テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

天国からのお客さま を観た感想とネタバレ③故 立川談志、志らくと太田光と会う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで、10月20日土曜日夜8時~10時に放送されたドキュメンタリー、スーパープレミアム「天国からのお客さま」を観ました。

www.nhk.or.jp

2時間番組だったので、ひとつにまとめるのが難しく、前回、前々回、今回を含めて5回に分けて、ネタバレを書いていこうと思ってます。

ちなみに以前、書いた物です↓

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 この番組は、ロボット工学の世界的権威である、大阪大学石黒浩教授の全面協力のもと、死者が現世に蘇った、という設定のドキュメンタリーでした。

蘇ったのは、1997年に亡くなった勝新太郎さん。2011年に亡くなった立川談志さん。そして1916年に亡くなった夏目漱石さんでした。

今回は、「談志×志らく 師弟対談」と「デッドマンワイドショー」というコーナーのネタバレと感想を書いていこうと思います。

目次

立川談志の紹介

談志さん曰く「落語ってのはね、日本人がこしらえた最高のエンターテインメント。古典落語はこのままいくと、能狂言のようになっちゃうって危機感があったんですね。能狂言が悪いってわけじゃないんだけどね。」

 

16歳で柳家小さんに弟子入り。落語家としての人生は60年。わがまま、非常識、狂気と言われた立川談志。しかし本人(蘇った設定の談志さん)は一番論理的だと言います。1983年、落語協会と決別して立川流の家元になりました。

 

志らく、ドリアンをもって現る

師匠の談志が蘇ると聞いた弟子の志らくさんは、談志の好物だったドリアンを持って、対談場所に現れました。志らくさんは、遠慮がちに対談する部屋の扉を開けました。

生きていた姿そのままに作られた、表情も変わる精巧な作りの立川談志さんの人形に、志らくさんは息を飲みました。(これ以降、人形扱いせず、談志さんと書きます。)

「おはようございます。ドリアンを持ってきました。」と袋のままドリアンをテーブルに置く志らくさん。「別に何かしくじったというわけではないんですけど…。」と談志さんと目を合わせず、話す志らくさん。

中村玉緒さんも蘇った勝さんに対して同じような態度を取ってらっしゃいました。現実にいないと分かっていても、あまりに同じ姿かたちで動いて話すので戸惑っている感じでした。

「何しに来たんだい?志の輔談春は来ないのかい?」と切り出す談志さん。「師匠、あの2人はものすごく忙しい…。」と話をはぐらかそうとする志らくさん。

「忙しいったってお前、俺がわざわざ来てんだから来ればいいじゃないか。」と返されると「分かりました。え、2人にはね、今日師匠がお見えになるってことは言ってないのでございます。全員集まると師匠も大変だから、誠に申し訳ないけれども私が代表して…と。師匠が亡くなってもう7年になりますけれども、師匠の事だからきっとお化けになって出て来てくれるんじゃないかと思って…それが出て来ないからね。」と志らくさん流に返事をします。

談志さんがお化けになって出て来ない理由は、向こう(天国)が快適だいうことです。

 

お化けになってでも会いたい、と志らくさんが思ってることに愛を感じました。

 

談志さんの家に住む志らく

話題は、談志さんが住んでいた家に現在、志らくさんが住んでいることについてに変わりました。志らくさんは現在、談志さんのお宅を改築して住んでいらっしゃいます。

談志さんは「住んでくれてありがたい気持ちはもちろんあるしね、ただ俺のプライベートな物をね、いくらお前だと言ってもね、何か見られてるという不快感はあるね。」と言います。

「どうもすいません。でも、人が住まないとどんどんどんどん腐っちゃうし、師匠の着物だとか、映画のポスターとかも、もうカビだらけになったんで、それを保管しないといけない。だから私は、師匠の家のま、管理人ですね。名前を継がずに家を継いだと私は思っていたんですけれど。」と謝りつつ、自分の気持ちをしっかりと伝える志らくさんです。

 

確かに、談志さんは生きている時整理整頓が苦手で、片づけをしても思い出の品で手が止まったりして、片付けるのを諦めてしまっていました。志らくさんは、談志さんのお子さんと一緒に丁寧に整理したそうです。

けれど、談志さんの書斎は、生きてた時と同じように残し、空いてる部屋でご家族と住んでいます。談志さんが家を買うきっかけにもなった、お気に入りの庭の八重桜。今年もきれいに花をつけたそうです。

志らくさんは、師匠と同じ風景を毎日見ることが出来る事が弟子として光栄なことだと言います。

 

ただ机の中から、ビニールに入った談志さんの毛が出てきたのにびっくりしたと言います。そこには「尊師の毛」と書かれてあったそうです。その話を聞いて談志さんは「だからね、そういうのイジられるから嫌なんだ。」と言います。

映像は、実際に出てきた髪の毛が映ったんですが、想像してたものより大量でギョッとしました。カツラが出来るぐらいの量でした。「ただのシャレ」のようですが、これが出てきたら、怖いと思いました。

でも、志らくさんとしてはこれ、師匠をイジったんですよね?愛なんでしょうか?こののノリが私には分かりませんでした。

 

談志ネタでテレビに出る志らく

次に、最近志らくさんがテレビで談志さんのネタばかり話していることをツッコみます。志らくさんは「師匠が生きてる時は、師匠が俺の狂気を受け継いでいるのは志らくだとか、そういう風に言ってくれたり、色々褒めてもらったんだけども、陰では…。」と言いかけると、談志さんが「何で志らくはもっと売れようとしねえのか、何でスターにならねえんだって確かに言った。うん。だけどお前、、そういう奴だからね。あんまり前に出る奴じゃないから。最低限の落語やったらそれでいいと思ったけど。ようやく気が付いたか。」と話しました。

志らくさんは、談志さんが売れてる芸人さんが大好きなのを知っていたので、自分がもう少し売れていれば、師匠は喜んでくれたのでは?と思ってテレビをたくさんやっていると言います。

「いいおもちゃを見つけたってこった。そこで新しい発見もあるだろうしな。それは恐らくほっといたって、全部落語に帰ってくるだろうけどね。でもお前は、俺が死んだから出れてるようなもんだ。」と談志さんは、意見を求めるなら皆、自分の所にくると言い、自分がいないから、志らくさんの所に来るのだと言います。

志らくさんの方が時間はちゃんと守るし、えばりくさったりしないから。と付け加えると、志らくさんも「分かっております。師匠のおかげで今、色々と呼んで頂けるってことは。」と笑いながら返しました。

しかし、志らくさんは談志さんのことだけで呼ばれているわけでもないが、談志さんは亡くなった人、過去の人で世間の人に忘れられていかないように、自分が談志さんの名前を出しているのだと言います。

談志さんは照れ隠しに「ゴマするっていうか、談春のようなやり方を覚えたね。」と言うと、「そういう言い方をすると、談春兄さんが傷つきますから。」とフォローしました。

 

私は、この師弟のやりとりを見て、はじめ馴染めていなかった志らくさんが、自然に生きている談志さんにフォローしているように見えてきました。

 

「そうしょっちゅう戻るわけには行かないけどね、お前と話出来て、それはそれでよかった。…もう行け。」と談志さんが話を終わらせようとします。

すると志らくさんは「最後に一つ、お願いがあるんですけど…。」とスマホを持ち出して、2人の写真を撮りました。

「師匠すいません、ありがとうございました。」と志らくさん。「勝手にしろってやつだな。あとは成り行き。人生成り行き。好きにやっときゃいい。」と談志さんが言って師弟対談は終わりました。

 

この対談は面白かったです。二人の関係がどんなものだったのか、私には全く分かりませんけど、志らくさんが今でもとても談志さんのことを思ってるのが伝わってきました。まるで片思いしているかのようでした。

たとえ偽物でも写真を撮りたいなんて、本当に愛していますよね!

 

観れてよかったと思いました。

 

閻魔はシャレが分かる

次に、久保田祐佳アナウンサーが司会を務め、「デッドマンワイドショー」と題して、立川談志さんが亡くなって7年の間に起こったニュースを振り返って、談志さんに意見を求めるコーナーになりました。爆笑問題太田光さんも呼ばれました。

太田さんは「あら~」と言って戸惑いながら登場しました。

「太田は俺の隠し子」という冗談を、談志さんが言い出しました。生前いつも言っていたと言います。太田さんは実父が本気にして大変だったと振り返りました。

それだけ可愛がられていたという事です。

「可愛がってるっていうか、俺の言う事が分かってるっていうか、ついてこれるのが太田ぐらいだからね。」と言う談志さん。太田さんは否定します。

太田さんが天国と地獄、どっちにいるか聞くと、「基本はね、天国。極楽なんです。だけどね、どっちがね、楽しいかって言うとね、たまに地獄を覗きに行くけど、地獄がいいな。まず閻魔はシャレが分かる。」と談志さんが答えると、太田さんも笑いました。

天国の神様はシャレが通じないそうです。談志さん、石原裕次郎三橋美智也などのスターは地獄に行くと立て続けに言います。柳家小さんさんは天国にいるそうです。

ちょっとこの辺りの方々は知らない人たちなので、談志さんの冗談が分かりませんでした。

 

話が難しかった

太田さんを迎えてのトークは、私にはついていけなかったです。

談志さんが、金正日と談志さんが同じ年に亡くなったのは、俺が呼んだと言うと、太田さんがすぐに理解し、談志さんが呼んだんじゃないかと話してたと言います。

談志さんの言う通り、太田さんだけが話を理解できるようです。二人のやり取りを観ていて思いました。

 

そのあとも、石原慎太郎さんが2012年に都知事を辞職されたことについても話していました。1971年に参議院議員に当選した立川談志さん。同じ時期に政治家になった石原慎太郎さんとは意気投合したそうです。

病気が分かってからも色々と気遣ってくれたとの事でした。

 

号泣の野々村議員についても面白がっていました。

その他、1992年に太平洋横断を目指した風船おじさんこと鈴木嘉和さんの話題を出したり、築地の移転問題の話に及ぶと、昔お弟子さんたちに築地に修行に行かせた話をしていました。志らくさんは、築地に行かなかったそうです。

 

太田さんの質問に答えて、立川流の行く末は心配していない、人生成り行きだと語ってました。この言葉は志らくさんとの対談でも言ってました。

 

エピソードとして、食べ物を大事にしていたそうです。3年ぐらい置いてある牛肉で料理をしている映像が流れました。お腹が壊れるぐらいだと言って気に留めていなかったそうです。

 

太田さんが投げかける質問が、下ネタになっても全部答えていました。

 

談志さんに救われた太田さん

最後に談志さんは「別に世の中の出来事なんてどうでもよくてね、俺がここへ来たってのはね、死んだ談志とね…太田とかが対談してるって、これが一番意味あることだからね…あえて意味をつけるならな。死んだ奴と対談できるなんてお前ぐらいのもんだから。まぁ、天下取っちゃった方がいいね。」と太田さんに言います。

談志さんは、天下を取るよう、本当に太田さんに言っていたようです。

「僕らがあんまり仕事うまくいってなかったですけど、ずっと。師匠に褒められてから、ちょっと上向きになってったっていうかね、そういうとこありましたね。」と久保田アナに太田さんが言っていました。

太田さんは談志さんを慕って、随分感謝されているようでした。

 

太田さんが40歳になった頃、仕事に悩んで談志さんに相談した時「流されるままにとにかく今は、考えずに。流れのままにやっときゃいいよって言われて。50までは。割と50が近づいてきた時に師匠にもう一回会う機会があって、「実は師匠覚えていないだろうけど、こんなこと言われた。もう50になるんですけど、まだ全然定まっていないんですよ。」って言ったら、じゃあ、60までにしといてやるよ。って。それで何か凄い気持ちが軽くなった。」とお話しされてました。

 

談志さんは談志さんで、最後ガンで声が出にくくなってきた事を悩まれてて、「声でなくてもかっこいいじゃないですか。」と太田さんは言ったそうですが、「高い声が出なくて、ネタが出来ない。」と返されたとのこと。

「僕にとってははね、あのしゃがれた声の立川談志もね、スゴイ良くて。声帯とか取っちゃてもいいから生き長らえて…身振り手振りでもうるさいじゃないですか。十分。声の出ない立川談志も、それも見て見たかった。」と太田さんは惜しみます。

志らくさんにも前に話したそうで、「師匠は病気でもずっと生きていて欲しい。もっとやって欲しい。」って言ったら、志らくさんは、「いや、もういいじゃない。あんだけ生き様を全部見せて、あと談志にね、家元に何を望むんだ。」と言ったそうです。

太田さんは弟子ではなく、ファンなのでその分残酷なんだとご自分でおっしゃっていました。

談志さんは太田さんの話をずっと黙って聞いていました。

 

「あの…ありがとう。うん。あなたに会えたことはね、よかった。それだけ。」と話を締めくくりました。

太田さんにとって談志さんは憧れ。死んだ今もなお、近寄りがたい存在なのだそうです。もともと遠い別世界の人。それがまた別世界に戻った、という感覚なのだそうで、変わらない。対談の後、太田さんは語られていました。

 

弟子とファン、それぞれの立場での対談を観ましたが、やはり志らくさんとの対談の方が観ていてよかったです。

志らくさんが本当にずっと談志さんのことを思っていて、会いたいと今でも思ってることが画面から伝わって来て、いいものが観れました。

 

太田さんとの対談はブログで書けない部分が多くて、知りたい方はNHKに再放送のリクエストして下さい!

 

次はお悩み相談の後半のネタバレを書きたいと思います。

 

 

 

www.lovetv.site