的地だった由良川の近くに通りがかったところを放送していました。

由良川の幅が広く、まるで電車が水の上に浮かんでるように見えました。

 

ランチはかつ丼

峰山駅に下りてすぐのところでランチ。正平さんはかつ丼を注文していました。

運ばれてすぐ一味をかけて「うまい!このごはんのびちゃびちゃ加減が好き。」と汁たっぷりのかつ丼を喜んで食べていました。

 

ーーカリッとしたかつ丼が好きと言う人もいますが、汁がたっぷりごはんに浸ったものもおいしいですよね~。

 

悪条件を笑い合うチームこころ旅

峰山駅からスタートして「しばらくこんな感じの道をのんびりと行きましょう。」と後ろから正平さんに話しかけたスタッフさん。

しかし向かい風が強くて、何を言われたのか聞き取れなかった正平さんは「ホワッツ?」と言いながら立ち止まってしまいました。

俺たちなんでこうも風に向かうの?気が付けば向かい風。山は見えない。夕日はない。走れば風は向かい風。どうすんの?これ。

「そんなこんなで4年目です。」と返されると笑って「もっとはっきり山とか夕日とかバーッときれいだったら終わってるね。見えそうで見えないから。」と正平さんも返していました。

 

本当、この番組は他の旅番組とは違って、本来ならこうやって見えます。とかいう差し替え映像は一切ありません!!

そのままありのまま、見えなければそれっきり。やらせがありません。

富士山も昨年あたりからはっきり見えるようになってきました。

リベンジだとか言って次の年も挑戦して、またくもりで…。というのも悪くないです。

お手紙が採用された方はどう思ってるのかな?聞いてみたいです。

くもりならくもりで、キレイな景色多いですもんね!

雨なら雨で風情があって美しいし…。かえって幻想的で違う表情の景色にゾクッとしたり。

これだからこころ旅はやめられない。って一度も手紙出したことありませんけど…。

見る専門です!!

 

話は戻って。

通行止めだった道で止まり、警備員の方に教えてもらった迂回道を走る正平さんたち。

長いくだりを経て、案内標識に網野という地名が出てきて左折しました。

 

天草について質問する

網野へ向かう途中、軒先でわかめを干してるお家を発見。

中から元気なご夫婦が出てきてくれました。

正平さんはご夫婦に八丁浜で天草を取るのか?と質問。今は取れないが、もうちょっとしたら取れると教えてくれました。

質問されたご夫婦のお家では作れないとおっしゃってましたが、親戚のお家では天草でところてんも作ると聞き、お手紙の話と一致する事を確認しました。

ご夫婦はすぐに火野正平さんだと気づいて、とってもいい笑顔で突然の訪問を喜んでくださっていました。

冗談で正平さんがご夫婦に「海潜って取ってくる。」と言って笑わせていました。

今は天草のシーズンではまだなく、男性が干していたわかめを指さして「今これ一番とる時期だで。」と教えてくれました。

 

~だで。って言葉、京丹後でも使うんですね!

だでって愛知でも使いますよね?

 

遠く離れた2つの土地で似たような言葉が使われている不思議。

面白いです!

 

こころの風景

八丁浜シーサイドパークの駐車場にとうちゃこ

浜を見てチャリオを降り「ひねもすのたりのたりかな、の春の海じゃ~!!」と叫ぶ正平さん。

急いで柵の合間から浜へ下りました。

そして天草らしき海藻が海に浮かんでるのを拾ってカメラさんに見せる正平さん。感触はヌルヌルだったようです。

「のれんだよね。いらっしゃい。」と言って顔の位置まで上げて、のれんのように連なった海藻を見せてくれました。

その海藻が本当に天草かどうかわからず、海に戻しました。

 

白い砂の浜のキレイなところです。

 

正平さんは白い浜に座り、お手紙を読みました。

 

お手紙を読み終わり「南から北まで来たな。お天気には恵まれて…。さすがおいらの好きな京都だ。」と京都の旅の4日間の感想を述べた正平さん。

そして歌いだしました。

 

ためいきひとつ ポケットにおしこみ 

(略)

もうそちらでも春でしょうか

(略)

だからいつもただ あなたにあいたくて

 

こころ手紙という歌を歌い、番組を締めていました。正平さんが作詞してる曲です。

『こころ手紙』をお探しの方はこちらからどうぞ。↓ 

  

 

 

京都の旅は正平さんがものすごく嬉しそうでした!

京都での撮影の話をたくさんしてくれて、こちらも見てて楽しかったです。

 

 

来週は福井県の旅のプレイバックです。

まだプレイバックが続くのか~。越前!『麒麟がくる』で来週十兵衛が越前に行くし、『こころ旅』もそれに合わせて福井のプレイバックをするんでしょうか?

 

 よかったら『麒麟がくる』の感想もどうぞ。↓

www.lovetv.site

 

もう!こうなったら徹底的に待ちましょう!

 

 

www.lovetv.site