テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

天国からのお客さま を観た感想とネタバレ①人生相談前半

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで10月20日土曜日夜8時~10時に放送された、ドキュメンタリー、スーパープレミアム「 天国からのお客さま」を観ました。

www.nhk.or.jp

放送の何週か前からNHKBSプレミアムの他の番組を観ていると、番組の前後にやたらとこの番組の宣伝が入って来て、だんだん頭に刷り込まれて観るに至りました。

この番組は、ロボット工学の世界的権威である大阪大学石黒浩教授の全面協力のもと、死者が現世に蘇った。という設定のドキュメンタリーでした。

蘇ったのは、1997年に亡くなった勝新太郎さん、2011年に亡くなった立川談志さん。そして1916年に亡くなった夏目漱石さんでした。

目次

 勝新太郎立川談志登場!

番組は最初、芸人の南海キャンディーズ山里亮太さんの司会で、勝新太郎立川談志に芸能関係者が人生相談をする。「最強のお悩み相談」というコーナーから始まりました。

勝新太郎立川談志の、姿かたちがそのまま写されたかのような、表情が変わるとても精巧な作りの人形が、コードもなにも繋がれず椅子に座っていました。天国からのお客さまというわけです。(これ以降、人形扱いせず、勝さん、談志さんと書いていきます。)

 

コーナーに入る前に、「いい人ってのはね、自分にとって都合のいい人のことを言うんだよ。だから今日は、お悩み相談ってことは正解を聞きたいんじゃなくてね、自分に都合のいいことを聞きに来たってこったね。」と先制パンチを食らわす談志さん。

良いとこ突きます。続けて勝さんも「最後に一押しして欲しいってことだろ?それをやりゃいいんだろ、だから。」と言いました。

 

勝新太郎の妻、中村玉緒さん登場

二人の紹介に続いて紹介されたのは、勝新太郎の妻、中村玉緒さんでした。玉緒さんはまず、立川談志さんの人形を見て、次に勝さんの人形を見ました。

玉緒さんは息を飲んで「しばらくでございます。」と挨拶しました。勝さんに目を合わせない玉緒さん。玉緒さんは亡くなってから、今もずっと仏壇の隣にある、勝さんの遺影に話しかけてると言うと、勝さんも「ピースサイン、毎日してくれてるよな嬉しいね。相変わらずべっぴんさんだね。」と言います。

玉緒さんは、勝さんに近づいて行って「ありがとうございます。少ししわが増えたんですけど。」と照れながら言います。「俺もう、目がね、悪くなったから、しわは見えねえ。」と返しました。

玉緒さんが勝さんの隣に座ると「もう、こんなわがままな人は大嫌い。もう二度と会いたくないと思いながら、ずっと毎日会いたい人。」と言いました。

その表情が涙をこらえているようで、こちらも胸にズシンと来ました。亡くなって20年以上経ちますが、玉緒さんは勝さんのことをずっと愛してるんだと思いました。

 

過去にさかのぼって90年代半ば、明石家さんまさんに天然キャラを見出され、バラエティーによく出ていた玉緒さん。私は女優としての玉緒さんより、バラエティーの玉緒さんの方をよく観ていました。

ある時、さんまさんが勝さんに会うという番組がありました。勝さんの隣に座っている玉緒さんは、普段バラエティーで観る、天然でよく笑う玉緒さんじゃなく、ずっと黙って勝さんの言葉を聞いていました。

当時の私は玉緒さんを観て、「本当に勝新太郎のことが好きなんだな。全然態度が違う。」と思いました。

 

話を戻します。

実際、この夫婦が並んでテレビに映ってるのを観た事のある私は、人形の勝さんにも同じ態度をする玉緒さんを観て、人形に思えず頭の中が混乱しました。

死者が蘇って来るわけはないんですが、妻である玉緒さんの表情やしぐさが、生きている勝さんにしていた事と同じでした。そのことが、ただのファンタジーで終わらせないリアリティーを感じました。

 

浮気心を抑えるには?の相談

1人目の悩み相談者の芸人、かねきよ勝則さんに「面白い質問じゃないね。勝新太郎立川談志に聞くような内容じゃないね。」と、容赦ない言葉を投げかける談志さん。「結婚して1年半。浮気心を抑えるには?」と言う内容でした。

山里さんはまず、勝さんに浮気の事を聞きます。「俺は浮気をした事はありません。」というと「あったと思います。」と勝さんの言葉にかぶせて言う玉緒さん。「ありました。」勝さんはあっさり認めました。

「あのね、妻は分かるんですよ。昔子供がインターナショナル入ったので、別居生活になって電話した時に女の人が出て、ガチャンと切ったの。」と話す玉緒さん。

勝さんは「およしなさいよ」という歌を歌ってごまかします。何の歌かと思って検索したら、「座頭市」の歌詞でした。

www.oricon.co.jp

歌い出すと横の玉緒さんが笑い出しました。

次に山里さんは談志さんに浮気について尋ねます。「浮気とかそういうのはちょっと置いといてね、一つ言えるのは、縁あって一緒になったら、別れたら駄目だね。」と愛妻家の談志さんは言います。「よく落語家が高座の上で死ねたらいいなんてこと、言ってるけども、俺はね、かみさんが風邪引いただけで家帰っちゃうからね。」と言ってのけます。

山里さんはもちろん、玉緒さんも驚きます。

「高座の途中だろうが何だろうが、かみさんが具合悪いっつったら俺、どっち選ぶかっつったら、かみさんを選ぶね。」と言い切ります。

玉緒さんが奥さんの職業を聞くと「第一生命のホールで働いてた。」と具体的な話までして教えてくれました。

浮気心を抑えるには?という質問には「無理に抑えようたってね、所詮人間なんてのは弱いもんだからね。だけどまぁ、女房に尊敬されてないんだな。だからもっと売れてなきゃダメ。みんなにチヤホヤされてな、客がこう、押しかけてそうなりゃ女房だってね、尊敬するようになる。」と答えてました。

かねきよさんの奥さんは、もともとファン。尊敬されていたはずなのに、結婚してからは平気で目の前を裸で通られたりしていることに、恋心が冷めると言ってました。その悩みに的確に答えた談志さん。

「尊敬されないと。」と言うのは最もなことだと思いました。

 

私は談志さんがどんな人か知りませんが、こんなに丁寧に答えてくれる人だったら会ってみたいですね。あ、もう亡くなってるんでした…。

 

年下男性への思いを断ち切るには?

次は俳優さんの付き人をやっているという相談者の女性。好きな人は、その俳優さんの弟子にあたる人。この人だったら子供を産みたいと思うくらい好きになったそうです。

今年の夏、男性に彼女が出来たが、毎日会うので思いを断ち切れないという相談です。

談志さんは「あなたの場合、断ち切って真面目に生きろと、そう言われたくて相談に来てるからね。」と質問者の真意を見抜きました。そして嫌がらせでも何でもすればいいと言いますが、既にやっているという相談者。

男女の行為を仕事場でしている現場を見てしまったというのです。怒りがこみあげて告発までしようと思っていたと言います。質問が思わぬ方面に行って、悪乗りし出す天国からのお客さまたち。玉緒さんも一緒になって話に乗っていました。

一通りふざけてから、談志さんは「やってるとこまで見ちゃってるからね、もう他に男探すしかないね。」と言います。

玉緒さんも「スッキリして前に進んでもらう。」と言うと、相談者の方も相手の男性の秘密を暴露してスッキリしたようで満足されてました。

 

結婚したら芸がつまらなくなる?

次に司会の山里亮太さんが相談者になりました。

「芸人は幸せになるとつまらなくなる。」と言われ、そのセリフが怖くて、お付き合いとか結婚に踏み切れないという相談でした。

山里さんはモテない立場で、生活が充実してる人たちに噛みつくという事が多いので、説得力がなくなるというのです。

談志さんは「何か面白いことやってごらん。結婚したらつまらなくなっちゃうんっていうから、じゃあどのくらいもともと面白いかだよ。」と追い込みます。しずちゃんがいないからと言い訳をする山里さん。

謎かけをするよう「座頭市」とお題を出されました。

なかなか答えが出せない山里さんより先に、談志さんが「「豚」ととく。その心は、勝(カツ)が一番。」という抜群の答えを出します。

山里さんは「「クラブ」ととく。その心は、ビートが鳴(な)ったりします。」とビートたけしさんも座頭市をやったことをかけました。

結局ボロボロになりながら人生相談のコーナー前半は終わりました。

 

「天国からのお客さま」は2時間あったので、まだまだ続きます。

続きは

勝新太郎が高校生に演技指導する

立川談志が、弟子志らく太田光と対談

・お悩み相談後半

夏目漱石先生のヒットする文学についての講義

などがありました。

ひとつにまとめると長いので、分けて書きたいと思います。

更新をしばしお待ちくださいませ…。

 

www.lovetv.site