ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~ 第5話「失踪妻と謎の暗号メッセージ」を観た感想とあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週木曜夜11時59分から、日本テレビ・読売テレビ系で放送中の山本美月さん主演ドラマ『ランチ合コン探偵』。

2月6日に第5話が放送されました。

www.ytv.co.jp

前回の第4話の感想はこちら。 

 

おもな登場人物

  • 天野ゆいか:山本美月さん…大仏ホームに中途採用された経理部社員。経歴不明な謎の人物。観察力に優れているミステリーマニア。恋愛に興味がないが、謎解きがしたいがため、ランチ合コンをする麗子についていく。うんちくを語って麗子をイラつかせる。天野ゆいかという名前は本名ではないらしい。過去の記憶がなく、自分が何者か分からない。

<<職場関係の人>>

  • 阿久津麗子:トリンドル玲奈さん…大仏ホーム入社6年目の経理部社員。美人で肉食系女子。負けず嫌い。彼との別れを見抜いてたゆいかを疎ましく思っている。新しい出会いを求めてランチ合コンを企画する。合コンを謎解きとうんちくで邪魔するゆいかにイラついていたが、失恋した自分を応援しようとしていたと知り、態度が軟化。次第に「ゆいか」と名前で呼ぶようになる。
  • 亀田広:木村祐一さん…大仏ホームの経理部部長。ゆいか、麗子の上司。ダジャレが好きなお人好し。おやじギャグがうっとうしい。
  • 小島和子:池谷のぶえさん…大仏ホーム経理部のベテラン社員。きちんと仕事をして定時に帰っていく人。
  • 吉川颯太:金井浩人さん…大仏ホーム経理部2年目社員。独身。現状維持を望むイマドキの若者。
  • 桜井健斗:瀬戸利樹さん…大仏ホーム営業部社員。麗子と同期でエース。中途採用のゆいかに興味を持っている様子。
  • 鶴岡志乃:手塚理美さん…大仏ホームの会長。亡くなった夫から会社を引き継いで一気に業績を上げた人物。会社の美化に厳しく、時々抜き打ち検査に来る。社員に恐れられている。ゆいかを雇ったのは会長案件。なにやらゆいかのことを知っている様子。
  • 北村和馬:平田雄也さん…大仏ホーム神奈川支社の社員。麗子の同期で元彼。メールで一方的に別れを告げた。既に婚約者がおり、婚約者に葬式用の花を送ってきたのが麗子だと思い込んでいた。

 

<<合コン>>

  • 鈴木龍之介:坂口涼太郎さん…ランチ合コンに現れる謎の人物。ゆいかの謎解きに勝手に参加し、毎回的外れなことを言う。

<<通院先>>

  • 白石律子:知念里奈さん…ゆいかが通院しているクリニックの医師。ゆいかの過去の記憶について治療している?

 <<その他>>

  • 岡徹平:竹財輝之助さん…第3話の合コン相手。居酒屋を経営。何でも野球に例える癖がある。店を貸し切りにし、合コンの場所を提供してくれた。麗子にアプローチをしているが相手にされていない。

 

 

第5話のゲスト

<<合コン相手>>

  • 原貴俊:佐伯大地さん…出版社勤務。麗子が友達の結婚式で出会い、ランチ合コンすることになった。男性をもう一人呼んで2対2の合コンの形になった。
  • 稲生正也:きづきさん…原の同期。猫カフェの店員に失恋したばかり。双子の弟・直也の妻が失踪した謎を話す。

 

<<謎>>

  • 夏美:多岐川華子さん…直也の妻。商社勤務。海外出張も多い。好奇心旺盛で、興味があるところにすぐに飛んでいくようなところがある。直也とは共通の趣味である天体観測で意気投合し、2か月の交際で夏美の方からプロポーズして結婚。新婚旅行に行くはずが、直也が長期のロケで時間が取れず家を空けている間に「帝王は地球に優しい」という謎の言葉を残し失踪。
  • 稲生直也:きづきさん…正也の双子の弟。テレビ局勤務。特番で一週間ぐらい家を空けることもある。付き合って2ヶ月で、夏美がプロポーズして結婚。

 

第5話のあらすじ

麗子が友人の結婚式で出会った原貴俊と、ランチ合コンすることになったとゆいかに話を持ってきた。

今回の合コンの場所は、ドイツ料理店。原が連れてきた稲生が選んだお店だった。

お互いの挨拶が終わり、メニューを見たゆいかが思わず吹き出す。謎解きと暗号入ったメニューだったからだ。

最初に運ばれてきたのは、アイントプフ~ドイツ風831スープ。

831とはやさい。野菜のスープだった。謎解きだと分かった原はメニューを見ながら大はしゃぎ。

原狙いの麗子は、無邪気に謎解きをしようとする原をにこにこと見守っていた。

が、話をしているうちに原が既婚者だと判明。

しかも稲生が通っている猫カフェの店員さんが「うちの子を保母さんに預けていくから。」と電話で話をするのを聞いてしまって失恋。

新しい恋の相手を見つけてあげようと考えた原が、麗子と引き合わせようと企画して開かれた合コンだった。

原の話を聞いた麗子は憤慨。会社でトラブルがあったと言って帰ろうとする。

しかし、“アイスバイン・マスターとスパイを一緒に”というじゃがいも料理を食べている途中で稲生の電話が鳴り、稲生の双子の弟・直也の妻が失踪したと連絡してきた。

最初はメールだったが、慌てた直也は電話もかけてきた。

ミステリー好きなゆいかは、すぐに稲生の話に興味を持ち、詳しい話を聞き出すために席を立てなくなった麗子だった。

 

f:id:lovetv:20200207100955j:plain

 

都内テレビ局勤務の稲生の弟・直也は、同じく都内の商社勤務の夏美と、天体観測という共通の趣味で意気投合し、2か月の交際を経て彼女からのプロポーズで結婚した。

合コンの会場となったドイツ料理店も夏美が好きなお店で、直也を通じて稲生が予約した店だった。

ドイツ料理店の暗号や謎解きのメニューも大好きだった夏美。プロポーズも暗号を使ってプロポーズしたのだった。

区役所に婚姻届けを出したのは今から3週間前。

2人は結婚してすぐ、新婚旅行のことで喧嘩に。急に名古屋で特番の仕事が入った直也。新婚旅行は延期となった。

喧嘩したままこの4日間会社から帰れなかった直也。自宅に戻ると、夏美が「帝王は地球に優しい」という謎の言葉を残し、姿を消していた。

 

ゆいかが夏美失踪の原因を2つ考える。

  1. 自分から姿を消した。
  2. 誰かに連れ去られた。

 

夏美と直也のそれぞれの性格。残された暗号の謎。

それらを踏まえながらゆいかが謎を解いていく…。

 

…というお話でした。

 

今回の謎はほっこりした

今回の謎解きはほっこりしました。

夫婦の間で起こる出来事を大きくしてしまうのも、話して終わらせるのも、夫婦それぞれの性格が関係するんだな~と思いました。

容姿や性格に自信のない夫の話でしたけど、他の誰かがどう思っていようとも、自分を選んだ妻の自分への評価は全然違うもんなんですよね~。

いつも淡々と謎解きをして、あまり感情がないような印象を受けるゆいかですけど、前回の女心を見抜くところとか、今回の妻の気持ちを察するところとか、本当によく人の心が分かってる!って感じでした。

謎解きと言うか、カウンセラーになれるんじゃないですか?ゆいかって。

謎を解いてもらった人が、心ほぐされていくのが画面を通して見えるような気がします。

最初は「なんだこのドラマ?」と思ってましたが、いいドラマですよね~。

 

新キャラ登場!

今回冒頭に、新キャラが登場していました。手塚理美さん演じる大仏ホーム会長の鶴岡です。

ゆいかはこの会長案件で大仏ホームに勤めています。

しかも桜井はこの会長の甥。

ただの麗子の同期社員だと思っていた桜井が、会長の甥?

会社経営側の人間だったことに驚きです。

 

そして新キャラの鶴岡。ゆいかのことを聞き出そうとした桜井に「登山の時に素手で熊から守ってくれたから」恩返しでゆいかを雇っていると言ってました。

なんだそら?

いきなり出てきたキャラ・鶴岡をあの有名女優の手塚理美さんが演じている。

手塚理美さんが出てくるだけで何かあるのでは?と身構えてしまいました。

 

いつも出てくるあのキャラが…

いつも合コンの場所に現れて、的外れな謎解きをする鈴木という男。坂口涼太郎さんが演じています。

この男、ただ謎解きに参加してるわけじゃないことが今回分かりました!

あの、ゆいかを診察しているクリニックの女医・白石と情報交換をしていました。

ザワークラフトとかなんとか言ってました。

なんだそら?

 

鈴木はゆいかの行動を写真付きで報告書を白石に渡していて、白石はUSBを鈴木に渡している。

ゆいかの記憶が何か価値あるものみたいです。

ゆいかの謎はどういう方向に向かっていくのでしょうか?

悪の組織の一員?なぜ記憶がない?

ゆいかはその悪の組織から抜け出したとか?

 

色々想像は膨らみますが、出てきたのはこれだけです。

 

会長の登場といい、鈴木・白石の謎の情報交換といい、ゆいかの謎が何か大きいものと予想される前触れが続いています。

一体何が隠されているのでしょうか??

 

先が気になる!!

 

以上、『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』第5話を観た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

全話の感想