ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

凪のお暇 第5話の感想とネタバレあらすじ やっとうららちゃん親子の話が出た

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週金曜夜10時からTBS系列で放送中のドラマ『凪のお暇』。8月16日に第5話が放送されました。

www.tbs.co.jp

前回第4話は、ゴン(中村倫也さん)が、大島凪(黒木華さん)以外にもたくさんの女性と付き合いがあるような男だと知った我聞慎二(高橋一生さん)。

ゴンとの関係にメンタルが壊れていった凪は、ゾンビのような姿で買い物しているのを慎二に見つけられ、ゴンとのことを責められる。凪には慎二が泣いているように見えた…。というところで終わりました。

第4話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

あらすじ

雨が降りしきる中、強がる凪を酷い言葉で非難し続ける慎二。思いが伝わらずますます言葉がきつくなっていく…。

そんな二人の近くを偶然通りかかった、うららちゃん(白鳥玉季さん)とみすず(吉田羊さん)親子。うららちゃんは、凪がいじめられてると思い、慎二を突き飛ばす。

無事凪を救出したうららちゃん親子は、凪を自室の風呂に入れ、もてなしてくれた。うららちゃんは本当に凪が好きな様子で、いじめられてるのを見てたまらず助けてくれたのだった。

うららちゃんの寝顔を見て、長い間うららちゃんの顔もまともに見ず、闇落ちしていたかに気づく凪。

翌朝。

太陽の光を久しぶりに浴びた凪は、久しぶりに買い物に出て体力がなくなっていることにも気づく。

凪は帰り道に、みすずがうららちゃんの同級生の母親たちに喫茶店に呼び出され、優しい言葉で嫌味を言われているところに遭遇。

助けようとしたが、空気を読んでなかなか行動に移せずにいたところ、みすずの部下が仕事を中抜けしてきてるからと言って、連れ去って行った。

母親たちはみすずを「男を頼ってしか生きられない人。」と見下していた。

しかし、その後うららの手引きでみすずが働く建設現場に行き、大きなクレーンを動かし、5.6人の男性たちに指示を出すみすずの姿を見せられることになる。

うららちゃんは「うちのお母さん超かっこいいでしょ?だから全然色々平気なの。」と誇らしげに笑った。

凪は、みすずのことも、同級生の母親たちの言うことに左右されず自分の意志で動けるうららちゃんたち同級生のことも、どっちもかっこいいと絶賛するのだった。

 

凪は、ゴンとの恋と決別するため、ゴンと一緒に行った海に一人で行こうと決意。自転車で走り出したものの、道に迷ってしかも転倒し、足を怪我する。

真っ暗な中、唯一開いていた店「スナックバブル2号店」の扉を開けると、杏(中田クルミさん)が。

ママ(武田真治さん)と杏は、怪我の手当てと携帯の充電をしてくれ、凪の無職の現状と、無理な恋に破れた話を聞いてくれた。

そしてママ特製の「青い鳥丼」をごちそうしてくれて、海までの地図まで差し出してくれた。

 

f:id:lovetv:20190817034442j:plain

 

海に着いた凪は、キラキラに見えていた海が普通の海だったことにショックを受け、恋心を断ち切る決断をする。

 

自宅に戻った凪は、家のありがたみを感じ、荒れていた部屋の掃除をして自炊も再開。ゴンに「二人でもう会わない。」と言って、合鍵も返した。

 

ゴンとのことで仲違いしてしまった坂本龍子(市川実日子さん)とは、相変わらず連絡が取れず。龍子は、凪と連絡が取れていない間に、大学時代の先輩の紹介で怪しげな会社に就職していた。

そして凪も、スナックバブルのママから電話を受け、無職生活から抜け出そうとしていた。

 

一方、凪の事を忘れて元の明るさを取り戻した慎二は、後輩の市川円(唐田えりかさん)との新しい恋に一歩踏み出していた。

 

…というお話でした。

 

やっと出てきたうららちゃん親子の話

私は原作を読んでいるのですが、原作のなかで一番好きなキャラクターはうららちゃんなんです。

なので、ドラマ化するにあたってとてもうららちゃん親子が描かれることに期待を寄せていました。

そのことを書いた記事です。↓

 

www.lovetv.site

 

うららちゃんが、見下してくる同級生の母親たちを連れてお母さんの職場に行くシーンがやっと第5話で出てきたんですが、もっと母親たちが呆然とする顔を撮って欲しかったです!

まぁ、今回で十分みすずがかっこいいことは伝わってきましたが。

 

それと、見下してくる母親たちの言葉に、凪が心の中で反論する言葉をもうちょっと入れて欲しかったです。

 

もうちょっと丁寧にうららちゃん親子のことをやって欲しかったと思いました。

でも、丁寧にやればやるほど、いやな気持になっていくので、全部をドラマ化出来なかったのかな?とも思います。

 

うららちゃん親子を忘れずに映像化してくれて、『凪のお暇』のドラマスタッフの皆さん、ありがとうございます!!

クレーンの下で男の人たちに指示を出すみすずさん、かっこよかったです!

 

円とは大丈夫?

新しい恋に踏み出した慎二!円は凪とは違って、慎二の言葉で傷つけられることなく、逆に救われてる様子です。

慎二は自分から好きにならない方が上手くいくのかもしれないですね!

好きになったら、傷つけずにいられない小学生男子の頭ですから!

円とはうまくいって欲しいです。

そして凪には関わらないで欲しい!!

 

次回は??

ドラマでは「スナックバブル」は、慎二の行きつけの店。ってことになってます。

原作は、慎二の行きつけと「スナックバブル」は別の店で、「バブル」で働く凪と、そうとは知らず営業先の偉いさんに連れられて行った慎二が偶然会うって話になってます。

ドラマではどっちも同じ「スナックバブル」にして、2号店ってことにしてるみたいです。

そこで会っても不思議がないように二人をつないでるようです。

 

慎二、円を連れて行くんでしょうか?

これはどうなるんでしょ?

展開が読めません!!

 

以上、『凪のお暇』第5話の感想でした。