ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

真夏の少年~19452020 第1話を見た感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

7月31日金曜夜11時15分からテレビ朝日系列で放送が始まったドラマ『真夏の少年~19452020』を見ました。

高校生の少年たちが出てくるドラマで、キレイな顔の男の子たちだな~と思っていたら、番組の最後のキャスト名で、主要キャストがジャニーズJr.の美 少年というグループの方たちだそうです。

令和に生きる現代の高校生と、昭和20年の大宮島(今のグアム島)の戦地からタイムスリップしてきた軍人のひと夏の物語です。

 

登場人物

  • 瀬名悟:佐藤龍我さん…関東近郊にある富室町の富室高校2年B組。格好はヤンキーなのに中身はダサい『見掛け倒しトリオ』の1人。金髪。同じクラスの財前が自殺を図ったのは原因が悟がカツアゲしたから。と言われ、弁解の余地なく無期限停学となる。しかし怒りも湧かず言われるがまま秘密基地で竜二と篤といたところ、雷が落ちタイムスリップしてきた三平と会う。
  • 風間竜二:岩崎大昇さん…悟と同じクラスの『見かけ倒しトリオ』の1人。リーゼントスタイル。見かけはヤンキーだが素直な少年。お調子者でお人好し。
  • 春日篤:浮所飛貴さん…『見掛け倒しトリオ』の1人。他の2人と違って、ちょっと髪を染めてる程度でそこまでのヤンキーの格好ではない。三平がタイムスリップしてきた時に、歴史の教科書を読ませて、昭和から平成、令和と時間が流れていたことを説明した。
  • 山田明彦:藤井直樹さん…悟のクラスメイト。二卵性双生児山田兄弟の兄。町の権力者で学校の理事長でもある山田ゲルハルト節子の息子。化学オタク。
  • 山田和彦:金指一世さん…悟のクラスメイト。二卵性双生児・明彦の弟。漫画オタク。
  • 柴山道史:那須雄登さん…悟のクラスメイト。生徒会長。優等生。母が授業中に教室にやって来ても何も言えない。
  • 財前康隆:林蓮音さん…学校の隣のビルから飛び降りた悟のクラスメイト。
  • 小泉明菜:箭内夢菜さん…悟のクラスメイト。放送部員。よく調べもせず財前が飛び降りた場所を撮影したと言って違う場所を撮影したり、東村と近藤が悟を追い込んでいるところを勝手に動画を撮って配信したりしている。

 

  • 山田ゲルハルト節子長谷川京子さん…富室高校の理事長で山田コンツェルン代表取締役社長。町の権力者。山田兄弟の母。次期富室町長となろうとしてる。財前の自殺騒動を知り、東村らに原因を調べるよう厳命した。
  • 柚木原健太:西村元貴さん…ゲルハルトの秘書。
  • 東村秀太郎:神保悟志さん…現代文講師で2-Bの担任。ゲルハルトからの圧力から早く逃れるために、悟が財前にカツアゲをしたせいで飛び降りたと一方的に認めさせ、悟を無期限停学に追い込む。
  • 近藤誠二:片桐仁さん…2年学年主任。英語教師。東村と一緒に、悟を財前にカツアゲしたと追い込み無期限停学にした。
  • 里中真智恵:皆本麻帆さん…日本史教師。
  • 佐山尚子:福岡みなみさん…保健教師。
  • 綾瀬サクラ:長井短さん…購買部店員。
  • 柴山奈津子:水野美紀さん…柴山道史の母。悟がカツアゲして同級生を自殺に追い込んだと知ると学校の教室まで入ってきて、仲間の竜二と篤に自分の息子と付き合わないよにドヤしてきた。モンスターペアレント。

 

  • 三平三平(みひらさんぺい):博多華丸さん…昭和20年大宮島(グアム島)の戦地からタイムスリップしてきた軍人。富室町出身。昭和19年夏。部隊が破れ大宮島がアメリカ軍のものとなり、それから1年残った数名と洞窟に潜伏して反撃の機会を伺っていたが、南国でしか見られない珍しいチョウを追いかけるうち、足を滑らし谷に落ちる。雨しのぎに入った小屋で雷が落ち、現代へタイムスリップしてきた。

 

情けない男の子たち

悟・竜二・篤の3人の高2男子たち。は、ヤンキーに憧れてヤンキーな格好をしてるけど、特に喧嘩をするでもなくクラス内では『見掛け倒しトリオ』と呼ばれています。

これがまぁ、クラスメイトの財前くんがビルから飛び降りた理由を、悟がカツアゲしたからだって担任の東村から言われて無期停学になっても何も言い返さないんです。

無気力。真実を言っても相手にされないと最初から諦めてるんです。

ヤンキーに憧れてるなら、反骨精神とか持ってどんどん強い人に向かっていくのかと思いきや、全然!

本当『見掛け倒しトリオ』なんです。

なんだかいや~な感じの始まり方で、どうなんのかな~と思いました。

でもそんな不安な展開は、ある人物の登場で一変します。

 

急にタイムスリップしてきた軍人

無期停学処分を食らって、秘密基地でぼやく『見掛け倒しトリオ』の3人。

そこに、急に雨風が強くなり、体に響くほどの大きな雷が鳴った。

部屋は停電し真っ暗ななか、秘密基地に一人の軍人が現れ3人を拘束する。「ここはどこだ?」「日本人か?」と尋ねる軍人。

この軍人が博多華丸さん演じる三平三平(みひらさんぺい)。

昭和19年に大宮島(グアム島)に入り、部隊が敗れそこから1年残った数名で洞窟に潜伏し、反撃の機会を待っていた。

ある日三平だけ一人、娘に見せたいと南国にしかいない珍しいチョウを追いかけているうちに足を滑らし谷底へ。

そこで雨が降ってきて逃げ込んだ小屋で雷に打たれ、現代にやって来たということでした。

なかなか軍人がタイムスリップしてきたと受け入れない3人でしたが、篤が戦時中の事を良く知っててグアムを大宮島と呼んでいたことを知っていたり。

カップ麺をおいしそうに食べる様子とか、歴史の教科書を読んで泣いている姿を見て、どんどん本物だと理解していきます。

ちょっと強引かな?と思いつつも、3人が軍人を受け入れていくのが早い流れも変ではなかったです。

竜二が素直なのはドラマが始まってから描かれてたし。

3人よりも、過去からやって来た軍人の三平の方がとても柔軟!

すぐに未来に来たと受け入れて馴染もうとする姿勢があったことの方がスゴかったです。

 

軍人がタイムスリップしてきたっていうと、荒々しく現代を暴れまわるってイメージですが、職業軍人じゃなくて民間人が軍に徴集されたのかな?穏やかな人です。

三平さんの吸収の速さのおかげで、タイムスリップしてきた設定をすんなり受け入れることができました。

 

リモート授業

高校生のドラマということで、授業シーンが出てくるんですが、この授業風景が今の時代を反映していました。

教室に並んでる机の上に、ところどころタブレットが置かれている机があって、画面越しに授業を受けている生徒さんがいました。

今ってリモート授業ってこういう風に受けてるんですか?

これなら教室も密にならないし、机の上にタブレット置いてもらっていれば、教室にいる気持ちにもなれるしいいなぁと思いました。

 

脇役が濃い!

クラスメイトの、柴山君の母親役が水野美紀さん。

この人が教室まではいってきて、悟がカツアゲをしたって本当だと信じてて、仲間の竜二と篤に圧をかけてくるシーンがありました。

こういう生徒と関わらせたくないから、息子をリモートで出席させたいとか、言いたい放題言ってました。

初登場から強烈なキャラです!!

授業中にズカズカと入ってくる親なんている?

ちょっとしか出てこなかったですけど、強烈なキャラです。

 

あと、もう1人。今回はあんまり出てなったですけど、クラスメートの山田兄弟という双子の男の子の母で、学校の理事長役が長谷川京子さん。

化粧ばっちりでお金持ち。周りに圧をかける様子がまたキツかったですね~。

でもこっちはドヤすタイプではなく、優しく物の言い方だけど言うこと聞かすっていうタイプの女性。

どっちもキツイ!!

脇役がどっちも強烈なキャラで、これからも出演が多そうです。

 

ほどよくアクション

若い男の子が出演と言えば、格闘とかのアクションを期待するところですが、今回は三平を外に連れ出して、たい焼きを買おうとしてチンピラに割り込まれ三平が注意。

三平とチンピラのちょっとした格闘がありました。

そして逃げていく三平と一緒に悟らも逃げ、チンピラが追っかけてくる。

商店街や市場などを駆けずり回り、逃げていく。三平の見事な身のこなしに感心する3人。

とうとう狭い道に追い込まれた3人と三平。

三平がはしごでチンピラを食い止め「早よ逃げー!」と言われ、3人は秘密基地に戻っていった。というシーンがありました。

 

f:id:lovetv:20200803181547j:plain

このシーンが動きがあって、見ていて楽しかったです!

三平役の華丸さん、あんなに動けるんだ~とびっくりしました。

 軍人の華丸さんカッコいいです!

 

でもチンピラから逃げて、あとで仕返しとかないのかな?

それか、頬にアザがあったから殴られて終わったのかな?

 

しみじみするシーン

チンピラから何とか逃げてきた三平が、たい焼きを買って持ってきてくれて「いい時代だ。ありがとう。」とたい焼きを上に持ち上げて礼を言ってるシーン。

死んでいった仲間たちに向かって言ったのです。

華丸さんの表情が嬉しそうな、寂しそうな、何とも言えない表情で、見てて泣いてしまいました。

 

その前に、教科書を読んで戦争が終わってから令和2年になるまでの歴史を知って、仲間たちが死んでいったことが教科書では数行で終わってることに涙していたんですよね。

それがあってのたい焼きのシーンだったから、ほのぼのしてるところに戦争を感じさせて、不意を突かれました。

 

怒りは湧いてこんか?

あと、自分が疑われて停学にまでなってるのに弁明もせず怒ってもない悟に苛立っていた三平さん。

怒りは湧いてこんのか?本当にやってないなら、体の奥の方からこみあげてくるもんがある。それをどう生かすかで人間の価値が決まる。」聞いていました。

でも「そういうキャラじゃないし。」とかわす悟。竜二も「悟は優柔不断くん。」と言って、悟をかばってる感じ。

三平が、君らに迷惑がかかると秘密基地を出て行ったときは、言いたいこと我慢してるな~と思いました。

 

自分だけが熱くなって、本人はかわしてる。悔しい気持ちになったんじゃないかな?

日々一生懸命生きてきた人にとっては信じられない光景だったのかも。

三平さんが説明セリフもなしにただ空を眺めるシーンは、なんだか切なく感じました。

華丸さんて、いい役者さんですね~~~。知らなかったです。

 

三平のセリフが刺さる!

三平は秘密基地に戻ってきて悟にナイフを突き出し、戦争を体験した本物の軍人が持ってるナイフは本物。と告げ「自分で何か行動を起こさないと助かりませんよ。」と脅します。

「周りに自由があふれているのに、あなたがたはちっとも自由に見えません。自分の不自由さを誰かのせいにして。自分の事を誰かに任せて。友達を自殺に追い込んだと言われて何も言い返さない? ナイフを向けられても何にもできない。ただのクズだ!

三平がそう罵ると、3人は夢中になって三平に向かっていって三平を地面に倒す。

悟が「ふざけんなよ!バカにすんじゃねえぞ!」と怒りました。

この悟くんたちが三平に殴りかかって怒る緊迫したシーン。

やっと悟が本気で心の底から起こりました。

体のどっからか怒りが湧いてきたやろ!これが生きる活力!これを暴力に変えると戦争になる。戦争は人殺しに使った史上最も愚かな行為だ!怒りっちゅうのは正しく使ってなんぼや!よう覚えとけ!この怒り。どう使うかはお前に任せる。自分で決めろ!」と渾身の力を込めて悟に訴えかける三平さん。

悟たちは呆然となっていました。

この時の竜二くんの「俺たち…怒った?」と自分でも何が起こったか分かってないのが怒ったことない子たちって感じでよかったです。

 

この感情をぶつけ合うシーン。感動して泣きました。

わざと怒らせようとしてる三平さんと、必死になる悟たち。

悟たち3人は、三平さんに頭を下げて「この夏俺らと一緒にいてもらえませんか?」って頼むんです。

これから面白くなっていきそうな第1話でした。

 

次回の予告を見てると、三平さんが学校の購買部で働かせてもらえるみたいです。

どこまで現代に馴染むのかな?

 

軍人さんと令和の若者の交流。

どんな話になっていくのか楽しみです!!

1話から感動しました!

押しの強い軍人さんじゃなく、柔軟なところがある軍人だからまたいい!

三平さんのキャラが偉そうじゃなくて、現代人に言葉もすぐに合わせてくれて優しいんです!

でも厳しい面もあって…。アンバランスなところがいいです!

 

早く次が見たい!!!

見るのが楽しみなドラマがまた1つ増えて嬉しいです!!

 

以上、『真夏の少年~19452020』第1話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

テレビ朝日の番組の動画をお探しの方はこちらをどうぞ。↓

 

 

 

全話の感想