ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

シャーロック 第10話を観た感想とあらすじ 都知事の息子誘拐事件!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週月曜夜9時からフジテレビ系列で放送中のドラマ『シャーロック』。12月9日に第10話が放送されました。

ディーン・フジオカさん主演。岩田剛典さんとの顔面最強コンビがミステリーを解決する『シャーロックホームズ』を原作としたストーリーです。

 

www.fujitv.co.jp

第9話の感想はこちら

 

 

おもな登場人物

誉獅子雄:ディーン・フジオカさん…犯罪捜査コンサルタント。原作では、名探偵・シャーロックホームズにあたる。犯罪と悪に興味があり、江藤から依頼され、事件の捜査をしている。自宅が雨漏りで住めなくなり、無職となった若宮のマンションに押しかけ同居を始める。

若宮潤一:岩田剛典さん…元精神科医。原作ではホームズの相棒・ワトソンにあたる。ある事件で獅子雄と出会い、退職。宿無しとなった獅子雄に家に上がり込まれ、嫌々ながら獅子雄の助手をしている。

江藤礼二:佐々木蔵之介さん…警視庁捜査一課・警部。原作ではレストレード警部にあたる。獅子雄に捜査を依頼し、解決させていいところを持って行く。獅子雄に指図されること一度は怒るものの、結局指図通り動いてしまう。

小暮クミコ:山田真歩さん…巡査部長。江藤の部下。原作ではグレグスン警部にあたる。いい加減な江藤の態度に惑わされず、事件解決に向けて動く人。

レオ:ゆうたろうさん…謎の情報屋。原作ではベイカー街遊撃隊にあたる。

 

第10話のゲスト

鵜飼昇平:大鶴義丹さん都知事。誘拐された椋介の父。不倫スキャンダルが持ち上がり、25年前の不倫相手との子供についてまで追及される。3か月後の知事選に勝てるかどうかを気にしている。

鵜飼椋介:浦上晟周さん都知事鵜飼の息子。文武両道の高校に通うバスケ部員。朝の練習に顔を出さず、後に脅迫メールが送られ誘拐されていることが分かる。将来有望な選手。

津崎洋平:松島庄汰さん…鵜飼の第二秘書で3年目。

田所:岡部たかしさん…鵜飼の第一秘書。

竹内:佐久間悠さん…椋介と同じ高校で同じポジションのバスケ部員。寮でも同室の人物。椋介は中学から一緒で、バスケで賞を取っている椋介のかげに隠れている。

灰田聡:増田修一朗さん…バスケ部の顧問。以前、椋介に対する行き過ぎた指導で鵜飼からクレームをつけられていた。

 

第10話のあらすじ

江藤がまた獅子雄に事件捜査の依頼をかけてきた。

鵜飼都知事の高校生の息子・椋介が誘拐され、囚われた椋介の写真が添付された脅迫メールが送られてきたのだ。

獅子雄にとっては「盛り上がらない事件」だったが、江藤に報酬の支払いを約束させて捜査依頼を請け負う。獅子雄は、世話になっている若宮にお金を支払おうとしていたのだ。

 

獅子雄は、江藤に連れられ若宮と一緒に、椋介の高校・聖ルーク高校へ向かう。名門の高校であり、スポーツでの優秀な成績を残す高校だ。

椋介はバスケ部に所属。学校の寮に入っていた。獅子雄達は寮へ行き、鵜飼の第二秘書・津崎の手引きで椋介の部屋へ通される。

部屋には同室の竹内がいた。椋介が姿を消した昨晩は、竹内は寝ており気づかなかったという。

竹内は受け答えをしている間、チラチラと津崎を見ていた。

椋介のベットや収納を、遠慮なしにさぐる獅子雄の態度に驚き、制止しようとする竹内。獅子雄はクローゼットにある服や、ベットの仕切りのカーテンレールなど、くまなくチェックしていた。

犯人の襲われて連れ出されたなら騒いで竹内が気づくはず。自ら出て行って別の場所で襲われたことも考えられる。と、江藤と若宮がそれぞれ意見を出す。

獅子雄は寮に入る前に裏口を確認していたが、誰かが通った形跡もなかった。

椋介は正面玄関から出て行ったと考えられ、グレが玄関に設置された防犯カメラをチェック。秘書の津崎に昨晩、正面玄関から出て行く椋介の姿を確認してもらった。

津崎は椋介本人と確認したものの、その様子はどこか腑に落ちない様子だった。

獅子雄は、椋介よりも今朝の8時台に練習から帰ってきた野球部員たちの映像の方に興味を持っていた。

次に江藤、獅子雄、若宮は、バスケ部が練習している様子を見に行く。バスケ部では、顧問の灰田が強い口調で指導していた。

灰田は誘拐とは考えておらず、椋介は甘いところがあり、都大会が近いので練習がきつくて逃げだしたのだろうと言う。

若宮は、灰田の行き過ぎた指導が問題。パワハラだと詰め寄る。言い合いになる灰田と若宮。江藤が制止してその場を収めた。

獅子雄と若宮は、練習終わりのバスケ部員に話を聞く。

以前椋介1人が灰田のターゲットとして厳しい指導を受け、それを椋介が父である鵜飼知事に告げ口。学校にクレームが入った。

以降、椋介へのパワハラはなくなったが、代わりに他の部員全員がターゲットとなり、皆椋介のことを快く思っておらず、椋介は孤立していたのだと言う。

部員らにとっては、灰田も椋介も嫌がる対象となっていたのだ。

鵜飼が高校へやって来た。

バスケ部顧問の灰田が、自分が厳しい指導をしたせいで椋介がいなくなっただけで、誘拐ではないと言う。

しかし脅迫を受けていた鵜飼は、話を聞かずその場を立ち去り、そのまま定例記者会見で息子の椋介が誘拐されたことを涙ながらに発表する。

 

f:id:lovetv:20191210120845j:plain

 

会見後、新しい脅迫メールが届き、身代金を持って知事自身が津崎と共に、犯人が指定する場所へ向かった。

鵜飼知事が息子を取り戻さんとして動き回る姿は、動画に撮られ、鵜飼は悲劇のヒーローとして持ち上げられる。

鵜飼の単独行動に困り果てる第一秘書の田所と、警察の江藤。

 

椋介を誘拐した犯人は誰なのか?

犯人の目的は何なのか?

 

…というお話でした。

 

パワハラ顧問役の増田修一朗さん

今回、若宮から詰め寄られていたパワハラ顧問・灰田役の増田修一朗さん。

どこかで見たお顔だな~と思っていたら、2018年の大河ドラマ西郷どん』で、有馬新七役をされていた方でした。

寺田屋騒動での同士討ちの場面は壮絶でした。

西郷どん』の時から、目力の強さが印象的で、有馬さんの最期はとても強く私の心に残っていました。

北村有起哉さん演じる大山さんが自ら制圧に出向いたものの、どうにか出来なかったのか?という後悔の涙に、私も号泣でした。

有馬さんを慕う、錦戸亮さん演じる信吾の涙も、直視しては見られないほど悲しいものでした。

そんな有馬さんを演じられた増田さんが、今回はパワハラ顧問役…。

有馬さんも武闘派でしたけど、同じ血の気が多い役ではありましたが、今回はパワハラをするサディストの役だなんて、俳優さんて幅広いですよね。

有馬さんのイメージが強すぎたので、今回の役はちょっとショックだったなぁ…。

相変わらず目力は強かったですけどね~。

もうちょっといい役で観たかった気持ちは抑えられません。

 

誘拐事件の犯人

今回の事件の犯人も、切ない感じがしましたね~。

優秀な知事の息子に向けられる嫉妬の目線。嫉妬される側の苦悩。

社会問題にもなってるスポーツの世界のパワハラ

今回の話の中に、今の社会のいろいろな問題が一気に詰め込んだような事件でした。

 

誰かが殺される事件ではなかったので、エグイ場面はそれほどなく見やすかったですが、何とも言えない後味の悪さみたいなのが残って、スッキリはしませんでした。

 

守谷の影

今回、若宮へのお返しのお金を得るための報酬目的として、江藤の依頼を受けたと思われた獅子雄。

若宮だけが気づいていましたけど、第8話で出てきたサットンビジネススクールが、鵜飼とつながっていること。鵜飼を追えば守谷にたどりつけるから。という理由でこの誘拐事件捜査をしたのでは?という事でした。

予告を観た時に、今回で初めて守谷本人が出てくるのかと思いました。

これまで、守谷の名前は出てくるものの、本人が出てきたことはありません。

この誘拐事件を解決したことで江藤は捜査一課長となり、グレは第3係係長に。

 

第10話の終わり、第3話で守谷の指示で人を殺した市川が拘置所から脱走したというニュースが流れていました。

守谷の手先は拘置所にもいるようです。

江藤が思わせぶりに『君が代』を歌ってる場面もありました。

こうなったら江藤も怪しいです!

でも市川を追い詰めたのは江藤だったので、江藤が守谷一派と疑うのもちょっと無理がある感じも受けます。

江藤が守谷を追ってると明確に分かる場面もありません。

いい加減な捜査をしてるように見える江藤。

裏側があるんでしょうか?それともやっぱただのいい加減な人?

どっちでしょうか?

小暮はどうも江藤を信じ切れていない感じがありますけどね~。

ああ!分からないです!!

 

次回は最終回!

守谷本人は出てくるんでしょうか?

獅子雄は守谷を捕まえることが出来るの??

第10話を観ていても、全く解決できそうな雰囲気が感じられなかったです。

気持ち悪さを残したまま最終回を迎えることになりました。

最後はスッキリした終わり方を望みます。

 

以上、『シャーロック』第10話を観た感想でした。

 

 

 

www.lovetv.site