ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*福井県4日目福井市*鮎川町のゆうじという名前の岩

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅を朝版、とうちゃこ版と丸々再放送されています。

5月18日~5月22日までは2014年春の旅の福井県です。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

324日目、福井県4日目は福井市への旅(2014/5/9放送分)

2014年5月9日放送分の福井県4日目。

2020年5月22日・プレイバック放送は、鯖江駅前の喫茶店でコーヒーを飲みながらのオープニングでした。

 

お手紙の内容

お手紙は、大阪府富田林市の73歳の方から。

こころの風景は、福井市鮎川町のゆうじの岩です。

福井市鮎川町という海岸線の町で育ったお手紙の方。

小さな漁村ながら漁舟がたくさんあり、お手紙の方のお父さんも船を持ち、鰯網の漁などで盛んなときは、船で沈まんばかりに魚を積んで帰ってくるのをお母さんと浜で待っていたといいます。

4月1.2.3日は春祭りで、はやし方(子供たちのお神輿、神楽など)でにぎわっていましたが、底引き船というのが漁をするようになってから、小さな漁村はさびれていったとのこと。

鮎川の海岸に一番背の高いゆうじという岩があり、(まわりの岩にもそれぞれ名前があったというが忘れたそうです。)十番から一番の箇所があり、一番から飛び込みが出来るようにと、十番、九番と低いところから順番に飛び込み練習をして遊んでいたんだそうです。

お盆が過ぎて海に入ると足を引っ張られて沖に連れていかれると親から聞かされていたので、8月15日を過ぎると、暑い日があってもだれも泳ぎにはいかなかったといいます。

そしてさざ波が立ち秋の気配を感じてさびしく思ったもので、今でもその風景は忘れられることがありません。

 

というお手紙でした。

 

定休日監督??

JR北陸本線で鯖江駅から福井駅へ行き、さらにえちぜん鉄道に乗り換え三国港駅へ。

三国港駅からはチャリオに乗り換え、およそ21km先の鮎川町を目指して出発しました。

 

九頭竜川沿いを走る正平さんたち。「九頭竜川デカイ!」と正平さんがつぶやいていましたが、そういわれなければ海かな?と勘違いしてしまうほど大きな川でした。

 

民家の間の道を通り、お昼ごはんにしようとお店を探しましたが店先には定休日の文字が!!

「定休日監督きました!定休日率70%以上!」と叫ぶ正平さん。

今回の監督さんの時はお店の定休日が多いってことでしょうか?

次に見つけたお店は…日曜定休日だから大丈夫と喜んでい行きましたが、料亭!!

営業中と出ていたので入っていこうとしましたが「敷居高い!」と警戒。

 

お店の前を通りかかった方にランチの値段を聞くとやはり高い様子…。

1000円までという番組の予算があるので断念。

別のお店を探すことになりました。

 

スピードを上げて次のお店探し!!

営業中と書かれたお店をやっと発見し、「みなさ~ん!やっと飯にありつけそうです!」と喜ぶ正平さん。

ファミリーレスト菊水という喫茶店でした。

「本来の俺たちの…。」と笑顔の正平さんでしたが、スタッフさんが「まだ、取材NGになるかも…。」と不安を口にします。

正平さんが撮影許可をお願いしにいくと即OK!でした。

 

そしてオムライスを注文。

大きなオムライスで、ケチャップがたっぷり乗っていてとても美味しそうでした!!

 

ごはん食べられてよかったですね!!

昨年も全然食べられない日がありましたよね~。

 

その時の旅の感想です。↓

www.lovetv.site

 

鮎川に入った

海岸線の道を進みました。

右側に海があり、道路からも海の中の岩が見えました。

 

そして鮎川園地駐車場という看板が出てきて、鮎川に入りました。

キャンプ場があるみたいです。

www.fuku-e.com

さらにスピードを上げて進むと鮎川海水浴場という看板があり、集落が見えてきました。

 

…と、ここまでが『朝版』です。

 

えちぜん鉄道の美人車掌と話してデレデレ

 『とうちゃこ版』では、福井駅でえちぜん鉄道に乗り換えるところが放送されていました。

チャリオを袋に入れて越前鉄道の車両の端っこに置き、出発。

電車には女性の車掌さんが乗っており、正平さんはお客さんが降りるところのそばにいたため、切符を回収する車掌さんに話しかけていました。

電車の中から九頭竜川が見えて「ここでこんなに広いの?」と驚く正平さん。

降りる終点の三国港駅が九頭竜川の河口で、県内で一番長い川。福井と石川の県境に源がある。と車掌さんが教えてくれました。

車掌さん独特の話し方が気になるようで「普段の生活でもそういう話し方?」と聞いて車掌さんのペースを乱していました。

 

いくら車掌さんが美人で話したいからと言って、仕事の邪魔をしたらダメですよね~。

またまた福井美人と出会えて嬉しいのは分かるけど…!

 

チャリオを押して橋を渡る

三国港駅を降りて、九頭竜川に架かる橋を渡る正平さんたち。

最初はチャリオに乗ったまま頑張って走っていたのですが、途中で怖くなったみたいで正平さんはチャリオを降り、押して歩いていました。

後ろから同じように自転車に乗った女性が来て、5人端っこに寄って道を譲っていました。

 

高所恐怖症の正平さん。迷惑かけたと橋を渡り切った時に「どうもすいませんでした。」と恐縮していました。

ーーもう2014年には橋がダメになっていたんですね!

九頭竜川が大きいから、橋も長かったです!

でもグチグチと文句は言ってませんでした。

最近の旅ではよく橋の上で文句言いながら通ってる場面が多かったので、文句言わず走ってるなぁ…と思いました。

もしかしたら、グチってるのを放送してなかったのでしょうか?

 

こころの風景

鮎川海水浴場にとうちゃこした正平さん。防波堤のところでチャリオを降りました。

海に来ていた男性に60年以上前にゆうじと呼んでいた岩はどれか?と聞きましたが、分からない様子でした。

よそから来た方で地元の方じゃなかったので、石がごろごろしてるところに来ていた地元の男性に「60何年前にこの岩に名前ついてましたか?」と質問。

男性は「はい!」と即答。そして目の前にあった、ひときわ大きな岩を指さして「これ」とゆうじの岩を教えてくれました。

「なんでわかるんですか?」と驚く地元の方。正平さんはお手紙が来て、飛び込む練習をしていたと書かれていたことを話していました。

 

地元の方は、ゆうじの岩がごつごつしていて段差があったので、そこに一番低いところから10番9番と番号を付けて、一番高いのが1番。飛び込む練習していたと教えてくれました。

そしてゆうじの岩の右側にある岩がかぐら島という名前だというのも教えてくれました。昔はタコが取れていたからタコつき場と呼んでいたことなど、たくさん話してくれました。

男性は80歳ということで、お手紙の方よりは先輩の方。よくご存じでした。

 

海の鳥が大きく鳴いていました。

正平さんはゆうじの岩が見える位置に座り、お手紙を読みました。

正平さんがお手紙を読む間も鳥が時々鳴いて、その鳴き声が人の言葉を喋ってるみたいに聞こえました。

 

天気よくて気持ちよかった。坂ちょっとあったけど、なんくるないさだった。福井県今日で、もうちょっと上行きます。石川県入っていく。最初の頃より気持ちいいな。天気もどんどん良くなっていく。あったかくなっていく。言うことありません!!」と言って番組を締めていました。

最後に海の鳥が鳴いて、終わりました。

 

福井県の旅。しんどそうなところもあんまりなくて、楽しそうでした。

美人さんにもたくさん会えて、正平さんの嬉しそうな顔が見れてこっちも楽しかったです。

やっぱ正平さんが旅を楽しんでないと面白くないですもんね。

アカハライモリを触ったり、麦畑に風が通る抜けるのを見たり…。これぞ『こころ旅』というシーンが盛りだくさんでした!!

 

来週は石川県の旅のプレイバックです。

まだまだ続きますね、プレイバック。2020春は神奈川と千葉が警戒が解けないと先に進めないですもんね。仕方なし!!!

 

プレイバックを見ながら待ってます!

 

 

www.lovetv.site