ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

ノーサイド・ゲーム 第3話の感想とあらすじ ボランティア活動の出会いに泣けた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週日曜夜9時から放送中の『ノーサイド・ゲーム』。前週は選挙の為放送が休止。7月28日に第3話が放送されました。

www.tbs.co.jp

 

あらすじ

ラグビーの企業チームは、日本蹴球協会に参加費を払い、試合の運営・チケットの管理してもらっている。

トキワ自動車のラグビーチームアストロズGM・君嶋(大泉洋さん)は、プラチナリーグに参加する企業チームのGM会議に参加。

アストロズだけでなく、国内のラグビーファンを増やすため、全体の収益を上げるための意見を出し合うよう求めた。

しかし、協会専務理事の木戸(尾藤イサオさん)に「ラグビーはアマチュアのスポーツ。ここは会社ではない。金儲けのための組織ではなく、ラグビーはもっと神聖なもの。」と、言われ、ラグビー経験もなく経営戦略の観点で話す君嶋の意見は一蹴された。

 

君嶋は、監督の柴門(大谷亮平さん)に相談するものの、柴門はチームを強くするための練習環境を考える役割で、収益を上げるための策は、経営戦略をやってきた君嶋がやるべきことだと突き放す。

君嶋はサッカーチームの活動にヒントを得て、ファンクラブの創設、地元地域の掃除をするなどのボランティア、地元の病院、学校への訪問…。など、ファンを増やす活動を選手にさせることを考え、滝川(上川隆也さん)から予算も勝ち取った。

 

柴門監督の合宿によるラグビー漬けの日々に、君嶋の考えるボランティア活動と、休みなく働かされた選手たちは疑問を持ち始め、離脱するものも出てきた。

そんななか、練習中にキャプテンの岸和田(高橋光臣さん)が怪我をしてしまう。

 

ーーーチームの強化とチーム運営のための収益化。

アストロズは、二つの課題をクリアする事が出来るのか?

 

…というお話でした。

 

すっかり仲良くなってる君嶋と柴門

第2話で学生時代お互いをよく知らないまま、嫌い合っていたというのが分かった君嶋と柴門。

第3話では、お互いの専門分野で分担してアストロズのチーム維持のため動いてて、すっかり仲良くなってるように見えました。

嫌い合っていたとは言っても、やっぱりお互いがお互いのことを認めていたってことですよね?

私は嫌いな人と一緒にいるだけでもストレスに感じてしまうので、こうやって認め合える関係が羨ましいなと思いました。

相手が素晴らしいと認めてるからこそ気に食わない!なんて、カッコいいですね!

私なら、相手を認めてる自分を認めたくなくて、なるべく近づかないようにして。避けて遠ざけてしまうんじゃないかなぁ?

君嶋と柴門はお互いの感情に目を向けず、アストロズを強くするっていう目的の方に視線を向けて力を出し合っている。

そういう感情のコントロールが出来る人になりたい!!

私は自分の感情に左右されすぎる人間なんで、こんな人たちのことが不思議で仕方がない。そしてとても羨ましい!

本当はこんな人になりたい!

同じ目的を共有出来たら、きっと嫌っていた感情も変わっていくんでしょうね…。

 

ボランティア活動の大事さ

今回、第3話で君嶋が選手たちにさせていたボランティア活動。

グラウンドから出て、子供達にラグビーに興味を持ってもらって、好きになってもらう。ラグビーをやりたいと思ってもらわないと、将来ラグビーがこの国から無くなってしまうかもしれない。

君嶋がボランティア活動に疑問を持つ選手たちに話していました。

 

f:id:lovetv:20190730144103j:plain

 

強かったらファンがついてくれる。試合を見に来てくれる。選手はそう思っていましたけど、ファンはチームが強いから見に行くんじゃないですよね?

他のスポーツを例に出してはなんですけど、プロ野球なんて、親が好きで子供を連れて行って、その子供がまたその球団を好きになって、またその子供を試合に連れて行く…。

火野正平さんのBSの自転車の旅番組でも、中日ドラゴンズファンのお父さんに連れて行ってもらった思い出の場所、ナゴヤ球場に行って欲しい。というお手紙が来て、正平さんがナゴヤ球場があった場所を旅してました。

その時の旅の感想記事です。↓

 

www.lovetv.site

 

 

スポーツチームのファンの人って、本当に温かいんだなと思います。

 

今回はドラマの中の話でフィクションではありましたけど、病院に行って、入院中の子供にサインボールをあげてその子が勇気をもらったって、手術を受ける…。

話が出来すぎだと思うかもしれないですが、病気で弱ってるときに選手が来てくれたら、本当に嬉しいと思います!

いくら家族がそばにいても、病気と闘うのは一人ですから、スターがそばまで来てくれたら、そりゃあ嬉しくて舞い上がると思います。

 

第3話は心温まるお話で泣けました。私って単純ですかね~??

 

あと、米津玄師さんの主題歌『馬と鹿』であおられて、涙が出る出る!

特に、サビに向かっていく時と、曲の終わりぐらいのの音がどんどん上がっていくところが気持ちが盛り上がっていってたまりません!

 

 

 

 

試合結果が気になる

柴門の練習メニューで強くなり、君嶋の考えるボランティア活動もこなしたアストロズ

プラチナリーグ開幕で試合開始!ってところで話が終わりました。

試合の結果が気になる!!

ラグビーの試合がどんなものかちゃんと見てみたいです!!

次回は試合してるところも観れるかな??

 

以上、『ノーサイド・ゲーム』第3話を観た感想でした。