ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

シャーロック 第3話を観た感想とあらすじ サスペンス好きと五代様ファンが喜んだ第3話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週月曜夜9時から、フジテレビ系列で放送中のドラマ『シャーロック』。10月21日に第3話が放送されました。

ディーン・フジオカさん主演。岩田剛典さんとの顔面最強コンビがミステリーを解決する『シャーロックホームズ』を原作としたストーリーです。

 

www.fujitv.co.jp

前回の第2話の感想はこちら

 

 

おもな登場人物

誉獅子雄:ディーン・フジオカさん…犯罪捜査コンサルタント。原作では、名探偵・シャーロックホームズにあたる。犯罪と悪に興味があり、江藤から依頼され、事件の捜査をしている。自宅が雨漏りで住めなくなり、無職となった若宮のマンションに押しかけ同居を始める。

若宮潤一:岩田剛典さん…元精神科医。原作ではホームズの相棒・ワトソンにあたる。ある事件で獅子雄と出会い、退職。宿無しとなった獅子雄に家に上がり込まれ、嫌々ながら獅子雄の助手をさせられることになった。

江藤礼二:佐々木蔵之介さん…警視庁捜査一課・警部。原作ではレストレード警部にあたる。獅子雄に捜査を依頼し、解決させていいところを持って行く。獅子雄に指図されること一度は怒るものの、結局指図通り動いてしまう。

小暮クミコ:山田真歩さん…巡査部長。江藤の部下。原作ではグレグスン警部にあたる。いい加減な江藤の態度に惑わされず、事件解決に向けて動く人。

レオ:ゆうたろうさん…謎の情報屋。原作ではベイカー街遊撃隊にあたる。

 

第3話のゲスト

吉野正夫:六平直政さん…元遠洋漁船の乗組員。5年前地面師詐欺グループの一人として逮捕された。6月に出所したばかり。詐欺事件の舞台となった空き家の坂東邸内で遺体として見つかる。

市川利枝子:伊藤歩さん…捜査二課の刑事。5年前吉野を逮捕した。2年前の事件では吉野しか逮捕できず、まだ事件は終わってないと思ってる。

田中:飯田基祐さん…捜査二課の刑事。市川の上司。

古田和人:岡田義徳さん…5年前の地面師詐欺事件で被害を受けた建設会社の営業マン。事件後、社長が自殺し会社は倒産したことで相当な非難を受けていた。現在は不動産屋さんで働いている。坂東邸近くで目撃情報あり。

丹波:菊池均也さん…古田の前の会社の先輩。5年前の事件で、古田に坂東邸売買話を持ち掛けていた。

樋口:住田隆さん…古田の現在の会社の部長。古田が新たに持ってきた話に疑いの目を向けていて、誉に打ち明ける。

細川保奈美:山口いづみさん…詐欺事件の舞台となった坂東家の元家政婦。吉野に坂東家の情報を教えていた。

佐藤順子:山村紅葉さん…資産家の夫と結婚し、現在は渋谷の土地に息子と2人暮らし。古田の転職先の不動産屋さんを仲介に土地を売ろうとしている。

佐藤浩平:大山雄史さん……順子の長男。

 

第3話のあらすじ

5年前に地面師詐欺事件で逮捕された吉野という男が、事件の舞台となった坂東邸で遺体となって発見された。

江藤から捜査の依頼をされた獅子雄と若宮が、吉野遺体を確認すると、首に絞めあげられた痕があり、犯人は格闘技経験者と読む獅子雄。

容疑者として一番に疑われた本物の土地の持ち主である坂東庄之助は、伊豆の施設で悠々自適な生活を送っており3か月外出せず。騙された建設会社の社長はすでに亡くなっており、妻は入院中。

いずれも格闘技経験者でもない上にアリバイもあるので、早々に容疑者から外された。

次に坂東邸近くで目撃情報があった、詐欺事件で被害を受けた建設会社の元営業マン・古田に疑いの目が向けられる。

古田が詐欺グループの一人で、吉野の出所後事実をばらすと脅されて殺したのではないか?というのだ。

獅子雄と若宮は古田が現在勤めている不動産屋に訪れ、話を聞く。

古田は忘れたいというばかりで何も聞き出せなかったが、古田の現在の上司・樋口が獅子雄にある相談を持ち掛けた。

 

一方、吉野が出所後に連絡をしていた人物を小暮が調べたところ、吉野に坂東家のことを教えていた坂東家の元家政婦・細川に頻繁に連絡していたことが分かる。

事件を手助けする事になってしまい、巻き込まれた細川はさぞ吉野を恨んでいるだろうと、若宮が細川を訪ね話を聞いたが、細川は吉野を恨んでいなかった。

吉野は事件に巻き込んでしまった事を何度も謝りに来て、細川も吉野が坂東庄之助役をさせられて利用されただけだと分かっていたというのだ。

誕生日プレゼントの木箱までもらっていて、吉野が殺されたことに涙するほどだった。

 

f:id:lovetv:20191022121614j:plain

 

5年前の事件にも関わっていた古田が、また坂東邸と同じ渋谷区の13億円の物件斎藤邸を売る話を現在の会社で持ってきていた。

古田は5年前の事件で詐欺グループの一味ではないか?と上司の樋口から疑われていて、獅子雄が相談に乗っていた。

今度も騙されているのかもしれない。獅子雄と話をしていてそう思った古田は、取引をやめようとするが、契約の場に同行するから続行しろと言う獅子雄。

詐欺事件を担当する捜査二課を出し抜いて、詐欺事件の犯人を捕まえようとする江藤らが、遠隔で音声を聞いて警戒する中、取引が始まった。

 

一方、一人残された若宮は、江藤のスタンドプレーを捜査二課の市川に打ち明け、自分自身は細川の元へと向かった。

獅子雄と若宮の連携で詐欺グループを逮捕する事が出来るのか?

吉野を殺した犯人は誰なのか?

 

…というお話でした。

 

今回の月9はアラフォーがターゲット?

今回のゲストに岡田義徳さんが出演されてるのを見て、嬉しくなった私。

岡田義徳さんは90年代後半から2000年代に多く活躍されてきた俳優さんです。

1995年の映画『渚のシンドバット』という映画で親友に恋愛感情を持っている高校生の役をされているのがとても強く印象に残っています。

私が岡田義徳さんという俳優さんの顔を覚えたのは、この映画を観たのがきっかけです。

テレビドラマでは、 古いドラマになりますけど、榎本加奈子さんが主演の1998年のドラマ『おそるべしっっ!!!音無可憐さん』の相手役をされてから、よく岡田義徳さんをテレビドラマで見かけるようになりました。

90年代後半から2000年代は、私にとって学生時代から社会人になる時期で、その時期によく見かけた俳優さんを見られるのは若い頃を思い出させてもらえてとても嬉しいです。

前回の菅野美穂さんといい、岡田義徳さんといい、このドラマはアラフォーがターゲットなのかな?と思いました。

 

山村紅葉さんの出演がよかった

2時間サスペンス常連の山村紅葉さんを出演させていたのも見事でしたね~。

アラフォーだけじゃなく、サスペンス好きの視聴者の心も掴まれたんじゃないですか??

山村紅葉さんといえば、山村美紗サスペンスでの京都弁!

今回は渋谷の人なので関西弁は出ないのかな?と思っていたら、ちょこっとだけ出てましたね~!!

それにつられてと言うか、ディーン・フジオカさん演じる獅子雄も、ポロっと関西弁が出てたのがこれまたよかったです!

『あさが来た』の五代友厚役でも関西弁を喋ってましたもんねー!!!

 

サスペンス好きと、五代様を引きずってるファンの人にも五代様を思わせる心配りがあって、第3話は色々掴まれる演出が多かったです!

観てて楽しかったです!

 

肝心の犯人は、深い闇を感じて、ドラマを面白がって楽しんでいた私の気持ちをキチっと最後に締めてくれました。

気持ちの上げ下げをうまくコントロールされた気がします。

 

いや~、第3話も面白かったです。

 

以上、『シャーロック』第3話を観た感想でした。

 

 

 

www.lovetv.site