ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2019秋を観た感想*福井県1日目坂井市*美人車掌さんに喜ぶ正平さんと竹田川の風景

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

10月7日~10月11日は福井県です。

www4.nhk.or.jp

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送です。

 

864日目、福井県1日目は坂井市の旅

10月8日放送分、福井県1日目は、九頭竜川の河口近くでオープニングでした。

快晴の中「今日から福井県。すっげえいい天気!嫌になっちゃう。今日のお天気の予報は34℃だって。でも前日マイナス3℃って書いてあった。昨日なんなんだ?」という正平さんの愚痴からスタートでした。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、大野市の71歳女性から。

思い出の場所は、三国町を流れる竹田川下流、竹松と西今市にかかる橋の下付近の川原から見る景色です。

小学生の頃、夏休みになると、毎年西今市にあるお母さんの実家に遊びに行っていたお手紙の方。(今はないそうです。)

そこは村の小さな何でも屋さんで、ラムネを飲んであんぱんを食べると、最高な気分になったといいます。お母さんの姉、伯母さん一家が住んでいたとのこと。

暑い夏の楽しみは水泳。

ちょうどお盆の時期で、「カッパに肝を抜かれるぞ。」と言われても平気でいとこの女の子と二歳下の弟さんと三人で、その竹田川で泳いだそうです。

今市側から橋を渡り、竹松側の川原のところから川に入って泳いだといいますが、海に近いせいか、水がしょっぱかったといいます。

メダカを捕まえて魚屋さんごっこ。今思えばかわいそうですが、石の上に並べて陽干しの魚です。と言って遊んでいたそうです。

何十年も前のことですが、夏休みになるといつもあの川原の景色と楽しかった思い出が浮かんでくるというお手紙の方。

いとこさんは3年前に亡くなったそうですが、出来ればもう一度学生時代に戻って三人で、あの川で泳いでみたい。

正平さんに、是非あの川原の景色を見せて頂きたい。というお手紙でした。

 

早速美人さんを捕まえる正平さん

チャリオを袋に入れて、えちぜん鉄道中角駅から西長田ゆりの里駅まで輪行してスタートしました。

 

 

電車に乗って、女性の美人の車掌さんから切符を買う正平さん。料金を計算する間、席に座ってくださいと言う車掌さんに「座ろ。一緒に。」と言って困らせてました。

それでもしつこく座らせようとする正平さんに、車掌さんは近くにいた上司の方に助けを呼んでいました。

ダメですよ~!!若い子困らせちゃ~!

久しぶりに悪い癖が出てきました!もうニッコニコ!

車掌さんが座ってくれないので、仕方なく正平さんも立って切符を買っていました。

当たり前や!

「こんなかわいい人が乗ってた!」と喜ぶ正平さん。

車掌さんが「他にもいっぱいいます。」と返すと、スタッフさんに「ホンマに?もっと先まで行こや。」と嬉しそうに言ってました。

なんちゅうやっちゃ!知ってたけど!

 

春の旅に比べてウキウキな正平さんです。

秋の旅は正平さんから話しかけて交流するパターンが多い気がします。元気出てきた?

 

BGMも楽しげな曲が流れて、大いに電車の旅を楽しむ正平さんでした。

 

ランチは越前おろしそば

西長田ゆりの里駅から“竹松と西今市にかかる橋”を目指してスタート。約10kmの予定です。

そば畑の間の道を走り抜ける正平さん。少し走ってお蕎麦屋さんに入りました。

 

tabelog.com

正平さんは、越前おろしそばを注文。

大きなかつお節がたくさん上に乗っていて大喜びの正平さん。だしは既にかかっているとのこと。

少しかき混ぜた後、一味をふりかけていました。(七味かな?)

白い麺に赤い粉が映えていました。

冷たい麺だったようで、暑い日にピッタリの食べ物だったんじゃないでしょうか?

 

ってあれ?月曜朝版では熱い麺を注文してたのを観たけどな…。

今回のランチは違うかったのかな??

 

食後、四方畑に囲まれた道を走り思いっきり風を受ける正平さん。

上着が風に揺れて、背中が見える瞬間もありました。福井でも向かい風に悩まされそうです。

 

…と、「朝版」はここまでです。

 

 

美人車掌さんとの会話つづき

「とうちゃこ版」では、美人車掌さんとの会話の続きを放送していました。

福井はべっぴんさん多いのかな?上司がいなかったら持って帰るのにな。」と言ってました。

おいおい!!何言うてんねん?!

 

さらに西長田ゆりの里駅に到着して降りる時、見送ってくれた車掌さんに正平さんの方から手を差し出して握手。

降りたくないな~。」とデレデレ。

車掌さんは「暑いので気を付けて行ってきてください。ありがとうございます。またお待ちしています。」と心を込めたご挨拶で見送ってくれていました。

正平さんは「全然降りたくないな。」と文句を言いながら降りていきました。

 

よっぽど気に入っていたのと、外が暑いのとで、本当に降りたくなさそうでした。

 

調子出てきましたね!正平さん。

観てて嬉しいですよ。

 

暑さと風にやられる

チャリオで出発した正平さん。

風がキツイ中、必死にチャリオを漕いでました。台風が関東地方に上陸した影響が残ってるようです。

9月中に撮影したんでしょうか?

 

延々続く田畑の間の道を走り、遮るものがないのでモロに来る風がきつく、暑さもあり。

今回のロケもキツそうで「さっきの電車に戻りたい。お願い。」と愚痴をこぼして、スタッフさんたちを笑わせていました。

 

途中、日陰のある場所で休憩。

座り込む正平さん。

冷たいおしぼりを顔にあてて「なんと気持ちいい。」と言ってました。

 

いや~。ホント暑そうでした。

正平さんのチャリオカメラで、時々空が映るんですけど、太陽の光がまぶしくキツそうでした。

今年の暑さは長引いて、しつこかったですよね~?

のぼせるのが一番キツイです。

 

こころの風景

走ってる途中、コミュティバスの「西今市」バス停前を通過しました。

次は竹田川を探します。

橋が見えたので走っていくと、その橋の名前は竹松橋で、川は竹田川でした。

お手紙で場所を確認。お手紙に書いてあった橋に間違いありません。

お手紙では、今市側から橋を渡り、竹松側の川原のところから川に入る

ということで、橋を渡って対岸に向かう正平さん。橋から先に進み「竹松」のバス停を発見しました。

こちら側から川原に入るので間違えなさそうです。

 

正平さんたちは「竹松」バス停で涼んでから川原に戻りました。

 

足を滑らしそうになりながらも草をかき分け、川原に下りる正平さん。

川の水に指につけて「昔はしょっぱかったんだろう。今は川の水です。」と言い、味見していました。

安全かどうかわからない水をすぐに試すのが正平さん。スタッフさんたちはあまりの正平さんの行動の素早さに笑っていました。

この時字幕で*自己責任で試しています。と出ていました。

正平さんが、木の実とか水とかをいきなり食べたり飲んだりする時に、必ず出てくる字幕です。

私も観てて笑いました。

 

お手紙に書かれてあったことを、確認せずにはいられない「こころ旅』です。

 

ーーー

正平さんは、川原でお手紙を読みました。

お手紙を読み終わり「橋も変わったと思うしな。60年で。川は小魚いる。けど、そこまで石があって、どういう風な川原だったんだろうな…。」と、お手紙に書かれてあったような川の風景を思い描こうとする正平さんでした。

 

お手紙の方はお魚さんたちを見て、幼い頃を思い出されたでしょうか??

 

福井県1日目。

美人車掌さんにデレデレになった正平さんで笑って、最後に景色が変わった切なさを感じた旅でした。

 

明日は大野市です。

 

 

 

www.lovetv.site