ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2019春の感想*静岡県1日目湖西市*桜とうなぎと浜名湖と

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4月1日から始まったBSプレミアムの「にっぽん縦断こころ旅」2019春!

「にっぽん縦断こころ旅」は、俳優の火野正平さんが、視聴者のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。4月22日~26日は静岡県です。

 

www4.nhk.or.jp

 

816日目、静岡県1日目は湖西市の旅

4月23日、静岡県1日目は、静岡県湖西市の多米峠付近からオープニングでした。下の方に浜名湖が見えました。

今回のお手紙は、湖西市の67歳女性から。こころの風景は、湖西市新所の女河八幡宮です。

 

お手紙の方は結婚で湖西市を離れ、夫の定年退職に伴いまた湖西市に戻って来たそうです。

久しぶりの故郷は、子どもの頃見た風景と同じなのに、楽しかった思いとは違い、郷愁にかられ、とても癒されたというお手紙の方。

正平さんに静かな小さな集落の小さなお宮さま(女河八幡宮)ですが、是非足をお運びください。というお手紙の内容でした。

 

こいのぼりを発見

峠から下り坂をゆっくりと下り、近くにいたワンちゃんに吠えられてのスタート。木々の合間から浜名湖が見えました。

少し走って道路に出ると、大きな桜の木が一本あり、満開でした。「気持ちいいな。」とつぶやく正平さん。

順調に下り坂を下りました。スタッフさんも「気持ちいいですね~。」と言っていたので、よっぽどいい気候だったんでしょう。

木々の囲まれた道を、穏やかに走ってる映像がずっと流れていました。

途中で通りかかった民家にこいのぼりがあって、風になびいて泳いでいました。「気持ちよさそうに。」と言い、後ろから風が来ていると言っていました。

 

コテマリン前の広場でランチ

ユタカマリーナと書かれた建物前を通過すると左側がパアっと景色がひらけて、湖が見えました。

しばらく走って、たくさんの民家の中の道路を通過し、間の道を入っていきました。

コテマリンというマリーナの前の広場には桜がキレイに咲いていて、テーブルと椅子が設置されていたので、そこでランチ。

お弁当を頼んであるとのこと。「花見だ花見。」正平さんは喜んでチャリオを降りました。

今回の監督は場所選びがいいですね!広場に咲いていた桜はちょうど見頃で咲き誇っており、見事でした。

桜には鳥さんもとまっていて、よく鳴いていました。正平さんは桜と鳥、目の前のマリーナという景色を堪能してはいましたが、「飯はまだか?」とお昼ごはんに期待が膨らんでる様子でした。

「飯はまだか?」って言葉で、私は「だいじょうぶだぁ」のコントを思い出しました。

(昔フジテレビで放送してた、当時の子どもに大人気だった志村けんさんのコント番組です。↓)

志村けんのだいじょうぶだぁ - Wikipedia

 

ーーーはい!関係ないですね!話を戻しましょ。 

 

桜のピンクと暗い色の鳥、遠くに見える山の緑、空の青。止まってる船の白。それらを見ている正平さんの後ろ姿。絵になってました。

色々な色がいっぺんに映えるキレイな景色でした。いやいや今日の監督さんいいところ選んでます!女性の声でした。

 

…と、ここまでが「朝版」です。

 

 「とうちゃこ版」では、目の前に見えるマリーナが松見ヶ浦という名前だと紹介していました。

お昼が到着し、正平さんがカメラさんに見せてくれました。「ワオ」と思わず声が出るスタッフさん。うな丼でした。

「さすが浜名湖ですね。」と嬉しそうに言う正平さん。皆でテーブルを囲んで食べていました。

正平さんはうなぎを頬張って「うなぎだ。浜名湖だ。天気いいし。桜の下だし。」と、ゴキゲンさんで食べていたと思ったら「酒くれ。」と言ってました。おいおい。

広場のベンチでは他にもお花見をしている人がいました。

 

いいシーンでした。天気よくて楽しそうで、仲間に入れて欲しいぐらいでした。

 

桜の女河八幡宮

食後。

走っていると「女河浦海水浴場」の看板が出てきました。もうすぐだと思われましたが、なかなか見つからず、しばらく走りました。

田畑と川の間を走り、民家と田畑の間を通り抜けていくと、桜がたくさん咲いている女河八幡宮とうちゃこ。

 

 

チャリオを立てかけた正平さんは「ほんとに浜名湖の真ん前だ。」と言って目の前にある浜名湖に近付いて行きました。

堤防があって、八幡宮からは水面が少しだけ見えました。

堤防にもたれて浜名湖を見る正平さん。対岸をさして「あっちに住んでらしゃるんだよ、きっと。」と言ってました。お手紙の方は対岸にお家があるのです。

 

水面は穏やかでした。

 

こころの風景

女河八幡宮の境内に入り砂利の音を鳴らしながら歩く正平さん。旅の安全を祈っていました。

 

風が吹いて、桜の花吹雪が見れました。

浜名湖の水の青さと桜のピンクを、カメラさんがズームで撮って見せてくれました。

絵みたいなキレイな風景でした。

花びらがゆっくり散っていくように見えました。

 

境内でお手紙を読んだ正平さんでした。

 

 

静岡県1日目。お手紙の通り、とても静かでゆっくり時間が流れていました。

走ってる時に正平さんが何度も「気持ちいい。」と言っていて、こちらも見ていて楽しかったです。

行く先々で桜が咲いていて、海の青と合わさってとても美しい風景を見せて頂きました。

ありがとうございました!!

 

明日は浜松市です。

 

 

www.lovetv.site