ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2022春を観た感想*北海道2週目2日目富良野市*真っすぐの道を走って空知川河川敷でボーっとする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

7月11日~7月22日は北海道の旅です。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前日、北海道の旅2週目1日目中富良野町への旅を見た感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

1113日目、北海道2週目2日目は富良野市への旅

7月20日放送分北海道2週目2日目は、富良野市のハートヒルパーク展望台 でオープニングでした。

goo.gl

展望台から見える富良野の風景を見ながら、正平さんは「田中邦衛さんがいたのどのへん?」と聞き、「この山の向こうあたりが…。」とスタッフさんが返すと「ああそうですか。大好きな邦さん。ふーん。あーあーあああああーあ。だよね。この向こうか。何回も来てたんだろうな。」としみじみとしていました。

正平さん、田中邦衛さん大好きだったんですね!

親交があったんだ…。

この前は山城新伍さんの名前が出てたり、鶴瓶さんの名前も出てました。

俳優仲間のお名前が出てくると、正平さんの芸能界の交友関係が垣間見えたようでちょっと嬉しいです。

話はズレますが、前に2015年の旅だったか。横浜を走ってる時に、別番組で収録途中のきたろうさんに偶然会って、きたろうさんが「火野正平さん!!」と、ものすごく喜んでたのが印象に残ってます。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、京都府宇治市の52歳女性から。

こころの風景は、 空知川の河川敷 です。

今から20年ほど前。北海道で暮らしてみたい。とそれまで仕事を辞めてとある町に移り住んだお手紙の方。

住み込みの仕事で朝早く、プライベートな時間もあまりとれず。大好きな北の大地に来たのに、疲れ気味の毎日。

それでも1週間に一度はお休みがあり、そんな時によく訪れた思い出の場所。

富良野駅から38号線を北の峰方向に歩いて行く途中にある空知川の河川敷です。

駅から富良野の街をぶらぶらして、軽食などを買ってそこへ向かう。国道からどうやって河川敷に下りたのか?記憶なし。

何かおりられる道があったのでは…?

河川敷と言っても、お手紙の方が気に入っていた場所は、整備されていない川沿いのただの草の上。

その草の上に腰を下ろし何も考えずただボーっとして過ごし、時には寝転がって昼寝もしていたとか。

特別美しい景色が見れた記憶はなし。

短い北海道生活で思い出すのは、その河川敷で過ごした無の時間。

憧れの北海道での生活。現実の厳しさと少しのホームシック。そんなモヤモヤした気持ちを無にする時間。

ただボーっと過ごした時間がお手紙の方のこころの風景です。

 

…というお手紙でした。

 

253号線を走る

富良野駅を経由して、空知川の河川敷を目指して出発しました。

下り坂を「気持ちいい!雨来たっていいよ!」と言いながら下りて行きました。

長い坂を下り、道道253号線を富良野市街方面へ左折。

トウモロコシ畑の横の道を走り、253号線を右折。

またまた長い直線道路に入りました。

 

道の途中でストップ。休憩することになりました。

休憩していた場所から見えるとんがった緑色の屋根の建物の上に、数十羽の鳥さんたちが横一直線にキレイに並んでいました。

スタッフさんが「この並び方、決まってるんですかね?」と疑問を持つスタッフさん。

せいの!で滑って欲しいね!」と笑って返す正平さん。

屋根の急角度が、ちょうど大きなすべり台のように見えました。

 

逃げ水を見る

次に、遠くの道路上に"逃げ水”が見えるのを発見したスタッフさん。

ja.wikipedia.org

逃げ水とは、よく晴れた風のない暑い日のアスファルト上に、水があるように見える現象です。↑上記Wekipedia参照です。

毎年、『こころ旅』で逃げ水を見ますね!

もうそういう暑い状態か。ほー。逃げ水に車写るからな!どう考えても不思議なのよ!ない水によ。」と感心する正平さんでした。

正平さんの言う通り、車が逃げ水に反射してうつっているのが撮影されていました。

 

本当不思議!!

『こころ旅』で正平さんがこうやって話をしてくれるまで、本当に水があると思って見ていたと思います。

多分、全く不思議にも思ってなかったです。

正平さんとこころ旅が教えてくれました。

 

Bカメに同情?!

38号線と富良野駅の名前が案内標識が出てきました。

大きなアンダーパスの道路は、チャリオを降りて通りました。

アンダーバスを通り抜けた信号の交差点に、カメラマンさんの新井さんと根木ディレクター2人が構えたBカメ班がいました。

正平さんは、Bカメ班に「大変ですね。おたくらも。結構寂しい人数でやってるんです大変ですね。おたくらも。」とニヤニヤ。

ま、うちらも大したことないすけど。」と自分たちの班のことも自虐してました。

お互い笑うチームこころ旅です。

 

5人だけじゃないんですよね。

Bカメさんが待ち構えて遠くからの景色も含めて『こころ旅』を撮ってくれています。

Bカメさんがいるから、正平さんたち5人のキレイな隊列が並んで走っているのが見れる。

美しい景色込みで見れる。

Bカメさんとも、話をしながら走る。

みんな仲いいですよね~~!!

 

Bカメさんの前を通過して、富良野駅に着きました。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

ランチはスープカレー

『とうちゃこ版』では、8線のバス停を通過。富良野駅近くから先のところが放送されていました。

ここで降りて歩いた。」とお手紙の方が降りた富良野駅をじっくり確認してから、動き出す正平さんたち。

すずらん通り商店街を通るために左折。

すずらん通りと書かれたアーチの下を通り、真っすぐと進みました。

アーチを抜けてまだまっすぐ。左側にあったお店・きちに到着。

restaurant-11500.business.site

 

 

正平さんは、ポークのご飯少な目の小盛で辛さは4を注文。

運ばれてきたスーブカレーに「2週続いてスープカレーです。」と喜ぶ正平さん。

先週のお店で習った、スプーンでご飯をすくってからスープに浸す。という食べ方を守って食べていました。

ちなみにその時の旅の感想はこちら。↓↓↓

 

www.lovetv.site

 

大きなにんじん、じゃがいも、ピーマン、ズッキーニ、しめじ、鶏肉、ポークが入っていました。

一口食べて「うーん。結構辛いね!」と顔をしかめる正平さん。「でもうまい!スープ。」と言ってました。

ちゃんとポークが入っていることを確認。

うまいもんだね。バカにしちゃいかん。」と先週に引き続き絶賛してました。

 

私も先週の放送を見てスープカレーが食べたくなってます。

今日スーパーでスープだけを見つけたのですが、具は用意しないといけなかったので、保留にしてます。

次見つけたら作ろうかな…。どうしよう。

 

おいしかったです。」と何度も言ってお店を出た正平さんでした。

 

こころの風景

きちを出て、交差点を二段階右折。38号線に入りました。

山の方に向かって走り、車屋さんが並ぶ前を通過。

空知川に架かる新空知橋の手前でストップ。

川を見るために道路をまたいで橋の手前の右側に渡り、チャリオに乗ったまま河川敷の細い道を通りました。

河川敷広いな!森になっちゃってるよ。。」と正平さんが言う通り、河川敷から川を見ようとしてるのに、高い木があって川が見えません。

道を進んでいると、川が見えてきました。

カメラマンさんのジュンさんに「ジュン。見えてるけど、これじゃどうしようもないな。お手紙読むのも。」と言って迷う正平さん。

草の上に座ったとしても、木が高くて隠れて川が見えません。

 

新空知橋のところまで戻って、河川敷の草のところにある道を通って、橋の下に行きました。

橋の下は川は見えるが、草むらっぽくはありません。

どこでお手紙を読むか??

監督さんと相談する正平さん。

お手紙に書かれていた"「ボーっと」できそうな場所を探す”と字幕に出ていました。

 

チャリオで河川敷の砂利道を走り、景色が開けて見えて川が見えるところまで出てきました。

正平さんが「チャリオはここだな。」と決めたところでストップ。

チャリオから降りました。

監督さんも「いいと思います。」と言ったので、ここで決まり!!

チャリオは草の上に寝かされて、正平さんが草の上を歩いて川に近づいて流れを見ました。

ボーっとできる場所発見!です。

 

川べりのコンクリートの階段の上に座り「流れが結構あって川幅広くて。空知川デカイ!川風がいい感じ!はー!なんぼでもボーっとできるよ!」と落ち着いた感じの声を出す正平さん。

そして空を見上げ「ありがとう!よく降らないで持った。」と天候が悪くならなかったことをにお礼を言ってました。

そして、お手紙を読みました。

 

青い空と川べりの森の緑。川の流れる音。新空知橋が横一直線に伸びていました。

お手紙を読み終わった正平さんは「ボーっとするにはもってこい。でも。俺あんまりボーっとしてるとチコちゃんに叱られるんだ。明日もあるから行くね!バイバイ!チコちゃんボーっとしてねえよ~。」と言って番組を締めていました。

 

お手紙の内容を聞きながら空知川を見ると、色々な思いをこの流れに乗せて流してたんだな~~と思って景色を見ることが出来ました。

 

私は今、川の近くに住んでます。

コロナが流行り出してすぐぐらいに、よくその川の河川敷の道を歩きに行きました。

私はその頃。10年以上かけてきてやってきたことを、もうそろそろ諦めないといけない時期に来ていました。けど諦めきれず続ける日々。

しかもコロナで気持ちはふさぎがちになり、とにかく歩くことで何か進んでるような気持ちを味わいたかったのかも。

そして、ふと正気に戻った時に河川敷の広さにこわくなって、現実に引き戻される。

今回のこころの風景を、自分と重ねて番組を見ました。

みんな似たようなことがあるんだなぁ…と思いました。

 

北海道2週目の旅でめぐる町

北海道2週目の旅でめぐる町は、NHKのホームページの番組表によると…

 

  • 7月19日…中富良野町
  • 7月20日…富良野市
  • 7月21日…釧路市
  • 7月22日…最終日

 

の放送予定です。

 

次は、釧路市への旅です。

 

www.lovetv.site