ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

私たちはどうかしている 第3話を見た感想とネタバレあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週水曜夜10時日本テレビ系列のドラマ『私たちはどうかしている』。8月26日に第3話が放送されました。

www.ntv.co.jp

前回第2話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

登場人物

  • 花岡七桜:浜辺美波さん…15年前、老舗和菓子店・光月庵で働いていた菓子職人の母・百合子と共に光月庵で暮らしていた。光月庵の主人・高月樹が殺された殺人事件で、樹の息子・椿が殺人現場で百合子を見たと証言したことから百合子が逮捕され、児童養護施設で育つ。母から教わった菓子作りを続け、菓子職人として働く。椿と思わぬところで再会。椿からの突然のプロポーズを受け光月庵に入り、真実を見つけ出そうと考えている。光月庵で椿が不遇の立場に置かれていると知り、一生懸命跡を継ごうと努力してる姿に惹かれ始める。
  • 高月椿:横浜流星さん…光月庵の跡取り息子。かつて光月庵に母と住み込んでいた七桜を"さくら"と呼び仲良くしていた。しかし父・樹が殺された事件で「さくらのお母さん」を見たと証言。15年後、菓子作り対決で争った七桜に突然プロポーズ。宗寿郎から母の不貞の子と蔑まれ、跡を継がせないと言われている。七桜が昔光月庵にいた"さくら"と気づかず惹かれ始めている。
  • 大倉百合子:中村ゆりさん…七桜の母。菓子職人として光月庵で働いていた時に当主が殺され、当主の息子の椿の証言で容疑者として逮捕される。警察で事情聴取を受けてる途中で急死。「私はなにもやってない。」と書かれた手紙を七桜が二十歳を過ぎた頃に渡すようお願いしていた。
  • 高月樹:鈴木伸之さん…光月庵先代当主。茶室で殺されていたところを発見される。その際そばに血が付いた包丁と顔に血が付いた息子・椿が立っていた。
  • 高月今日子:観月ありささん…椿の母。光月庵の女将。一人息子の椿が立派に光月庵を継ぐ事に力を注いでいる。七桜の素性を調べていた。
  • 高月宗寿郎:佐野史郎さん…椿の祖父で光月庵の大旦那。息子の樹が亡くなってから病気がち。椿に厳しいのは椿が今日子の不貞の子だと思っているから。七桜の母が息子を殺したと信じている様子。
  • 城島裕介:高杉真宙さん…光月庵の見習い職人。実家の和菓子屋を継ぐための修行として光月庵に入っている。七桜と仲良く会話をするので、椿が嫉妬心を見せたことがある。
  • 富岡勝:岡部たかしさん…光月庵に来て10年の職人。職人歴30年のベテラン。今日子に取り入って光月庵を乗っ取ろうと考えてる野心家。
  • 山口耕一:和田聰宏さん…光月庵で一番長く働く職人。寡黙。
  • 杉田綾人:草野大成さん…光月庵の見習い職人。
  • 安部大吾:前原滉さん…光月庵の見習い職人。
  • 長谷栞:岸井ゆきのさん…旅館「長谷屋」の娘。椿の婚約者。椿との結婚式に突然現れた七桜に戸惑っていた。
  • 多喜川薫:山崎育三郎さん…七桜に母の手紙を持ってきてくれた謎の男。呉服屋の「白藤屋」に菓子職人として七桜をすすめていた。
  • 宮部夕子:須藤理彩さん…小料理屋「ゆうこ」の女将。

 

第3話のあらすじ

七桜がもし"さくら"なら「消えてもらう。」と言う椿。椿は父と"さくら"の母が密会している現場を目撃していたからだった。

翌朝、今までの態度が嘘のように親し気に七桜に話しかけてくる今日子。

今日子は光月庵に受け継がれている赤い椿の花が描かれた着物を七桜に着せようとする。

赤を見るとトラウマで具合が悪くなる七桜は必死に逃げようとするが、なおも追い詰めてくる今日子。七桜に見覚えがあると言い、15年前どこにいたか?母はどうしているのか?と問い詰める。

そこへ椿が入ってきて、赤い椿の着物を見た七桜を見て、15年前庭に植えられた椿の花の前で立っていた"さくら"だと直感する。

が、城島が七桜の母と名乗る人物が訪ねてきたと知らせてきた。

女性は花岡夕子と名乗り、今日子と椿に挨拶をする。七桜も話を合わせ窮地を乗り切った。

七桜は夕子を見送る際、夕子は小料理屋を営んでいて、店の常連客に頼まれて母のフリをしたと聞く。七桜は、母の手紙を届けてくれた謎の男だと推測した。

話がしたいという七桜に、店の名刺を渡した夕子だった。

 

店に戻ると椿が自分たちに結婚式で出したいお菓子があると言って、店に代々伝わる菓子帳がある物置へ七桜を入れ、そのまま閉じ込める。

七桜の話をそのまま信じてもらえたわけではなかったのだ。

 

物置で15年前の菓子帳を見つけた七桜は、母の字で書かれた沢山の桜のお菓子のデザインを見て、改めて母の無実を信じようと心に決めたのだった。

食事を運んできた椿の隙を見て物置を脱出した七桜の頭上に、壺が落とされる。それを椿がかばって手にけがを負ってしまった。

椿は、自分たちの結婚を反対する今日子の仕業だと考えていた。物置に閉じ込めたのも七桜が危害を加えられないためだった。

椿は七桜に自分のそばにいるよう忠告した。

 

同じ頃、今日子は壺を落とした真犯人に余計なことをしたと叱責。単独行動をしないよう釘を刺していた。

今日子以外にも七桜に危害を加えようとする人間が他にいたのだ。

 

怪我をした椿に、金沢で屈指の茶道の流派の草薫会の亭主役を務めることになった柴本(森田甘路さん)から菓子の注文が来た。

茶会の最上級に当たる正客が柴本の師匠であり父。光月庵の菓子を出せるなら自信が湧いてくるという柴本。

怪我を理由に断ろうとしたが、七桜が補助するからと注文を受けてしまう。

 

椿はお菓子作りを任せるにあたって七桜にまず茶席での振舞いを教える。二人で茶室にいたところに、大旦那の宗寿郎が入ってきて椿の茶を所望した。

宗寿郎も草薫会に客として呼ばれているが、お菓子を食べることはなさそうだという。「偽りの心を持つ物を食べる気にはならん。」というのだ。

何も言い返さない椿。点てた茶も飲んでもらえず宗寿郎に席を立たれたのだった。

 

草薫会で作るお菓子は「落とし文」が亭主の希望だった。

親の愛を伝える意味がある。茶会開催日は6月の第3週で父の日。正客が亭主の父だからだ。

七桜は一晩中お菓子のデザインを考えていた。そのなかの1つを採用した椿。

二人三脚でお菓子作りをすることになった。

七桜は試作品をたくさん作り、椿との仲がどんどん深まっていった。その二人の様子を城島が見つめるのだった。

f:id:lovetv:20200827094105j:plain

椿は、宗寿郎との仲がこじれたのは15年前の父の事件以来だと七桜に話した。

それ以前は父も祖父それぞれから茶席にことについて教えてもらったりして、関係は良好だったという。

しかし椿が父の事件で"さくら"の母を目撃したと証言したのは、それ以前に父が"さくら"の母と密会している場面を見たから、きっとその時もいたのだろうという予想での発言だった。

嘘をついたと憤慨した宗寿郎は、それ以来椿を孫としてみてくれなくなったとのことだった。

 

草薫会の茶会当日。

椿は宗寿郎の分だけ1つ自分で作った。宗寿郎に食べてもらいたいのだ。

七桜と椿は、二人で草薫会にお菓子を届けた。しかし宗寿郎がまだ現れていないという。

椿は本当に自分の菓子を食べないつもりかとイラつき、七桜が宗寿郎をさがすことにした。

庭を捜している途中で、母の手紙を渡してくれた謎の男と出くわす。男も茶会に出席するという。話がしたかった七桜は引き留めて話そうとしたが、宗寿郎捜索途中だったので話は中断。茶会後に話すことにした。

 

椿が作ったお菓子を宗寿郎は食べてくれたのか?

謎の男が七桜を助ける理由とは?

 

七桜と椿の仲を裂く第2の人物が姿を現すーー!!!

 

というお話でした。

 

椿の証言

15年前。母が警察に連れていかれた原因となった椿の目撃証言。

決定的な場面を見たから証言したのだと思ってました。

 

 でも、七桜の母が椿の父と密会してるのを見てショックで、事件の時も一緒にいたのでは?という予測で言っていたこととは思いもしませんでした。

まさかの母の話に七桜はショックを受けていました。

それを知った宗寿郎さんが椿を「嘘つき」呼ばわりし、孫としても見てくれなくなった。

そこまでは理解できますけど、なんでそれで椿を不貞の子とまで話が発展するんでしょう?

それはまた別の話?

今日子だけが不貞をしてるイメージでしたけど、お父さんもやることやってたんですね!!

宗寿郎さんも息子に怒るならまだ分かりますけど、それを嫁が不貞したって思うのにはつながらないような気がします。

よく分からん話になってきました!

 

高杉真宙さん、今度はいい役だと思ってたのに

今日子ばかりが悪役のように思っていましたが、椿と七桜の結婚を妨害したい人は他にもいました。

まずは椿と結婚し損ねた「長谷屋」の栞お嬢さん。

椿柄の湯のみを握りしめて、新たな結婚話に乗り気じゃない様子がチラッと映っていました。

次回の予告にも姿も現していましたし、おとなしい感じなのに何か仕掛けてくる様子です。

 

あと、意外だったのが城島くん。

実家がお菓子屋さんで後を継ぐために修業に来ていて、七桜と仲良くしゃべってる姿は見ていてとても癒しになっていたのに、椿のことを疎ましく思っているようです。

七桜に思いがあるのは見て分かりましたけど、裏で嫌がらせ行為に出ていたとは!!

城島役の高杉真宙さん、今年1月期ドラマ『絶対零度』で真犯人役もしてて、今度は明るくて爽やかな青年役してるなって思ってたのに!!!

またこんな役…!もう役のイメージがついちゃったのかな?

 

観月ありささんの悪役が一気にかすみましたよ!!!

これは強烈だったな~~。ショックが止まらない!!

 

謎の男は多喜川

七桜を応援してくれる山崎育三郎さん演じる謎の男の素性が明らかになりました。

大地主さんで、宗寿郎が参加する茶会にも出られるような家柄の人でした。

七桜の母が作るお菓子が好きで、七桜のお菓子も同じ味がしたと言ってました。

 

七桜が菓子職人を続けるならこれからも守ってくれるらしいですよ!!

七桜にじゃなくて、お母さんに好意があったんですね。

敵も徐々に誰か明らかになってきましたが、こうやって味方もいるのだから心強いです!

 

"さくら"と明かすのはいつ?

毎話チラチラ"さくら"であることがバレそうな場面が出てくるのに、七桜は正直に言う様子がありません。

毎回こうやって匂わせていくのかな?ちょっとイライラします。

"さくら"と知られたら結婚もなくなるし、言えませんわな。

でもそれだけ?椿の自分への好意がなくなるのが怖いからですよね~~。

いつまで黙っておくつもりなんでしょうか?

今のところ七桜が"さくら"かどうかばかりに話が進んでますが、一番の誰が真犯人化には全く触れられていません。

誰が真相を知ってるのか?そもそも知ってる人はいるのか?

 

15年も経って何か分かるのかな?

早く先が知りたいです!

 

以上、『私たちはどうかしている』第3話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

全話の感想

全話の感想はこちら。↓

https://www.lovetv.site/entry/watadoka-kansou1#%E5%85%A8%E8%A9%B1%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%B3

 

ドラマの動画配信をお探しの方はこちら。↓