ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

羽海野チカ 3月のライオン 16巻を読んだネタバレ感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2021年9月29日に発売された待望の漫画『3月のライオン』16巻。

私はセブンネットショッピングで予約して購入し、早速読みました。

 

 

時間が空きすぎて誰が誰か分からん!

前の巻の15巻が発売されたのが2019年の12月。

だいたい年1ペースで単行本が出ていましたが、今回は1年9か月振りの待望の新刊です。

ちょっと待ちすぎて零のクラスメートとかひなちゃんの友達が誰が誰か分からんかったです。

実は16巻発売前に話が分からないといけないからと15巻を読み返したんですが、15巻読み返した時すらかなり内容を忘れてました…。

すいません。

同じようなことを思われた方!このブログで15巻の感想も書いてるので、よかったら復習がてらお読みください!!↓

 

www.lovetv.site

 

ではでは…!!

本題の16巻の感想と参りますーーー。

 

クラスメートから嫉妬される零

15巻でやっとくっついた零とひなちゃん。

零はひなちゃんという彼女が出来たことで文化祭をきっかけに仲良くなったクラスメートから嫉妬されます。

また、大学受験もせずさらに既に仕事に就いてることで強く嫉妬されてました。

ここは面白かったです!

彼女が出来たことで嫉妬されるのはまだ分かりますけど、受験もせず仕事も決まってる。っていうか中学からもう何年も働いてる。

林田先生が苦しんできたことを話したらいい。と言ってましたけど、その通りですよね!!

零は自分で生活費を稼いで自分で家賃払って、自分一人で起きて仕事行って学校にも通って…。

めちゃくちゃ大変ですよ!!

 

学校って通い続けないといけないのが大変ですよ。

仕事ならお金もらえるから出かけるモチベーションになるけど、学校に行くのは卒業後の目的がはっきりしてないと通う意味が見い出せないですもんね。

皆も通ってるから自分も通う…とかいう理由だけでは弱い。

零の場合は仕事は決まってるから別の目的でしたが、頑張って通って3年目に友達も出来て目的は達成されました。

 

宗谷の関西弁と自宅公開

天才棋士・宗谷冬司がおばあさんと一緒に京都に住んでることは、今までの話でも語られていました。

台風の時に、運休になった新幹線のチケットの払い戻しとかホテルの手配などで零に世話になったことがありましたが、その時もひとことふたこと話すぐらいであまり喋らなかった宗谷。

16巻では京都の自宅と、宗谷が「おはよう、冷えんなぁ。」とか関西弁を喋ってるのが描かれていました。

この宗谷の関西弁が新鮮!!

まぁ、京都に住んでるってことは関西人なんだから当たり前なんですけど、宗谷も方言喋るんですね!

京都の人だから京都弁か。

ああ、どんな声でどんなイントネーションで喋ってんのか聞いてみたい。

 

あと!

隈倉との王将戦で負けて帰ってきた宗谷が、お土産を小さな子供と若い女性に渡してるシーンがあって、もしや奥さんと子供???

と驚いたんですが、おばあさんが元ピアノの先生で、その教え子・たまこさんと息子さんでした。

そのたまこさんにも事情あり!

何かしら登場人物に物語が潜んでいるのは『3月のライオン』らしいな!と思いました。

たまこさんの話も今後広がっていくのかもしれない。

 

あと、宗谷と少年時代から切磋琢磨してきた棋士・土橋健司が秘密基地にこもって研究してる様子がかわいかったです!!

宗谷の自宅の描写は、たまこさんのことでどうしたのかな?と思いましたが、おばあさんとの会話、土橋との交流が心和ませてくれました。

 

ひなちゃんとの恋は順調!

15巻でやっと気持ちを通い合わせた零とひなちゃん。

零は、大晦日に三日月堂の仕事を手伝ってそのままおじいちゃんも含めて一緒に過ごし、ひなちゃんにクリスマスにプレゼントしたジクソーパズルを楽しんでました。

 

パズルのお供のお菓子を買い出しに、二人で行った零とひなちゃんの素敵な時間。

ひなちゃんは自分ばっかり助けてもらって、零が将棋の勉強が出来なくなるんじゃないか?と心配してました。

これまで将棋のことを自分一人で解決しなければーー!と頑張ってきた零は感激!!

だってれいちゃん、今までいっぱいがんばって来たんでしょ!?ひな、それを台無しになんてしたくないよ。

と言い、逃げない。というひなちゃん。

ああ!かわいいっっ強くてかしこくて頼りになって!!なんなの!?もう!!」と抱きしめて、泣いてました。

f:id:lovetv:20211002101516j:plain

3月のライオン16巻の表紙です。コンビニに行ったときのシーンかな?

 

見ててこっちが恥ずかしくなるくらい二人がカワイイ!!

 

でも一人でずっと頑張ってきた零にとって、このひなちゃんの言葉は嬉し過ぎてもう何とも言えないですよね?

二人でどうやって交際を続けていくのか、さぐってるのがよかったです。

二人とも見た目もカワイイし恋に不器用な初々しいカップルなんですけど、話し合ってることはお互いの生き方を尊重し大事にしてる。大人な会話の内容でした。

 

三日月堂の未来に零とひなちゃん絡む

三日月堂の未来の話もちょっと出ていました。

三日月堂の隣のおばあちゃんが、離れて暮らしている息子さんと同居するので家を買わないか?と持ち掛けてきたんです。

隣にスペースが出来れば、お菓子を売るだけじゃなく飲食スペースを作ることが出来る。ひなちゃんとあかりさんが思い描いていた夢に近づける。

ただ、土地を買うにはお金が要る。

すぐに飛びつくわけにはいかない。

話を聞きつけた美咲おばさんは零のお金をあてにしますが、おじいちゃんは若いから気が変わるかもしれないって言ってたけど、零とひなちゃんだったらこのままずっと一緒に生きていくんじゃないかな~~??

秋篠宮眞子さんの言葉じゃないですけど『生きていくために必要な選択』なんじゃないかな?

 

三日月堂の未来予想図の中に、ちゃんと零も入ってるって分かったら零は本当に嬉しい!って言うと思うけどな~~。

零とひなちゃん、それぞれに自分の仕事をし続けることが出来る。

いい未来しか見えないんですけど?

その未来にあかりさんの隣にいるのは誰なんでしょう?ーー16巻でもあかりさんの恋には一切触れてませんでした。

林田先生がいいと思うけどな!零にとってもあかりさんにとっても。

気になるところです。

 

二海堂と零の戦いが始まる!!

15巻で獅子王戦挑戦者予選トーナメント4組で優勝していた零。

5組優勝の二海堂が6組優勝の重田と戦い、零と対局することになりました。

勝てば、尊敬する島田八段を戦える!

 

恋人が出来て明らかに変わってきた零に、少年時代から戦ってきた二海堂はすぐに気づきます。

小学生みたいに楽し気。

小学生の頃のお前はもっと大人っぽかったぞ!?」と心の中でツッコんでるのが面白かったです。

小学校の頃の零は『自暴自棄になる自由さえなく、まっくらな目で粛々とただ前に進む。』という人だったと振り返る二海堂。

 

二海堂は本当に零の事をよく理解してます。

二海堂の言葉で泣けてしまいました。

 

ただ、今は島田八段との戦いをかけた大事な一戦の途中。

まだ始まったばかりーーー。

 

二海堂は病気と戦ってきて、零を見て自分だけじゃないと頑張ってこれた。

いい関係性です。

 

特装版のジクソーパズル

めちゃくちゃ待たされたやっと買った16巻。

作中でも出てきたジクソーパズル付きの特装版を買いました。

f:id:lovetv:20211002101507j:plain

3月のライオン16巻の特装版のジクソーパズルです。

↑照明で飛んでますが、ピンクのケーキのクリームの部分が同じような感じで難しかったです。

あと、零と宗谷とスミスがメガネと髪色が似てるから混乱しました。

向きとか大きさとかで違いを判断して当てはめていきましたけど、作中の零みたいに分析して組むことが出来なかったなー。

ちなみに川本家を見習って2回目も挑戦しましたが、やはり1回目と同じところでひっかかりました。

漫画を読んだ後、パズルでも楽しませてもらいました。

かなり待って手に入れた16巻。

面白かったです。

 

以上、『3月のライオン』16巻を読んだ感想でした。

 

 

3月のライオン16巻をお探しの方はこちらをどうぞ。↓

 

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site