ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

#リモラブ~普通の恋は邪道~ 第6話のネタバレあり感想 私が草モチです!パニックになった青林に美々はーー?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週水曜夜10時から日本テレビ系列で放送中のドラマ『#リモラブ~普通の恋は邪道~』。

11月18日に第6話が放送されました。

www.ntv.co.jp

第5話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

おもな登場人物

  • 大桜美々:波瑠さん…鐘木パルプコーポレーションの健康管理室勤務の産業医。忖度せず厳格でドS。「健康管理室の独裁者」と呼ばれる。学生時代に食べ物に例えられて振られた経験から、その後出会った男性たちを食べ物に例えて理想の男性じゃないと決めつけ振り続けて今に至る。八木原や青林のことを陰で回転寿司、とんかつに添えられたキャベツと例えて蔑んでいたが、二人とも彼女持ちと知って憤慨する。自粛期間中にオンラインゲームで知り合った、アカウント名「檸檬」さんに会いたいと思い、勝手に色々推測。八木原を檸檬さんだと勘違いする。檸檬と嘘をついてきた五文字と付き合ったこともあったが、あとで青林が本物の檸檬と分かり、惹かれていく。

<<健康管理室>>

  • 富近ゆり:江口のりこさん…週2~3日勤務でアルバイトする精神科の嘱託医。大学病院で研究職だけでは生きて行けないと産業医もしている。
  • 八木原大輝:高橋優斗さん(HiHiJets)…新人看護師。栞の彼氏。普通の若者。美々に陰で”回転寿司”と例えられてる。
  • 深杉明彦:今井隆文さん…週2の嘱託医。内科医。美々から尊敬、信頼されている。美々の例えは”海苔の佃煮”。
  • 駒寺夏樹:ついひじ杏奈さん…看護師。2次元オタク。

<<営業部>>

  • 岬恒雄:渡辺大さん…出来る営業マン。独身で親きょうだいと同居中の大家族。美々としょっちゅうぶつかる。コロナでテレワークを命じられたが大家族の家では仕事が出来ないと勝手に出社し、美々に帰宅を命じられる。美々の例えは”豚骨ラーメン”。
  • 我孫子沙織:川栄李奈さん…営業部社員。人事部の青林と付き合ってたが4話で別れた。

<<人事部>>

  • 青林風一:松下洸平さん…人事部主任。見た目はいいがセンスがない。田舎育ちで心優しく、人の悩みに寄り添いすぎるところがある。我孫子と付き合ってたが、我孫子にセフレがいるのが理解できず別れた。美々の例えは”とんかつに添えられてるきゃべつ”。
  • 五文字順太郎:間宮祥太朗さん…人事部社員。地頭がよさを見抜いた青林から強く推され入社。コロナがきっかけで在宅勤務の楽しさに気づく。美々の例えは”ビーフジャーキー”。
  • 朝鳴肇:及川光博さん…人事部部長。明るくラテンの昭和おじさん。美々の例えは”脂身の多いトンカツ”。

ーー

  • 朝鳴保:佐久間玲駆さん(ジャニーズJr.)…朝鳴の息子。小学5年生。

<<居酒屋 おと>>

  • 乙牧栞:福地桃子さん…居酒屋 おとの一人娘。店を手伝っている。コロナの自粛宣言で経営不振。八木原とバカップル。
  • 乙牧ひろ吉:西堀亮さん(マシンガンズ)…栞の父。居酒屋「おと」を経営。10年前に妻が亡くなり、栞と二人で店を切り盛りしている。コロナ感染予防で一時休業。経営が苦しくなってる。美々の例えは"コンニャクの甘辛煮"。

 

健康管理室一丸

八木原くんが富近先生に、檸檬が青林だったことを伝えて、それを深杉先生と駒寺さんが一緒に聞いてしまい、みんなで美々と青林がうまくいくように動き出してました。

こんな状況、あり得ないですよねー!?

皆に自分の好きな人がバレてるなんて、なんて恥ずかしい!!

でもまぁ、分かりやすい人ならこういう状況もあるか…。

美々先生が、自分から告白するなんてありえない。うまくいくようになんとかしてあげなければ!ってみんなが一丸になってるのが面白かったです。

美々先生って、他の部署ではものすごく嫌われてるのに、同じ部署というか健康管理室の中では愛されてるんですね!

皆に好きな人がもし知られたとしたら、邪魔してやろうとか、笑いものにしてやろうとかする動きもありそうなのに…。

まぁ、イジってる側面も無きにしも非ずな部分があって、みんなで面白がってるのもあるけど、根底は優しさが流れます!!

いい職場です!

 

身バレも遠回し

八木原くんに、自分じゃ"草モチ”と名乗り出られないだろうと心配された美々。

でもちゃんとSNSで告白したというから、スゴイなあのプライドの塊のような美々が、SNSであるにしろ、よく言ったなと思ってました。

けど、その身バレの仕方が「おばあちゃんじゃありません」「28歳の働く女性です」「産業医をやっています」ってそれが身バレ!!

青林のような鈍感な人でも、そりゃあ気づくような文章の羅列ですけど、でもなんで正直にまっすぐに名前を名乗れないの?

何で遠回し??

ホンット、めんどくさい女です。

それで照れまくって、相手もいいと思ってくれるはずって思ってるんだから、ズレてるっていうか…。

美々がどんな人が分かってて、それをやるなら相手も分かってくれると思うんですけど、分からない人に全力で遠回しな表現してもなぁ…。

伝わらんかもしれないって怖さはないのかな?

 

でもまぁ、それがこの美々先生の面白さであるんですけどねーー!!

テレビにツッコミながら笑わせてもらいました。

 

青林逃げる

目の前に美々がいるのに、その事実が信じられなくて直接話さずSNSでやり取りして、美々から本名"大桜美々"を引き出した青林。

本当なら喜んでやり取りするはずなのに、怯えてイタズラとかなりすましとか冗談だと疑ってるシーンは笑いました。

そんなに草モチが美々って受け入れたくない事なんでしょうか?

よっぽどリアルな世界の美々先生の事嫌ってたんでしょうか?

 

美々がしびれ切らして「私が草モチです。」と生の声で告白。

めちゃくちゃ怯えて逃げていく青林。

これには爆笑しました。

そんなに草モチが美々だと嫌かい!!

美々は「そんなに喜んでくれるなんて!」とか勘違いしてるし。

美々ってものすごい前向きな人ですよね。

思いっきり逃げられてるのに…。

まぁ、そのズレてるところが面白いところなんですけどね!!

 

そしてそして!

五文字くんの協力もあり、生檸檬こと青林と、生草モチこと美々が直接話すことに。

檸檬は美々が草モチだと分かったばかりで頭の中がパニック状態。

美々はちょっと前に知って、檸檬と青林が頭の中でイコールにする時間があって、もうSNSでやり取りするには「気持ちがこぼれちゃった」状態に持って行ってましたが、青林は今知った状態。

これは青林と気持ちのバランスのズレが出てもしょうがないですよ!!

すぐに『草モチ』だって名乗ってりゃあなー!素直じゃないのはダメだな!

自分は気持ち整理しといて、青林にはすぐに受け入れろなんて、酷な話です。

 

青林の「ホントすいません!美々先生のことはよく分かりません。」って言葉、正直な気持ちだと思います。

草モチさんのことは好きでも、急に美々まで受け入れろってのはね…。

青林がかわいそうだなと思いました。

 

美々の素敵な言葉

青林がSNSの方がやり取りしやすいんじゃないか?ってスマホとりだした時に、美々が言った「もう、そこから気持ちがこぼれちゃったんで。」って言葉。よかったですね!

こぼれる」って言葉。

SNSで育んだ気持ちだったけど、もうスマホの中だけに押さえ込むことが出来ないのがうまく表現されてます!

もうスマホから飛び出して現実世界に入って来てるんですよね、気持ちが動いた時点で。

いやー、美々自身は淡々と話してましたけど、なかなかロマンティックな言葉を並べてたと思います。

気がついたらいつの間にか、いつからか一日1回は必ず思うことがあるんです。朝起きて思う日もあれば、仕事が終わって帰り支度をしてる時とか、誰もいない玄関のカギを開ける瞬間とか、寝る前とか。一日に1回は必ず思うんです。好きだなぁって。

これまでの素直じゃない美々とは大違いで、本当に正直に気持ちを伝えたと思います。

でも、青林には早かったみたい。

仕方ないですよ。早く草モチだと名乗らなかったから。

素敵な言葉で告白しても、物事ってやっぱりタイミングだから。

すぐには青林には無理ですよ。

 

いい言葉言ったのにな!

ここは、美々がちょっとかわいそうに思いました。

 

富近先生と朝鳴部長も…

朝鳴部長の元奥さんと高校の友達だった富近先生。

朝鳴部長とは、ゆりっぺ、はじめちゃんと呼び合う仲。

元奥さんはもう既に恋人がいて、もしかしたら保君もとられてしまうかもしれない。

そんな状況の中で、富近先生が「好きになりそう。」と朝鳴部長にそれとなしに告白!

これには驚きました。

仲良しなのは知ってましたけど、友達の夫だった人だし、そんなまさかスッと入り込むような告白するとは思いませんでした!!

朝鳴部長は、保君がいる前提で家庭のことを考えてる感じだし。

うまくいくのかな?

富近先生は、保君も含めて朝鳴部長が好きみたいだから、うまくいって欲しいな。

話に出てくるだけで、全然元奥さん出てこないし!

元奥さんに対する感情移入はないな!

 

語学堪能青林

八木原・栞のバカップルが、美々に良かれと思って、青林の情報を秘書課から仕入れていました。

10年前入社したばかりの青林は、イケメンともてはやされ、色んな部署を転々としたがどこも長く続かず、朝鳴部長が拾ったという話。

仕事が出来ないから、人事部に来たってことになってましたが、そのイメージは覆ります。

営業先に配るカレンダーを廃止しようとしたことで、多くの海外の支社の人たちが、会社が危うくなったのでは?と、健康管理室の心の相談に電話が殺到。

英語が通じず、ベトナム、ヒンドゥー、ジャワなど、色んな国の言葉に対応できたのがなんと!青林。

青林は語学が堪能なだけでなく、人の話を何時間でも聞いてあげる優しい人だと分かります。

五文字くんから、青林の人柄の話を聞いた美々は、これまでのSNSのやり取りでも自分が癒されてきたことを思い返します。

このシーン。

フラれたと思っていた青林を、美々が改めて見つめなおすというか、惚れ直す時間に見えて、素敵なシーンだなと思いました。

やっぱり檸檬は青林!!

確信するシーンだったと思います。

 

SNSと現実がつながる

海外の人たちの悩みをじっくり聞いてあげていた青林を、終わるまで美々が待っていました。

そして二人でラーメンの屋台を食べに行くことに。

二人は以前、SNSで「草モチさんのラーメンに胡椒をいっぱいかけてあげます。」と約束していたのを実現しようとしたのです。

ちゃんと覚えていた青林に、喜ぶ美々だったんですけど、ふりかけた途端につまようじがドバッ!!

二人は仲良くつまようじを取り除いていました。

いいシーンだったな。

SNSだけの世界ってないのかも。ちゃんと現実の世界とつながってる。

そう思う瞬間でした。

f:id:lovetv:20201119101940j:plain



モヤモヤの原因と告白

食事を終えて帰る時。

電車の時間を心配した美々に、青林が「大丈夫。あると思います。」と答えたことで、美々は青林に対してずっと抱えていたモヤモヤの原因を知ります。

初回に美々がコロナで世界が変わって、人との接触を控えるのが当然だ。命より大事なものがあるのか?と言った時、青林は「どれだけ世界が変わっても、変わらないものってあると思います。」と言ったこと。

「命より大事なものがあると思います。」と言った青林。

美々は「あなたの命より大事なものになりたい。好きです。栗きんとんでも草モチでもなく、私とお付き合いしてください。」と告白。

けど青林は付き合ったらどうしたいこうしたい、結婚するなら…。と長々と話し始めます。

イライラした美々は、青林を壁ドン!

「ぐちゃぐちゃ言ってないで!どうなの?はっきり言ってよ。」と迫る。

青林は「好きです。」と答えてました!!

しかもソフトに壁ドン返しして「好きに決まってるじゃないですか。」ですってーー!!

 

なんだよ!両想いかよ!!

健康管理室の人たちじゃないですけど、一緒になって言いたい!!

何だよ!世話かけやがって!!って感じです。

 

でも、ずっと青林にモヤモヤしてたのは、命より大事なものがあるって話に引っかかってたからかぁ…。

あの時は青林には、我孫子さんって彼女がいて、その子に会いに行くって言ってたんですよね、青林!

それに嫉妬してたのか。

ってことは最初から青林が好きだったんじゃないか?!

ホント、富近先生の言葉じゃないけど「なんだ、随分遠回りしちゃったね。」ですよ!!

 

でもよかった!

とりあえず、二人とも素直になって。

我孫子さんが、2人なら茶飲み友達も納得。合ってるって言ってたし。

さぁ、そんな二人の恋はやっと始まりました。

どうなるのかな?

 

面白くなってきました!!!

 

以上、『#リモラブ~普通の恋は邪道~』第6話を見た感想でした。

 

『#リモラブ』はhuluで配信されてます。↓