ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

シャーロック 第6話を観た感想とあらすじ 前世の記憶は本当にあるのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週月曜夜9時からフジテレビ系列で放送中のドラマ『シャーロック』。11月11日に第6話が放送されました。

ディーン・フジオカさん主演。岩田剛典さんとの顔面最強コンビがミステリーを解決する『シャーロックホームズ』を原作としたストーリーです。

 

www.fujitv.co.jp

第5話の感想はこちら

 

 

おもな登場人物

誉獅子雄:ディーン・フジオカさん…犯罪捜査コンサルタント。原作では、名探偵・シャーロックホームズにあたる。犯罪と悪に興味があり、江藤から依頼され、事件の捜査をしている。自宅が雨漏りで住めなくなり、無職となった若宮のマンションに押しかけ同居を始める。

若宮潤一:岩田剛典さん…元精神科医。原作ではホームズの相棒・ワトソンにあたる。ある事件で獅子雄と出会い、退職。宿無しとなった獅子雄に家に上がり込まれ、嫌々ながら獅子雄の助手をしている。

江藤礼二:佐々木蔵之介さん…警視庁捜査一課・警部。原作ではレストレード警部にあたる。獅子雄に捜査を依頼し、解決させていいところを持って行く。獅子雄に指図されること一度は怒るものの、結局指図通り動いてしまう。

小暮クミコ:山田真歩さん…巡査部長。江藤の部下。原作ではグレグスン警部にあたる。いい加減な江藤の態度に惑わされず、事件解決に向けて動く人。

レオ:ゆうたろうさん…謎の情報屋。原作ではベイカー街遊撃隊にあたる。

 

第6話のゲスト

高遠綾香:吉川愛さん…高校生。17歳の誕生日の夜、前世の記憶だと言って突然殺人を告白。供述通りに遺体が見つかったが、死後20年以上経過していることが分かった。過去に男性に襲われそうになったことがあり、母の勧めで平田教授からトラウマ治療を受けている。

高遠美樹:霧島れいかさん…綾香の母。陶芸家で日々忙しくしている。夫が綾香の証言を警察に届けたことに腹を立てていた。綾香の過去のトラウマ治療を専門家に任せている。

高遠一也:二階堂智さん…綾香の父。ウッドマンズ製薬の役員で、新薬の営業を担当。綾香のトラウマについて、仕事上縁のあった平田教授に治療をお願いした。

平田初雄:伊藤洋三郎さん…東端医科大学の教授。PTSD治療の権威。綾香のトラウマ治療をしていた。3か月に前退任していた。

宇井宗司:和田正人さん…東端医科大学の准教授。平田の退任に伴い、患者の引継ぎを受けていた。

 

第6話のあらすじ

殺人の記憶を告白した現役高校生がいた。供述通りの場所に遺体が見つかり、死後20年以上が経過していることが分かった。

17歳の高校生に20年以上前の殺人は不可能。前世の記憶だとネットでは大騒ぎに。

江藤は、前世などありえない。「誰かに聞いた話を自分の記憶と混同してると警察は考えている。」と言い、それが誰かを捜査して欲しいと獅子雄と若宮に依頼してきた。

獅子雄は、前世の記憶を持つ中国の奥地の人達の話をし、本当に前世殺人だったとしたら相当盛り上がると依頼を受けることにした。

早速、前世殺人を告白したという高校生・高遠綾香の自宅へ江藤と共に話を聞きに行った獅子雄と若宮。

獅子雄は、綾香に前世での記憶がある人の話を聞かせつつ、綾香の部屋のカーテンや置いてあったCD、処方されている薬などから判断して、不眠症に悩まされていることを見抜く。

両親に話を聞くと、綾香は過去に襲われそうになったことがあり、父の仕事で縁のあったPTSD治療の権威、平田教授にトラウマ治療を受けていた。

PTSD治療の権威である平田教授は、3か月前に退任していることを知り、東端医科大学病院を訪ねた獅子雄と若宮は、平田から患者の引継ぎを受けたという、准教授の宇井に話を聞いた。

平田は心臓病が悪化し、自宅療養するために退任したという。

獅子雄が高遠綾香について尋ねたが、守秘義務のため一切答えられないという宇井。

獅子雄は綾香についての質問をやめ、前世の記憶について尋ねたが笑い飛ばされてしまう。

カウンセリングの際に、患者の気持ちが和らぐという理由で、研究室内でカナリアが飼われていたが、獅子雄はそのカナリアが宇井が近づくたびに鳴くのを止める事に興味を持つ。

さらに獅子雄は、宇井の研究室内で、江藤から発見された女性の遺体の身元と詳しい情報についての電話を、宇井に聞こえるようにわざと大きな声で受ける。

被害者は、1999年3月行方不明になった女性。英語教師をしていた田島純子。遺体と一緒に検出されたアラビアゴムから、陶磁器に使われた絵の具だと予想する江藤。

江藤は、高遠綾香の母・美樹が結婚して陶芸をはじめたのが1998年で、年代も一致するという。

綾香は前世の記憶ではなく、母から話を聞かされたのではないか?と考えていたのだ。

獅子雄は、宇井にそれらに話をわざと聞こえるように話し、研究室を去っていった。

帰宅後獅子雄は、若宮に平田と宇井が書いた全ての論文を集めさせ、全てを読破。自分はカナリアを買ってきた。

さらに、江藤がアラビアゴムは陶磁器に入っていないと報告してきたことはスルー。既に分かっていたことだったのだ。

 

ーーー綾香の殺人の記憶は誰から聞いた話なのか?

過去のトラウマの持つ意味とは?

 

記憶と殺人事件、獅子雄が過去の絡まった謎を解いていく…!!

 

…というお話でした。

 

どれがつながってるのか分からない!

第6話は、

  1. 高遠綾香が襲われたこと
  2. 綾香が前世の記憶だと言って殺人事件を証言したこと
  3. 平田教授が退任したこと
  4. 綾香の父母の意見が一致していないこと
  5. 前世の記憶通り遺体が発見されたこと
  6. 過去の殺人事件の犯人が分からないこと

と、問題が散らばっていて、どこに視点を置いて観たらいいのか迷いました。

伏線が多くて、どれが大事なのかあとで事件解決の糸口になるのか分からず、最後まで気の抜けない1時間になりました。

 

今回の謎解きは難しかったですね~。

終わってみれば複雑じゃなく、筋の通った単純な話で、視聴者のこっちが勝手に複雑にして観ていました。

あと、犯人役の俳優さんも今回はどの人もありえそうな感じで、これがまた分かりにくくて予想が立てられず、最後まで入り込んで観てしまいました。

第6話の話は難しかったです!

 

『あさが来た』を思い出した

今回登場したカナリア

事件の解決に一役買うんですけど、カナリアは人の心を癒すだけでなく、人間より有毒ガスに弱い性質があり、昔の炭鉱の労働者たちがカナリアをかごに入れて一緒に持ち込んだ。という話を獅子雄がしていました。

カナリアがさえずるのをやめた時、落盤が近いと分かって逃げたそうです。

その話を聞いて、ディーンフジオカさんも出演していた朝ドラ『あさが来た』を思い出しました。

波瑠さん演じるあさが、炭鉱で炭鉱夫の人達の一緒に働いていたんですけど、その時も鳥を鳥かごにいれて炭鉱に持ち込んでいる場面がありました。

残念ながら、その時は五代友厚役だったディーン・フジオカさんは出てなかったですが…。

 

けど、またまた『あさが来た』を思い出させる内容が出てきて、またまた五代様を思い出してしまいました。

 

f:id:lovetv:20191112164226j:plain

 

若宮の医師資格証

今回若宮が精神科医として高遠綾香にカウンセリングを申し出る場面があったんですが、信じてもらうために母親に写真入りの医師資格証を見せていました。

お医者さんにもカードの身分証明書があったんですね~。

知らなかったです。

免状みたいな大きな紙だけだと思ってたんですけど、カード型なら持ち運べるし、証明出来ていいですね!

 

また出てきた名前

話はさかのぼって、第3話の地面師詐欺事件の犯人が殺された事件の犯人が、守谷という人物に命令されて殺したことを告白していました。

その守谷という名前が第6話でも出てきました。

守谷壬三。

獅子雄が「いつかたどりついてやる。」と言っていました。

 

一話完結の事件と並行して、守谷という人物も追って行くようです。

事件の犯人が誰かとかは興味がない、ただ犯罪を犯す理由が知りたい獅子雄が、守谷の名前が出てきた途端、人が変わったように怒りの感情をあらわにしていました。

正義感なのか?何なのか?

ドラマも第6話で中盤に来て、ピリッとくる終わり方でした。

話だけ、名前だけが出てくる守谷。

本人が現れることはあるんでしょうか?

 

一話ずつの事件はゲストで面白さが左右するところがありますが、こういう解決できてない話が残されてると気になってきます!

まだまだ守谷が関わってる事件が出て来そうで、気味が悪いです。

 

以上、『シャーロック』第6話を観た感想でした。

 

 

www.lovetv.site