ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2022春を観た感想*北海道2週目4日目春の旅最終日・釧路湿原*

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

7月11日~7月22日は北海道の旅です。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前日、北海道の旅2週目3日目釧路市への旅を見た感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

1115日目、北海道2週目4日目・春の旅最終日は釧路湿原への旅

7月22日放送分北海道2週目4日目・春の旅最終日は、前日の目的地・春採湖でオープニングでした。

前日お手紙を読んだときに、Bカメさんがいた丘の上で、今度は正平さん淳さんたちが立ってここでオープニング。

交代で今度は、Bカメさんが前日正平さんたちがいた位置からカメラを構えていました。

お手紙を読む前から、ゴキゲンな正平さん。

今日で終わりや!よう頑張った。最初の頃腰痛かったけど。スキップできるしな。本当にもうどないしょうかと…。自転車足あがんなかったから。それでも自転車はこげたんです。いやーなんていうんですか。職業意識ですかね。」と。

そう…奈良県の旅の時に腰痛のことをグチってました。この話おもろかったです。

 その時の旅の感想はこちら。↓↓↓

 

www.lovetv.site

 

昨日の旅の最後に「帰りたない。」って言ってたのに。正平さんが終わらせたくないって思ってくれてるって喜んだのにな。

スキップまでしちゃって…。

最終日です!

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、奈良県生駒市の60歳の方から。

こころの風景は、釧路湿原の中にある岩保木(いわぼっき)水門周辺の景色 です。

お手紙の方の故郷である釧路。今もお母さんが住んでいて、帰省の際には幼少期を過ごした故郷の思い出の場所を訪ねるそう。

しかし岩保木水門周辺は、釧路湿原保護のためなのか現在は車で行くことが出来ず。もう何十年も行っていないとのこと。

お手紙の方の子供の頃は川沿いの舗装されていない道で、車も走れたそう。

釧路市内に住んでたが、小学生の頃はお友達やお手紙の方1人でも新釧路川沿いの道を河口付近から岩保木水門に向けて自転車で走っていたとか。

お手紙の方が通っていた高校のマラソン大会も、河口の愛国浄水場の付近から岩保木水門方向に7.5km走りUターンして戻って来る15kmのコースだったそう。

直線のコースなので街中を走るのとは全く違い、景色はゆっくりと変化していくが、数キロ走ると市街地の風景も見えなくなり、湿原の中にいるような感覚になるといいます。

今年還暦を迎えたお手紙の方。子供のころ見た風景は50年近く前のものになっています。

コロナ禍で釧路に3年近く帰っておらず。

是非、正平さんに自転車でこの道を走り、その風景を見せてもらいたい。

 

…というお手紙でした。

 

春の旅最終日ランチはフランス料理

春採湖から新釧路川沿いの道に向けて出発しました。

街中の道を走り、中園通のバス停前を通って、右側のクリーム色の壁の建物のレストランでお昼ごはんです。

貸切とか書いてあって「フランス料理だよ、いいの?入って。」とビビる正平さん。

今日春の旅最終日ですから。」と返す監督さん。

正平さんはチャリオを止めつつ「似合わねー!どうしても似合わない。」とちょっと困った顔になってました。

フランス料理とは程遠い俺たちなんですけど…。」緊張しつつ入店。

5人分の席がセットされていた長いテーブルの端っこに座る正平さん。「困ったな。」と本音を漏らしていました。

お水を出されただけで緊張!!

感じのいい女性の方が接客をされていて、地元の食材を使った料理を出すお店だと説明をしてくれました。

最初にスープが出され、「魚介類!おいしい!」と絶賛してました。

カニやエビが入っていたようです。

そしてメインのハンバーグ!

ハンバーグはラム肉100%。隣の白糠町のもの。

トマトは本別町のもの。ソースと一緒にゴロゴロとたくさんハンバーグに添えられていました。

トマトと一緒にハンバーグを食べる正平さん。

うーん。トマトあまい!ふーん。」とうなってました。

トマトは糖度の高いものだそうです。

 

おいしいおいしい。米食いたくなるな。」と言ってました。

へー。ヒツジだって。」と珍しそうに食べていました。

 

最終日のランチはとても豪華でしたね!!

1111日目のプレゼントがなかったし、今回は最後にスタッフさんから正平さんにプレゼントだったのかな?

 

食後。

お店の方に「頑張ってください。楽しみに見てるので。」とお見送りされていました。

とっても丁寧な接客をされる方でした!!

正平さんは「またなんかあったら来ます。ごちそうさま!」とお礼を言ってお店を出ていました。

 

新釧路川沿いの道へ

住宅街の低い位置から、新釧路川沿いの道に出るため。チャリオを押して上りました。

交通量のある道を渡り、新釧路川沿いの道に入りました。

河川敷広し。道遠し。」とつぶやきながら走り続ける正平さんでした。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

愛国浄水場を目指す

『とうちゃこ版』では、出発の春採湖からのザっとした目的地までのコースを監督さんが告げていました。

まずは、お手紙に書かれていた愛国浄水場を目指して走り、マラソンコースだったという新釧路川沿いに行く。というコースを走る予定とのこと。

 

春採湖を出発して、まずは"新"じゃない釧路川に架かる茶色い欄干の大きな橋を渡っていました。

橋からは、河口側に見える橋が幣舞(ぬさまい)橋が見えました。

その景色を撮るために橋の上でストップしてました。

 

次に学校横を通過。

この学校がお手紙の方の母校でしょうか??

住宅街を走っていると途中で左側に大きな施設が出てきて、それが愛国浄水場だと分かりました。

愛国浄水場に着いて「お手紙ください!」と冗談を言う正平さん。

 

監督さんに「いや!ここから出発したんです。」と笑ってツッコまれ「えー!聞いてないよ!」と大げさに驚いてました。

浄水場は工事中で、工事内容を説明する看板『愛国浄水場施設位置について』が立っており、昭和34年に供用開始してから約60年経過した現在までの『愛国浄水場更新事業について』が時系列に詳しく説明されていました。

 

お手紙の方がいらっしゃった時は、まだ10年ぐらい経った頃だったんでしょうか??

 

そして『朝版』の最後で放送されていた、新釧路川沿いに出ました。

 

こころの風景

新釧路川の河川敷の道に入りました。

お手紙に書かれてあった通り、まっすぐに伸びた長い道です。

途中、スピードが速い車が走っている道路をまたいで進みました。

すると、見えてきたのが湿原!!

道の先でゲートが閉まっていましたが、係員さんが開けてくれました。

そのまま進むチームこころ旅。

一気に湿原に囲まれた景色になりました。

 

本当にまーっすぐに伸びた直線の道です。

正平さんは息が切れてストップ。

あのさ、鶴もタンチョウかどうかしらんけど俺たちも単調やの。」とつぶやきます。

笑う監督さん。

なーんも変わらんぞ景色。なーんもおらんし。まだ、監督が言うには5キロある。」息を切らしながらもぼやきます。

そうですね…。5キロ弱。」と返す監督さん。

ええー?

5キロ!!

キツイなそれは。でもお手紙に書かれてましたもんね。

春の旅ラストランだから???

正平さんは「なんか出て来ーい!こうなったらクマでもゾウでもええわ。せっかくここまで来たのに。キリンとかいたら嬉しやろうな。」とファンタジーまで言うようになってきました。

しかし静かやな。」と鳥の鳴き声を聴いていました。

 

ひたすら進む正平さん。

道の先に建物が見えてきました。

近づいて見ると、道の先に見えたのが新・岩保木水門。

川の方に見えるのは、お手紙の方が見ていた旧水門です。

チャリオで河川敷に下りて行き、旧岩保木水門へとうちゃこ

昭和六年八月に出来たそう。

正平さんはチャリオから降りて「チャリオごくろうはん。よう春の旅走ってくれた。コケんとよう来たよ。エライエライ。。」とチャリオにお礼を言ってました。

そして古くなった旧岩保木水門を見て「うらぶれてるな。いい感じだけどね。でもちょっと悲し気だな。」と感想を言ってました。

ここまで来て、折り返し。また走った。…愛国浄水場まで。」とお手紙の内容を確認。

そして、道からは見えてなかった新釧路川の水を見てました。

 

次に階段を登ってグルッと湿原を見回すと、水際にはサギが。

湿原の緑が深いところには鹿がいました。

 

正平さんは、旧岩保木水門の近くに座りお手紙を読みました。

お手紙を読み終わり「50年前とはちょっと違うだろうけど、徐々に景色が変わって。ここは一緒だと思います。いやー静かな。今ファーッといい風が吹いてます。よし!えー長らくやりました春の旅。今日にて終わり!えーちょっと休んで遊んでまた秋の旅走るつもりでーす。それまで忘れたらあかんかんねー!帰ろうースーキップ!」と言ってそのまま終わりました。

あれー??

昨日は帰りたないって言ってたのに。

最後は嬉しそうでしたーーーー。(´;ω;`)

 

春の旅ラストが釧路湿原!!

ブラタモリだったら色々お話を聞いたりして学ぶんでしょうが、あくまでお手紙の方の思い出の風景を見に行く旅。それこそが『こころ旅』。

最後まで『こころ旅』らしさを貫いてくれました。

高級フレンチに戸惑う正平さん、かわいかったです。

「似合わねー!」と言ってるのも面白かったです。

最後まで愚痴もありつつの『こころ旅』らしさ満載!!笑いのある旅でした。

 

ーーーー

寂しいけど…お疲れ様です!!!

中断もなしに完走出来ましたね!

腰痛は心配でしたけど、よかったです。

秋の旅は10月3日から放送です!!

それまで寂しいけど待ちます!!!

楽しい朝と夜の時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

 

北海道2週目の旅でめぐる町

北海道2週目の旅でめぐる町は、NHKのホームページの番組表によると…

 

  • 7月19日…中富良野町
  • 7月20日…富良野市
  • 7月21日…釧路市
  • 7月22日…最終日

 

の放送でした。