ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

ノーサイド・ゲーム 第7話の感想とネタバレあらすじ ますますあやしい滝川とどんどん黒くなる津田監督に目が離せない!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週日曜夜9時からTBS系列で放送中のドラマ『ノーサイド・ゲーム』。8月25日に第7話は放送されました。

www.tbs.co.jp

前回の第6話では、島本社長(西郷輝彦さん)が進退をかけてチーム存続を断行してくれたおかげで予算を獲得できたアストロズ

君嶋(大泉洋さん)は自分の力のなさを実感し、脇坂(石川禅さん)の誘いに乗り、本社の経営戦略室に戻ろうとしていた。

しかし、本波(天野義久さん)や、ジュニアチームで頑張る息子・博人(市川右近さん)の姿を見て、アストロズ優勝という目標を達成できないまま本社に戻ることは出来ないと、GMとして残ると決めた君嶋。

しかし、前々から柴門(大谷亮平さん)に憎しみを抱いていたサイクロンズの津田監督(渡辺裕之さん)が、アストロズのスター選手・浜畑(廣瀬敏朗さん)を引き抜こうと動いていた…。

第6話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

あらすじ

岸和田徹(高橋光臣さん)の同期で、トキワの研究所に勤める星野(入江甚儀さん)から、過去のタンカー座礁事故の原因が、トキワが買収する予定のカザマ商事のオイルなのではないか?という話聞いていた君嶋。

改めて星野にこの件について尋ねると、調査を依頼されていた森下教授(辻萬長さん)がカザマのオイルとは関係がないと結論が出ていたと聞かされ、星野は取り越し苦労だったと謝ってきた。

一安心した君嶋だったが、代わりにアストロズについて不安な情報を聞く。サイクロンズが浜畑を引き抜こうとしているというのだ。

引き止めようと浜畑と話をした君嶋だったが、浜畑は断っていた。安心する君嶋。

しかし次に里村(佳久創さん)がサイクロンズから引き抜き話を受け、既に退社手続きまで取っていると聞かされた。

里村は今が全盛期。サイクロンズには日本代表で一緒に戦った選手が多く在籍しており、世界で活躍を目指す里村にとっては、またとないチャンスだった。

里村に対して「裏切り者」と責めるチームメイトたちと、一般の社員さんたち。みんな里村に厳しい態度で接してきた。

しかし、浜畑一人だけは里村の気持ちを理解し、一般社員さんたちに押し付けられた仕事を手伝ってやった。

 

里村退社の前日。

それまでわざと嫌われる態度を取っていた里村だったが、本波の後を継いで悩んでいた友部(ブリリアン・コージさん)にアドバイスし、練習相手を務める。

里村の姿に心打たれたチームメイトたちは、皆で話し合い、移籍後すぐに活躍できるよう、GMである君嶋に「選手移籍承諾書」を発行するよう願い出た。

君嶋は戦略的に間違っていると言いながらも賛成。里村に挑戦状として手渡し、チーム皆で健闘を祈った。

 

里村は、急成長を遂げている佐々(林家たま平さん)と新しく入ってきた七尾(眞栄田郷敦さん)の可能性を感じ、自分から身を引いたのだった。

アストロズは、主力の里村を失ったことでかえってチームの団結力を強め、今期こそ優勝と意気込むのだった。

 

…というお話でした。

 

カザマ商事ますますあやしい

里村移籍で頭を悩ます君嶋の前に、またカザマ商事が経営する、府中グリーンカントリークラブのコース建設反対運動をする人たちが府中工場に押し寄せていました。

 

ちらほらと見えてくるカザマ商事の問題は、ちょっとずつ出てきていました。

  • 前回から出てきたタンカー座礁事故がカザマ商事のオイルが原因じゃないか?という話。
  • 物語の合間合間に出てくるカザマ商事の社長・風間(中村芝翫さん)と滝川(上川隆也さん)の会話。

 

滝川は、買収に際してカザマ商事の詳細な調査をしているので、なにかしら問題があるのを知ってるはずなんですが、風間社長には「問題ない。」と言ってます。

滝川はトキワの社長の座を狙ってますし、風間社長にも恨みを持ってるようですから、買収して販路を獲得したら、告発でもしてサッサと切り捨てるつもりなのでは??

風間がマウントしてきてる態度も気に入らないみたいで、風間社長と対等な関係になることを望んでる様子です。

 

f:id:lovetv:20190826104339j:plain

 

次回予告で、君嶋が滝川に「あなたは知ってたんですね?」と迫ってる一場面が映ってました。

来週なにかしら分かるんじゃないですか?

楽しみですね!!

 

渡辺裕之さんの悪役に違和感と期待

里村を迎え入れるサイクロンズのチームメイトが、津田監督に「監督は本当に浜畑さんと里村さんがうちに必要な選手だと思って誘ったんですか?」と迫っていました。

ただ勝つためだけに、アストロズの戦力をダウンさせるためだけに引き抜いたんじゃないか?と、サイクロンズ内からも疑問の声が出ていました。

これから里村がどう扱われていくか分かりませんけど、戦国時代のドラマだったら、裏切り者はまた裏切ると警戒されて、冷遇されるってのが定石ですけど、さぁ、どうしていくつもりなんでしょうか?津田監督。

これが戦略なんですかね~?

でも君嶋も最初、里村の移籍承諾書を出さないつもりだったし、勝負の世界なんてそんなもんなんでしょう!

企業の名前背負ってるし、単に勝つだけの勝負じゃないですもんね~。

 

いや~、黒いな。面白いな。

 

渡辺裕之さんは、私の中ではどうしても昼ドラ『夏の嵐』で虐げられる側のイメージが強かったんですが、今回の津田監督は悪いやつですよね~。

まぁ、嵐シリーズでも復讐に燃える黒いやつではあったんですが…。

 

徹底的に悪役を演じてほしいですね!!期待します!

 

 以上、『ノーサイド・ゲーム』第7話の感想でした。

 

 

 

www.lovetv.site