ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2021春を観た感想*北海道2週目4日目春の旅最終日*能取岬で最高のフィナーレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2021年もBSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

7月5日~7月16日は北海道です。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前日、北海道2週目3日目の旅の感想はこちら↓

 

 

www.lovetv.site

 

 

1018日目、北海道2週目3日目は大空町への旅

7月16日放送分北海道2週目4日目は、網走市の卯原内交通公園でオープニングでした。

 

hokkaido-travel.com

 

能取湖(のとろこ)が見える場所で、海の水が入ってくる汽水湖で、湖の向こうはオホーツク海です。

卯原内交通公園は、かつての湧網線の卯原内(うばらない)駅跡で、かつての車両が置かれていて、湧網線の線路は自転車道に整備されていました。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、茨城県常陸大宮市の69歳男性から。

朝昼晩、土曜日曜のこころ旅を全て見ているお手紙の方。もうあなたなしでは生きていけない体になってしまいました。どないしてくれます。

という所まで読んで「これおっさんやろ。女の子じゃないよな。知るかい!」と、正平さんはまず手紙の冒頭でツッコんでました。

 

こころの風景は、網走市の能取(のとろ)岬です。

十年前の東日本大震災で家族と避難したお手紙の方たちを、心細かろうと市役所の方が連れて行って下さった岬。

おりしも、岬の草原に牛を放牧する初日にあたり、オホーツクの潮風を受け、気持ちよさそうに草を食む牛さんたちに心癒され、北海道での生活のスタートを切ることが出来たそうです。

その後、お父さんが留守の夜は家族でお父さんの枕を代わる代わる抱いて寝ると言われるほど、情の厚い網走の皆さんの、あたたかなご支援を受け、夢のような幸せな生活を送ることが出来、感謝にたえないというお手紙の方。

そしてお世話になった網走の皆さんお一人お一人のお顔を思い浮かべるたびに思い出すのは、あの爽やかな能取岬の景色。

岬に行くのには、国鉄湧網線の廃線跡がサイクリングロードになっているので楽ちんです。

途中にサンゴ草の群落もあり、美しいところです。

 

 …というお手紙でした。

 

出発前に、公園から出っ張ってる見えるところの奥にある能取岬に「行ったろやんけ!」笑って言ってました。

 

サンゴ草まだ緑

約21km先の能取岬を目指して線路跡のサイクリングロードを走り出しました。

途中、サイクリングロードにニャンコがいて、正平さんが気を引きましたが、逃げていきました。

能取湖の看板が出てきて、看板にはサンゴ草の群生地と書かれていましたが、まだ緑でした。

「まだ葉っぱも伸びてない感じですね。」と言うスタッフさんに「秋になると真っ赤になるよね。」と返す正平さん。

 

私、サンゴ草がどんなものが知りませんでした。

調べるとまさに能取湖のサンゴ草の写真が載ったサイトを見つけました。

とても美しいです。↓

能取湖サンゴ草 | 【公式】ひがし北海道トラベルラボ

 

木のトンネルのサイクリングロードを突き進む正平さんたち。

木が風を防いでくれてるらしく「涼しい。」と言ってました。

 

上から目線?

木のトンネルは終わって、両側が畑になって道路に出て左折。

すると次は風が追い風になって背中を押してくれて「楽ちん。」と嬉しそうに走っていました。

 

正平さんは監督に御飯を食べる位置を確認。

2~3キロ先の湖畔で食べると聞いて、そこまでのんびり走ることになりました。

順調に走っていた正平さんに、右側の坂にいた女性2人組が「頑張ってください!」と声をかけてくれました。

正平さんは手を振って「ありがとう!バイバイ!」と返すと女性は「テレビ楽しみにしてます!」と言ってました。

坂の高い位置から話していたせいか「あれ、上から目線って言います。」とふざける正平さん。

※違います。とツッコミに字幕が出てました。

 

またつまらんこと言ってんな~。正平さん。

 

お昼はタラバちらし

左に『能取湖』という看板が出てきて、湖畔に下りられるようになっていました。

湖畔の砂場に下りてご飯休憩です。

なんだかんだで10キロ走ってきたらしいです。

 

車で来ていた男性に「こんにちは!今日は何こっちかい?」と話しかけられ、「んだ。アサリ取りに来た」と答えた正平さん。

男性は潮が引くのを待っているらしく、干潮になったらアサリを採るそうです。

 

正平さんは水際近くまで歩いて行き、アサリの貝殻がたくさん落ちているのを発見してました。

そしてお昼のタラバちらし寿司!!

「お雛様みたい。」と言う正平さん。カニにほぐし身といくら、グリンピースが色鮮やかにちらされてキレイでした。

 

「本当にタラバかな?」と言いながら食べ「タラバだ!美味しいね。」とちゃんとタラバだと確認してました。

 

見た目カワイイ、おいしそうなちらし寿司。美味しそうでした!

羨ましい!!!

 

 

…ここまでが『朝版』です。

 

能取岬が見えてくる

『とうちゃこ版』では、その続きが放送されていました。

能取湖の切れ目のオホーツク海とつながってる部分に着き、そこから先の方を見ると、灯台がある岬が見えました。

そこが能取岬です。

 

寒くて長いトンネル

正平さんは岬を見ながら「ええ景色やな。ええ景色とそこに行くのはちょっと、なんか。遠くから見てええ景色やな。とぶつぶつ言ってます。」と自分で言ってました。

するとトンネルにが出てきて灯台とはしばしのお別れ。

トンネルに入った正平さんは「ひやっこ!」と言い、スタッフさんも「おー寒!」と口々に言ってました。

「急に寒ー!へー。」と驚く正平さん。

トンネルは長く、息が切れてきていったん止まって休憩。上り坂のトンネルのようです。

正平さんは「おーい!」と大きな声を出すとずーっと奥の方までその声が伝わっていき「スゴイ。」と口々につぶやいていました。

次に「やめて!」と叫ぶとこれもやっぱりずーっと奥の方まで伝わっていきました。

「帰りたい!!」と続けて言いましたが、これはあんまり響いていませんでした。

長いのはダメみたいです。「おーい!」と言うと、これは奥の方まで行きました。

最後に「あ!」と言うと、これもまたずーっと奥まで伝わってました。

 

ちょっとこれは遊びたくなるトンネルですね!!

子供だったらずーっと遊んでいたくなりそうです。

でも、寒いんですよね。長時間留まってるのは無理かな??

 

こころの風景

休憩を終えて走り出し、トンネルを抜けると鳥の鳴き声がキレイに聞こえました。

しかし、上り坂は外に出てからも続いて、ハァハァとなって立ち止まって休憩をしてました。

 

休憩を終え走り出し、案内標識の左折方向に能取岬の地名が出てきました。

 

そして次に能取岬2kmも出てきました。

矢印に従って左折すると、下り坂になり、カーブの道になりました。

シカが横切っていったあと、道の先の方にトンネル入る前に見ていた灯台の頭が見えてきました。

 

あともう少し。正平さんの走るスピードも上がり「ヤッホー!」も飛び出てきました。
右側に牧場があるのが見えて「あーこの辺で牛が草食ってたんだな。」とお手紙に書かれていた内容をなぞる正平さん。

オホーツク海が目の前に見えました。

さっきの苦しみどこ行った?」と言ってゴキゲンにオホーツク海に向かう道を下って行きました。

「私今日衣裳合わせたんです。本当なんです。白黒でしょ?私。合わせたんです。」という正平さん。

白いパーカーに白いヘルメット。黒いズボンを履いていました。

そして灯台の色も白と黒。

確か、手紙の内容は事前に知らされないはずですが…。

 

能取岬の灯台前。

正平さんは「とうとうとうちゃこ。チャリオここまで。」と言って、チャリオから降りました。

hokkaido-travel.com

 

いや~。春の旅最後の目的地にとうちゃこしました。

「チャリオ!春終わったご苦労さん。」チャリオから降りる時に正平さんが言ってました。

ここからは歩いて岬を歩きました。

右から斜里岳。海別岳。遠音別岳。羅臼岳が遠くにうっすらと見えました。

正平さんは「ぼやーと幻想的に見せてくれてありがとう!」お礼を言って「これ、多分見えてよかったってくらいだろうな。」とスタッフさんに言うと「ラッキーだと思いますよ。」と返すスタッフさん。

先の方に着くと、断崖絶壁でした。

 

青い海に青い空、牧草の緑、白と黒の灯台。風が草をなびかせていました。

とても素晴らしい景色でした。

 

正平さんは灯台が見えるところでお手紙を読みました。

 

お手紙を読み終わると「ええとこやー!多分滅多に見れない知床半島も見れたし。あの…。上りがちょっときつかったけど。トンネル長かったし寒かったし。でも上がってからの下りが…春の旅フィナーレみたいだった。楽しかったー!ええ。しばらく休みます。失礼します。会えたらいいね、また。」と言って番組を締めていました。

 

あっさり!!

まぁ、秋の旅決まってますしね。

こんな素晴らしい景色の前では言葉はそんなにいらないってところかな?

あと、正平さんなんだかんだで疲れたんじゃないですか??

頑張って走り切ってくれて、最後に素晴らしい景色を見せてくれました。

ありがとうございました。

春の旅にふさわしい素敵な終わり方でした。

正平さんがオホーツク海に向かって下っていったシーンは涙が出ました。

あんまりにいい景色過ぎて。

 

秋の旅までしばらくお別れです。

また秋の旅で会えるのを待ってます。

オリンピックはさみますが、みなさんどうかご健康で。

元気に番組を見られますよう気をつけていきたいと思います。

 

正平さん、スタッフの皆さん、チャリオ君。ありがとうございました。

 

 

www.lovetv.site

 

www.lovetv.site