ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2019春を観た感想*三重県3日目松阪市*まだまだ売れてない正平さん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4月1日からBSプレミアムで「にっぽん縦断こころ旅」が始まりました!

「にっぽん縦断こころ旅」は、俳優の火野正平さんが、視聴者のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。4月8日~12日は三重県です。

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送です。

 

www4.nhk.or.jp

810日目、三重県3日目は松阪市の旅

おはようございます。三重県3日目で春の旅が始まって7日目でやっと春みたいなお天気なんだ。ずっと寒かった。伊勢にいます。

4月11日放送分、三重県3日目は、三重県伊勢市の大仏山公園でオープニングでした。正平さんの声がホッとした声で、本当に嬉しいんだろうなと思いました。

三重県1日目の英虞湾の時も見た目暖かそうでしたけど、まだ寒かったんですね…。

 

「志摩行って、鳥羽行って伊勢行った。ずっとこの辺巡ってた。あと松阪の牛しかないね。」と食事の希望を言う正平さん。

仏山からは前日に行った答志島が見えました。

 

今回のお手紙は、愛知県愛西市の56歳女性から。こころの風景は、三重県松阪市櫛田川河口です。

お父さんの実家がある松阪。

お父さんは、おじいちゃんのしたことが原因で我慢の限界となり、家を飛び出し、そのままお母さんと結婚。いまだに家出中。

お父さんにとっては、とんでもない親だったおじいちゃんですが、お父さんには申し訳ないが、お手紙の方はおじいちゃんが大好きだったそうです。

正平さんに、おじいちゃんとの思い出の場所、櫛田川の河口近くの橋の上からその風景を見て欲しい。というお手紙でした。

 

お肉を食べたいと言う正平さん

出発前、「お昼は松阪牛?」と期待する正平さん。志摩鳥羽ではずっとお魚ばっかりだったとブーたれてました。

 

ええ?お魚もおいしそうだったじゃないですか?

まぁ、別の名産も食べたいんですね!!きっと。

 

パラグライダー発見!

約18km先の櫛田川河口を目指して、伊勢街道を走り出した正平さんです。右側に2両の近鉄電車が走っているのが見えました。

走りながら正平さんは「気持ちいい。走ってて。へへへ。」と言っていました。太陽の光がいっぱい当たってました。

 

順調に走っていると、櫛田川に出ました。片側2車線の大きな橋の道路を走る正平さん。橋を渡りきると次は土手沿いを走りました。

上に道路が走るのをくぐって、さらに走ると、両側に畑が広がるなかの細い道を走りました。

するとその道の先の空に何かが飛んでいるのが見えました。モーター音も聴こえます。

正平さんたちはここで一旦休憩。空に飛んでいたのはパラグライダーでした。パラグライダーは低い位置になり、川のところへ降りていきました。

 

さらに進むと河口に着きました。

 

…ここまでが「朝版」です。

 

売れてへんな~この辺で 

 「とうちゃこ版」では、櫛田川に出る前に近鉄斎宮駅の近くに寄り、「伊勢うどん」と看板に書かれたうどん屋さんに入ってランチを取る事になりました。

正平さんたちはもちろん伊勢うどんを注文。

待っている間にお店の女性に正平さんが「お母さん、火野正平っていう俳優聞いたことない?結構有名な奴。女たらしとかで。」と質問。女性は笑いながら“女たらし”のことは「それは知らんけど。」と返答。

「それ知らん?よかった。」と一安心する正平さん。続けて「あのお芝居がうまい俳優さん。」とさりげなく自分で自分を褒めます。

「聞いたことあります。」と答える女性に「俺やがな!」とツッコむ正平さん。

「え~?テレビに出てくるのと全然違う。分らんかった。」手を止めて正平さんの顔を見て笑う女性です。「違うか?売れてへんなこの辺で。」と言うと皆で大笑いしました。

「そうなの?」女性も笑うしかありませんでした。

あまりに普通に作業を続ける女性に、自分から正体を明かす正平さんです。

正平さんって、がっついてくる人には逃げるのに、全く気付いていない人とか、内気っぽい人には自分からガンガン話しかけますよね~?

前日の答志島での女性とは全然違う反応だったから寂しかったのかな?

もっと大歓迎を期待していたのかも。

若い女性ならちょっと諦めてるところがある正平さんですが、年配の人で自分の事を知らない人がいるとちょっとショックを受ける正平さんです。

 

私の年代でも、正平さんのこと知らない人多いですからね。私は2時間ドラマが好きだから知ってたんです。

何年も前から、この「こころ旅」を周りの人に宣伝してても「誰?」と言われて、朝ドラ「芋たこなんきん」とか、土曜ワイド劇場「混浴露天風呂連続殺人事件」シリーズなど、正平さんが出演してたドラマを熱く語っても、全くついてきてくれず寂しい思いをしていました。

今は思う存分ブログで語れて嬉しいです。でもまぁ、「芋たこなんきん」は國村準さんのお兄さん役でいい役でしたけど、「混浴露天風呂」シリーズはお色気だから、学生時代の時はあんま大きい声では言えなかったですけどね…。

みんな2時間サスペンスとか観てませんでした。

 

すいません、話ズレました。

 

伊勢うどん

伊勢うどんは太麺のとても柔らかく煮たうどんで、甘い醤油で味付けされたうどんです。

やらかい!うまいわ。うん。」と正平さんは嬉しそうに食べてました。

おもちみたいに麺が伸びてました。不思議です。

 

食後。

お店を出る時にお店の人に「火野正平覚えといてよ~。」と言っていました。だいぶショックやったんでしょうか?

 

櫛田川河口に着く

「朝版」で土手の下の農道を走っていて、いつの間にか櫛田川に到着していましたが、その続きです。

河口には舟がいくつか泊っていました。おじいさんの舟もあったのだろうと想像出来ました。

そして河口からお手紙のおじいさんの様に、今度はチャリオで川を遡上することになりました。次は土手を走って上流へ向かいます。

 

走っていると橋が見つかりましたが、黄色いシートがかぶさっており工事中でした。お手紙の方が希望する、“橋から川を見る事”が出来ません。

工事中でも渡る事は出来たので、もう一つ向こうの橋まで行く事になりました。歩行用の橋の両側には、黄色いシートがかぶさっていて、川が見えません。

シートをかぶせて、橋の欄干部分を青くペンキで塗り直す作業をしていました。

橋が怖い正平さんとっては「いい感じ。」と川が見えない方がかえってよかったようです。

しかし!お手紙を読むためには河口が見える位置を探さないといけません。

 

もう一つの橋を見つけて「あ、あれはブルーに塗ったあとやな。」という正平さん。

もう一つの橋・松名瀬橋は、キレイにペンキが塗られていました。チャリオを降りて歩いて橋を歩き、河口が見えるかチェックしましたが、見えませんでした。

 

橋を渡り、「どこまで木の舟で上がれたんやろう…。」と言いながら土手の道を歩く正平さん。「河口を見せたい。」と見える位置を探してどんどん進みます。

河川敷に少し下りて「もっと下に行った方がいいか?ジュン的には上の方が?」と監督に相談する正平さん。「上の方がいいかもしれないですね。」と答える監督。

カメラは河口をズームして位置を確認していました。

 

私は、このお手紙を読む場所を決める時の正平さんとスタッフさんとの会話が好きです。

お互い意見を言い合って、お手紙の方が見たい風景と照らし合わせてキレイに見える位置をいつも話し合ってらっしゃいます。

前にも「役者は監督がやれって言われたらなんでもやらないかんから…。」と言っていました。基本監督が言う事に従うスタンスだけど、「こころ旅」では出演者でもありカメラの位置に関しては、意見を交わす正平さんです。

 

 監督との事を話してた回です。↓

www.lovetv.site

 

こころの風景

お手紙を読む場所も決まり、河川敷に座る正平さん。よもぎをみつけていました。「お魚はさっきからぴょんぴょん跳ねてんだ。割とデカいのが。」と言う正平さん。

お手紙と一致する風景を探してくれていました。

 

お手紙を読み終わり、「来たよ。お魚跳ねてたよ。まあ風はちょっとあったけど、春の旅はじまって、はじめて暖かいなと思いながら。川もキラキラその辺してるし。いいですね。やっと春になりますね。よし!三重県3つめやった。あとはもう1日あるな。」と言って立ち上がり「ようこそ三重へ津津津津…。ここは松阪。」と番組を締めました。

 

三重県3日目。松阪牛は叶いませんでしたけど、三重名物の伊勢うどんを食べてました。

志摩、鳥羽と海産物を食べて今回は伊勢うどんと三重のおいしいものを次々と食べてる正平さん。

旅を満喫してます!!

今回はようやく春めいてきて、道も険しくなくてよかったです。

芸能人・正平さんだと気付いてもらえないということもありましたが、観ていて楽しい旅でした!

 

明日はいなべ市です。

 

 

 

www.lovetv.site

 

www.lovetv.site

www.lovetv.site