テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

にっぽん縦断こころ旅2018秋~福島県2日目、火野正平さんの自転車旅!*ネタバレあります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の「にっぽん縦断こころ旅」2018秋。11月7日放送分は、福島県いわき市の塩屋埼灯台が見える海辺でオープニングでした。

2012年の春にも同じ場所に来て、お手紙を読んだそうです。

www4.nhk.or.jp

 

781日目、福島県2日目はいわき市の旅

お手紙の内容

今回のお手紙は、埼玉県草加市の71歳男性から。こころの風景は、「好間川のつり橋」を背負子を担ぎながら渡った母親の姿。母親の思い出と共に好間川に架かっていたつり橋の風景です。

お手紙の方が、好間第一小学校に通っていた育ちざかりの時、家にいるといつものように背負子(しょいこ)を担いだ母親を追いかけ、好間川のつり橋を渡って、山裾にあった畑の脇から流れて出ていた清水での遊びや、セミの鳴き声など、四季折々の自然の思い出が、古希を過ぎた今でも、いわき市を流れている好間川の自然の恵みを忘れていません。

というお手紙でした。

 

お手紙を読んだあと、正平さんは「つり橋」という言葉に引っかかっていたようでした。高いとこ、橋は苦手ですからねぇ…。

 

みだれ髪の歌碑

出発する前に、美空ひばりさんの「みだれ髪」の歌碑を見ました。近くに美空ひばりさんの写真があって、近くに行くと歌が流れる仕組みの歌碑でした。この歌が流れる碑を見て、私も2012年のこころ旅を思い出しました。

歌碑の歌詞は3番のものでした。「演歌って3番まであるの、多いよな。」と正平さんが言ってました。

 

柿の木とワンコ

約19kmのルートで好間川に流れるつり橋を目指します。いきなり向かい風に悩まされる正平さんたち。BGMも大変な時に流れる曲になっていました。

途中、「一服。」と休憩に入りました。今日はちょっとお疲れ気味の正平さんです。

近くに柿の実がなっていました。ちゃんと手入れがされていたので「これは甘いでしょ。趣味じゃないよ絶対。人の手入ってるよ、随分。」と言う正平さん。

「だって、ここ人の…人んちだと思いますよ。」と言うスタッフさん。正平さんも人の物だと分かって「ごめんやしておくれやっしゃ。」と末成由美さん風(吉本新喜劇)に謝りました。

(許可をいただいて撮影をしたそうです。)

 

キレイに手入れされた土地に、白いワンコが1匹いました。「君んちか。ごめんな、入っちゃって。」と正平さんはワンコに謝ります。ワンコも紐をめいっぱい引っ張った位置で伏せていて、近づいてくる正平さんの方を見ていました。

舌を鳴らして近づいてくる正平さんに、立ち上がってしっぽを振ってくれるワンコ。しかしすぐ逃げます。気になるけど怖がってる感じです。

今度は正平さんがあぐらをかいて座り込んで「はいはいはい!」とワンコを呼びました。それでもワンコはしっぽを下げて怖がっています。

f:id:lovetv:20181107134017j:plain

正平さんとワンコ。こころ旅のHPよりお借りしました。



けれど、徐々にしっぽを振りだして正平さんに近づいてきました。「寄って来方が奥ゆかしいな。」と言う正平さん。ワンコが顔を近づけてきて、正平さんの手がワンコのあご付近にかすり、離すと、ワンコの方から顔を正平さんの手に預けて来てくれました。

もうワンコは正平さんの虜です。正平さんが両手でワンコの顔をなでると、思いっきりワンコは顔を押し付けてきて甘えてきました。

「可愛い顔してるやん。」と言う正平さん。すっかりワンコは正平さんに気を許し、正平さんの膝に背中を向けて寝転がってしまいました。

「こんなになっちゃったよ。」とスタッフさんに言う正平さん。スタッフさんも「安心しきってるんですね。」と言い笑いました。ワンコは、完全に正平さんに体を預けてました。

 

さすが正平さん!確かご自身でもワンコを飼ってますよね!

怖がるワンコに我慢強く近づいて、最後は虜にしてしまいました!

ワンコもいい人かどうか分かるんですね~!いいシーンでした!

 

石焼き麻婆を食べる

いわき駅に近づいてきて、「大好き」と書かれた看板の前を通りました。「大きな大好きやな、これ。」と言いながら通過しました。

そして、「寿々平」という中華料理屋さんでランチする事になりました。

お店の女性は、「正平さんじゃないよね~。」と尋ねます。「よく似てるって言われるんだよ。」と返す正平さん。ちゃんとあとで本人って言ったのかな?

 

正平さんは石焼麻婆を注文。あんかけがあって、湯気が立っててとても熱そうでした。

「うまーい!」と言う正平さん。「熱くない。」と言ってましたけど、口をすぼめてたので本当は熱かったんだと思います。卵が乗ってて、とても美味しそうでした。

 

 小学校で道を聞く

「とうちゃこ版」ではその先走っていると、両側にお店などの建物がたくさん並ぶ地域に入ってきました。左側に「好間一小」というバス停を見つけた正平さん。続けて「好間第一小学校入口」という案内板も見つけました。

案内板に従って道を曲がると、住宅街に入り道も狭くなってきました。道なりに進むと、小学校らしき建物が見えました。「小学校」と書かれている物がなかったので探していると、小さな建物があり、窓から3人の女性が顔を見せてくれて、歓声があがりました。

「あれ、好間第一小学校だよね?」と正平さんが尋ねると「はい。」とおっしゃったので、この建物は小学校で正解でした。

「本物!朝、テレビで観てます。」と口々に言う女性たち。「この辺につり橋ある?」と正平さんが聞くと3人同時に同じ方向を指さしました。

堤防をずっと行けばある、との事でした。

「教えてくれたから写真撮る。早くおいで。」と正平さんが言うと、3人が急いで出てきました。正平さんはチャリオに乗ったまま、女性3人に囲まれて写真を撮りました。

「つり橋って渡れそう?」正平さんが聞くと「そんなおっかないつり橋じゃないです。」と答える女性たち。「安心だ!」正平さんは言ってつり橋へ向かいました。

 

鮭の産卵を目撃

つり橋に向けて走り出した正平さん。休憩したいと言い出しました。とりあえず川に出てからという事で、女性たちに言われた通りに行くと川に出て、橋に「好間川」と書いてあるのを確認しました。間違いありません。

正平さんはチャリオを降りて、橋の上から川をのぞき込むと、「タムタムいるよ!何が言いたいかって言うと、鮭。」と言います。スタッフの皆さんが疑いながらカメラでのぞき込むと、魚が川底に体当たりしていて、産卵の準備に入っていました。

「鮭だよ!」と今度は確信をもって正平さんが言います。カメラで観察していると、魚が横になって川底の土を舞い上がらせています。スゴイ場面を見ました。

道を歩いている人に正平さんが確認すると、やはり鮭でした。

 

正平さんは興奮していて、橋の上にいる事を少したってから気付いて怖がってました。やっぱり、橋の上は怖いんですね。夢中になって怖さを忘れるなんて、かわいいです。

 

こころの風景

つり橋にとうちゃこ。

女性たちが言うように怖くないつり橋でした。大きくなかったです。木の板もしっかり張ってあるつり橋でした。

 

ちょうど小さい子を連れた女性が来て、つり橋を渡っていきました。途中、お子さんが立ち止まって、2人で川を見ていました。

「いい絵だな。」と言う正平さん。お手紙の方もそう思ったんじゃないでしょうか?私もジーンとしてしまいました。

 

正平さんはつり橋を渡り、対岸に行きました。怖くなかったようです。そして草の生えた土手に座り、「いわきのちょっと外れにこんなところがあるなんて。この川に鮭もいた。」と言う正平さん。

そしてお手紙を読みました。正平さんが「ええとこや。福島県、こういうところもありました、なんかいいな。」とつぶやきました。

 

正平さんの言う通り、とても静かで川の音と鳥が鳴く声が響いているいい所でした。福島県2日目。のどかな風景を見せて頂き、心が安らぎました。

ありがとうございました。

 

 

www.lovetv.site