ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

私たちはどうかしている 第6話を見た感想とネタバレあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週水曜夜10時日本テレビ系列のドラマ『私たちはどうかしている』。9月16日に第6話が放送されました。

www.ntv.co.jp

前回第5話の感想はこちら。↓

 

 

www.lovetv.site

 

 

 

  

登場人物

  • 花岡七桜:浜辺美波さん…15年前、老舗和菓子店・光月庵で働いていた菓子職人の母・百合子と共に光月庵で暮らしていた。光月庵の主人・高月樹が殺された殺人事件で、樹の息子・椿が殺人現場で百合子を見たと証言したことから百合子が逮捕され、児童養護施設で育つ。母から教わった菓子作りを続け、菓子職人として働く。椿と思わぬところで再会。椿からの突然のプロポーズを受け光月庵に入り、真実を見つけ出そうと考えている。光月庵で椿が不遇の立場に置かれていると知り、一生懸命跡を継ごうと努力してる姿に惹かれ結ばれ子供を宿す。かつて光月庵で暮らしていた部屋で母が自分に宛てた手紙の中に、自分が母と樹の子と知り、椿は樹の子でないことを知って一度は光月庵を出たが、樹の事件の真相を確かめるために再び光月庵に戻る。
  • 高月椿:横浜流星さん…光月庵の跡取り息子。かつて光月庵に母と住み込んでいた七桜を"さくら"と呼び仲良くしていた。しかし父・樹が殺された事件で「さくらのお母さん」を見たと証言。15年後、菓子作り対決で争った七桜に突然プロポーズ。宗寿郎から母の不貞の子と蔑まれ、跡を継がせないと言われている。七桜が昔光月庵にいた"さくら"と気づかず惹かれ始め、結ばれる。栞から七桜が人殺しの娘と噂されていると聞かされてもまだ七桜を信じようとしていた。
  • 大倉百合子:中村ゆりさん…七桜の母。菓子職人として光月庵で働いていた時に当主が殺され、当主の息子の椿の証言で容疑者として逮捕される。警察で事情聴取を受けてる途中で急死。「私はなにもやってない。」と書かれた手紙を七桜が二十歳を過ぎた頃に渡すようお願いしていた。
  • 高月樹:鈴木伸之さん…光月庵先代当主。茶室で殺されていたところを発見される。その際そばに血が付いた包丁と顔に血が付いた息子・椿が立っていた。
  • 高月今日子:観月ありささん…椿の母。光月庵の女将。一人息子の椿が立派に光月庵を継ぐ事に力を注いでいる。七桜の素性を調べて追い込む。七桜の母と名乗る夕子が現れ追及をやめたが諦めていない様子。宗寿郎が椿ではなく"さくら"に光月庵を継がせるとする遺言書を書いていると知り、怒りを露にした。
  • 高月宗寿郎:佐野史郎さん…椿の祖父で光月庵の大旦那。息子の樹が亡くなってから病気がち。椿に厳しいのは椿が今日子の不貞の子だと思っているから。息子が亡くなった現場で七桜の母を見たという証言が嘘と知り、その日から椿を孫と思っていない。椿から息子・樹の話を聞いて少し心変わりし、これまで拒否していた椿が作ったお菓子を食べた。"さくら"こそ樹の本当の子と確信し、行方を捜すよう椿に依頼している。
  • 城島裕介:高杉真宙さん…光月庵の見習い職人。実家の和菓子屋を継ぐための修行として光月庵に入っている。七桜と仲良く会話をするので、椿が嫉妬心を見せたことがある。椿を疎ましく思い、今日子に協力して椿を追い込む行動を裏で画策する。実家の和菓子屋のわらび餅を七桜が再現し復活させ光月庵の菓子として百貨店の催事に出したところ評判を呼ぶ。それまで投げやりだった修業態度が変わる。
  • 富岡勝:岡部たかしさん…光月庵に来て10年の職人。職人歴30年のベテラン。今日子に取り入って光月庵を乗っ取ろうと考えてる野心家。
  • 山口耕一:和田聰宏さん…光月庵で一番長く働く職人。寡黙。
  • 杉田綾人:草野大成さん…光月庵の見習い職人。
  • 安部大吾:前原滉さん…光月庵の見習い職人。
  • 長谷栞:岸井ゆきのさん…旅館「長谷屋」の娘。椿の婚約者だった。椿との結婚式に突然現れた七桜に戸惑っていた。まだ椿を思っている様子。見合いの席で七桜が人殺しの娘という噂を聞いて動揺。椿と今日子にその噂を聞かせる。
  • 多喜川薫:山崎育三郎さん…七桜に母の手紙を持ってきてくれた謎の男。呉服屋の「白藤屋」に菓子職人として七桜をすすめていた。「ゆうこ」の女将に七桜の母親のフリをするよう頼む。大地主で、手広く事業をしている。七桜の母・百合子の作るお菓子のファンで、七桜がお菓子を作り続けるなら見守ると言う。
  • 宮部夕子:須藤理彩さん…小料理屋「ゆうこ」の女将。多喜川に頼まれ「光月庵」に出向き七桜の母親のフリをする。

 

第6話のあらすじ

大旦那が開く"夕ざりの茶事"が始まった。茶会には多喜川と栞も招かれていた。

客の中には栞と椿の結婚式をぶち壊した七桜への非難の声を上げる人もあったが、大旦那がそれを一蹴した。

お客様たちに庭に出てもらい、夕方の風を感じながら茶会までの時間を過ごしてもらっている時間。

今日子は大旦那・宗寿郎の部屋に忍び込み、光月庵を相続するのは樹の本当の子供だとする遺言書をさがしていた。

そこへ宗寿郎が入ってきて今日子を非難。

今日子は宗寿郎に見初められ樹に嫁いできて、樹に愛されて光月庵を守っていこうと思っていたのに、実際は樹に一度も触れられることなく寂しい日々を送ったと言い、宗寿郎に恨みをぶつけ、宗寿郎が持っていた遺言書と書かれた封筒を奪った。

宗寿郎は机の角の頭をぶつけてそのまま意識不明に。持っていたろうそくが畳の上に落ちた。

今日子は宗寿郎を助けることもなく遺言書を持って部屋の外へ逃げて行った。

厨房では皆で茶会の準備に追われていた。

七桜は、茶室のろうそくを見てくると言ってひとりで茶室へ。しかし宗寿郎はおらず、1年に一度だけ開かれるという樹の部屋に忍び込んだ。

樹の部屋では今日子が着物を虫干しをしていた。七桜は樹の部屋を見て、事件当時今日子を見たことを思い出す。

今日子が樹を殺したと思った七桜は、自分が今日子を見たと証言すると詰め寄り、自分が"さくら"だと打ち明けた。

今日子はやっと言ってくれたと笑い飛ばし、後ろで話を聞いていた椿は驚いた表情を見せた。

七桜は母の無実を証明するために光月庵に来たことを椿に明かし、椿は騙されていたことにショックを受けた。

 

そこへ母屋が火事だという知らせが入り、椿は行方不明になっている宗寿郎をさがしに行く前に、七桜に家事に巻き込まれないよう逃げろと言う。

椿へ弁解をしたい七桜は「ここで椿を待ってる。」と背中越しに伝えた。

茶会のお客様たちに避難を誘導した城島が、七桜をさがしに樹の部屋に入ってくると、七桜は急にお腹に痛みを覚えうずくまってしまう。

そこへ多喜川が現れ、七桜を抱きかかえ部屋から連れ出した。

 

f:id:lovetv:20200917110817j:plain

2日後。病院で目覚めた七桜。

流産してしまったと知り、天罰だと自分を責めて泣く七桜を夕子が抱きしめ「誰のせいでもない。」と慰めた。

重要文化財でもある光月庵の火事はテレビでも報道され、病室で若旦那の椿が後継者に引き継がれるお菓子の道具を火事の中持ち出したと知る七桜。

樹を殺した真犯人を追い詰めることも出来ず、椿も裏切り子供も失った七桜は、光月庵に戻らず、ただお菓子を作り続けたいという願いを多喜川に語り、その後行方をくらました。

 

椿は火事の後10日間意識を失い、目覚めた。

椿は宗寿郎を助けようとして廊下で意識を失い倒れていたところを、駆け付けた栞にやけどを負いながらも倒れた柱から守ってもらっていた。

宗寿郎は意識不明のままだった。

椿は七桜への感情が愛なのか憎しみなのか分からないまま行方を捜した。

3か月後。宗寿郎にお見舞いに来た七桜を追いかけて見失った。

 

栞は、椿に自分が好きな赤い着物が似合うと褒められたことで、何のとりえもないと親に言われ続け、親に従っていた生き方を変える決意をする。

お見合い話を断り家出して、椿に光月庵で雇って欲しいと懇願。光月庵で働くことになった。

 

光月庵は、椿が宗寿郎に代わり当主代行で店を仕切っていた。

一般の人にお菓子作り教室を開くなど、新しいことをする椿。

 

3年後。

椿は忙しくなって店に出すお菓子を作らなくなっていた。

栞は笑顔で店に出て楽しく接客をしていた。栞目当てでお客さんが来るくらいにまでなり、光月庵の看板娘として立派に働いていた。

そんな栞と椿をくっつけようと、今日子が練り香水を栞の首筋に塗って椿を攻めるようささやきかける。

その気になった栞は椿の部屋に行くも、城島が来て失敗。

城島は借金を返しに椿に会いに来ていた。

椿は城島の得意な鮮やかな色を褒め、メインのお菓子を任せると言って城島を喜ばせた。

城島はふと「そういえば七桜さんは淡い色だったな。」とつぶやく。

椿は火事の日、七桜よりも店を選んだと言い、静かな町の小さな店で自由にお菓子を作っている七桜の笑顔が思い浮かぶと言う。

七桜はきっと前を向いていると笑顔で語った。

 

後日。

椿は山口と一緒に会いに行ったお得意さんから、別の店に決まったと告げられる。

 

光月庵からお客さんを奪った店とはーー??

七桜は椿が思うような生き方をしているのかーーー??

 

というお話でした。

 

真犯人は誰?

七桜が自分が”さくら”だと今日子に明かして「罪を押し付けて!旦那様を刺したのもあなたですか?」と責めて、今日子は「何の根拠もない。」と言い返していました。

助け出されあとで七桜が、真犯人は今日子だと決めつけて追及できなかったと心で母親に謝ってましたけど、本当に今日子が犯人なんでしょうか?

かくいう私も初回から今日子が犯人だと思ってました。

しかし前回、今日子が栞に一途に誰かを思ってる人を思う辛さみたいなのを語ったり、今回樹の着物を抱きしめたりしてる姿を見て、あれ?違うぞと思いました。

前回の感想で私は、得意げに嫉妬から今日子が百合子を刺そうとして、樹がかばって刺されてしまったのだと予想していました。

けど、今回の回想シーンで百合子もなかなか強者だった様子が映ってました。

百合子が今日子に「樹さんを返してください!」と言って責めるシーンが出てて、あれ?耐える女のイメージがあったのに、全然そんな感じでもなかったです。

 

このシーンを見て今日子も被害者なんじゃないか?って思うようになりました。

しかも宗寿郎も自分が樹の嫁だと今日子を選んでおいて、今じゃ毛嫌いするとか失礼過ぎる様子も見えてきたし。

 

なんだか様子が変わってきました!!

今日子が真犯人じゃないなら、誰が本当の犯人?

事件現場にいたのは椿です。

え?椿?

小さな子供にあんな大きな大人を殺す力なんてないでしょう…。

でも何かの拍子で倒れこんで力が加われば深く刺しこむ可能性がないとも言えない。

ええーー??まさか!

 

他に考えられるのは、やっぱり百合子ってことになるけど、今日子も椿も樹の部屋に百合子が入っているのを見かけてますしね。

これが百合子だとなると話がもうめちゃくちゃになりますねぇ…。

百合子は違うかな。

真犯人予想は振り出しに戻りました。

 

栞は見た!?

今回、栞さんが椿を助けた後に何かを目撃して驚いている様子がチラッと最後に移ってました。

樹の部屋の廊下で何を見たのか?

誰かを見たのかな?

 

栞さんは光月庵で働いて、前の栞さんとは別人のように生き生きしてました。

そんな栞さんが店の秘密を目撃している!

この人が光月庵に入って来たのは、単に自分を変えるという前向きな話だけじゃない気がする。

もちろん椿をどうにかなりたいという野心もあるだろうけど、それだけじゃないと思います!

栞さんが今日子みたいに鬼のような女にならないように願いたいです。

このままじゃ七桜の事を諦めた椿がクラっと栞に行きそうですしね…。

 

とにかく、栞が光月庵で働くなんて予想すらしてなかったんでビックリしました。

 

七桜の決断にびっくり

お母さんの無実を証明する!って頑張って光月庵にいたのに、火事で出ていくことを決断した七桜。

これまでも出ていこうと思わせる出来事があっても出て行かなかったのに、今回はさすがに椿への罪悪感と子供への後悔で去ることになりましたね。

これはもう仕方ない!

精神的にしんどいと体もなかなか元に戻らないし、これは引きずると思います。

 

ボロボロになって光月庵を出た七桜。

これまでは泣き顔ばかりでしんどいドラマだなって思ってたんですが、3年後の強い目つきに変わっていたのはよかったですね~~!!

私はこの七桜の表情を光月庵に入って今日子にイジメられる時から見たかったです!!

 

真実を確かめるためだと言って結婚式をぶち壊す大胆さがあるのに、今日子が赤い口紅してたり赤いお菓子を見るだけで涙目になったり、イジメられて泣いたり、なんだかバランスの悪い子だと思ってました。

そんな強気なのに、なんですぐ泣くの?って思ってました。

これからがやっと本当の復讐になりそうですね!!

 

前回が終わった時点では子供もいたし、椿と1つずつ解決して後継者問題も二人で光月庵継ごう!!とか言って明るい道に向かっていくんだと思ってました。

まさかこんな展開になるとは思いもよりませんでした。

 

栞さんとの戦いに期待

栞さんが店に入って来たのが一番驚きました。

全然この人椿のこと諦めてないやん!!

この人はヤバいですよ!!

家を捨ててきてますからね~。

対する七桜も、親はもういないですし愛していた人も子供も失ったし、何も怖いものがない状態ですから、今の七桜も強いですよ!!

 

椿はといえば、最初は”さくら”への憎しみが前に出ててコワイ感じでしたが、今の椿は当主代行になって守るものが出来て、一番弱くなったように感じます。

栞さんと七桜、どっちも強いのが面白いです!

 

七桜の味方は?

城島はもうすっかり光月庵に漬かってるし、今更七桜に付くってことも望めなさそう。

多喜川は地主さんで単純に七桜のお母さんを追い求めてるだけだから、そんな強くなさそう。

夕子さんはもう母じゃないとバレてるから、七桜の話相手になる程度かもしれない。

 

今の光月庵を消そうとしてる七桜の味方になってくれる強い人は誰でしょうか?

 

思ってもみなかった展開に戸惑いましたが、これはこれでめちゃくちゃ面白い!!

七桜は一体光月庵をどうしようと思ってるのか?

七桜が光月庵を潰しにかかって、椿と栞がそれを阻止しに動く…って展開でしょうか?

光月庵の敵となって現れる七桜に対抗して、椿と栞二人に立ち向かってこられたら、七桜は切ないだろうなぁ…。

想像が膨らみます!

 

続きが早く見たいです!!!

 

 

以上、『私たちはどうかしている』第6話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

全話の感想

全話の感想はこちら。↓

https://www.lovetv.site/entry/watadoka-kansou1#%E5%85%A8%E8%A9%B1%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%B3

 

ドラマの動画配信をお探しの方はこちら。↓