ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2021春を観た感想*長崎県1日目対馬市*浅茅湾と和多都美神社の風景

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2021年もBSプレミアムで放送が始まりました『にっぽん縦断こころ旅』。

当初3月29日からスタートの予定でしたが、2週は昨年の春の旅の再放送をし、4月12日からやっと2021年春の旅の放送が始まりました!!!

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

4月12日~4月16日は長崎県です。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

昨年2020年秋の旅ラスト、高知県4日目の旅の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

976日目、長崎県1日目は対馬市の旅

4月13日放送分、長崎県1日目春の旅初日は、「久しぶりのおはようございますです。春の旅初日海の上にいるのよ。」という正平さんの声で始まりました。

博多港からフェリーに乗って対馬海峡。対馬へ向かう海の上でオープニングでした。

 「いや~やっと始まる。ついてきてね。」とかわいくスタートしました!!

嬉しい!やっと始まりますよ。嬉しい!!

お手紙は対馬厳原町の上見坂公園で読みました。

展望台にいましたが、白くて景色が見渡させない状態。正平さんは「これは多分大陸からの黄砂ですね。」と言っていました。

お手紙の内容

今回のお手紙は、対馬市の64歳の方から。

こころの風景は、対馬の中央に広がる浅茅(あそう)湾と和多都美(わたづみ)神社です。

浅茅湾に面した集落を往来する渡海船が運航しているとのこと。

今では道路事情が良くなって利用者が少なくなっていますが、入り組んだ入り江が特徴的な対馬は、道路が整備されるまで船が最も早く移動する交通手段でした。

30年ほど前にいわゆるUターンで島に帰ってきて、まだ都会へ憧れのようなものも残り、人生に迷いながらなんとなく島で過ごしていた頃。

友人の方に和多都美神社へ参拝にいかないか?と誘われて、小学生以来久しぶりに渡海船に乗ったお手紙の方。

船上から眺める風景は、まるで古代と変わらない美しい海岸線が次から次へと展開して、いつまでも乗っていたくなるような気になったといいます。

約1時間ほどの航海が終着。神秘的な雰囲気が漂う和多都美神社が現れた時、改めて自分の故郷の魅力に触れ、何とも言えない感動と安心感に包まれたことを今でも覚えているそうです。

和多都美神社は昨年の台風10号により、海中に立つ大鳥居が倒壊。

心配したそうですが、全国からの支援の寄付金で再建が進められていてホッとしているところだというお手紙の方。

正平さん、長崎市から遠い国境の島対馬ですが、もし機会があれば浅茅湾の和多都美神社へ来ていただければありがたいです。

 

…というお手紙でした。

 

ランチは対馬のろくべえ

まずはチャリオで約10kmの長板浦港に向かい出発。

正平さんは「久しぶりやね、チャリオ。」とチャリオに声をかけていました。

下り坂を下りた後、川沿いの道を走り、船が止まっている入り江が見える道を通りました。

 

そしてごはんのお店へ。

消毒してから店内に入り、メニューを見た正平さんは、対馬のさつまいものでんぷんで作ったぷるぷる麺という言葉に惹かれ、ろくべえという郷土料理のおそばを注文。

さらにろくべえゴボ天をトッピングしてもらっていました。

ろくべえは、短くて太い麺。正平さんは大きなゴボ天がろくべえのどんぶりに入りきらなくて、割って器に入れていました。

麺は「なんかようわからん。ニュルニュル。うまい!」とろくべえの感想を言っていました。
初めての味に正平さんは戸惑いながらも「うまいよ!」と言っていました。

 

食後、お店にサインと、お店の方とマスクをして写真を撮っていました。

この時に自然と肩に手を回す正平さん。お店の方も「いいんですかね?」と言いながらもツーショットで写真を撮っていました。

もう初日から正平さんのたらしぶりが出てましたーー!
ああ、『こころ旅』始まったな!と改めて思います。

撮影後も、スタッフさんが出してくれた消毒液でお互い消毒。

感染対策を行っているというところも見せておかないと、誰か何か言ってくるんだろうなぁ…。

正平さん、男性だとグータッチとか腕でタッチするけど、女性だと肩に手を回したり握手してしまったり、自然にやってしまうところがありますし。

消毒を「めんどくせー。」とぼやいていました。

しゃーない!!早く収まって欲しいです。コロナ。

 

そして店を出発して、海沿いの市営航路待合所に到着しました。

 

…ここまでが『朝版』です。

 

 『とうちゃこ版』では、お手紙を読んだ後に地図でどういう道をたどるのかを確認していた時に、その地図に載っていた対州馬とツシマヤマネコの写真を見て、正平さんは「会えるといいね。」と期待を込めて言っていました。

本当、生き物大好きな正平さんです。

 

ネコを発見!

船に乗るために走っている途中で通った道で、ネコがいるのを見つけた正平さん。

止まって戻ってネコを確認。

「間違いないツシマヤマネコだ!」と言っていましたが、違うでしょう!さっき地図で見た写真と顔が違うような…。
眠たそうにしてる顔はかわいかったけど…。

スタッフさんが「色がそれっぽい。」と言ってて、確かに色は似てましたが…。

あとで飼い猫だと分かったみたいです。

 

ーーーそりゃあそうだ。残念!山にいて里には出て来てないみたいです。

初日から冗談を飛ばす正平さんでした。

 

船で和多都美神社の位置を確認

『朝版』で出ていた市営航路待合所に到着。景色は相変わらず白くて先が見渡せず。

渡海船が運休のため、チャーター便で浅茅湾に渡っていました。

船が海を渡っていると、正平さんが「お手紙にあった古代の風景って。」と言い、海にこんもりした山がいくつか並んでるように見える海岸線が見えてきました。

船から和多都美神社の位置を教えてもらい、鳥居も見えました海から見て手前の鳥居は倒れていて、奥の2つの鳥居は見えました。

手前の鳥居の土台は海の水に漬かっていましたが、奥の2つは砂地の上に立っていました。

 

初日から上り坂

船は和多都美神社のところにはつけられないので、和多都美神社の前を通過して見えなくなった仁位港に到着しました。

チャリオも一緒に下ろしてもらって、ここからはチャリオで約2.5km先の和多都美神社に向かって出発。

海沿いを走り、和多都美神社の案内標識も見つかりました。

矢印の方向に向かってさらに海沿いを進みました。

海が見えなくなって、上り坂を700メートルほど進むとスタッフさんから教えられて、息が上がる正平さん。

マスクは外して上っていましたが、途中で「ダメ。」と立ち止まって休憩。

「初日から楽しいね。」と言うと、「ありがとうございます。」と返すスタッフさん。

目が笑ってないと見抜かれて「笑えるか!」と返す正平さんでした。

 

久々の正平さんとスタッフさんのやり取り。面白いです!

こうやって出演者とスタッフさんが仲がいいのを見られるチームこころ旅。

『こころ旅』が帰ってきたと実感しました。

よかった!番組が始まって。

こころの風景

 休憩後また走り出すと、道に赤い大きな鳥居が出てきました。そこをくぐって進むと下り坂となり、右に曲がりました。

下り坂の先には海が見えてきて、和多都美神社の看板が出てきました。

そして和多都美神社へとうちゃこ

 

チャリオから降りて、歩いて鳥居をくぐりました。

社殿の横を通って、三角の鳥居がありました。

三角の鳥居の横を通って奥の本殿まで歩く正平さん。

 

本殿でんねん。」と言ってスタッフさんを笑わせていました。

鳥居まで戻ってきて社殿側から見ると、「ほら一直線だよ。あともう1個あると。」と言う正平さん。手前の境内にある鳥居と海側に見える鳥居が一直線に見えました。

 

鳥居の中に奥の鳥居が見えて、さらにもう1つ倒れたという鳥居が見えました。

境内にある鳥居から、倒れている鳥居を含めて5本あるみたいです。

「台風ってすごいんだな。あれコケちゃうんだもんな。」とつぶやく正平さん。

カメラは、倒れた鳥居を映してくれていました。

 

倒れた鳥居の上には、緑色のキレイなコケか海藻らしきものが見えました。

 

正平さんは倒れた鳥居の近くの狛犬の前に座り、お手紙を読みました。

 

お手紙を読んでいた位置からは、浅茅湾が見えました。

波が穏やかでゆっくりと波が鳥居のところに流れていました。

 

お手紙を読み終わった正平さんは「来たよ!お船に揺られて。これ(鳥居)も見た。まだ直ってないな。直ると一直線に鳥居がつながってた。なんだかんだって遅れてた『こころ旅』が、やっと初日を迎えることができた。行くぞどんどん。今日はここまでです!さよならですな。」と言って番組を締めていました。

 

和多都美神社のこころの風景。

一番海に近い鳥居が倒れたままになっているのが、生々しかったですが、手前の鳥居はちゃんと海に向かって一直線に並んでいて、キレイでした。

 

初日からとても美しい風景を見せてもらいました!

 

『こころ旅』2021春が始まりました!!!

正平さんもスタッフさんたちも相変わらずで、皆さん元気でよかった!

これから始まる春の旅がとても楽しみです。

 

長崎県の旅でめぐる町

長崎県の旅でめぐる町は、テレビの番組表によると…

  • 4月13日…対馬市
  • 4月14日…壱岐市
  • 4月15日…壱岐市石田町
  • 4月16日…壱岐市芦辺町

 

の放送予定です。

 

明日は、壱岐市の旅です。

 

今回は、島を巡る旅のようです。

楽しみです!!

無理をせず上り坂はタクシーに頼ってでもいいんで、無事に完走されることを祈ります!!