ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

私たちはどうかしている 第5話を見た感想とネタバレあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週水曜夜10時日本テレビ系列のドラマ『私たちはどうかしている』。9月9日に第5話が放送されました。

www.ntv.co.jp

前回第4話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

  

登場人物

  • 花岡七桜:浜辺美波さん…15年前、老舗和菓子店・光月庵で働いていた菓子職人の母・百合子と共に光月庵で暮らしていた。光月庵の主人・高月樹が殺された殺人事件で、樹の息子・椿が殺人現場で百合子を見たと証言したことから百合子が逮捕され、児童養護施設で育つ。母から教わった菓子作りを続け、菓子職人として働く。椿と思わぬところで再会。椿からの突然のプロポーズを受け光月庵に入り、真実を見つけ出そうと考えている。光月庵で椿が不遇の立場に置かれていると知り、一生懸命跡を継ごうと努力してる姿に惹かれ始める。
  • 高月椿:横浜流星さん…光月庵の跡取り息子。かつて光月庵に母と住み込んでいた七桜を"さくら"と呼び仲良くしていた。しかし父・樹が殺された事件で「さくらのお母さん」を見たと証言。15年後、菓子作り対決で争った七桜に突然プロポーズ。宗寿郎から母の不貞の子と蔑まれ、跡を継がせないと言われている。七桜が昔光月庵にいた"さくら"と気づかず惹かれ始めている。
  • 大倉百合子:中村ゆりさん…七桜の母。菓子職人として光月庵で働いていた時に当主が殺され、当主の息子の椿の証言で容疑者として逮捕される。警察で事情聴取を受けてる途中で急死。「私はなにもやってない。」と書かれた手紙を七桜が二十歳を過ぎた頃に渡すようお願いしていた。
  • 高月樹:鈴木伸之さん…光月庵先代当主。茶室で殺されていたところを発見される。その際そばに血が付いた包丁と顔に血が付いた息子・椿が立っていた。
  • 高月今日子:観月ありささん…椿の母。光月庵の女将。一人息子の椿が立派に光月庵を継ぐ事に力を注いでいる。七桜の素性を調べて追い込む。七桜の母と名乗る夕子が現れ追及をやめたが諦めていない様子。
  • 高月宗寿郎:佐野史郎さん…椿の祖父で光月庵の大旦那。息子の樹が亡くなってから病気がち。椿に厳しいのは椿が今日子の不貞の子だと思っているから。息子が亡くなった現場で七桜の母を見たという証言が嘘と知り、その日から椿を孫と思っていない。椿から息子・樹の話を聞いて少し心変わりし、これまで拒否していた椿が作ったお菓子を食べた。
  • 城島裕介:高杉真宙さん…光月庵の見習い職人。実家の和菓子屋を継ぐための修行として光月庵に入っている。七桜と仲良く会話をするので、椿が嫉妬心を見せたことがある。椿を疎ましく思い、今日子に協力して椿を追い込む行動を裏で画策する。実家の和菓子屋のわらび餅を七桜が再現し復活させ光月庵の菓子として百貨店の催事に出したところ評判を呼ぶ。それまで投げやりだった修業態度が変わる。
  • 富岡勝:岡部たかしさん…光月庵に来て10年の職人。職人歴30年のベテラン。今日子に取り入って光月庵を乗っ取ろうと考えてる野心家。
  • 山口耕一:和田聰宏さん…光月庵で一番長く働く職人。寡黙。
  • 杉田綾人:草野大成さん…光月庵の見習い職人。
  • 安部大吾:前原滉さん…光月庵の見習い職人。
  • 長谷栞:岸井ゆきのさん…旅館「長谷屋」の娘。椿の婚約者だった。椿との結婚式に突然現れた七桜に戸惑っていた。まだ椿を思っている様子。見合いの席で七桜が人殺しの娘という噂を聞いて動揺する。
  • 多喜川薫:山崎育三郎さん…七桜に母の手紙を持ってきてくれた謎の男。呉服屋の「白藤屋」に菓子職人として七桜をすすめていた。「ゆうこ」の女将に七桜の母親のフリをするよう頼む。大地主で、手広く事業をしている。七桜の母・百合子の作るお菓子のファンで、七桜がお菓子を作り続けるなら見守ると言う。
  • 宮部夕子:須藤理彩さん…小料理屋「ゆうこ」の女将。多喜川に頼まれ「光月庵」に出向き七桜の母親のフリをする。

 

第5話のあらすじ

夕子の店に現れた今日子は、いつでも店をつぶせるのだという圧をかけてきた。

そんな今日子の態度に七桜の母親のフリをやめようと思う夕子。

後日。椿と一緒に結婚式の招待状を持ってきた七桜の前で母親じゃないと言いかけて七桜に止められる。

七桜は妊娠していたが、自分の正体を打ち明けて椿に拒絶されないか恐れていた。

椿への七桜の思いを知った夕子は、母親のフリを続けてくれることになった。

 

そんななか、大旦那・宗寿郎が『夕ざりの茶事』の日程を変更してきた。

茶会の日は椿たちが結婚式を挙げると言っていて、杉田や安部たち職人は椿たちの結婚を認めたのでは?と色めき立った。

椿が『しまやのわらび餅』が好評となり、百貨店に行き家を空けた。

七桜はひとりで『夕ざりの茶事』のお菓子の案を練る。

そこへ城島が現れ、従業員部屋に誘い出す。

城島の部屋はかつて七桜と母が使っていた部屋で、七桜は城島がいなくなった隙に押し入れの天井裏をさぐり、道具箱を見つけた。

その中には、椿の父・樹から七桜の母・百合子へ送った何通ものラブレターが入っていた。

さらに「七桜へ」と書かれた大きな封筒の中に入っていた書類を見て絶句する七桜。

そこには、七桜と百合子そして樹に関わる重大な秘密が記してあったのだ。

道具箱を抱き抱え、倉庫へ逃げ込んだ七桜は改めて書類を見直す。

封筒には椿に関わる書類も入っており、七桜は椿が“さくら”を憎んでいる理由が父を殺したのではないか?と疑う以外の理由があったことに気づく。

さらにそこへ宗寿郎が入ってきて、椿に“さくら”を捜させていると明かす。

“さくら”こそが息子・樹の本当の子供。気づいた時には行方知れずになっていたと悲しげに語った。

七桜は椿に正体を明かさず光月庵を出て、多喜川のもとへ走り結婚はしないと告げる。

椿と今日子のもとへは「長谷屋」の栞が訪ねてきて、七桜の噂を告げていた。

 

f:id:lovetv:20200910135354j:plain

七桜はこのまま光月庵を去るのか?

椿は一度消えた七桜への疑念が再燃する―――??!!

 

 

というお話でした。

 

妊娠してた!

七桜が本当に妊娠してたことにはビックリしました。

こんな状況じゃなけりゃめちゃくちゃおめでたい事ですよね〜〜〜!

長年子供が出来ない私としてはなんとも羨ましい話!

何を悩んでんだ?って感じです。

でもまだ二十歳かなんかでしたよね?

波乱の幕開けです。

 

血筋知るのがあっという間

百合子さんが七桜に遺してた書類。残酷でしたね〜〜!

椿ときょうだいという悲劇か?と思いきやあっという間に違うことも分かりました。

やっぱり椿は今日子の不貞の子だったんかい!

大旦那が頑なに椿を拒否するのは、本当の子供がいたからだったんですね!

こうなるとこれからは椿の本当の父親が誰か?って話にも広がっていきそうですねぇ…。

あー!ドロドロ!

前回までやたら七桜の泣き顔が多くて、話も進展しないしウンザリしてきてたんですけど、面白くなってきました!!!

 

真犯人はあの人?

樹は今日子と結婚しても一途に百合子を思っていた。

今日子は樹の子を産めなかった。

樹の遺体のそばに立っていた椿に誰を見たか?と聞いていたのは今日子。

今日子が疑わしいですね!

七桜が樹の本当の子供っていうのも分かってるっぽいし。

今日子が百合子を刺そうとして、樹がかばったってところかな?

百合子があの部屋にいたのは椿が見てるし、事件現場には百合子、今日子、樹がいたんでしょう。

 

次回予告では、七桜が正体を明かしてる場面がありました。

いよいよ事件の真相が分かるのかな?

真相が分かったら次は七桜の血筋問題になって、椿の父親問題も出てくるのでは…?

 

めちゃくちゃ面白くなってきました!!!

早く次が見たい!

 

 

以上、『私たちはどうかしている』第5話を見た感想でした。

 

www.lovetv.site

 

 

全話の感想

全話の感想はこちら。↓

https://www.lovetv.site/entry/watadoka-kansou1#%E5%85%A8%E8%A9%B1%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%B3

 

ドラマの動画配信をお探しの方はこちら。↓