ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

土曜ナイトドラマ べしゃり暮らし 第2話の感想とあらすじ 漫才は面白ければそれでいいもの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週土曜夜11時15分(一部地域は除く)から、放送中の間宮祥太朗さん主演ドラマ『べしゃり暮らし』。8月3日に第2話が放送されました。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

第1話の感想はこちら↓

 

www.lovetv.site

 

 

あらすじ

上妻圭佑(間宮祥太朗さん)と、“きそばAT”というコンビを組んで、文化祭でアドリブ漫才を成功させた辻本潤(渡辺大知さん)。

圭右に「本気で目指してみいひんか?芸人。」と誘うものの、そば屋を継ぐと言って断られた。

辻本は、芸人時代世話になったデジタルきんぎょという先輩芸人のライブ会場に、圭右と子安(矢本悠馬さん)を連れて行く。

デジタルきんぎょ・ボケ担当の金本浩史(駿河太郎さん)に、書いてきた漫才の台本を読んで、プロの批評が欲しいと言う圭右だったが、酷評される。

荒れる圭右の前に、金本の相方・藤川則夫(尾上寛之さん)が現れて、「1回ネタこき下ろされたからってキレてる場合ちゃうやろ。」と言う。藤川は、素人なら適当に褒めて返すところを、金本がちゃんとダメ出しした意味を受け止めろと言い、“努力出来る才能持っるやつが天才”と、励ますのだった。

藤川に励まされ、金本の言葉をポジティブに受け止め過ぎて、先輩に対して失礼な態度を取り続ける天然の圭右。自分の真価はアドリブだと熱く語る。

金本はあくまで学園内での面白い人間止まりだと忠告するも、またもやポジティブ思考で間違って受け止める。

 

藤川に呼ばれ、辻本の元相方・静代(小芝風花さん)が辻本に会いに会場までやって来た。「俺らの漫才はもう限界」という辻本の言葉に納得のいかない静代。

辻本と静代のSHIZU‐JUNは、本当に限界なのかを確かめるため、舞台を借りて復活漫才をすることになった。

舞台にセットされたサンパチマイクを初めて見て、言葉を失う圭右。SHIZU-JUNの漫才はうまくて面白くて、なぜコンビ解消になるのかが分からない。

金本は、辻本が静代を好きになってしまい、これから起こるであろうコンビの芸のぶつかり合いを想定して、今では仲悪くなったデジタルきんぎょのようになりたくないと、仲の良いうちにコンビ解消をしたかったのだと語る。

 

f:id:lovetv:20190805155839j:plain

 

舞台上で順調に漫才をしていたかに見えた辻本は、オチの手前でネタをやめてしまう。焦る静代は、舞台から漫才を見ていた人たちにうまくいってただろうと同意を求める。藤川はいいと言うが、金本は黙り込む。

そこへ空気を読まない天然の圭右が「面白いけど、自分たちが楽しめてねえよ。」と指摘する。

痛い所を突かれた静代は「うるさい!楽しんでやっとるわ。ど素人が!」と泣きながら罵倒。

舞台を去る静代。

追いかけてきた辻本に、解散の理由も分かってたが、好きな人の隣で漫才をずっとしたかったと涙ながらに訴えたが、「漫才してて楽しかった?」という問いに答えない辻本に全てを悟り、帰って行った。

 

辻本は、圭右となら漫才を楽しめると気づく。

そして圭右も、辻本と漫才をして楽しい。これが漫才か。と思ったと金本に語る。辻本と圭右の気持ちは一致していた。

 

…というお話でした。

 

SHIZU-JUNの復活漫才

小芝風花さん演じる静代が上京してきて、辻本と復活漫才していました。

静代の性格も関係してるのかもしれないですけど、SHIZU-JUNの漫才は最初から迫力が強くて、怖い感じがするなぁと思いました。

それが、途中から“楽しんでない”という話になったので、なるほどなぁと思いました。

必死な漫才だから迫力があって怖く感じたのか、と。

上手な漫才をするのは当たり前にクリアしないといけないラインで、その上に必死で楽しんでない雰囲気まで出して漫才をしていたってことですよね??

特にボケの小芝風花さん演じる静代!

必死さがにじみ出る声の張り方が見事でした。

ちょっと声出し過ぎちゃうの?と張り切ってるな~と思ってたら、そういう風に見えるよう演技してたんですね!

漫才も練習しないといけないし、コンビ解消したくないという気持ちを出す演技もしないといけないしで、俳優さんって大変ですね!

 

演技うんぬんは置いといて、ネタの「世帯主」ってところが面白かったです。

あの辺は楽しんで喋ってるように見えましたけど、どうだったんでしょうか?ちょっと慣れてきてボケてたって感じに見えました。

 

 

プロに学ぶ素人、素人に学ぶプロ

素人の圭右にアドバイスしていたデジタル金魚の金本。逆に漫才は楽しんでやるものだと圭右に教えられていました。

最初は楽しくて漫才を始めたはず。

いつの間にかマンネリになって、責任のなすりつけ合い。

よくあることなんでしょうか?

観てる方はそんなことも知らず、漫才に笑わせてもらってますけど、仲悪いって知ったらショックです。

 

仲悪くても面白いってどういう状態なんでしょう?

SHIZU-JUNの仲良くてうまくいってるという方が、自然なように思います。

芸の道のことはよく分かりません。

 

この第2話だけで何話も話が出来そうな濃い内容の話だったと思います。

 

静代とはるかのコンビも楽しみ!

残念ながら、辻本とコンビ別れした静代。親友の江草はるか(柳ゆり菜さん)からコンビを組まないか?と誘われていました。

この二人の漫才も楽しみです!

どんな漫才になるんですかね~?

はるかとは静代がツッコミになるみたいなんで、SHIZU-JUNとは違う漫才になるようです。

きそばATのライバルになっていくんでしょうか??

楽しみです。

 

以上、『べしゃり暮らし』第2話を観た感想でした。

 

 

 

www.lovetv.site