ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

木曜ドラマ 七人の秘書 第5話のネタバレあり感想とあらすじ 子供より富裕層を優先する都知事を懲らしめる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週木曜夜9時からテレビ朝日系列で放送中の木曜ドラマ『七人の秘書』。

11月19日に第5話が放送されました。

www.tv-asahi.co.jp

前回、第4話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

おもな登場人物

  • 望月千代:木村文乃さん…東都銀行の常務秘書。兄が営むラーメン屋で働きながら、銀座のホステスとして働きナンバーワンになる。しかし不景気でラーメン店が潰れ、兄は失踪。兄の親友だった司法書士・萬と再会。萬が買い戻した兄のラーメン屋の2階で暮らす。
  • 萬敬太郎:江口洋介さん…ラーメン屋「萬」の店主。兼業で司法書士。わずかな報酬で、5人の秘書と五月と一緒に、人助けをする影の秘書軍団の元締め。政治家の秘書だった過去がある。
  • 鰐淵五月:室井滋さん…家政婦。元政治家の秘書。
  • 照井七菜:広瀬アリスさん…東都銀行頭取秘書。東都銀行の正社員。秘書になりたくてなったわけではなく、怒られてばかりいる。頭取に気に入られ、スイートルームで二人きりで会っていた時に頭取が急死。秘書軍団と初めて会う。
  • 朴四朗(パクサラン):シム・ウンギョンさん…慶西大学病院病院長秘書。母が韓国人、父が日本人。医師を目指して諦めた過去がある。ハッキング技術があり、秘書たちの後方支援をする。
  • 長谷不二子:菜々緒さん…警視庁警務部長秘書。男性に強い嫌悪感ある様子。
  • 風間三和:大島優子さん…東京都知事秘書。ホテルオーナーの令嬢で語学堪能。

 

  • 粟田口十三:岸辺一徳さん…財務大臣。萬となにやら因縁がありそう…。
  • 千代の兄:マキタスポーツさん
  • 黒木瞬介:坂口拓さん七菜に近づいてきた雑誌の記者。一原頭取の死について追いかけてる。 

第5話のあらすじ

都知事・南勝子(萬田久子さん)の車に、柊吾(山城琉飛さん)と芽衣(浅田芭路さん)の子供の兄妹が泥団子を投げつけ「嘘つき!僕たちの家を返せ!」「嘘つき知事!」と罵倒していた。

千代が2人をなだめてついていくと、児童養護施設に入っていった。

施設の職員(西原亜希さん)に話に「家を奪われた。」と子供たちが言っていた理由を聞く千代。

都知事が品山に施設を新設すると言っていたのだが、高級住宅街に施設が合わないという地域の大反対にあい、計画が撤回になってしまったという。

今施設がある土地は都に譲ってしまっていたので、今施設にいる子たちは来年にはバラバラになってしまうということだった。

千代は、「萬」のラーメン1杯無料券を渡して帰った。

f:id:lovetv:20201120112330j:plain

後日。

千代は、都知事秘書である三和に「子供たちがだまされて、なんとかしてやりたいって思わないの?」と迫る。が、三和は「よくある事でしょ。」と気にも留めない様子。

他の秘書が子供たちのために何とかしてやりたいという意見で一致する中、三和一人が子供を助けたところでお金もとれないし、借金も返済できない。と主張し、仲違いした。

 

三和は秘書として、南都知事と財務大臣・粟田口が会食するホテルの部屋にも付き添っていた。

施設を造れなくなった品山の土地をどこに譲るのかと尋ねる南知事。

粟田口は「まだ決めてない。児童施設にするよりはもっと有効活用する。」と答えるのをじっと聞く三和。

南知事は粟田口大臣の顔を立てたのだと念を押していた。

南知事は、メディア戦略を担当している秘書として三和を粟田口に紹介。風間グループの社長の令嬢と知って、一緒にシャンパンを飲むよう三和にすすめてきた粟田口。

「君は運がいい。生まれながらにしてこちら側の人間だ。」と三和に言うと、三和は「こちら側って、どっちですか?」と反抗的な態度を取ってしまう。

 

三和は裕福な家庭に育ったが、家族が自分たちを特別だと思っている環境に馴染めず、かといって、今の秘書軍団の仲間たちの言ってることも分からない。

気づいたら、嫌いだった富裕層の人間側に立っていることに腹が立ち、たまたまナンパしてきた男たちに殴りかかり警察に連れていかれる。

引き取りに来た千代に、複雑な胸の内を明かす三和。けれど、萬の役に立ちたい気持ちだけは、はっきりしてるというのだった。

 

ーー4年前。

家族との不和が決定的になった日に立ち寄った「萬」で、子供の頃から「どこかおかしい。」「普通じゃない。」と言われ続けてきたことをグチった三和。

しまいには親に高級料理を投げつけるという暴挙にまで出てしまったことに対して、萬に「おかしいことはないですよ。それがお客さんの個性だから。そのままでいいんです。」と言われ、救われていたーーー。

 

「萬」の店には、サラン、不二子、七菜も食べに来ていた。

三和と千代も合流し、千代は店を手伝う。三和は「貧乏」だと罵倒したことをみんなに謝り、ラーメンをおごると言っていた。

そこへ粟田口大臣が突然来店。凍り付く店内。

粟田口は萬に、先日の警察官僚逮捕の時の報道写真を見せてきて、集まるマスコミの中に萬が紛れ込んでしたことを指摘。

これまでも粟田口が親しくしてきた、慶西大学の院長の一件の時も萬が現れたことも知っていた。

萬は粟田口の元秘書で、収賄の罪で半年刑務所にいたことがあり、粟田口はその萬がしぶといことを知っていて、気にかけていたのだ。

緊張状態のまま、粟田口は帰って行った。

 

後日。

千代からラーメン無料券をもらった兄妹が来店。

芽衣が、自分たちが嫌われてるから引っ越せないと話し、やりきれない空気になる。

秘書軍団は粟田口と南知事。どちらも潰そうと決意。

萬は、幼い兄妹に「ここからは引き取らせてもらおうか。」と告げたのだった。

 

南知事を懲らしめる作戦を考える秘書軍団。

元銀座のママだったことに目をつけられ色々ネガティブキャンペーンをされたこともあったが、全くやましいところがない南知事。

しかし千代が、かつて銀座のホステスだった頃の人脈を使って、南知事のことで聞き込みをする。

そしてその情報を使って、ある作戦に出たのだったーー。

 

南知事を追い詰め、粟田口をも懲らしめることは出来るのか?

 

…というお話でした。

 

三和が秘書軍団にいる理由

お金持ちで借金もないのに、秘書軍団の一員になっている三和。

何でいるのか謎だったんですけど、今回その謎が明かされていました。

ホテルオーナーの娘で、都知事の秘書。

申し分ない経歴化と思いきや、本人は家族が富裕層として振舞ってることに馴染めず、家族と仲良く出来ずに一人孤立していた様子。

今は定職についているが、かつてはぶらぶらしてて、兄が二浪して弁護士になったお祝いの席で悪態をつき、父親から大説教を受けたとのこと。

ずっと親や家族との不和に悩んでいた三和がふと立ち寄ったのが「萬」。

そこで自分を「個性だ。」と言って慰めてくれた萬に救われ、萬のためなら…と働き出したというのが経緯でした。

簡単に言うと、三和は萬のことが好きだから秘書軍団にいるみたいです。

 

三和は、富裕層の家族とも仲良く出来ないけど、かといって、普通の家庭の人とも馴染めず。

どこかイライラしてるのは、その気持ちの表れだったんですね!

なかなか共感しにくいキャラだな~~。

演じるのは大変だと思います。

サラッと嫌味を言っちゃうし、嫌味を言ってる自覚もないし。

でも、誰にでもこういうズレた発言をしてしまう瞬間ってあるような気がします。

金持ちだからとか、貧乏だからとか関係なく。

自分が知らない世界のことは分からないから、いらんことを言ってしまうんですよね…。

きっと。

 

でも、萬が好きだからと秘書軍団に入ってるなんて、それだけは単純で分かりやすい!!

かわいい人だなと思いました。

 

運転すると変わる人格

今回、南知事が運転すると豹変する人格というのに目をつけて、秘書軍団が色々画策してました。

今回は、悪いことをしていたことを暴露しての懲らしめ!ではなく、なんかそういう状況を作って、でっち上げてるのが嫌な懲らしめ方だな。と思いました。

知事は正直に自分の振舞いを認め、都民に謝罪する姿は、懲らしめとは方向がズレてて、そんなんでいいの?って感じでした。

むしろ都知事に味方したかったぐらいでした。

 

児童福祉施設建設を再開したのも、仕方なしという感じ。

でもまぁ、結果がよかったからOKってこと?

富裕層たちの反対はどうなるの?ねじ伏せることが出来るわけ??

解決してない問題の方が気になる終わり方でした。

 

次回は、サランの日本人の父の話になるみたいです!!

秘書軍団の謎がまた一つ明らかになるみたい。

どんな父親なのか?

次回も見逃せません!!

 

以上、『七人の秘書』第5話を見た感想でした。

 

テレビ朝日の番組の動画をお探しの方はこちらをどうぞ。↓