ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2021春を観た感想*石川県3日目穴水町*正平さんがかわいいと言った能登鹿島神社のこんもりした森

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2021年もBSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

5月17日~5月21日は石川県です。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前日、石川県2日目の旅の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

994日目、石川県3日目は穴水町への旅

5月20日放送分石川県3日目は、七尾市の長浦うるおい公園でオープニングでした。

 

この公園から見えるツインブリッジを見て「まさか橋を渡るんじゃねーだろうな。」と警戒する正平さんに、監督さんが「それはないです、大丈夫。」と言って安心させてあげてました。

渡るんだったら、タクシーをチャーターしないとダメですね!!

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、金沢市の65歳の方から。

こころの風景は、鳳珠(ほうす)郡穴水町鹿島にある神社の森です。

能登島をバックに、七尾湾にポツンと突き出た森。一見島のように見えるが陸続きです。

お手紙の方が小学生だった60年あまり前、夏休みに村の子供達でお宮さんの森に集まり、ゴザを敷いて宿題帳をしたりスイカを食べたり、かくれんぼをしたりと楽しく過ごした場所です。

お宮さんの森の中は木陰で海から風が吹き、夏はとても涼しくていいところ。さながら子供の頃の秘密基地だと振り返るお手紙の方。

 

お宮さんの前は入り江で、対岸の集落まで泳いで渡ることが一つの自慢。毎日外で遊ぶか泳ぐかで、どこが顔か分からないくらい真っ黒だったそう。

今は亡き友と遊んだ懐かしい思い出です

 お宮さんの森は今も変わらないたたずまいで、実家に帰るたびに思い出します。

 

…というお手紙でした。

 

穏やかな七尾湾

雨が降るなか、カッパを着てチャリオに乗り出発。

下り坂を下りて海沿いの道を走ります。

 

途中、アップダウンを3回繰り返すと先に予告する監督さん。

正平さんたちは休憩を取りつつ進みました。

道は誰も通りかからず静かで、鳥の鳴き声と自転車をこぐ音と雨が落ちる音だけが聞こえていました。

 

監督さんの予告通り下がっては上る道。

坂を上ってきて、左側にオープニングで見えていた橋が見えてきました。

「穏やかだな七尾湾。」としばらく橋と海を見て休憩してからまた坂道を上りました。

 

雨が降って、しっとりしたいい雰囲気でした。

 

雨が降る中のお弁当

坂道の途中にベンチがあり、そこで休憩。

正平さんはベンチがある上の方に上って「景色がいいや。それで置いてあるんだ、わざわざ。この辺の人が。」と七尾湾が見える景色を見て納得。

山の向こうに立山があるとスタッフさんに教えていました。

しかしあいにくの雨で見えず。

正平さんが「本日のお弁当タイム。小雨決行です。」と言い、お弁当が手渡されました。

温かいお弁当。ガパオライスです。

正平さんが「ガパオとは何ですか?」と質問。「バジルです。タイ料理。」と答えると「あれ?パクチーとか?」と警戒する正平さん。

パクチーは苦手。

しかし一口食べて「ガパオや。」と言いましたが、正平さんが食べていた部分はお肉。

スタッフさんが傘をさして撮影するのに「傘さして雨音入れないで。虚しいから。飯が。」と笑ってお願いしてました。

雨が当たる音ってなんだか物悲しいですもんね。気持ちわかります。

「こういう景色でこういう状況で食う飯もオツなものよ。」と言ってみせる正平さんででした。

 

天気の事は抜きして、ガパオライス美味しそうでした!!

雨の中食べてましたが、お弁当自体は温かかったみたいでよかったです。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

七尾湾と列車の風景

『とうちゃこ版』では、お弁当を食べるために立ちどまった場所から見えた、七尾湾の入り江の道の景色を撮った後、汽車が通り過ぎていく様子を放送していました。

『朝版』では気づきませんでしたが、お弁当を食べる前に見ていた七尾湾の手前の入り江沿いに、線路があったのです。

正平さんが七尾湾の景色を見ていると列車が通る。というシナリオを言って線路に向かって「列車キュー!」と笑いながら言い、カメラマンさんの新井さんに「いつ来るか分からないから、撮っておいてよ。」と頼んでいると、列車が走ってくる音がするのに監督さんが気づき、本当に列車が目の前を通ったのです!!!

来たーー!」と喜ぶ正平さん。

青い1両だけの車両の列車が目の前を通り過ぎていきました。

スゴイ!!グッドタイミング!!

「撮れた撮れた!」と正平さん大喜び。

 

いつ来るか分からなかったのに、よく撮れましたね!!

七尾湾と列車の風景。素敵でした!!

鳥の声も響いてめちゃくちゃいい景色でした。

まだ見てない方、日曜の再放送必見です。

 

こころの風景

道はさらに入り江沿いを進み、車が通る道に入ってきました。

能登鹿島駅の看板が出てきて、道路からは駅が見えませんでしたが、駅の前を通過。

少し通り過ぎていたので、自動販売機が3台並ぶところまで戻りました。

そして海に下りる細い急な下り坂を、チャリオから降りて歩いていきました。

海沿いに出てまっすぐな道になったので、チャリオに乗り直して海沿いを走ると、先の方に森が見えてきました。

森に向かって走る正平さんたち。

道と森の間には田んぼがあって、森が見えていてもまっすぐ行けずに道を回り込みました。

そして鳥居が見えて、鹿島神社にとうちゃこ

 

鳥居の奥に森がこんもりとありました。

正平さんはチャリオを降りて、歩いて神社の中へ。

「お邪魔さん!お手紙で来たんだよ。」と神社の本殿に向かって話しかける正平さん。

 次に、お手紙に書かれていた森の木を見上げました。

 

鳥居まで戻っていると、海の向こうにまたまた青い列車が走ってるのが見えました。

 

正平さんたちはお手紙を読むために、来た道をチャリオに乗って戻りました。

入り江沿いを走り、車が走っている道路近くまで戻ってきて振り返ると、こんもりとして森が正面に見えました。

正平さんは防波堤に腰かけ、お手紙を読みました。

 

お手紙を読んでいた時には空が少し明るくなって、景色がはっきりと見えてきていました。

お手紙の内容を聞きながら景色を見て、この海が泳いで渡った海か~スゴイな。思いました。

 

お手紙を読み終わり「向こうから走ってきてポコッとあれが見えた時は、まぁなんとかわいい森でしょうと思った。あういうのもええな。」と言っていて、すっかりお宮さんの森が気に入った様子の正平さんでした。

 

後ろに海、前に田んぼに囲まれて、その中を高い木がこんもりと集まった森のお宮さん。

お手紙に書いてあった通り、島のように見えました。

正平さんが、何度もかわいいと言っていました。

 

石川県3日目。

雨で大変だな~と最初は思いましたが、道は静かで目的地はかわいい神社。

素敵な風景を見せていただきました。

 

明日は、輪島市への旅です。

 

 

www.lovetv.site