ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

凪のお暇 第6話の感想とネタバレあらすじ このドラマ最大の見せ場だった坂本さんと凪の会話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週金曜夜10時からTBS系列で放送中のドラマ『凪のお暇』。8月23日に第6話が放送されました。

www.tbs.co.jp

前回第5話では、安良城ゴン(中村倫也さん)を訪ねてくる女性を見て、ゴンとの恋に見切りをつけた大島凪(黒木華さん)。

うららちゃん(白鳥玉季さん)・みすず(吉田羊さん)親子と久しぶりに触れ合い、堕落してしまった生活を見直す。

一方、凪への思いを断ち切った元カレ・我聞慎二(高橋一生さん)は、同僚の市川円(唐田えりかさん)からのアプローチを受け入れ、ようやく新しい恋へと踏み出した様子だった。

第5話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

あらすじ

ゴンとの恋を忘れる旅で出会った「スナックバブル」のママ(武田真治さん)から頼まれ、ボーイのバイトを始めた凪。
ママと杏(中田クルミさん)が、お客さんたちと楽しく会話しているなか、一人で飲んでいるお客さんの相手になろうと話を聞いてみたものの、興味のないサッカーの話をされて返せない凪。
ならば別のお客さんと話を聞いたものの、これまた興味のない歌の話をされてまた返せなかった。
少しでも会話を弾ませたいと、会話術の本を読み漁っているのをママに見つけられ、「意外!あんた人に興味ないと思ってた。」と言われる。
凪はこれまで自分を聞き上手だと思っており、ママの言葉に驚く。そこへ坂本龍子(市川実日子)が来店して、これまでのことを謝って仲直りし、就職を祝った。
 
うまく事が運び出したかと思った矢先、円と付き合い出した慎二が来店。「合わないからやめろ。お前は自分を好きじゃない人間に興味ないだろ。」と言われる。
立て続けに人に興味ない人間と言われた凪は、改めて慎二の会話術を見て、これまでの自分が、いかに上っ面の相づちを打っていたかが分かり、友達がいない理由を思い知る。
そして、新しく出来た友達の坂本が、詐欺まがいのことをしている会社に就職したことを知り、なんとかしてあげたいと思うのだった。
 
坂本の会社の事を知った慎二が、坂本の会社が開くセミナーに申し込みをし、凪に会場を教えてくれた。凪はその会場に乗り込み、慎二も協力して坂本を会場から連れ去った。
 

f:id:lovetv:20190824150748j:plain

 
逃げ込んだスナックバブルで、本音を語り合い、本当の友達になれた凪と龍子。
凪の変わった姿を目の当たりにした慎二は、そっと店を出ていった。
 
ママと杏は、凪こそが慎二の思い人と知り、大はしゃぎするのだった。
 
…という話でした。
 

やっと面白くなってきた

第5話までは、じりじりと恋愛がらみの話が長く、暗くて救いようがなくて、観るのも嫌になるような展開でしたが、ゴンから離れてやっと面白くなってきました!

 
ゴンが、凪を思うと胸が苦しくなる。と吉永緑(三田佳子さん)とかエリィ(水谷果穂さん)に打ち明けて、二人ともゴンの初恋に気づいてました。
凪は慎二かゴン、どっちかを選ぶしかないんでしょうか?
どっち選んでも大変そうじゃないですか?
新しい誰かいい人が現れればいいなと思ってます!
 
私は原作の5巻までしか読んでないので、この三角関係、円も入って四角関係になりましたが、このごちゃごちゃした関係の先はまだ知らないんですよね~。
 
このドラマ観て思ったんですが、慎二みたいなモラハラ気味に強く物を言うタイプって、リセットする前の凪とか自信なさげな円とか、依存するタイプの女性に好かれやすいのかもしれないですね!
自分じゃ決められないことを、多少強引でもハッキリと言葉にしてくれる人に付いていく方が楽だと考える人は多いかもしれないです。
私は話聞いてくれない人は嫌ですが…。
 

慎二はどうするんだろう?

凪を諦めて円と付き合い始めたはずの慎二。凪がゴンと別れたと知って、凪に円と付き合ってることを伝えられずにいました。
えぇ?まだ凪がいいの?
 
凪が坂本さんを救うのに協力したり、慎二はまた凪と関わってましたね。
まだ諦めてないのかな?
今回は、ママと杏とか、坂本さんが慎二が凪に振られて号泣しているのを次々に凪の前で話してるのを慎二が阻止するシーンがありました。
ドラマを作ってる人は、慎二と凪によりを戻させたいんでしょうか?
 
確かに一途に思ってくれてるのは慎二ですけど、無理じゃないかな~?
 

坂本さんの不器用さに切なくなった

最初は、ハローワークで声をかけてきてくれた凪に怪しいネックレスを売りつけてきて、要注意人物として描かれていた市川実日子さん演じる坂本龍子。

大学の先輩に誘われて、詐欺まがいの商売をするブラック企業に就職してしまい、今回心配した凪に救出されていました。

 

会社を辞めた方がいいと説得する凪。

坂本さんは、入社する前からヤバイと知っていたが、認めたくなかったと語り始めるシーンが、第6話のシーンの中で一番心に残りました。

坂本さんは認めたくなかった理由は「もううんざりなんです。休むのも戻るのも。いい加減、前に進みたい。前向きに前向きに。そうじゃなきゃ、自分がみじめで見てられない。」だとのこと。

これがもう、まさに今の私にドンピシャで、ドシンと心に響きました。

そして坂本さんの言葉に、凪が返した言葉「いつも前向きなところ、素敵だと思います。けど、たまには後ろも向かなくちゃ、自分がどこにいるか分からなくなっちゃいませんか?

凪がこれまでの自分を振り返り、人が投げかけてくれていた気遣いにも気づかずにいたこと。友達がいないのは、上っ面で相槌を打っていたことがバレていたと分かったと語っていました。

 

私は、この坂本さんと凪の会話が『凪のお暇』のドラマのなかで最大の見せ場だったんじゃないか?と思いました!

 

私もちょうど今、生きていくのに手詰まりを感じていて、今までことを振り返りたくなくて前に前に進みたくて、でも進めない毎日にうんざりしています。

周りから見た私は、この坂本さんのように思われていたのではないか?とハッとしました。

私も、悩みを周りの人に打ち明けるたびに、今の環境を変えるよう、アドバイスされていました。

しかし、変えていませんでした。

周りから見れば「話を聞けよ。ずっと言ってるじゃないか?」と思われていたんだろうな。歯がゆい思いをさせていたのではないのかな?と思いました。

ドラマのなかの話で、もちろんフィクションなんですけど、坂本さんの姿を見て、自分の頑なさに気づくことが出来ました。

こんな人になっていたのか?私は。と恥ずかしくなりました。

 

ちょうど、やっと私も現実を見渡せるようになってきた時に今回の『凪のお暇』を観て、他人事に思えませんでした。

坂本さんは自分と一緒だ。と思いました。

 

自分一人で考えられる事なんてたかが知れてるから、どうやっても上手くいかない時はもう、人に言われた通り、全乗っかりするのも悪くないのかな?と思います。

人生何回目かの手詰まりの時。

どうしても前に進めない時期ってありますよね…。

 

元々原作の漫画が好きで、このドラマを観始めましたけど、今回の第6話を観て本当によかったと思います。

原作も知ってるのに、こんな感動するとは思いもしませんでした。

坂本さんにはゆっくり頑張って欲しい!

 

私も人の話を聞いて、今までと違う方向を向こうと思います。

ドラマの感想から、最後は自分の話になってしまいました。

失礼しました!

 

以上、『凪のお暇』第6話を観た感想でした。

 

 

www.lovetv.site