テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

にっぽん縦断こころ旅2018秋~神奈川県1日目、火野正平さんの自転車旅!*ネタバレあります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の「にっぽん縦断こころ旅2018秋」。今週から神奈川県に入りました。12月11日放送分は、神奈川県横浜市久良岐公園でオープニングでした。

「ホントに横浜か?ここ。」と遠くにチラッと見える町の風景を見て言う正平さんでした。

f:id:lovetv:20181211101532j:plain

久良岐公園で手紙を読む正平さん。こころ旅のHPよりお借りしました。

 

796日目、神奈川県1日目は横浜市の旅

詳しくこころ旅が知りたい方へ。公式HPです。↓

www4.nhk.or.jp

お手紙の内容

今回のお手紙は、奈良県生駒市の13歳の男性から。こころの風景は、京急金沢文庫駅近くを流れる宮川の、宮下橋の少し下流にある、階段状の川岸から眺めるハゼの群れです。

 

お父さんの仕事の都合で、小学校2年生の時に奈良からこの町に引っ越したというお手紙の方。新しく出来たお友達とハゼ捕りをしたそうです。

この川にはクサフグやボラ、時にはエイやスズキも上ってくるそうで、海のない奈良で過ごしたお手紙の方には、新鮮な体験をさせてくれた川といいます。

海のない奈良で過ごしたお手紙の方には、新鮮な体験をさせてくれた川です。川に入って魚を捕っていたら、足元のすぐ近くに黒鯛がいて、とても驚いたこともあるといいます。

その後、5年生でこの町を離れたお手紙の方。宮川での水遊びや、近くの海での水遊びの思い出は、大切な宝物だそうです。

正平さんに是非、お手紙の方の代わりにハゼを捕って来て欲しい。というお手紙でした。

 

お手紙を読み終えて、正平さんはお手紙の方が、よく魚の名前を知ってることに驚いていました。正平さん自身は「ハゼ見てもフナと変わらん。」と言ってました。

 

急な坂道

まずは約15kmのルートで宮川にかかる宮下橋を目指します。走っていると団地がいっぱいのところに入ってきました。

なだらかな上り坂が続いて「いきなり坂…。」と正平さん、しんどそうでした。しかし上ると下り坂が続いて、左に曲がると急な下り坂に入りました。

正平さんは「この辺のお家の人も大変やな。歩いたら。キツイね。」と住民の方を思いやっていました。

確かに坂がキツそうでした。景色は良さそうでしたけど…。

 

ランチはカレー

景色は街中になり、駅前らしきところに入りました。「着いた、駅前。」と言う正平さん。ランチを探す事になりました。

都会なのでいっぱいあり、人も多く、探すのも迷ってしまうほどです。「サティー」というカレー屋さんに入りました。

チキンカレー中辛とコーラを注文した正平さん。

ライスはサフランライスでした。お店の人が辛さを調整するスパイスを出してくれました。

正平さんはせっかくだからと一気にスパイスを数回振ってルーに入れました。「ちょっとずつにした方が…。」と言うスタッフの方です。

スパイスを見て「日本のものだよね?一味?」と、赤い見た目だったのでそう質問する正平さん。けれど、一味じゃなかったみたいです。

私も画面越しに観て、一味に見えました。正平さんにとってはスパイスを足しても、そう辛くならなかったみたいです。

正平さんは、スタッフさんに出されていたナンを「これも食べなきゃ。」と言ってスタッフさんから分けてもらって、ナンでもカレーを食べていました。「やっぱこっちの方が合うな、ごはんより。」と言ってました。

やっぱ本場の食べ方の方がおいしいってことなんでしょうね!

お腹が空いている時に観たのでまた羨ましく観てしまいました。おいしそうでした!

 

シーサイドタウン

食後、大きな団地が立ち並ぶ地域を走りました。「どんなとこなんだろ?ここ。シーサイドタウン。」と正平さんがつぶやいていました。

信号待ちで休憩する正平さん。団地を見て「この人たちみんな車持ってんだろか?駐車場足りないよね、こんないっぱい。」と言ってました。「やっぱ電車とかそういうのかな?バスとか。」と住民の方の生活を推測してました。

 

団地群を抜けて走り、瀬戸橋という橋を渡ると、橋に「宮川」と書かれてありました。

 

…ここまでが「朝版」です。

 

都会の景色

「とうちゃこ版」では、団地群に向かう手前の住宅街のなかの、細い道路をを通る風景も映されていました。

白と赤の京急の電車が走るのも見えました。

 

そして団地群に入り、「どこが自分ちか分からなくなる家だな、これ。大したもんだ。」と高くそびえる団地に見てつぶやく正平さん。

「これ、酔っぱらって帰ったら、自分ちが分からなくなりますよ。」とスタッフさんも言いました。確かに似たような団地が並んでいました。

団地ってどこも同じような建物ですよね!!ただ、横浜の映っていたところは、何棟も連なって建っていたので、圧倒されました。

都会の景色です。

 

道を進んでいくと、落ち葉がたくさんある道路に出てきました。「もう紅葉みんな終わっちゃいましたね。」とスタッフさんが言いました。正平さんも「イチョウ、散っちゃってる、もう。」と返しました。

季節はいつの間にか秋から冬になってしまいました…。

 

住宅街の中に立てられていた地図で、場所を確認。目的地の宮川は、少しまだ遠いようでした。

水辺で休憩

モノレールが走る高架が上にある、下の道路を進む正平さん。海が見えました。「これは宮川ではない?」とスタッフさんに確認。まだ宮川へは着いていないようです。

 

何か養殖しているのが見えました。小さな漁船らしき船も走っていました。水のある町なんですね!お手紙の方が奈良から来て、ワクワクした気持ちが分かります。私も奈良で育ったので。

 

橋がたくさん

休憩が終わって走っていると、「朝版」で見つけた宮川に架かる瀬戸橋を見つけました。正平さんは地図でも瀬戸橋を見てました。宮川の河口です。

チャリオを停めて、小さい橋から京急の電車がゆっくり上がっていくのを眺めました。

 

さらに走っていると、京急の電車がたくさん並んだ車庫にぶつかりました。左に曲がり、大きな踏切に通りかかりました。「面倒くせえ。1回1回。かぁ~!都会は嫌いじゃ。」と踏切で停まるのを面倒くさがっている正平さん。

他の地域では文句言わず、何も言わなくても踏切で停まってたのに、珍しいです。

 

踏切を渡ると、横浜市立大学にぶつかり、右へ曲がりました。するとすぐにまた踏切があり、「これもかい?」とちゃんと一時停止してました。

 

注意しなくてはいけない事が多くて、疲れてきた様子の正平さん。「川が出て来ねえ。」と言い始めました。しかし橋が見えてすぐに気を取り直しました。

橋まで行くと、宮下橋とは違い、そのまま川沿いに進みました。道はまた住宅街に入り、スタッフさんが、「とりあえず宮下橋を探しましょうか?」と言うと「宮下橋探してんだよ!俺はよ、ずっと探してんだってばよ!」と少し怒り気味に返す正平さん。

スタッフさんは笑いながら謝ってました。

 

また宮川にぶつかって、橋もありましたが、橋の名前は宮川橋でした。またも宮下橋ではありませんでした。

 

そのすぐ近くにあった橋は小宿橋で、また宮下橋ではありませんでした。小宿橋のすぐまた近くに橋があり、近づいて確認すると、宮下橋!やっと見つかりました。

 

橋の多い街ですね~!しかも小刻みに何本もありました。

 

こころの風景

まずは宮下橋が見つかったので、今度はお手紙にあった、宮下橋の下流にある階段状の川岸を探す事になりました。

近くに神社があったので、「このお宮さんの宮下か。」と橋の名前の由来を考える正平さんでした。

 

そしてチャリオを置いて、歩いて探す事になりました。

 

川沿いを歩いていると、木橋が見つかりました。木橋に近づいていくと、木橋の下に階段が見つかりました。「間違いないんです。ここにいたんです。」といきなり発見者が証言している演技をし始める正平さん。スタッフさんも笑います。

川をのぞき込むと、鴨が3羽見つかりました。

 

階段を下りて川に近づいてもハゼはいませんでした。話しかけてきてくれた女性に、「魚います?」と聞くと、「います。サギが来るの。ボラがいっぱい来る。」と教えてくれました。

 

川岸で待っていると、木の葉がかすかに揺れて潮を上げてる最中だと読む正平さん。魚が来るかもしれないと待つことになりました。

 

次に、川岸を歩いていた二人連れの方に話を聞くと、女性が「いっぱいいる。タイだとかスズキだとか。」と教えてくれました。お手紙の通りです。男性が「タイが結構いるんですよ。」と携帯で撮影した画像を見せてくれました。

確かに黒鯛が3匹写ってました。「たくさんいるんです。時期よってね。10月の末ぐらいはウジャウジャいましたね。」と教えてくれました。

「いるという証拠は分かった。法廷で証言してくださいね。」と冗談を言うと、男性も笑って「承知しました。」と言ってくれました。

 

階段に戻り、川を眺めているとカメラさんが魚を見つけて撮影しました。フグでした。

「もっといたよ。何もいないってことはなかった。」と安心する正平さん。まだ上がってくる様子でした。

 

そして階段に座り、お手紙を読みました。

 

正平さんが階段から去ってもカメラさんが粘って川を映していると、川底にエイが見えました。更にその近くを名前の分からない大きな魚も泳いでいました。

お手紙の方の言う通りでした!川で海の魚がたくさん見れました。これは興奮したでしょうね!!

 

神奈川県1日目、都会の風景と川で海の魚。面白い旅でした!

 

www.lovetv.site