ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

私たちはどうかしている 第2話を見た感想とネタバレあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週水曜夜10時日本テレビ系列のドラマ『私たちはどうかしている』。8月19日に第2話が放送されました。

www.ntv.co.jp

前回第1話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

登場人物

  • 花岡七桜:浜辺美波さん…15年前、老舗和菓子店・光月庵で働いていた菓子職人の母・百合子と共に光月庵で暮らしていた。光月庵の主人・高月樹が殺された殺人事件で、樹の息子・椿が殺人現場で百合子を見たと証言したことから百合子が逮捕され、児童養護施設で育つ。母から教わった菓子作りを続け、菓子職人として働く。椿と思わぬところで再会。椿からの突然のプロポーズを受け光月庵に入る。
  • 高月椿:横浜流星さん…光月庵の跡取り息子。かつて光月庵に母と住み込んでいた七桜を"さくら"と呼び仲良くしていた。しかし父・樹が殺された事件で「さくらのお母さん」を見たと証言。15年後、菓子作り対決で争った七桜に突然プロポーズ。七桜が"さくら"と気づいていない。
  • 大倉百合子:中村ゆりさん…七桜の母。菓子職人として光月庵で働いていた時に当主が殺され、当主の息子の椿の証言で容疑者として逮捕される。警察で事情聴取を受けてる途中で急死。「私はなにもやってない。」と書かれた手紙を七桜が二十歳を過ぎた頃に渡すようお願いしていた。
  • 高月樹:鈴木伸之さん…光月庵先代当主。茶室で殺されていたところを発見される。その際そばに血が付いた包丁と顔に血が付いた息子・椿が立っていた。
  • 高月今日子:観月ありささん…椿の母。光月庵の女将。一人息子の椿が立派に光月庵を継ぐ事に力を注いでいる。
  • 高月宗寿郎:佐野史郎さん…椿の祖父で光月庵の大旦那。息子の樹が亡くなってから病気がち。椿に厳しい。
  • 城島裕介:高杉真宙さん…光月庵の見習い職人。
  • 富岡勝:岡部たかしさん…光月庵に来て10年の職人。職人歴30年のベテラン。
  • 山口耕一:和田聰宏さん…光月庵で一番長く働く職人。寡黙。
  • 杉田綾人:草野大成さん…光月庵の見習い職人。
  • 安部大吾:前原滉さん…光月庵の見習い職人。
  • 長谷栞:岸井ゆきのさん…旅館「長谷屋」の娘。椿の婚約者。椿との結婚式に突然現れた七桜に戸惑っていた。
  • 多喜川薫:山崎育三郎さん…七桜に母の手紙を持ってきてくれた謎の男。
  • 宮部夕子:須藤理彩さん…小料理屋「ゆうこ」の女将。

 

第2話のあらすじ

 椿のプロポーズを受け入れ光月庵に見習いで入った七桜は、同じ見習いの城島から、15年前の事件を機に職人が入れ替わっていると聞く。

昔からのことを知っているのは常連のお客様。七桜は顧客ファイルから50年ほどの付き合いのある「白藤屋」という呉服屋さんに目を付け、勝手に注文を受ける。

が、その日は神社のお祭りで大量注文が入っており、職人皆がそちらに集中する日。七桜は自分が作って届けると言うが、椿がそれを阻止。自分が作ると言ってきた。

当日。

椿が作った菓子を「白藤屋」に一人で届けた七桜。注文を受けたというのは嘘で、椿と結婚することになった挨拶をしに来たという名目でお菓子を渡した。

「白藤屋」の女将(峯村リエさん)が箱を開けて叫び声を上げた。なんとお菓子に赤い不吉な着色が血のようについていたのだ。

赤色を見た七桜は事件を思い出し過呼吸に。そこに椿が現れ「嘘をつくからこんなこといになる。」と言って七桜を抱えてその場を去っていった。

長年の付き合いのあるお客様の信用を失うことになったことを見せつけられた七桜。

15年前の事件以来、恨んでいた光月庵なんてなくなればいいと思っていたが、今店がなくなれば真実が分からなくなると思い直した。

 

店に戻った七桜は、城島から届ける前のお菓子を女将の今日子がチェックしていたと聞かされ今日子のもとへ駆け付けると、今日子は七桜の荷物をまとめていた。

信用を失わせるような職人は置いておけないという。

しかし七桜は「私出て行ったりしません!白藤屋さんにはなんとかお許しをいただきます。」と宣言。椿に言われるまで出て行かないと啖呵を切った。

怒った今日子は七桜の菓子作りの道具を庭の池の投げ入れた。散々な仕打ちを受けた七桜を救ってくれたのは椿だった。

七桜と一緒に池に入り、道具を拾い上げ「七桜にはもう少しここにいてもらいます。」と言い、白藤屋から七桜が作ったもの指名でもなか20個の注文が入ったというのだ。

 

実は白藤屋には七桜に母の手紙を渡した多喜川が訪ねていて、七桜の菓子を食べてみるようにとすすめていた。食べれば椿が七桜を妻にしたいと言った理由が分かるというのだった。

f:id:lovetv:20200820110201j:plain

椿は厨房の隅に七桜を連れて行き、光月庵の餡の作り方を教えた。

しかし椿の結婚を潰した七桜への職人たちの目は厳しく、職人たちを仕切ってる富岡に厨房を使わせないとまで言われた。

富岡は椿を跡取りとは認めていなかった。というのも、大旦那の宗寿郎が椿を跡取りと認めておらず、大旦那を当主と崇めている富岡も同意見だった。

さらに富岡は、今日子に取り入って光月庵を乗っ取りたいと考えており、椿を目の敵にしていた。

しかし後日。あることで富岡の弱みを握った椿は、厨房を使わせてもらうことが出来、七桜は無事もなかづくりをすることが出来た。

七桜が作ったもなかは、白藤屋の女将が時々買う味をそのまま再現したもので、女将は大変喜び信用を回復できた。

 

白藤屋の一件を聞いた大旦那の宗寿郎は、七桜を当主家族の食卓に呼んで祝いたいと言って呼び出した。

穏やかに始まった食事だったが、椿が席を外した隙に突如態度を豹変させた宗寿郎。

それは今日子にも七桜にも、亡くなった七桜の母に対してもぶつけられた宗寿郎の思いからだった。

 

一体宗寿郎は何を言いだしたのか?

宗寿郎が椿を認めない理由とは?

 

宗寿郎の思わぬ行動で椿と七桜が急接近するーーー!!!

 

というお話でした。

 

恋愛モードに入ってきた

それぞれ目的を持って結婚しようと言っていた椿と七桜。

七桜が城島くんと仲良くしてるのを見て「俺の妻だぞ。」と凄む椿は、既に七桜に惚れている模様。

七桜の方は最初から椿の結婚に怒ってぶち壊したり、プロポーズを受け入れたりしたからもう気持ちは分かってるって感じになってきました。

が、二人の間には殺人事件という暗い過去があります。

お菓子への真面目な姿勢を見て、椿が嘘をついたとは思えなくなってきた七桜。

本当に15年前お母さんを見たのでは?と思い始めていました。

死んだ椿のお父さんは、跡取りとして椿を育てようとしていたし、自殺とは考えづらい。

やっぱり殺人事件であることは間違いなさそうです。

大旦那の宗寿郎も椿も、七桜の母が父を殺したと信じて疑ってないみたいだし、何が真実なのか分かりません!!

 

もしかしたら「何もやってない。」って手紙に残したお母さんだって、何か関わってる可能性はあります。

これからの展開に期待です!

 

岸井ゆきのさん損な役回り多い

初回で結婚式を潰された「長谷屋」の娘・栞さん。岸井ゆきのさんが演じられてます。

政略結婚だと思ってたんですが、2話のほんのちょっとだけの出演で、栞さんが椿との結婚を望んだというのが分かりました。

何も言わない表情だけの演技だったんですけど、言われるがまま耐えてる姿が気になりました。

サッと一瞬だけ映った場面で印象に残りました。

 

昨年のドラマ『ルパンの娘』でも、同じようにおじいさんの言いなりに結婚するように見せかけて、実は本当に瀬戸康史さん演じる一馬という男性を好きになっていた。という役柄でした。

耐える演技が似合う~~!!

表情だけで秘める感情を出すってスゴイことだと思います!!

 

観月ありさがパワーアップ

前回もド迫力で驚かせてくれた椿の母・今日子役の観月ありささん!!

今回は七桜の道具を投げたり、職人を誘惑したり、やりたい放題でした。

ますます怖くなってきて、反抗してきた七桜を睨むつける姿がたまらんかったです。

椿の母として何とか七桜を追い出したい様子ですが、椿が言うことを聞きません!

第2話の終わりに誰かに七桜を調べさせていましたので、次回でもう早速七桜の正体が分かるみたいですよ!!

 

こんなに早く分かったらおもしろくないんでは…??

この先どう話を進めていくつもりなのかな?

 

大旦那が椿に厳しい理由が分かる

跡取り息子で死んだ息子の忘れ形見ってことでもうちょっと椿を大事にしてもいいような…と思っていた大旦那・宗寿郎。

宗寿郎は、椿が今日子の不貞でできた子供で、自分の本当の孫とは思っていない様子。

椿は「血のつながりに何の意味がある?大切なのは和菓子に対する情熱だ、意志だ!」と言って宗寿郎の態度を非難。

この店は絶対誰にも渡さない。」と生前の父との「いつか立派にこの店を継ぐんだぞ。」という約束を守ろうとしていました。

椿もお母さんが不貞を働いたと受け入れてるのが不思議でした。

椿もお母さんを信じてないってことですかね?もちろん今日子本人は死んだお父さんの子だと言ってる。

今日子以外はみんな、椿が当主の血筋を継いでいないって分かってる様子なのがおかしかったです。

変な空気感ーー!!

夫がいなくなって、息子も不貞の子だと疑われてるのに家に居座ってるのも不思議!!

そもそも大旦那と椿のDNA鑑定すれば解決できることじゃないの??

 

椿と七桜の恋愛といい、血筋問題といい、ツッコミどころ満載のドラマです!!

 

以上、『私たちはどうかしている』第2話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

全話の感想

全話の感想はこちら。↓

https://www.lovetv.site/entry/watadoka-kansou1#%E5%85%A8%E8%A9%B1%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%B3

 

 

日テレ系列のドラマの動画配信をお探しの方はこちらをどうぞ。↓