ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想の雑記ブログ

いやおうなしに知らされました。わたしは藤原の女なのです。――里中満智子「女帝の手記」 孝謙・称徳天皇物語第五巻より

スポンサーリンク

スポンサーリンク

里中満智子「女帝の手記」は、孝謙称徳天皇物語全五巻の漫画です。

里中満智子さんといえば、持統天皇の一生を題材に描かれた「天上の虹」が有名です。

第一巻「まほろ光明皇后

第一巻は、孝謙天皇の幼い内親王時代から史上初の女性皇太子になるまでのお話です。

藤原家の一員であることに誇りを持ち、何の疑問を抱いていなかった少女、安倍内親王(のちの孝謙天皇)。

長屋王の変、弟の基皇太子の死に直面し、今まで見えてこなかった藤原家の闇を見る事になり、戸惑う姿が描かれています。

 

頼りない父・聖武天皇と、母安宿(のちの光明皇后)の強さを目の当たりにし、誇りに思いながらも反発心が芽生えていく様子を丁寧に描いています。

一方で遣唐使から戻った僧、下道真備(のちの吉備真備)から勉学を教わり、影響を受けていく様子も描かれていて、思春期ならではの心の揺れが共感出来ます。どんどん読み進める事が出来ました。

 

光明皇后のイメージが変わった

私は、以前正倉院展で見た光明皇后の写経の太い筆跡を見たことがあります。

筆跡から思い浮かぶ彼女の姿は、丈夫で男勝りだけど、弱々しい夫の聖武天皇を一途に愛し、思い出の品をたくさん正倉院におさめた…というものでした。

しかしこの漫画で出てくる安宿(光明皇后)は、美人でつやがあって、でも迫力があって実力もあって財力もあって、でもなかなか健康な男子を生むという願いはかなえられなくて…。

目的のために女を使ったりもする…というやり手な女性という感じでした。あくまで孝謙天皇の目線で見た母、光明皇后なんですけど…。

 

こういう母親を少し批判的に見る目線が、思春期の女の子あるあるで共感出来ました。

 

聖武天皇光明子は同い年で、甥と叔母でもあります。

聖武天皇の母・宮子が光明子の姉であり、同じく藤原不比等の娘なんです。

皇太子と臣下の娘でありながら、どこか対等な感じがするのは、そのあたりが関係してるのかもしれません。

このあたりは、「長屋王残照記」で詳しく描かれています。

 

2010年のNHKドラマ「大仏開眼」を思い出す

前にNHKのドラマで「大仏開眼」というのがありました。浅野温子さんが光明皇后の役、國村準さんが聖武天皇役、石原さとみさんが安倍内親王(孝謙天皇)の役をやっていました。

この時のイメージも光明皇后が強い女のイメージでした…。そういえば。

石原さとみさんの安倍内親王も可愛らしかったです。

高橋克典さんの藤原仲麻呂は、野心家な感じが出ててとっても似合ってました!

NHKなんでリクエストすれば再放送やってくれるかもしれません!!

 

www6.nhk.or.jp

すぐに観たい人は、NHKオンデマンド、U-NEXTで観られます。↓

 

 

 

女帝の手記 まぼろば 1 /読売新聞社/里中満智子
by カエレバ

 

第二巻「たゆたひ聖武天皇

第二巻は、皇太子になった安倍内親王から見た藤原広嗣の乱や、その後の父聖武天皇が遷都を繰り返した様子が描かれています。

藤原派と、元正上皇率いる半藤原派との政治対立を生々しく描いていて、歴史上の出来事が、現代のサスペンスのように感じられて面白かったです。

元正天皇のお話は、「長屋王残照記」に詳しく描かれています。↓

 

www.lovetv.site

 

 

両親を見て学んでいく安倍内親王

父である聖武天皇は、自分が象徴として実権を持たないことに苦悩し、唯一自分の思いを遂げるために大仏造立にのめり込んでいったという話の流れは、納得できる内容でした。

でもそんな聖武天皇の様子を見て、安倍内親王が「わたしが天皇になってもこうはなるまい…」と言ってるのが印象に残りました。

若い時って大人のだらしない部分をしって失望して、自分はそうならないって思うもんですよね~?

身近な親には特に厳しい目で見たもんです。

二巻を読んでると、自分の思春期を思い出しました。これから理想と現実にぶち当たって葛藤していくんですよね…。

 

物語では次々政治抗争が起き、たくさんの人が死んでいく様子を目の当たりにする安倍内親王

それらがどうも身内の藤原一族が陰謀を企てるようだと知ります。

藤原の娘である安倍内親王の苦悩を、いとこである藤原仲麻呂が巧みに利用して男女関係に持ち込み、信じ込ませていきます。

安倍内親王は、藤原仲麻呂に惹かれていき、仲麻呂が母・光明皇后とも関係があるようだと勘づきます。

政治を動かす能力においても、女としても敵わない母・光明皇后

母上はわたしにとって、壁だーーと、その時悟りました。一生乗り越えられそうもない大きな壁ーーだと…

というセリフがありましたが、私も共感できる部分がありました。

お母さんは越えられないって思う場面、成長する過程でありますよね?

男女関係でも母がライバルというのは特殊かもしれないですけど、身近な大人に憧れ、尊敬していたからこそ、母の女の部分を見てしまったりすると変に傷ついたりするんですよね~。

誰でもありそうなあるあるが詰まった巻だと思いました。

 

女帝の手記 たゆたひ・聖武天皇 2 /読売新聞社/里中満智子
by カエレバ

 

第三巻「うつせみ藤原仲麻呂

仲麻呂と一夜を共にし、秘密の恋にのめり込んでいく安倍皇太子。一方で、父聖武天皇は廬舎那仏の造立に夢中。国内で金が産出されたと知り、喜んでいました。

 

そんななか、安倍が皇太子であることをよく思っていなかった元正上皇が亡くなり、反藤原派の勢いが衰えたタイミングを見計らい、仲麻呂光明皇后が安倍皇太子を天皇とするべく動き出しました。

仲麻呂の心をつなぎとめておきたい安倍皇太子は、母と仲麻呂に言われるがまま即位。孝謙女帝が誕生しました。

 

天皇の地位についた孝謙は、仲麻呂に力をつけさせるために、紫微中台を設立。仲麻呂をその長官の紫微令に任命します。

仲麻呂は早速、孝謙天皇の皇太子時代から勉学を教えていた下道真備改め、吉備真備筑前守へ任命。左遷させました。真備はその後も肥後守遣唐使と、次々と派遣され、仲麻呂によって孝謙天皇から遠ざけられたのです。

 

聖武上皇がすすめていた大仏鋳造はなかなか完成せず、未完成のまま大仏開眼会を開きます。開眼会には、海外の人たちも呼んで盛大なものになりました。

 

聖武上皇の死により、生きていく事への疑問を持ち始めた孝謙天皇は、ある日、父が好きだった玉葛をお供えに持って来てくれた僧・道鏡と出会います。

話をしているうち心が楽になった孝謙天皇は、これからも父にお花を持って来て。とお願いするのでした。

 

仲麻呂の思い通り動く孝謙天皇

仲麻呂との初めての恋に喜びを感じ、言われるがままに動く孝謙天皇。それが愛だと信じて疑いません。う~ん。本当頼りなかったです。

いちいち事あるごとに揺らぎ、仲麻呂に頼るので思うつぼでした。

それをうまくコントロールする仲麻呂の見事なこと。自分の野心のために男を使います。

読んでいてイライラしました。

若いから?母が偉大過ぎるから?仲麻呂がスゴイから?

なんかもうちょっとどうにかならんのかな?と思いました。

 

大仏開眼会を描いたところは、カラーだったらよかったのになぁ!

華やかな天平文化って感じで明るい感じがしました。

それと、鑑真、吉備真備道鏡と次々と歴史の教科書で読んだ人物が登場して興奮する巻でした。

 

女帝の手記 うつせみ 3 /読売新聞社/里中満智子
by カエレバ

 

第四巻「かぎろひ淳仁天皇

天皇として名ばかりとなっていた孝謙天皇。実権は母・光明皇太后藤原仲麻呂の二人が握っていました。

そんな実情に疑問を持ちながらも、愛する仲麻呂の言いなりになって、彼の言うことを次々と認めていく孝謙天皇

唐好きな仲麻呂に従って、官職や歴代の天皇諡号まで唐風に変えられていきました。

そして「天皇」という名前さえも「皇帝」にしようと言う仲麻呂に、皇帝になれば結婚できると信じて認めてしまいます。

仲麻呂自身は唐風に「恵美押勝」という名を名乗り始めました。

そして元号を変えるには天皇も変わった方がいいと仲麻呂に助言され、淳仁天皇に譲位し、上皇になった孝謙上皇。それでも結婚してくれと言ってくれない仲麻呂

 

ずっと頼りにしてきた母・光明皇太后の死によって、精神的に解放された孝謙上皇は、ずっと目を背けてきた仲麻呂の真意についても認めはじめます。

その頃、道鏡仏道を教えてもらい、病気になったところを救われ、一気に目が覚めます。

出家して実権を淳仁天皇から取り戻した孝謙上皇は、仲麻呂に反旗を翻しました。

 

第四巻は自立していく過程が面白い!

第四巻はドラマティックでした!!

ずっと越えられない壁だった母の光明皇太后の死で、やっと幼い頃からのつきものが取れて解放されて、人の言いなりではなく、全部自分で考えたことを実行していく姿はカッコよかったです。読んでいて晴れ晴れしました。

 

前半部分の、母と仲麻呂の言いなりになってオロオロしている姿は情けなかったです。その分、後半にかけての目覚めが気持ちよかったです!!

 

それにしても、道鏡と愛人関係というのは知ってましたが、仲麻呂とも愛人関係にあったとは…!!結構思い切った設定だなぁと思いました。

まぁでも人間関係が狭い時代だし、あり得ない話じゃないですよね??

女性天皇が愛人と??と、最初は抵抗がありましたけど、読み進めるうち、流れが自然に感じられて途中から納得してしまいました。

 

女帝の手記(かぎろひ) 4 /読売新聞社/里中満智子
by カエレバ

 

第五巻「たまゆら道鏡

孝謙上皇道鏡と近づき、自分を遠ざけていかれてることに気付いた仲麻呂が、必死に抵抗を始めます。

孝謙上皇が、仲麻呂が自分の事を愚かだと思い込んでいることを利用し、本人に知られないように反仲麻呂勢力の人間を増やしていきます。

仲麻呂によって大宰府に追いやられた吉備真備を呼び戻し、周りの人間に嫌な噂を流されても道鏡の地位も上げ力を与えていき、政策を進めていきました。

 

そしてとうとう仲麻呂と戦います。

戦後、孝謙上皇は、自分の味方の家臣たちに異例の地位を与え、仲麻呂に味方した者たちを次々処分。さらに淳仁天皇を廃位して自ら称徳天皇として即位したのです。

天皇として次々起きる問題に厳しい態度で当たっていくさまは、女性ならではだと思いました。

 

第五巻で心に残った言葉

この時の冷徹さと弱さを表した言葉が印象的でした。

ーーーわたしの中の「藤原」がさせたのです。

いやおうなしに知らされました。わたしは藤原の女なのです。

そして父上の娘でもあるのです。ーーー

第一巻で抱いていた両親への疑問を、自分が為政者になって同じことをしていることに気付くこのシーンが、私の中で一番心に残りました。

 

あとは道鏡称徳天皇との関係ですが、里中満智子さんなりの解釈で宇佐八幡宮神託事件の真相を描いています。

 

女帝の手記(たまゆら) 5 /読売新聞社/里中満智子
by カエレバ

 

道鏡とのことは?

さてさて、道鏡天皇を利用したの?利用されたの?結局どっち?

読んだ人によって意見が分かれると思います。

 

歴史に詳しくない人でも、孝謙天皇が悩む内容は現代に生きる私たちと何ら変わりなく、親近感がわくことばかり。歴史上の人物がグッと身近になりました。

とはいえ、生々し過ぎるところもあったかな?

みなさんはどんな感想を持たれるでしょうか??

 

 

以上、「女帝の手記」1~5巻全巻読んだ感想でした!!

 

全巻セットです。⤵

 

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site