ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想の雑記ブログ

【日本の神話を漫画で】里中満智子 「古事記」 壱~弐を読んだ感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

古事記」<壱>、<弐>は、2013年に小学館創業九十周年記念企画「マンガ古典文学」シリーズの第一回として刊行された里中満智子さんの漫画です。

<壱>は、古事記の上巻~中巻の途中までと、<弐>は中巻の途中からと下巻までの内容になっています。

<壱>の感想

<壱>は、上巻の宇宙が出来てから神々の誕生、出雲の国譲りの話や、のちの神武天皇である神倭伊波礼毘古(かみやまといわれびこ)が誕生するまでのお話。

中巻の神武東征から初代天皇になる話と、第二代綏靖天皇から八代までの天皇の名前を家系図にしてまとめたものでした。

 

イザナキ、イザナミのお話

イザナキ、イザナミの夫婦から日本列島が生まれるという話。

まず淡路島を生んで伊予之二名島(四国)隠伎之三子島(隠岐)筑紫島(九州)壱岐津島(対馬)佐度島(佐渡)大倭豊秋津島(本州)という八つの島を誕生させるというもの。

この八島にちなんで国土を大八島国(おおやしまのくに)と呼ぶそうです。

 

今まで、歴史の授業で古事記という歴史書があるということは知ってましたけど、神様が日本を作るところからの話だったとは知りませんでした。

 

自然界のあらゆる神々が生まれた過程の話もありました。

 

イザナミが亡くなってイザナキが黄泉国へ行ってイザナミを取り戻そうとする話は、小学生の時に読んだギリシャ神話で、似た話を読んだことがあります。里中満智子さんもこの漫画の中で指摘していました。

 

私が小学生の頃に「聖闘士星矢」というアニメが放送されていて、ギリシャ神話に興味を持ちました。それで図書館に行って「十二星座物語」だったかな?児童向けの物語を読んだ記憶があります。ちょうど学校でも理科で星の観察の授業がありましたし。

ちなみに私は「聖闘士星矢」では、紫龍が好きでした。

 

出雲の国譲りの話

天照大神の弟、須佐之男が暴れたことで天照大神が天の岩戸に隠れた話など、なんとなく知ってた話も入っていました。

 

高天原から追放された須佐之男が出雲に行って、八俣大蛇を倒して、八俣大蛇から出現した剣を天照大神に献上して許してもらいます。

しかし須佐之男は、出雲で出会った女性と結婚し、そのまま出雲で暮らすことになりました。

 

時は過ぎ、大国主神が出雲に来て、須佐之男の娘須勢理と出会います。彼女との結婚を許してもらう為、兄たちと戦い、地上の国づくりを果たしていく様子も描かれていました。

 

結婚後、中国(地上の国)を作ってきた大国主神に、天国(天上の国)の天照大神使いとして派遣された建御雷之男神が、国の統治を譲るよう、話し合いを持ちかけてきました。

しかし大国主神は、後を継ぐ二人の息子に聞いて欲しいと言いました。

1人目の八重事代主神は特に抵抗する事無く受け入れました。しかし、もう一人の息子、建御名方は抵抗。州羽海(諏訪湖)まで逃げますが、敵わないと見て従うと決めました。

息子たちの了承を得たと知った大国主神は、須佐之男に言われていた出雲に大きな神殿を建てるという約束を果たす事を条件に、天照の統治を受けいれたのでした。

 

ーーー

このあたりの話が難しかったです。

 

スサノオの5代あとの大国主神が、スサノオの娘と恋に落ちるとかちょっとよく分からなかったです。神様だから同じ血筋同士の結婚は特にタブーでないらしいんですが。

まあそこは神話なんで深く考えるなということでしょうか?

しかも似たような名前が多く、こんがらがりました。

とりあえず出雲にスサノオが行って、そこに大国主神も行ってスサノオの娘と結婚。周辺の国を平定して大きな国を作った。という話なんだと思います。

 

話変わって。

天国(天上の国)って近畿のことを言ってるんですかね??近畿を支配していた勢力が中国地方を広く統治していた勢力に話し合いを持ちかけて、統治することに納得させたって話みたいです。

 

天孫降臨

大国主神から中国(地上の国)の統治を任せられた天照大神は、孫の邇邇芸命(ににぎのみこと)と、お供の神々を中国(地上の国)に降りたたせます。

天皇の祖先だけが神じゃなくて、臣下の祖先たちも神だったという話です。

 

天皇家だけなく、周りの皆にもちゃんと配慮してるのが日本らしいなぁと思いました。

 

話を戻します。

地上に降りた邇邇芸命は、あることがきっかけで、神でありながら人間と同じく死を迎える運命となりました。

ここから邇邇芸命はもちろん、子孫も皆死ぬ事になり、天神でありながら死ぬ、という話になっていくのです。

何がきっかけかは読んでからのお楽しみです。

 

これでやっと神の話から人間の話になってきました!

邇邇芸命の息子たち、海幸彦山幸彦の兄弟間の争いから弟の山幸彦が勝ち、父の権威を引き継ぐ事になり、のちの天皇家につながっていきます。

 

神武東征

話は中巻に入り、山幸彦の息子たちが九州から国を平定していったルートが地図付きで解説されてました。

速吸門(明石海峡)を通り、白肩津(大阪湾の岸)へ船で近づいたとき、地元の人に強く抵抗され、兄の五瀬が死亡。紀国で葬られます。

残った弟の伊波礼毘古は、熊野から上陸。数々の敵と戦って大和の国に入りました。

そして日向に妻子のいる身ながら、現地の姫と結婚して正妃とし、宮は畝火(うねび)の白檮原(橿原市畝傍町)に設けられました。神武天皇の誕生です。

 

畝傍の宮は橿原神宮のことですね。天皇陛下が退位の報告に訪れていました。

 

ここから話は天皇家の権力争いの話に移ってきました。話が人間の話になって来て、グッと分かりやすくなってきました。

 

古事記 1 /小学館/里中満智子
by カエレバ

 

<弐>の感想

<弐>は中巻~下巻の内容で、第十代崇神天皇の時代のお話から推古天皇の話までになりますが、最後は日本書紀とも重なる部分があるので、年表と家系図でまとめられていました。

倭建(ヤマトタケル)命の話

大帯日子淤斯呂和気命(おおたらしひこおしろわけのみこと:景行天皇)の息子・小碓命(おうすのみこと)は、兄の大碓命(おおうすのみこと)を、父の命に背いたという理由で何のためらいもなく殺めてしまう気性の激しい人物。

しかし本人は、父の為という正義でやっているので何の悪気もない。父はそんな息子を、周辺の国に遠征させます。

小碓命は、熊曾を倒す時に「倭の建(強い男)」という意味の「倭建(ヤマトタケル)」という名を送られます。

その後、小碓命は自らを「倭建(ヤマトタケル)」と名乗るようになりました。

 

倭への帰り道に出雲国に立ち寄った倭建命。迎え入れた出雲建が対等な感じで接してきて、こちらを敬わない態度に腹を立てます。そして大和の父の権威を保つ為、だまし討ちしてしまいました。

 

大碓命、出雲建と次々に殺していく倭建命を恐れた父は、自分から遠ざける目的で東国征伐を命じました。

 

倭建命は、東国に向かう途中、伊勢の天照大神を祭る宮にいたおばのところへ立ち寄ります。心配したおばは、倭建命にお守りとして剣と袋を渡しました。

この剣こそが、今現在も歴代天皇が継承する三種の神器の一つ、草薙の剣。

勾玉と鏡は伊勢神宮にあるのに、剣だけがどうして尾張熱田神宮にあるのか?その理由が描かれていました。

どんなドラマがあるのかは読んでからのお楽しみです。

 

ーーー

知ってる地名が出てくると急にグッと親近感がわいてきます。近畿のみならず、東国征伐で、尾張とか焼津とか出てきますよ!

地名の由来を知れて面白いです。

あと、各地に伝わる伝説とか、岩の名前とか、「古事記」の内容を知ってることで「あああのことを言ってるのか。」と理解出来たりして、ちょっと得した気分になれます。

 

<弐>の倭建命の話は面白かったです!

 

正直、<壱>は登場人物の名前が漢字の似たような名前ばかりで難しいし分かりにくかったです。

なので途中読む気持ちがくじけかけましたが、<弐>に入って断然読みやすくなりました。

人間らしい話に入ったからかもしれません。

<弐>では、倭建命の話の他に、神功皇后朝鮮半島での戦いの話も出てきました。この話は実際の話が反映されていて、面白かったです。

神話なんだけど本当の話も混じってる。というのに引き付けられました。

 

古事記 2 /小学館/里中満智子
by カエレバ

 

元号が変わる今、日本の歴史をゆっくり振り返るいい時期かもしれません。

この里中満智子さんの「古事記」なら漫画で読めるし、絵でイメージだけつかんで読む事も出来ていいと思います。

私は、わからない部分を絵だけ見て飛ばして読み、後で読み返してだんだんわかってきました。

 

私は<弐>から読む事をおすすめします!

<壱>から読むとなんだか名前がややこしくて読む気を失ってしまいますが、<弐>からだと話に入っていきやすいと思います。

 

それに、エピソードごとに話を区切ってその都度解説してくれるので、難しい話も理解出来ました。何度も読み返して面白さが分かっていく。そんな漫画でした。

 

以上、里中満智子古事記」<壱><弐>を読んだ感想でした。

 

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site