ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

真夏の少年~19452020 第7話の感想とあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週金曜夜11時15分からテレビ朝日系列で放送中ドラマ『真夏の少年~19452020』。

令和に生きる現代の高校生と、昭和20年の大宮島(今のグアム島)の戦地からタイムスリップしてきた軍人のひと夏の物語です。

令和の高校生の主要キャストは、ジャニーズJr.の美 少年のメンバーの皆さん。タイムスリップしてきた軍人役は博多華丸さんです。

 

9月11日に第7話が放送されました。 

www.tv-asahi.co.jp

 

 

第6話の感想はこちら。↓ 

 

 

www.lovetv.site

 

 

 

登場人物

  • 瀬名悟:佐藤龍我さん…関東近郊にある富室町の富室高校2年B組。格好はヤンキーなのに中身はダサい『見掛け倒しトリオ』の1人。金髪。同じクラスの財前が自殺を図ったのは原因が悟がカツアゲしたから。と言われ、弁解の余地なく無期限停学となる。しかし怒りも湧かず言われるがまま秘密基地で竜二と篤といたところ、雷が落ちタイムスリップしてきた三平と会う。
  • 風間竜二:岩崎大昇さん…悟と同じクラスの『見かけ倒しトリオ』の1人。リーゼントスタイル。見かけはヤンキーだが素直な少年。お調子者でお人好し。由真に片思い。
  • 春日篤:浮所飛貴さん…『見掛け倒しトリオ』の1人。他の2人と違って、ちょっと髪を染めてる程度でそこまでのヤンキーの格好ではない。三平がタイムスリップしてきた時に、歴史の教科書を読ませて、昭和から平成、令和と時間が流れていたことを説明した。父の再婚相手のマリアに反発していたが、彩香のおかげでマリアの出産の手助けができた。家族との関係も雪解け。
  • 山田明彦:藤井直樹さん…悟のクラスメイト。二卵性双生児山田兄弟の兄。町の権力者で学校の理事長でもある山田ゲルハルト節子の息子。化学オタク。
  • 山田和彦:金指一世さん…悟のクラスメイト。二卵性双生児・明彦の弟。漫画オタク。漫画家の三平と意気投合。一番仲良くなる。三平の娘を探し出して、花火大会の日に会わせてあげようと提案する。
  • 柴山道史:那須雄登さん…悟のクラスメイト。生徒会長。優等生。母が授業中に教室にやって来ても何も言えない。
  • 財前康隆:林蓮音さん…学校の隣のビルから飛び降りた悟のクラスメイト。
  • 小泉明菜:箭内夢菜さん…悟のクラスメイト。放送部員。よく調べもせず財前が飛び降りた場所を撮影したと言って違う場所を撮影したり、東村と近藤が悟を追い込んでいるところを勝手に動画を撮って配信したりしている。財前が転落した場所からドローンを拾い中のデータを見ようと放送室に置いていたが、何者かに盗まれる。
  • 牟呂由真:今泉佑唯さん…あざとくてかわいいと言われているクラスメートの女子。竜二がひそかに思いを寄せている。放送部の明菜のプロデュースで配信したアザカワしぐさの動画が学校中で人気となり、推薦枠が1つしかないイギリス留学の審査に有利になるのでは?と考えている。留学したい目的は別にあって…。
  • 高橋仁:松尾龍さん…放送部の主に撮影担当。
  • 山名彩香:松風理咲さん…篤が転校してた日に一目ぼれしたクラスメイト。一人暮らしの篤の部屋に勝手に入り込み家事などをしてグイグイ押してくる女子。篤は当初ウザがっていたが…。
  • 伊藤沙織:日比美思さん…自分で作詞作曲して路上で披露しているクラスメート。財前をテーマにした曲も作っていて、怪我で歩けないはずの財前も見に来ていた。第5話ではプロデューサー気取りの東村によって、祭りの日に曲を披露するとゲルハルトに約束を取り付けられて曲作りに悩む。悟に片思いしてる。
  • 堀田未来:間島和奏さん…母子家庭で家事とバイト、学業、兄弟の世話などをこなす苦労人と言われるクラスメート。三平と知り合い、兄弟共々秘密基地へきて一緒に食事をした。

 

  • 山田ゲルハルト節子長谷川京子さん…富室高校の理事長で山田コンツェルン代表取締役社長。町の権力者。山田兄弟の母。次期富室町長となろうとしてる。財前の自殺騒動を知り、東村らに原因を調べるよう厳命した。中止になった花火大会を復活させようとしている。
  • 柚木原健太:西村元貴さん…ゲルハルトの秘書。
  • 東村秀太郎:神保悟志さん…現代文講師で2-Bの担任。ゲルハルトからの圧力から早く逃れるために、悟が財前にカツアゲをしたせいで飛び降りたと一方的に認めさせ、悟を無期限停学に追い込む。
  • 近藤誠二:片桐仁さん…2年学年主任。英語教師。東村と一緒に、悟を財前にカツアゲしたと追い込み無期限停学にした。
  • 里中真智恵:皆本麻帆さん…日本史教師。
  • 佐山尚子:福岡みなみさん…保健教師。
  • 綾瀬サクラ:長井短さん…購買部店員。
  • 柴山奈津子:水野美紀さん…柴山道史の母。悟がカツアゲして同級生を自殺に追い込んだと知ると学校の教室まで入ってきて、仲間の竜二と篤に自分の息子と付き合わないよにドヤしてきた。モンスターペアレントと思われたが、実は夫がほとんど帰ってこない家庭を一人で守る孤独な母親だった。今は道史と共に秘密基地に現れ、他の子の世話もしている。
  • 瀬名優:望月歩さん…悟の兄。天才肌。突然格言めいたことをつぶやく。ツブラというおばあちゃんと友達。
  • ツブラ:草村礼子さん…富室町に住むおばあちゃん。父親と離れて暮らす友達の由真に、戦死した父と自分を重ね合わせる。優とも友達。

 

  • 三平三平(みひらさんぺい):博多華丸さん…昭和20年大宮島(グアム島)の戦地からタイムスリップしてきた軍人。富室町出身。昭和19年夏。部隊が破れ大宮島がアメリカ軍のものとなり、それから1年残った数名と洞窟に潜伏して反撃の機会を伺っていたが、南国でしか見られない珍しいチョウを追いかけるうち、足を滑らし谷に落ちる。雨しのぎに入った小屋で雷が落ち、現代へタイムスリップしてきた。スーパーに連れて行ってもらうのを条件に、この夏悟たちと一緒にいることになった。第2話で漫画家だったことが分かる。サクラに誘われて富室高校の購買部でバイトをしている。みるみるうちに戦争直後から現在までの文化を吸収。

 

第7話のあらすじ 

秘密基地で明菜たち放送部の取材を受けた三平さん。明菜が不用意に銃を持ったことでもみ合いとなり、誤射された。

さらに放送部がその動画をアップしてしまい、それが原因で三平さんは警察に連行されてしまった。

三平さん逮捕の噂は学校内に留まらず町内を駆け巡り、ショッピングモールの開発会社のスパイなのでは?とまで言われてしまう。

篤と竜二は、三平さんを助けたい一心で放送室に三平さんへの誤解を解くよう迫るが、高橋がその様子さえもカメラに収めているのに気づいて引き下がった。

山田兄弟は、町の実力者である母のゲルハルトに三平さんを助けるよう懇願するが、却下されてしまう。

母の態度に怒った山田兄弟は、学校あてに「ショッピングモールの建設を止めなければ学校を爆破する」という爆破予告をFAXで送り付け、さらに「ゲルハルト節子はカブト開発と結託し、街を壊そうとする張本人」ということまで暴露した。

FAXは職員室で受け取られたが、何者かにメールで予告を受けていた明菜がFAXの内容をアップ。瞬く間に町中に爆破予告とゲルハルトの裏の顔が広まった。

ゲルハルトの会社には町の人が抗議に駆けつけたのだった。

 

三平さんが解放され、秘密基地に戻ってきた。

三平さんは「閉じ込められてどこにも行けない。誰とも会えない。独りぼっち。それが一番辛かった。どこへでも行ける。誰とでも会える自由っていうのは、人間の一番基本的尊厳だ。その自由を奪われたら俺たちはもう、人じゃない。」

と解放された喜びを語り、悟は自宅謹慎を言い渡された日の事を思い出した。

山田兄弟は母親のメールBOXに侵入し、カブト開発とのやりとりを発見。町の人に真実を伝えるために放送部を利用して広めたのだと告白。

さらに噂が広まったところで「これ以上秘密をバラされたくなかったら三平三平を解放せよ」という内容のFAXをゲルハルトの会社に送ったと得意げに語った。

それを聞いた三平さんは「そんなやり方で自由になっても、俺はちっとも嬉しくない。」と、間違っていると山田兄弟を非難した。

山田兄弟は、三平さんを救うためにしたのにと、叱られたことにふてくされる。そして爆破予告は本当だとも告げ、奥の部屋に閉じこもってしまった。

 

三平さんは購買部に職場復帰をしたが、生徒らの三平さんに向けられた目は冷たく、サクラもやむなく自宅待機をお願いしてきた。

町でもスパイ扱いされ、居場所を失くす。

そして秘密基地に戻り、タイムスリップしてきた時に来ていた軍服に着替え、誰にも何も言わずに秘密基地を出て行った。

f:id:lovetv:20200913150738j:plain

一方、富室町の俳句の会に参加していたツブラちゃんと優のもとに悟が訪ね、山田兄弟と三平さんが仲違いしてしまった事を相談した。

ツブラちゃんは、悟が持っていた三平さんの妖怪カードを見て「私のお父さんが描く絵とそっくり。」と言う。そしてお父さんが描いた妖怪の絵が描かれたしおりを失くしたことも話した。

ツブラちゃんの話を聞いて、悟は三平さんが娘のしおりを拾ったと話していたことを思い出す。

ツブラちゃんの本名は"円谷 円(ツブラヤ マドカ)”。元の名は”三平 円(ミヒラ マドカ)”だった。

悟はツブラちゃんにお父さんに会いたい?と尋ねると「会いたい。」と答えるツブラちゃん。

悟は急いで秘密基地に戻ったが、三平さんはいなかった。

竜二と篤と3人で町全体が見える丘に一人でいた三平さんを見つけ出し、娘さんが見つかったことを告げる。

三平さんは娘に会えると聞いても、一度警察に捕まってるし迷惑では?と躊躇。今回の逮捕でも自分のわがままでみんなに迷惑をかけたと思っていたのだ。

悟たちは「今を生きてることを教えてくれたのは三平さんだろ?」と言い、濡れ衣を晴らそうと説得した。

 

悟たちは秘密基地に明菜と高橋を呼び出し、三平さんの誤解を解いて欲しいと頼んだ。

道史は、明菜が三平さんを取材していた時に録音していた音声を聞かせ、アップした動画は三平さんが怒って銃を発砲したように印象操作されたものだと詰め寄った。

明菜はそんな簡単に撤回できないと拒否。篤たちは土下座して頼み込む。

たまらなくなった三平さんが出てきてみんなを止めたが、竜二が「明菜を守ろうとしたんじゃん!」と真実を伝えよう、誤解を解こうと説得した。

竜二の言葉で、銃に詳しくない自分を三平さんが守ろうとしてくれていたことに気づいた明菜が訂正すると約束してくれた。

 

明菜は三平さんを取材した時の素材を編集し直し、訂正した動画をアップ。

町の人たちの三平さんへの誤解は全て解け、商店街の人たちは三平さんに謝ってくれた。

 

後日。

秘密基地に、篤と竜二に連れられてツブラちゃんがやって来た。

ツブラちゃんの笑顔に、幼い頃のマドカちゃんの笑顔を重ね合わせる三平さんは緊張気味に話し始め、ぜんそくの体を気遣った。

ツブラちゃんは、戦争が終わってすぐに戦死したお父さんから薬の瓶が送られてきたことを話し、さらに大事に今まで持っていたその薬瓶を見せながら、製造年が2020年・今年だと不思議そうに語った。

 

一方で悟は一人、財前の家の前に拡声器を持って現れた。

悟の必死の行動が財前の心を動かすーーー!!!

 

…というお話でした。

 

やっぱりつながってた!

今回は、山田兄弟が三平さんを救うために自分たちの母親を告発していました。

やっぱりカブト開発とゲルハルトはつながってたんですね~~!!

前回からあやしい動きは見せてましたし。

 

山田兄弟は母親のゲルハルトが富室町を壊す裏切り者だと思ってますけど、私はやっぱり秘書の柚木原が黒幕だと思います!

 

林泰文さん演じるカブト開発の咲山と、前回も今回も目配せしてましたし。

まぁ、この柚木原もカブト開発に裏切られるような感じはしますけどねぇ…。

 

ドローンに何が映ってしまったかが問題です!!

財前を見張ってる奴らも、柚木原が派遣した男たちでしょうね。

ゲルハルトがどこまで知ってるのか?ゲルハルトの会社の財力を使って柚木原好き放題してるんじゃないのかな?

 

ところで、ゲルハルトの夫が一回も出てきてません!

次回が最終回らしいですけど、最終回には出てくるのかな?

会社はゲルハルトの父親から引き継いだものみたいだし、夫は会社には関与していないのかな?

男不在のところに付け込まれたのかもしれない!

夫が出てきて解決!ってことになるのかな?

ーーーなーんて、かなり想像力を膨らませてみました。

息子たちはまだ子どもで、会社を引っ張って行くには頼れないしね!!

 

こじれてしまった母子関係も最終回で修復されて欲しいです。

 

明菜がカッコいい?

三平さんが悪く思われるように編集した動画を作ってアップした明菜。

結果、三平さんは逮捕されて町の人からは冷たい目で見られて、最悪な展開でした。

しかし!

篤や竜二、道史の説得に応じて明菜が訂正動画をアップ。

悟が「カッコいい。」って動画の明菜に言ってましたけど、どこがやねん!!

これで全て帳消しになるわけないでしょ??

そもそも誤解を生むように仕向けたのは明菜本人でしょうが!!

腹が立つわーーー!!

これで全てOKなんですか?

 

しかも篤に、訂正するのは「貸し」って言ってませんでした?

何で”貸し”に出来る?自分が間違った動画上げといて訂正するのが貸しって、何でそんな強気なん?

おかしな話だな~~とドラマの話に本気になって怒ってしまいました。

 

三平さん昭和に帰る?

念願の娘さんとの再会を果たした三平さん。

でもその娘さんのために死ぬと分かってる昭和に帰ってしまうみたいです。

確かに戦後すぐの時期に帰ってツブラちゃんに薬瓶を届けないと、ツブラちゃんは80歳まで生きられないのかもしれない。

三平さんが令和に残ればいいと思ってましたが、令和に残ってしまうと今見てるツブラちゃんの方がいなくなってしまうのかもしれない。

家族に対する思いをずっと語っていた三平さんが、薬を届けないはずがないと思うし、悲しいお別れが近づいているんでしょう…!

 

三平さんが帰った時点で、みんなの中から三平さんの記憶がなくなるとかそんな最後かな?

『マドカと妖怪』だけが残って和彦の漫画として世に出るとか?

でもツブラちゃんがお父さんの絵だと気づいてるからそれは難しいか…。

 

いやー。色んな最終回が予想できますね!!

まずは財前が見たものが何かを解決して、三平さんの話になるんでしょう!

 

次回が待ち遠しい!

でも終わってしまうのは寂しくなるな~。

金曜のこの時間、ドラマを見るのが習慣づいてたのに!

とにかく!

最終回、しっかりと見届けます!

いい話で終わるといいな!

 

以上、『真夏の少年~19452020』第7話を見た感想でした。

 

テレビ朝日の番組の動画をお探しの方はこちらをどうぞ。↓

 

 

 

全話の感想

全話の感想はこちら。↓

https://www.lovetv.site/entry/manatusyonen19452020-kansou1#%E5%85%A8%E8%A9%B1%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%B3